バス、サウナ、プール

リモート火室を備えたストーブの設置

ロシアの気候の特殊性のため、国の特定の地域では時には過度に過酷であるため、以前の両方の概念を組み合わせた入浴を含む水衛生手順の強化と受け入れに細心の注意が払われています。お風呂の手順を最大限に活用するには、お風呂の正しい配置に注意する必要があります。これは、便利で重要な安全な水衛生手順の鍵です。同時に、お風呂を整える過程で重要な役割はストーブにあります。ストーブは、スチームルームを備えたどの部屋でも重要な役割を果たします。ストーブはあらゆるお風呂の伝統的な属性であり、現代のバスユニットがどのように見えるべきかを誰もが想像しているように見えますが、バスストーブの最適な特性についての議論は今日まで続いており、これに初心者を誤解させます建設業。バス内で発生する温度レジームやその他の微気候パラメータは発熱体に依存するため、ユニットの必要な動作特性、動作中に作成される微気候パラメータ、および最も受け入れられる方法を予測して、意識的に選択に取り組む必要があります。そのインストール。今日、専門家は、リモートの火室を備えたストーブを優先することを推奨しています。ストーブを使用すると、入浴手順の快適さと安全性が大幅に向上するからです。この記事では、最も一般的なバスユニットの特性を検討し、リモート火室を備えたストーブを設置する方法についても説明します。.

耐えられない火室を備えた炉:主な長所と短所

バスストーブを設置する段階で考慮しなければならない最も重要な点は、バスユニットの位置です。それらの操作特性を考慮して、クラシックバージョンで提示された炉とリモート火室を備えた炉は区別されます。したがって、2つのオプションがあります。ストーブをスチームルームに完全に設置するか、燃料ドアをスチームルームから隣接する部屋に移動します。これらの各オプションには、以下で説明する独自の長所と短所があります。.

耐えられない火室を備えた従来のストーブを設置することにより、スチームルームを離れることなく加熱プロセスを制御できます。このタイプの炉には、耐熱強化ガラス製のドアが装備されており、その存在により、加熱プロセスを監視し、必要に応じて調整することができます。通常の金属製ドアを備えた従来のオーブンとは異なり、耐熱ガラスドアを備えたオーブンはより高い価格カテゴリーに属します。.

耐え難い火室を備えた炉設計の支持者は、彼らに有利な次の議論を引用して、彼らの立場を明確に正当化します。

  • お風呂に耐えられない火室のあるオーブンを設置すると、スチームルームを離れることなく温度を制御および調整できるようになります。
  • ストーブの設置中に、ストーブに街路酸素を流入させる供給システムを編成した場合、これによりスチームルーム内の空気循環が改善されます。そうでなければ、新鮮な空気の供給がない場合、時間の経過とともにそれは重くなり、酸素が枯渇します。
  • 耐え難い火室を備えたストーブを設置する支持者は、壁の穴からの熱損失の問題に直面することは決してないので、慎重に隔離する必要性について考える必要はありません。
  • スチームルームに印象的なエリアがある場合は、木製の壁からさらに遠ざけることができます。これにより、火災のリスクが大幅に軽減されます。
  • スチームルームの温度を上げたい場合は、火室のドアを開けるだけで行えます。
  • リモートファイヤーボックス付きのストーブとは異なり、従来のバスユニットの設計は、効率が高く、設置が簡単であるという特徴があります。.

耐えられない火室を備えたストーブの欠点については、それらも存在し、次のとおりです。

  • サウナストーブが完全にスチームルームに配置されている場合は、バス内の残りの部屋の暖房を個別に整理する必要があります。そして、夏にこの問題の解決を延期できる場合は、部屋の温度によって空気をさらに加熱することなく服を脱ぐか洗うことができるため、冬には、風呂のすべての部屋で暖房を整理する必要があります.

遠隔操作薪ストーブ:一般的な利点と配置オプション

ほとんどの建設フォーラムで実施された調査の統計を研究すると、バス建設の分野で最も経験豊富な専門家は、スチームルームの外にサウナストーブの炉を配置することを好むという結論に達することができます。スチームルームだけでなく、隣接する部屋も加熱します。ただし、このようなサウナストーブの配置を優先することで評価できる利点はこれだけではありません。それらをより詳細に検討しましょう.

  • 火室がスチームルームの外にある場合、この部屋には薪の破片、スチームルームに持ち込まれる可能性のある雪、汚れた靴の痕跡などはありません。
  • お風呂の最適な気温を維持するために、ドアを開けて暖かい空気を出している間、常にスチームルームに入る必要はありません。
  • 未燃燃料が残っている炉が閉じている場合、一酸化炭素中毒の可能性は事実上ありません。
  • スチームルームの外にファイヤーボックスを配置することで、少なくとも1平方メートル節約できます。 mの空きスペース、および追加のスペースを解放し、足元に薪がないため、部屋を視覚的に広くします。
  • 別の利点は、特に商業用の風呂やサウナに関連します。リモート火室を備えたストーブを設置することで最大のメリットを享受するには、通りにリモート火室を備えた浴場のプロジェクトを優先することをお勧めします。ボイラー室で。その本質は、訪問して薪を炉に追加することを決定したストーカーが、現在お風呂で蒸している人に不必要な不便を引き起こさないという事実にあります.

リモート火室を備えた炉の設置は、いくつかの方法で実行できますが、それぞれに長所と短所があります。.

重要! 専門家は、一見理想的なオプションであるシンクに火室を置くことを推奨していません。これは、破片が足元に残っており、一酸化炭素中毒の危険性がスチームルームと洗浄室の両方で同じであるため、このようなファイアボックスの配置が全体像に明らかな違いをもたらさないという事実によって説明されます。ただし、洗濯室の面積がスチームルームの面積よりもはるかに大きい場合は、この部屋に火室を配置することはまったく問題ありません。.

ファイヤーボックスの出口からトイレへ:長所と短所

このような配置の利点:

  • 火室にガラスのドアが装備されている場合、休憩中に炎の異言を観察することができます。これは、バススピリットの真の愛好家によると、そのような手順の不可欠な部分です。
  • 冬には、トイレの追加暖房を行うために、火室のドアを開けるだけで十分です。
  • スチームルームから居心地の良い休憩室に移動するだけで、お風呂を離れることなく暖房プロセスを制御できます。
  • 娯楽室にある火室を飾ると、それが部屋の内部の主要な装飾要素になります。

この配置のデメリット:

  • ほとんどの行楽客は靴を履かずに屋内にいるという事実を考えると、足元にチップ、樹皮、雪の水が見えるのを喜ぶことはないでしょう。
  • 夏には、ファイヤーボックスが配置されているレクリエーションルームの気温が快適なインジケーターを超える可能性がありますが、それらを均等にするには、通りへの扉を開くだけで十分です。.

特別な部屋にあるファイアボックス

「更衣室」の概念と同義である「更衣室」という言葉は一般的に理解されているにもかかわらず、多くの人は、更衣室は玄関に似た小さな部屋であり、火室があると確信しています。見つけることもできます。また、日常生活で多くの名前が使われています。その中には、玄関ホール、かまど、サウナボイラールームがあります。…このような拡張機能は別の方法で呼び出すことができます。前の段落で説明した、リモートファイアボックスを備えたストーブのすべての利点は、浴場に特別なエクステンションが装備されている場合に最も顕著になり、その後ファイアボックスが配置されることに注意することが重要です。そのような延長の存在のおかげで、あなたは浴場の「きれいな」セクターで煙の臭いの出現を防ぐでしょう、そして悪天候ではあなたはそれらが干渉しない一種の浴場ボイラー室に薪を置くことができます誰とでも。また、特別装備の別館に遠隔火室を設置すれば、この部屋は、本来の目的で運営されている残りの浴室の一種のヒートカーテンの機能を獲得します。.

外の火室の取り外し:例外的なケース

火室を路上に置くことは最善の考えではないという事実にもかかわらず、このオプションは、めったに使用されませんが、存在する権利もあります。通りに持ち出されるリモート火室付きのストーブを備えた風呂のプロジェクトを開発するとき、それらはほとんどの場合、通りに開く炉のドアではなく、上記のオプションを意味し、前庭.

