バス、サウナ、プール

みじん切りの丸太風呂:ステップバイステップの説明

風呂を建てる過程で刻んだ丸太を使用することは、高いコストによって完全に正当化されます。そのような構造の品質は、丸みを帯びた材料の使用よりもはるかに高いためです。丸太から銭湯を作る方法をさらに考えていきます。.

目次:

みじん切りログ:機能と利点

お風呂の建設に使用される最も人気のある素材は木です。その品質と耐久性が特徴的な木造建築物であり、そのようなお風呂で過ごすことは健康に有益になります。.

木材を使用することで、部屋の必要な微気候を維持できます。このような風呂の壁は、特定の条件下で湿気を吸収し、適切なタイミングで戻すことができます。.

使用期間と構築されたバスの品質は、その構築プロセスで使用される材料の種類とその品質に直接依存します。木材を収穫するときは、特定の規則に従う必要があります。これについては、さらに検討します。

1. 12月から3月の間に木を収穫することをお勧めします。.

2.木が伐採された後、それをさらに処理する前に少なくとも1か月待つ必要があります。.

3.森を保管する前に、すべての丸太から樹皮を取り除きます。端の部分にのみ樹皮のある15〜20 cmの小さな場所があり、ひび割れを防ぎます。.

4.ログはスタックに保存されます。それらの間に50mmの換気ギャップを維持することが重要です。.

5.すべてのスタックはスレートで覆われているため、湿気からスタックを保護します。.

あなたが木材を収穫するためのすべての条件を順守するならば、そのような風呂は少なくとも50年間その所有者に役立つでしょう。.

丸太は、枝や幹を取り除いた木を伐採した後に形成される丸い材料です。.

切り刻まれたログの利点には、次のものがあります。

  • きしみ音やひび割れが少ない。
  • 低レベルの吸湿;
  • 昆虫、真菌またはカビの形での生物学的影響に対するより高い耐性;
  • 特別な注意を必要としない操作の期間;
  • 組み立ての容易さと単純さ。
  • 特別な溝コンポーネントの存在;
  • さまざまな足の形をしたコーナーカット、ロシアのボウル、排他的なトリプルカット。
  • 入浴を行うためのさまざまなスタイル。
  • 健康的な屋内気候;
  • 幅広い対数直径.

切り刻まれたログの欠点には、次のものがあります。

  • 材料の準備に関する作業を実行するためのより高いコスト。
  • ログハウスの異なる端での直径の違い。
  • 作業性能の品質は、それらを実行する専門家の経験に直接依存します。低品質の設置の場合、構造の外観が大きく損なわれます。.

みじん切りの丸太風呂-特徴

みじん切りの丸太風呂は、何十年、何百年もの間人気があり続けています。これは、その建設の過程で使用される材料の入手可能性と処理の容易さによるものです。.

建設に木材を使用することには、次の利点があります。

  • まず第一に、木製の壁が「呼吸」する能力-これのおかげで、お風呂で呼吸しやすく、部屋には新鮮な空気と健康的な雰囲気があります。
  • 熱伝導率が低いため、冬でも入浴時の保温性に優れています。これは入浴手順にとって非常に重要です。
  • 木で作られた浴場の壁の製造は、木が部屋の温度レベルを制御するので、夏の過熱を避けることができます。
  • 木製の風呂は高価な基礎の建設を必要とせず、木材はレンガやコンクリートよりもはるかに安いので、コストは別の利点です.

みじん切りの丸太でできた銭湯の標準的な外観は1階建てです。 2階建てまたは屋根裏風呂を構築するオプションが可能ですが。お風呂の最低部屋数は、洗濯室、スチームルーム、トイレの3つです。.

風呂の建設にはさまざまな種類の木が使われますが、基礎と接触する風呂の下部は、この材料が最高の品質特性を持っているため、伝統的にカラマツで作られています。さらに、針葉樹、松、トウヒの使用が広く行われており、人体をきれいにし、癒す特別な香りで部屋を満たします。.

ファイアボックスについては、白樺を優先することをお勧めします。お風呂を作るとき、主なことは正しい種類の木を選ぶことです。仕事の最終結果は素材の品質に依存するので.

