バス、サウナ、プール

お風呂にストーブを設置する

何世紀にもわたって、お風呂は体と魂の両方を浄化するために人々によって使用されてきました。おそらく、浴場は高品質の洗濯に使用される場所であるだけでなく、リラックスしてくつろぐ方法にもなっているため、構造や手段で置き換えることはできません。.

コンテンツ:

お風呂用ストーブの一般的なアイデア

快適で効果的に使用できるお風呂の主成分は、ストーブなしでは存在できないストーブです。適切な暖かさと居心地のよさを与えるのはサウナストーブです。.

この点で、ストーブの正確で信頼性の高い設置のプロセスは重要であり、さらに、それは部屋の内部に完全に適合することができます。ストーブの設置がすべての規則と計画に従って行われる場合、ストーブは湿ったまたは乾いた蒸気、内部の空気と水の適切な温度を放出することが保証され、そのおかげで人はリラックスすることができます、汗をかき、プロセス全体から非常に前向きな感情を得る。.

専門家は、風呂の建設のための最終的なデザインを作る前にストーブを購入することをお勧めします。この場合、建物のサイズと体積は最初からすでに考慮されており、安全要件、断熱材の種類、設計ソリューションへの準拠に関連するパーティションと壁に関する設置機能も考慮されています。屋根の建設中に煙突を外に出す必要が生じた場合.

サウナストーブが満たさなければならない主な要件は次のとおりです。

– 小さい寸法;

– 十分な力;

– 安全要件への準拠.

お風呂用ストーブは、使用する素材によって価格が変動する場合がありますが、3種類あります。

– 永続;

– 定期的に動作します。

– 複合アクション.

今日、最も人気のあるのはサウナストーブです。ガス、木材、電気など、さまざまな種類の暖房用に製造されています。電気サウナストーブは運転中に燃焼生成物を排出しないため、燃焼生成物を大気中に除去するためにパイプを設置する必要はありません。.

オーブンの設置要件

サウナストーブの各モデルの設置は、図解された概略画像と指示に厳密に従って行われるという事実にもかかわらず、一般的に必須の要件がいくつかあります。.

1.電気ヒーター(電気で作動する常時稼働オーブン)を使用する場合は、その設置を消防署と調整する必要があります。さらに、サウナストーブの設置の専門家は、独自のグラウンドループを作成することをお勧めします。追加の安全対策として、残留電流デバイスを使用することもできます。このユニットは、短絡や漏電が発生した場合にオーブンを自動的にシャットダウンします。.

2.例えば、バッチバス用の鉄製ストーブが設置されている場合、レンガ造りが必要になります。このモデルでは、多くの石を使用し、その後、直火で加熱します。それは非常に簡単にインストールされ、その効率は良いレベルです。.

3.複合アクションオーブンは、以前に名前が付けられた2つのグループの要素を組み合わせます。その主な違いは、燃料コンパートメントと石が配置されているコンパートメントの間に違いがあることです。この設計により、燃焼プロセスを停止することなく蒸気を得ることができます。通常、これらのモデルには、水を加熱するコンパートメントがありません。.

バス「Termofor」または他のメーカーに最適なオーブンのバージョンを選択した後、必要な電力を決定する必要があります。さらに、換気を考慮に入れる必要があります。炉の設置者は、バスルームに追加の換気装置を装備することをお勧めします.

基本的なインストールルール

1. Harviaサウナストーブは、対応するものと同様に、不燃性の材料が使用されている堅固な土台の上に配置する必要があります。この場合、炉の基礎を構築する必要はありません。よく準備されたベースは、彼女にとって優れたプラットフォームになります。.

2.火室のドアの前に、金属シートで覆われた特別に設計された断熱材を​​上に置くことが不可欠です。.

3.ストーブを風呂に設置するときは、すべての安全要件に準拠する必要があります。いかなる場合でも、薪やその他のサウナストーブは、木製の壁やその他のすぐに可燃性の表面の隣に配置しないでください。そのような状況では、オプションとして、お風呂の過熱を防ぐために撥熱保護スクリーンを使用することができます。.

4.理想的なオプションは、暖房ボイラーを別の部屋に配置することです。それは訪問者にとってより便利であり、火災安全の点でより良いです.

5.快適なバスの作成は、次の標準的なスキームに従って行われます。スチームルームとドレッシングルームの間で、燃料チャネル用の開口部が壁に作成されます。戸口の隣の銭湯にストーブを置くのはよくあることです。.

煙突の作り方

風呂用のストーブを設置するプロセスは、原則として、煙突の撤退を伴います。ほとんどの場合、金属製の煙突が作られます。原則として、それは標準ヒーターの完全なセットの一部ではなく、追加で購入されます。理想的には、パイプに曲がりがないようにする必要があります。炉のより良い操作は、可能な限り少ないエルボによって保証されます。煙突にはダンパーが付いています.

ガスオーブンには断熱材のない煙突が適しています。固形燃料ストーブの運転が計画されている場合、断熱パイプを作る必要があります。誤って実施された煙突では火災の危険な状況が発生するため、煙突の撤退には特別な知識が必要であるという事実に注意を払う必要があります。.

薪ストーブの設置

サウナストーブにはさまざまな種類があり、特定のサイズ、構造、特性があります。薪を燃やすサウナストーブは、最も安全で設置が簡単であると同時に近代的です。他のオプションと比較した場合の主な利点は、インストールが簡単なことです。ほとんどの場合、「バスハウス」という言葉との関連があります。これは、原則として、ダーチャや家に取り付けられたバスに設置されるのは彼女であるため、薪ストーブです。.

設置には、室内のオーブンの正確な位置を事前に決定する必要があります。薪ストーブをスチームルームに直接設置する場合は、ストーブに酸素を供給するために換気システムを設置して調整する必要があります。設計の高い機能性と複雑さを考えると、インストールの支援については適切な専門家に連絡することをお勧めします。.

金属オーブンの設置

金属製のサウナストーブは、最も耐久性があり、信頼性が高く、最も一般的なオプションの1つと見なされています。ただし、それらのインストールにはかなりの労力が必要です。これは主に、他の金属ストーブと同様に、鋳鉄製のサウナストーブには特定の溶接作業が必要であるという事実によるものです。金属構造物を安全な場所にしっかりと固定して設置し、特別な換気システムをそのような炉に導く必要があります。完成したアセンブリで購入した炉の基本要件を注意深く検討し、設置用の図を作成する必要があります.

炉の設置スキームにより、有能で正確な計算と安全で信頼性の高い配置による設置が可能になります。お風呂用のブランドの鉄製ストーブには、特別な説明、図、図面、写真があり、自己設置の場合に非常に便利です。ただし、快適性と安全性を保証できるのは、すべての規則と要件に厳密に従って設置作業を行った経験豊富な専門家だけです。.

ストーブの設置ストーブ

サウナストーブ-ダルマストーブは、他の暖房システムを実行できない場所で幅広い用途があります。作成してインストールするのに十分シンプルです。これは、円筒形のタンクを備え、薪を供給するための半円形または正方形のドアを備えたサウナストーブの変形です。.

設置プロセス自体は、炉から室内の加熱された場所に金属パイプを敷設することから始まります。多くの場合、同様のストーブが暖炉として使用されます。.