重要! 火室が街路に持ち出された浴場のプロジェクトは、国の南部地域の住民や夏にのみ風呂を使用する夏のコテージの所有者にとって興味深いかもしれません。しかし、これらの場合でも、専門家は、火室の出口に少なくとも最小限の天蓋と、風呂を暖めた後にドアを閉めるために必要な追加のカバーボックスを装備することをお勧めします.

ただし、このオプションにも利点があります。石炭をエネルギー源とする場合、銭湯の不快な臭いや煤を取り除くには、火室のあるストーブが唯一の方法です。.

リモート火室付きストーブの特徴:ユニットをお風呂に配置する方法?

典型的な設置スキームに従って、火室を引き出す間、主要な構造物をスチームルームに配置する必要があります。これを達成するには、ドアが楽屋に向けられている特別な燃焼チャネルを配置する必要があります。炉の主な構造は仕切りの近くにあり、断熱手段を使って保護しています。ドアに対する設置はかなり変動する可能性があります。ストーブは、特定の部屋の特性に応じて、右側と左側の両方に配置できます。リモートファイアボックスを使用した設計は、複数の部屋を同時に均一に加熱できるため、従来のユニットと比べて遜色ありません。さらに、スチームルームの外にあるファーネスドアが取り外されているため、ファーネス構造の操作中にスチームルームで追加の酸素消費がなく、給排気空調システムを装備する必要がなくなります。 。遠隔燃焼室を備えた炉を設置するプロジェクトを実施するためには、設置技術に関して専門家によって提供されたすべての推奨事項に可能な限り厳密に従う必要があります。.

リモート火室を備えた炉の場所の選択は、構造の配置における最も重要な段階の1つであり、細心の注意を払う必要があります。ほとんどの場合、遠隔操作炉は操作中に非常に高温になる金属構造であるため、火災安全規則を厳守する必要があります。まず、この要件は、側壁または後壁からストーブまでの距離に適用されます。これは、少なくとも50センチメートルである必要があります。同時に、壁の表面の追加の保護を実行するために、断熱材のシートでそれらをトリミングするか、レンガ造りを行う必要があります.

リモート火室を備えた炉の設置中に断熱材または保護スクリーンを設置する予定がない場合は、ユニットから天井までの距離を少なくとも1.2メートルに維持する必要があります。.

ドアの方向と、火室のドアから最も近い壁またはドアまでの距離も重要なパラメータであり、リモートの火室を備えたストーブを設置する際には、その遵守が必須です。ほとんどの場合、火室のドアはバスルームの入り口に向ける必要があり、火室のドアと最も近いドアの間の距離は少なくとも1.25メートルである必要があります。.

重要! パーティションや壁を通過できるように設計された燃料チャンバーの細長いモデルを好む場合は、木製の表面から少なくとも40cmの距離に配置する必要があることを知っておく必要があります。ただし、このギャップは、特別な保護スクリーンを使用することで25cmまで減らすことができます。.

ほとんどのバスルームはコンパクトであることが特徴であり、多くの場合、自分の手でリモートの火室を備えたストーブを設置する過程で、多くの問題が発生します。お風呂の建設では、火災安全の厳しい要件に従わなければならないため、マスターのタスクはさらに複雑になります。それらを満足させるために、ストーブの高温面と木製の壁の間に設置される仕切りとして機能する特別な熱シールドを使用する必要があります。この方法の有効性にもかかわらず、一部の専門家は、特殊な材料の使用をやめ、オーブンをレンガまたは耐熱タイルで覆うことを推奨しています。また、石炭が炉から落下することによる発火を防ぐために、床に鋼板を置くことをお勧めします.

自分の手でリモート火室を備えたストーブを設置する:ステップバイステップガイド

基礎を正しく埋める方法?

ほとんどの場合、リモート火室を備えた炉の自己設置の主な段階の1つは、基礎の配置です。すべてのルールに従って注がれた基礎は、完全かつ長期的な機能の鍵であり、危険な状況の発生を防ぐため、この段階にますます注意が払われています。ただし、基礎がなくてもできる場合もありますが、条件を満たしている必要があります。床の土台として、高品質のスクリードまたはその表面に、磁器の石器または耐熱セラミックタイルが並んでいる必要があります。この条件を満たせない場合は、次の手法を使用して不燃性のコンクリートベースを装備する必要があります。

基礎の寸法の決定. まず、基礎の寸法を決定する必要があります。バスストーブを設置できるスクリードの標準的な高さは20cmです。このインジケーターは、「レンガのジャケット」と巨大な煙突の存在を特徴とする構造を装備する場合に最適です。コンクリートスクリードを装備する場合は、床が少し上がることを覚悟しておく必要があります。遠隔火室を備えたストーブは「レンガクッション」で行われることもありますが、この場合、基礎の高さをレンガクッションの高さに加えると天井が高くなるため、慎重に計算する必要があります。大幅に減少.

基礎構成の定義. ストーブが壁のすぐ近くにある場合は、基礎とバスのコンクリートベースの間に接触点があってはなりません。.

コンクリートスクリードの設置. まず、小さな型枠を備えたピットを掘る必要があります。基礎への推定荷重が小さいため、補強を放棄することができます。モルタルを作るには、セメント1部と砂3部を使用する必要があります。コンクリート混合物を準備したら、それを醸造させ、この時点で、屋根材などの防水材の二重層を置きます。次に、コンクリートスクリードを準備します。その上にレンガを装備する必要があります.

重要! 構造物の総重量が700kgを超えない場合は、ベースとして使用されているコンクリートスクリードを、難燃剤を含浸させた厚い板または丸太に置き換えることができます。ただし、構造物の総重量を計算する際には、金属炉の重量だけでなく、レンガ、保護フレーム構造物、煙突の重量も考慮する必要があります。.

炉を壁に挿入する:専門家の推奨事項

リモート火室を備えたサウナストーブの設置中に、構造を2つの部屋の間にある壁に組み込む必要がある場合は、次の手順に従うことをお勧めします。

壁の準備. 理想的には、そのような設置スキームは、壁がレンガを含む不燃性の材料でできている場合にのみ適切です。それ以外の場合、壁が伝統的な木材でできている場合は、耐火性の断熱材で事前に裏打ちすることをお勧めします。.

開口部のパラメータを定義する. この指標は、火室と燃料ベースの間の距離に等しく、特定のユニットの出力を考慮して計算されます。指定されたデータは、メーカーが提案する設置の推奨事項とともに、各モデルのデータシートに記載されています。ストーブが手作業で作られている場合は、おおよその基準を使用することをお勧めします-難燃性材料を使用する場合は25cm、それがない場合は40cm.

れんが造りの壁の設置, これは、木製の壁の上部と側面に配置する必要があります。同時に、レンガの設置中は、エアギャップを維持しながら、リモート燃料チャンバーのユニットに近づけることはお勧めしません。エアギャップの寸法は、添付の説明に示されているデータを考慮して計算されます。かまど。ただし、2.5cm以上必要です。将来的には、保存された隙間を玄武岩や石羊毛として使用できる断熱材で埋める必要があります。.

煙突の配置:可能なオプション

この段階は最終段階であり、いくつかの方法で実行できます。リモート火室を備えた古典的な薪ストーブを好む場合、煙突はレンガ、金属、またはセラミックを使用して設置できます。.

れんが造りの煙突の建設は、「保護れんがジャケット」の設置の続きです。この場合、パイプは裏打ちされ、独立したエアダクトとして機能します。この要素の設置中、煙突は重い構造であり、そこからの負荷がサウナの建物のフレームにかかることを覚えておく必要があります。この場合、主な負荷は炉の基礎に置かれ、その設置はコンクリートから行う必要があります。.

リモート燃料チャネルを備えた炉の配置は、火災安全規則と設置スキームの設計機能に準拠する必要があるため、かなり面倒なプロセスです。.