バス、サウナ、プール

お風呂のドアを自分の手で断熱する

冬には、国のほとんどの霜が高レベルに達します。私たちの同胞のほとんどがスチームバスを利用したいのはこの時期です。お風呂を温めるときは、床の楽屋に冷水が浸透しないようにしましょう。そして、あなたがお風呂を暖めるほど、より多くの霜が部屋に侵入します。したがって、そのような建物の各所有者は、風呂への扉を断熱する必要があります。そして、そのような作業を実行することは、信頼性、高品質、そして優れた軽い蒸気の鍵です。.

目次:

お風呂のドアを温める理由

入浴後は、蒸して温めた人が脱衣所に入って着替えます。しかしその直前に、彼はこの部屋に座って、静かに休んで乾かす必要があります。その後、服を着ることができます。しかし、楽屋が暖かく、床に冷たい空気が流れると、休むことができなくなります。もちろん、スチームサウナの後に雪の吹きだまりに飛び込む予定がない限り.

銭湯の扉が断熱されていないと、顔から汗が出て足が凍ってしまいます。これは風邪を引き起こす可能性があります。そのような状況で何をすべきか、貴重な暖かさを保ち、陰湿な打撃やドラフトを取り除く方法は?浴場の所有者は、さまざまな方法でこの問題を解決します。誰かがメインドアを断熱しようとしている、セカンドドアを置くことを好む人、ドアフレームに毛布を掛けるだけの人もいます。しかし、そのような技術は、冷気が楽屋に入るのを防ぐことはできません。.

銭湯の内面のドアブロックとドアリーフの接触点で発生する霜により、ドアが凍結します。そのため、専用工具を使わずに風呂の扉を開けることはできません。霜の蓄積や冷気の侵入から楽屋を守るドアを作るのは実はとても簡単です。お風呂のドアを自分の手で断熱するだけです.

銭湯への完璧な扉

銭湯への扉を低く狭くします。このサイズは、暖かい空気が通りに出るのを減らし、冷たい空気が入るのを防ぎます。銭湯の玄関ドアは、原則として外向きに開いています。これは安全規則によって説明することができます-サウナへの訪問者が病気になった場合、彼はドアを急に開けて部屋に涼しさを与えます。.

針葉樹は加熱すると樹脂を放出することができるので、広葉樹で浴場への扉を作るのが最善です。お風呂の壁を作るのにどんな材料を使ったかは関係ありません。それらは必ず蒸気から保護され、おがくずと粘土の混合物でコーティングされ、将来的にはドアを忘れずに断熱されるべきです。次に、お風呂のドアがドアフレームにしっかりとはめ込まれていること、および亀裂がないことを確認する価値があります。パネルドアは内部の熱を保持するのに優れていることを忘れないでください。.

ドアフレームの交換

ロシアの浴場で高湿度が観測されると、玄関のフレームが腐ります。バーからお風呂を正しく集めると、ドア枠の交換が難しくなります。サイドポストに損傷がない場合は、最初に断面ヘッドボードとしきい値をカットします。それ以外の場合は、箱を巣から出すためにまぐさを2つに切る必要があります。バスのドアボックスを固定する責任があるので、木材の固定スパイクを切り落とさない方が良いです.

新しい箱を作るための2つのオプションがあります。最初の方法によると、溝は、出入り口と同じサイズのカッターを使用して木材に切り抜く必要があります。ドアフレームの詳細を作成したら、それらをとげに組み立てて、出入り口の側面から取り付ける必要があります。ドアフレームと壁の間の残りのスペースは、5ミリメートルを超えてはなりません。コケ、トウ、またはフォームで満たすのが通例です。反対側には、バーを取り付けるために残っています.

2番目のバリエーションによると、新しいボックスはバーなしで作成されます。代わりに、50ミリメートルの厚さのボードを準備し、前庭用に4分の1を残してから、最初の状況で通常行うようにすべてを組み立てることができます。固定にはセルフタッピンネジを使用する必要があります。その場合、部品の接続がより緊密になります。.

2室のドアを作る

温度差が大きく湿度が高いため、通常のドアは汗をかき、水滴が流れ落ちて凍結し、スチームルームでこのドアをしっかりと開閉することが困難になります。お風呂に2つ目のドアを設置すると、問題は部分的に解決されますが、同時に新しい問題が発生します。バスのドアの間の隙間に高湿度が発生し、すぐに故障します。.

シンプルな2室ドアはお風呂に設置するのに最適です。同様のモデルは、たとえば、インチボードと断熱材を使用したファイバーボードから単独で作成できます。このデザインは、寒い季節の大きな温度コントラストを滑らかにすることができます。.

2室浴の製造には、インチボードが必要です。縦半分にカットしてから15ミリメートルに計画する必要があります。 40ミリメートルの代わりに、60ミリメートルの深さを持つブロックの4分の1を選択した場合、このような作業は省略できます。ブロッククォーターに深く入り込むとき、ボードは計画されるべきではありません。次に、事前に準備されたバーから2つの同一のドアフレームを作成します。選択した接続スパイクを作成します.

ドアの寸法に基づいて3つの部分をカットします。それらの最初のものを集めるために、平らな面の下に前面を置き、次にドアフレームをその上に置き、それを軽い合成断熱材で満たします。次に、2つのパーツから組み立てられた2番目のブランクを置きます。これらのパーツは通常、ドアフレームの中央の仕切りに固定されています。.

その後、次のドアフレームを置き、隙間を埋め、3番目のブランクを上に向けて構造全体を閉じます。これらの部品はどのようにでも固定できますが、同時に、釘やネジは通さないでください。次のフレームの半分までしか通さないでください。完成した構造の端をエメリー布で研磨し、下塗りと塗装を行い、日よけとハンドルを取り付け、ラッチまたはパッチロックをかけます。その後、2室のドアで縫うことができます。.

ドア用サーマルカーテン

冷気の侵入を減らして遮断するには、別の簡単な方法を使用してお風呂のドアを断熱することができますが、それは非常に効果的です。まず、サウナドアブロックの楽屋の中にシーリングフレームを用意します。バスドアの外側のサイズが180x 80センチメートルの場合、4枚の柔らかい断熱材を10 x100センチメートルの2枚と10×200センチメートルの2枚の寸法のストリップにカットする必要があります。.

次に、ボックスの端からの距離である2センチメートルを考慮して、ボックスの周囲に沿って小さな釘を使用して、バスドアの周りに断熱材のストリップを釘付けします。次に、2 x 2 x 184センチメートル、2-2 x 2 x80センチメートルの寸法の4つの木材ブロックを準備します。上から、ドアフレームの周囲に沿ってバーを断熱材に釘付けします。バーを断熱材で包み、余分な部分を切り取り、外側からキャッシュして端を押します。結果は、断熱材のある長方形になります。.

浴場のドアをさらに作業して適切に断熱するには、ダーマンチンなどの緻密な布地が必要です。この布地から、120 x200センチメートルの寸法のキャンバススクリーンが作られます。バーがそこに収まるように計算で生地を縫います。これは2x 2 x200センチメートルです。装着して固定します。次に、装飾ストリップで端を押しながら、キャッシングから10センチメートルを考慮して、右側を壁に取り付けます.

キャンバスの上端に7〜8個のリングを縫います。装飾レールの上のリングの1つの直径に等しい距離で、セルフタッピングネジを60ミリメートルねじ込み、外側に20ミリメートル残します。このセルフタッピングネジに長さ100cmのワイヤーを取り付け、キャッシングと平行にスクリーンのリングに通して引っ張り、セルフタッピングネジに取り付けます。バスドアの左側の2箇所に、フックまたはスプリング付きの2本の輪ゴムを取り付けます。これらのフックの反対側の画面にリングを縫います。.

画面をドアの外に移動するのが通例です。キャンバスのこの位置は、機能しないと見なされます。冷気から保護するために、スクリーンを左に動かし、シーリングフレームにぴったりと合うように布をフックに固定する必要があります。このような状況では、内側からのドアが曇ったり凍結したりすることはありません。.

お風呂のドアの断熱

今日、さまざまなタイプと目的の膨大な範囲のヒーターが断熱市場に登場しています。単純な素人がそのような多様性を理解することは非常に困難です。初期の原材料と製造技術に応じて、次のタイプの断熱材が区別されます:押出ポリスチレンフォーム、発泡ポリスチレン、玄武岩断熱材、ステープルグラスファイバー、発泡ポリエチレンフォーム.

ヒーターを選ぶときは、以下の点に頼ることをお勧めします。最初の基準は可燃性です。発泡ポリエチレンフォーム材料を-60〜 + 100度の範囲の温度で、押出ポリスチレンフォームおよび通常のポリスチレンフォームを-50〜 + 75℃の温度で使用するのが通例です。.

その後、水蒸気透過性に注意してください。発泡スチロールとポリエチレンフォームは、バスからの蒸気が通過できないため、一種の「温室効果」を生み出すことができます。そのため、このようなヒーターが取り付けられている木製のドアは湿気を帯び、耐用年数が短くなります。.

ドアのデザインによって、お風呂のドアを断熱する方法も異なります。最初の方法-断熱材はドアの内部チャンバーに配置されます。 2番目の方法-断熱材は、ダウエルネイルを使用して木製のドアに取り付けられ、上から、ある種の装飾コーティングで美観のために閉じられます。 3番目の方法-木製のバーからドアにフレームを追加で形成し、内部に断熱材を入れて、合板やファイバーボードなどのシート材で上部を閉じることができます.

お風呂のドアを断熱する方法を教えてくれる最後のテクニックを選びます。お風呂のドアに、厚さ20ミリの梁でできたフレームを釘で打ちます。フレームの外側の境界線は、ドアの葉の境界線と、拝廊の距離(約15ミリメートル)だけ異なる必要があります。フレームの周囲では、半分に巻かれた絶縁体をアルミニウムの釘で釘付けして、端から15ミリメートル突き出るようにする必要があります。また、フレーム自体の隙間に断熱材を取り付けます。.

次に、このフレームにファイバーボードまたは合板を断熱材で配置します。そのサイズはフレームのサイズに対応します。この構造も小さな釘で釘付けする必要があります。ドアリーフと断熱材の間に空気の層があるため、断熱材は固定されていません。このような構造は非常に簡単に機能します。ドアを閉めると、断熱材自体がドアブロックに寄りかかり、断熱材が外側に曲がって冷気が部屋に入るのを防ぎます。.

この断熱材の配置は、お風呂のドアを乾燥したまま、両側の霜や霜から保護します。それは絶対に均一できれいでなければならないので、ブロックにかかとを作る価値はありません。銭湯のドアをまだ断熱する方法は?断熱材の役割では、古いジャケットの毛皮やコートの外側の生地を使用できます。このような労働活動は30分しかかからず、その効果は驚くべきものです。.

これで、ドアを断熱するさまざまな方法があることを学びました。しかし、この手順は非常に重要です。これにより、お風呂の楽屋を完全に使用でき、冷気が部屋に入ることができなくなります。いずれの場合も、お風呂のドアはボックスにしっかりと隣接している必要があります。.