バス、サウナ、プール

DIY日本風呂お風呂

私たち一人一人がロシア式風呂、トルコ式ハマム、フィンランド式サウナとは何かを知っていますが、日本の風呂について聞いたことがある人はあまりいません。日本風呂の出現の歴史、日本人の入浴習慣、そしてこの種の身体への手技の有用性についてお話ししたいと思います。.

コンテンツ:

歴史的参照

地理的特徴と孤立主義の方針により、日本の風呂は他の人々の風呂文化の影響を受けずに完全に独立して発展しました。日本のお風呂は銭湯とお風呂に分かれています。私たちは主にホームバスに興味があります.

お風呂とフィンランド式サウナの主な違いは、体が蒸気や熱風ではなく、正確に摂氏45度に加熱された水で加熱されることです。これは水にとって非常に高い温度であり、外国人には耐えられないように思えるかもしれません。.

何世紀にもわたる伝統によれば、日本人は夕食の前に少なくとも1日1回お風呂を使用します。しかし、1日2回入浴するのがより伝統的です。.

科学者や建設業者によると、日本でこのようなお風呂ができたのは、気候の特徴によるものです。日本は、非常に湿度の高い気候、寒い冬、そして秋と春に長期間の雨が降る島国です。冬になると、気温は繰り返し摂氏-40度まで下がります。このような霜の中に突き刺さる海風は、多くの場合致命的な終わりを伴う多くの病気を引き起こす可能性があり、外に出た後は体を温めることが不可欠です。伝統的に、日本では、道路や家屋は暖房が不十分で、木や石炭があり、サイズが小さく、大きなお風呂を作る方法がありません。よくウォームアップする必要があり、お風呂に入っていない場合はどこでそれを行うか?

日本風呂の構造

出口は、ストーブの上に置かれた大きな樽の水という形で発見されました。ストーブは、水を必要な温度に加熱します。お風呂は、お湯で満たされた木製の樽または浴槽です。松、杉、カラマツは伝統的にお風呂に使われます。オークや他の高価な種類の木材はあまり使用されません。中には座ったりリクライニングしたりできる座席があります。お風呂はストーブの上に置かれ、一定の高温を維持します。現在、必須の属性は、45度以下の温度を制御できる温度計です。.

水は非常に高温であるため、熱射病のリスクがあります。これを避けるために、冷水に浸したフェルトの帽子を頭にかぶる必要があります。お風呂は平均5分かかります。入浴手順のより永続的な愛好家は、10〜15分で疲労を解消することができます.

トイレの構造特性

さて、お風呂の選び方を決めて、自分の手で日本風呂を作りたいと思ったら、まずは戸建か住宅かを決める必要があります。大室を別棟に建てる場合は、防火性を高めるため、住宅からできるだけ離して設置する必要があります。その後、寸法で決定します。この場合、おおよその訪問者数を考慮する必要があります。お風呂は小さすぎてはいけません、そしてその後の加熱の可能性.

日本風呂を別に建てる場合は、土台の手配を始めましょう。構造はかなり重いので(木、石、狭いスペースに人が密集している)、最も正しい解決策は柱状の土台です。構造の安定性は、十分に水平な場所と正しい基礎に依存します。基礎は、バイポールまたは同様の防水材で注意深く断熱する必要があります。.

壁や屋根の建設は、さまざまな種類の木材から行うことができます。オークと杉は最も古典的であると考えられています。お金を節約したい場合は、松とカラマツを使用できますが、壁にのみ行き、作ることはできません。それらからの屋根。壁や屋根は、さまざまな種類の木材で構成できます。壁の装飾には、リンデン、アスペン、ポプラを使用できますが、ここでは基本的な要件はありません。.

トイレの基本要素

別の構造の場合、日本の風呂には必然的に2つの主要な要素が含まれます。これは、45℃に加熱された水と木製のシートが入った丸い樽です。中には「フラコ」があり、熱いおがくずが入った容器「おがくず」があります。 「フラコ」の底の下にはステンレス製のストーブが置かれ、水の温度を維持します。底はフィンランドの技術を使用してサーモウッドで作ることをお勧めします.

タンク「フラコ」と「オフロ」は、金属を使わず、木だけで作られています。製造が非常に難しいため、既製のものを購入する方が簡単です。着工前に取得することで、将来の日本風呂をより正確に設計することができます。.

構造的には、「フラコ」は防水性の木製樽で、浴槽の形をとることはあまりありません。そこに滞在してから5分以内に、人が「疲れを洗い流し」、日本の風呂「お風呂」に行く準備をするように設計されています。複合体は伝統的に樹皮と呼ばれています。乾いたおがくず風呂は、複雑な手順の不可欠な部分です.

「お風呂」は、オーク、スギ、ライムのおがくずが入った普通の木箱で、摂氏50〜60度に加熱されます。 「ふらこ」を拭き取った後、「お風呂」に着替えた男が横になり、その後、おがくずでおがくずをかぶせる。.

昔ながらの日本のお風呂には、いつも予備洗いの場所があります。伝統によれば、「フラコ」では、人はすでにきれいに座っている必要があります.

他の風呂と同じように、下水道を設置し、換気を整える必要があります。照明工事を行う際には、室内の湿度や温度の上昇を考慮する必要があります。.