重要なポイントは、建物の支持構造の構築です。それらは1つの木製の壁の形で現れ、その基部には縦に置かれた丸太または王冠があります。.

みじん切りの丸太風呂の写真:

クラウンは長方形の構造で、垂直方向に配置されたビームで構成されています.

作業の最終段階は銭湯の伐採です。まず、森や野原で木を伐採する作業が行われます。その後、ログハウスは建設現場に運ばれ、かしめられます。設置して完全に乾燥してから1年が経過した後、ログハウスの内外仕上げを行います。.

ログからのバスの構築:ステップバイステップの説明

切り刻まれた丸太を使用して風呂を構築する手順は、いくつかの段階で構成されています。

1.切り刻まれた丸太からお風呂のプロジェクトを作成する.

2.建設工程で使用される材料の組み立てと伐採.

3.基礎の準備と建設.

4.お風呂の壁の建設.

5.建物の屋根の設備.

6.ストーブの設置.

7.内装仕上げ工事の実施.

8.煙突の設置.

9.床と天井の断熱材に作用します.

10.屋内での棚の設置.

最初の段階はお風呂のデザインです。プロジェクトの開発は、所有者のすべての要件に従って実行されます。独自にプロジェクトを開発したり、既製のプロジェクトを購入したり、地域の個々の気候的および地質学的特徴をすべて考慮して入浴プロジェクトに最適なオプションを作成する専門家による個々のプロジェクトを開発したりすることができます.

彼らはその寸法を決定することによって浴場を建設し始めます、私たちが3つの部屋からなるログハウスの標準的な寸法を考慮すると、その面積は約60平方メートルになります.

重要な要素は、棚が配置される部屋の高さであり、特定の人数の場所に快適でなければなりません。.

お風呂が大きすぎると熱損失が良くなり、お風呂を温めるのに大量の燃料が必要になりますのでご注意ください。したがって、お風呂にいる人の位置に便利な部屋の最小寸法を選択する必要があります。.

標準的なお風呂は、着替えをする更衣室と、洗ってスチームバスを浴びるスチームルームで構成されています。トイレを装備する可能なオプション.

スペースをより合理的に使用するには、スチームルームのドアを前庭に入れる必要があります.

構造物の強度を向上させるには、基礎を正しく選択して装備する必要があります。その敷設の深さは、最低100mmが追加された土壌凍結の深さによって決定されます.

お風呂の正しい温度分布を考慮することが重要です。スチームルームの気温は51度から57度、洗濯室の気温は35度から40度、更衣室の気温は少なくとも22度です。.

重要な要素は、棚の正しい位置と設置です。高温の蒸気による火傷の危険性があるため、ストーブの近くに置かないでください。.

したがって、棚は空白の壁の近くに配置することをお勧めします。棚板は、天井の高さに応じて、2段または3段に配置する必要があります.

ほとんどの場合、サウナストーブは部屋の隅にあるサウナで使用されます。この配置により、すべての部屋を一度に最適に加熱できます。炉の内部には貯水池が設置されており、そこで水が加熱されます。このような炉の動作原理は、特殊な種類の石を使用することにあります。この石は、加熱されると加熱され、水と接触して蒸気を放出します。ストーブは薪を燃料として使用し、薪を長時間加熱するために使用されます。.

屋根は最小の熱伝導率を持たなければならないので、屋根の配置は別の重要な問題です。浴場が一戸建ての場合、最も人気のある屋根の建設オプションは切妻屋根です。延長の形で風呂を配置するときは、シングルピッチタイプの屋根を使用するのが合理的です.

切妻屋根の傾斜は18度から44度で、傾斜は20度から30度です。木風呂は熱損失を防ぐために非常に暖かくなければならないので、重い屋根が必要です。ノルウェーの土製の屋根は非常に人気があり、その表面には芝生の形をした土や植物があります。.

お風呂を作るのに少なくとも2ヶ月かかります。ただし、お風呂が効率よく機能するためには、建設後1年以内に操業を開始する必要があります。この期間が経過した後、バス収縮の最初の段階が発生します。最終的な収縮は、木材の種類にもよりますが、4〜5年後に発生します.

お風呂の建設の主な段階は、床と天井の断熱です。お風呂の天井を切り刻んだ丸太から断熱するには、天井全体にスリングを釘で打ち、木製の天井を設置し、熱損失を防ぐためにコーキングを設置する必要があります.

さらに、床と堰の正しい配置に注意する必要があります。洗濯室とスチームルームに床を建てるときは、正常な流れを確保し、下水道に水を排水するように注意する必要があります。したがって、床は傾斜面を持っている必要があり、コンクリート、粘土の形で、撥水材料のみが製造に使用されます.

斜面は、余水吐と下水道ピットを接続するウォーターシールが装備されているピットに向ける必要があります.

次に、床は木の材料で覆われています。このプロセスを実行するには、ラグの設置が必要です。ラグは、支柱で以前に防水された表面に取り付けられています。木は濡れると膨らみ、乾くと体積が減少するため、板の間には少なくとも0.5cmの隙間を残しておく必要があります。また、ボードから縦方向の面取りを外すと、上部が少し大きくなり、下部が少し大きくなるので注意が必要です。.

連続した床を構築している場合、その配置のために、部屋に直接ピットを設ける必要があります。それをカバーするために特別なグリッドが設置されています。換気ライザーは下水道設備に使用されます。配置には、最小径10cmのアスベストセメントまたは金属管を設置する必要があり、上部にキャップまたはデフレクターを設置します。.

切り刻まれた丸太からお風呂を作る技術

お風呂の建設後、丸太の間に列間シールを置く必要があります。したがって、熱損失が発生するギャップの出現は除外されます。.

モスまたはトウはシーラントとして使用されますが、この方法は作業が複雑で材料のコストが高いため、あまり一般的ではありません。現代の住宅建設では、ロール状に製造されているため、設置が簡単な亜麻を使用しています。.

継ぎ目をシールする手順はコーキングと呼ばれ、建物の外観を改善するために同じクラウン間シーラントまたはリネンロープが必要です。.

コーキングの助けを借りて、建物全体の断熱が大幅に改善されます。ただし、このプロセスの実行は、建物の収縮が終了した後、つまり5年間の運用後に繰り返す必要があります。.

重要な問題は丸太の接合の問題です。切り刻まれた材料は直径が異なり、接合には特別なスキルが必要です。.

丸太の標準サイズは600cmです。建物の壁が長い場合は、カットで結合されます。したがって、関節領域は見えなくなります。垂直な壁がない場合は、バットセクションにオーバーカットが装備され、ジョイントが隠されます.

カットの構築に可能性がない場合、ログのより確実な固定のために、ジョイントはチェッカーボードパターンで形成されます.

木でお風呂を作ることは、丸太を割るなど、別の不快な結果をもたらします。木は内部に湿気がある生物であるため、一定の処理を行うと乾燥して強度を失います。丸太の中央部から水分が蒸発し始めるため、最大の負荷がかかるのは丸太であり、ひび割れにつながります。このプロセスの出現を回避するために、変形目的ののこぎりを作る必要があります。これは、丸太に影響を与えることなく水分を除去するのに役立ちます。.

また、木材が青くなったり、黒ずんだりする恐れがあります。この手順は、湿気、太陽、温度変化などの影響を受けて木材の品質が低下するために発生します。丸太は、空気中にあり、それを通って表面に到達する真菌やカビに特に敏感です。菌の繁殖に最適な条件は、気温+22、湿度90%以上です。そのため、このプロセスを防ぐために、十分な換気をバスに装備することをお勧めします。.

さらに、防腐剤の準備と含浸の助けを借りて木の定期的な処理を実行する必要があります、青がすでに表面に現れている場合は、それをよく研磨し、漂白剤を適用する必要があります。.

梁を設置する前に、太陽、湿気、その他の外部の影響から木を保護する薬での処理について心配する必要があります。これらの材料は木風呂の寿命を数回延ばす可能性があるため、これらの材料の購入を節約しないでください。.

ログビデオからの入浴: