家具およびインテリアアイテム

ベージュを基調としたベッドルーム:写真、デザインのヒント

この部屋は睡眠を目的としており、人ができるだけリラックスするので、寝室を飾るプロセスは真剣に受け止められるべきです。寝室のメインカラーとしてベージュを選択したので、単調さを避け、寝室のデザインを快適で魅力的なものにするのに役立つテクニックに慣れておく必要があります。ベージュの色調で寝室を飾るための主な推奨事項についてさらに検討してください。.

目次:

インテリアのベージュ色:特徴と意味

室内装飾にベージュを使用することは古典的なオプションです。その使用頻度は、黒、白、灰色に相当します。同時に、ベージュの色には千以上の異なる色合いがあります。.

この色は落ち着き、攻撃的な感情を取り除き、可能な限りリラックスします。ベージュ色のもう一つの機能は、フルで上質な休息の設定ですので、寝室のデザインに使用することをお勧めします。.

ベージュは、ブラウンの温かみのあるノートとホワイトの冷たさを兼ね備えているため、ニュートラルです。この色の退屈で面白くない色にもかかわらず、その正しい使用はインテリアをバランスのとれた調和のとれたものにします。また、ベージュは、背景に対して明るく見える他の色の優れた基礎です。.

ベージュは、海の砂や普遍的な肌の色でよく見られるため、本当に自然な色です。白、グレー、ブラウン、ピンク、グリーン、クリムゾンなどの色調がこの色と完璧に調和しています。より特別な個性には、ベージュと青、紫、オレンジ、または珊瑚の組み合わせが適しています。.

おおよそのベージュ色は次のとおりです。

  • 象牙;
  • グレー;
  • ライト・ブラウン;
  • 黄褐色;
  • 薄黄色;
  • ライトオレンジ;
  • クリーム;
  • カラメル;
  • コーヒー;
  • オパール.

ベージュを使用する機能と、ベージュの部屋を改善するための推奨事項をよく理解しておくことをお勧めします。

1.明るいアクセントでインテリアを飾ります。カラフルなフレーム、小さなテーブルランプ、またはベッドのそばの敷物の写真は、このアイデアを実現するのに役立ちます。.

2.ベージュのインテリアに見事に追加されるのは、金メッキされたアイテム、またはブロンズ、銅で作られたアイテムです。.

3.ベージュを他の1つまたは2つのニュートラルトーン(ライトミントまたはラベンダー)と組み合わせることができます-ベージュのベッドルームを魅力的で質感のあるリラックスできる場所に変えます.

4.寝室をベージュだけにする場合は、壁の装飾品、巻き毛のパターン、テクスチャがインテリアを薄めるのに役立ちます,

室内装飾にベージュを使用する利点:

1.ベージュ色は、部屋の空間を視覚的に拡大し、多くの光を与え、雰囲気をリフレッシュします.

2.汎用性-ベージュはニュートラルでほとんどすべてに合うため、どの部屋の装飾にも使用されます.

3.寝室で繊細なベージュ色を使用すると、完全な休息とリラクゼーションを得るのに役立ちます。.

4.ベージュの家具はどんなインテリアにも完璧にフィットし、ほとんどすべての壁の色と調和しています。したがって、家具を購入した後は、壁の色が変わったときに新しい付属品を購入する必要があるという事実を心配する必要はありません。.

5.ベージュのアクセサリーの使用は、明るすぎる色で内部の過飽和を排除するために削減されます。明るい寝室のベージュのフロアランプは、インテリアを少し落ち着かせます。.

6.ベージュは用途の広い色なので、建材市場で見つけやすいので、壁紙や家具、アクセサリーの購入に問題はありません。.

ベージュ色の寝室:一般的な推奨事項

心理学者は、ベージュが寝室を飾るのに最適な色の1つであることを証明しました。ベージュは落ち着き、落ち着き、可能な限り快適にリラックスするのに役立ちます。ベージュの色は、どんなスタイルの寝室にも適しています。その助けを借りて、最も不調和なものを組み合わせることができます。.

ベッドルームがベージュだけで作られている場合、それは多目的で多機能になります。夏は寒くなり、冬はこの色で飼い主を暖かくします。.

ベージュを基調とした寝室の写真:

ベージュと他の色を組み合わせるつもりなら、想像力は無限大です。しかし、もちろん、寝室には落ち着いた色調を選択することをお勧めします。たとえば、緑-落ち着き、青-落ち着き、茶色、灰色-は雰囲気を薄めるのに役立ちます。ブラウンベージュのベッドルームが理想的です。そのような部屋はあなたができるだけリラックスすることを可能にすると同時に、近くにあるが異なる色の組み合わせのために退屈ではありません。あなたはワンピースの寝室を手に入れるので、あなたは同じトーンのインテリアアイテムを選ぶべきではありません。部屋をゾーンに分割し、ゾーンごとに独自の日陰を選択することをお勧めします。スリーピングエリアには、ライトベージュのベッド、フロアランプ、敷物が床に敷かれます。リラクゼーションエリアまたは私室は、色合いによって異なります。ほぼ同じ色ですが、テクスチャが異なるコンポーネントを選択する必要があります。.

ベージュは、赤、フクシア、オレンジ、紫などの明るい色調によく合います。ただし、この場合、寝室の雰囲気を過飽和にしないように、これらの色から小さなアクセントをインテリアに導入する必要があります。.

ベージュとグリーンが相性が良いので、寝室には雰囲気を盛り上げる植物をたくさん設置することをお勧めします。.

ベージュと黒を組み合わせて作られたベッドルームは、豪華で快適に見えます。それは決定的で活動的な人々により適しています。黒いカーテンは日光を避けるのに役立ちます。必要に応じて、ベージュのリネンを備えた黒いベッドがインテリアを引き立てます。黒でやりすぎないでください。デザイン全体の最大30%を超えないようにしてください。.

ベージュの寝室が十分に広い場合は、暗いカーテンを設置することをお勧めします。これは、注目を集めるアクセントとして機能します。天然素材で作られたライトカーテンは、小さな寝室に適しています。.

ベージュの寝室の壁は間違いなくベージュでなければなりませんが、天井や壁に溶け込んではいけません。したがって、壁、天井、床の異なるテクスチャを選択することをお勧めします。.

ベージュの寝室の家具を犠牲にして、実験の余地があります。かさばる家具とミニチュア家具の両方が完璧に見えるので。ベージュはとても軽くてスペースが少ないので、部屋の半分を占める巨大なベッドでも痛くありません。.

ベージュを基調とした寝室のインテリア:デザインオプション

1.モノクロベージュの寝室は可能な限りニュートラルにすることができます。それははっきりとした雰囲気を欠いています;そのような寝室の人は安全を感じます。単調さを避けるために、あなたはその異なる色合いでベージュを希釈する必要があります。シャンデリアは色が薄く、家具は少し暗めです。天井や壁の装飾にさまざまな質感。適切な照明はアクセントを作成するのに役立ちます。ベッドリネンはパターン化または刺繍する必要があります。壁に模様や装飾品を使用することが可能です。このような寝室はベージュだけでなく、この色に近い色調(茶色と灰色)を追加することもできます。ライトベージュはグレーのアクセントに、ダークベージュはブラウンのアクセントによく合います。そのようなインテリアはとても面白くて活気があります。ベージュだけを組み合わせる場合は、パターン、さまざまなテクスチャ、テクスチャ要素をインテリアに取り入れてください。このようなインテリアのデザインの主な間違いは、床、壁、家具が完全に融合し、単調な効果が生まれることです。.

2.寝室のベージュと明るい色の組み合わせ-特別な雰囲気を作り出しますが、明るさが過剰であるため、部屋は落ち込んでいるように見えます。したがって、ベージュは明るい色を希釈するための優れたオプションです。インテリアの明るい色の最大量は50%です。それ以上あると、寝室の所有者は寝苦しくなり、この部屋で完全に休むことができなくなります。明るい色を少し選ぶと、色のしぶきの形でアクセントになります。壁、フレーム、寝具、カーペット、家具、アクセサリーのテクスチャ要素は、明るいスポットの形で表示されます。このようなインテリアの別のオプションは、ベージュに近いベージュ、たとえばグレーまたはブラウンと明るい色の組み合わせです。そのような寝室はより多様で興味深いものになるでしょう。.

明るい色を選ぶとき、あなたはあなた自身の好みと欲望から進むべきです。赤とベージュは情熱的な雰囲気を作り出し、寝室を食欲をそそるように見せます。この組み合わせは、エネルギッシュで熱心な人には適していません。ベージュとグリーンまたはブルーのアクセントの組み合わせが最適です。この組み合わせは、落ち着き、リラックスし、より早く眠りにつくのに役立ちます。憂鬱になりがちな人には、ベージュとオレンジのタンデムが適しています。オレンジ-ポジティブに同調し、暗い考えから気をそらすのに役立ちます、この色も非常にエネルギッシュです.

ベージュ色の寝室のデザイン:家具、照明、壁、アクセサリー

家具を選ぶときは、テクスチャやテキスタイルの一般的なデザインとは異なるモデルに導かれます。ベージュの寝室では、真っ白なベージュ色に金メッキを施したベッドが見栄えがします。床の表面がつや消しの場合、テキスタイルは輝きます。寝室の義務的な属性はベッドです。整形外科用マットレスを使用したモデルに焦点を当てることをお勧めします。その他の家具:ワードローブ、箪笥、化粧台、サイドボード、椅子は調和して組み合わせる必要があります.

照明を配置するときは、部屋の一般的な特性から進める必要があります。ベッドルームがゾーンに分割されている場合は、それぞれに独自の照明器具が必要です。中央の照明と追加のランプまたはフロアランプになる大きなシャンデリアを1つ設置することをお勧めします。夜にいつでもライトをオンにできるように、1つまたは2つのランプをベッドのそばに置く必要があります。寝室に多層天井または石膏ボードの装飾構造がある場合は、追加の照明を整理するのに役立つ小さなランプがそれらに取り付けられています.

寝室にベージュを装備する場合、ベージュはとにかく柔らかくするので、さまざまな色の組み合わせを使用することができます。壁装材としては、通常の壁紙と漆喰の両方が適しています。さらに、この色の仕上げ材は、ほとんどすべての金物店で入手できます。壁の1つを大きな模様や飾りで飾ることができ、他の3つの壁はソフトベージュになります。明るい色の使用は、次のバリエーションで可能です。

  • 壁の1つを明るい色合いでペイントします。
  • 明るいフローリングの選択;
  • 明るいアクセサリーやテキスタイルを使用する.

ベージュ自体はニュートラルなので、アクセサリーは雰囲気を薄め、もっと楽しくする必要があります。そのようなもののために、壁の1つに描かれている装飾が施された明るい枕または毛布を使用してください。カーテン-インテリアをより居心地の良い、暖かくします。それらの色は、部屋の所有者の好みによって異なります。部屋のデザインを明るくするために、シルクなどの天然素材で作られたカーテンを使用してください。.

ベージュ色のベッドルーム-スタイルのアイデア

1.ロイヤルベッドルーム-まず第一に、そのようなベッドルームは大きくて広々としている必要があります。それは大きなヘッドボードまたはキャノピーを備えた巨大なベッドの存在を前提としています。アンティークまたはアンティークのベッドをお勧めします。このベッドルームはクラシックなスタイルを想定しています。壁に写真が描かれたフレーム、ベッドの側面に2つのベッドサイドテーブル、ランプがあります。スタッコのモールディング、窓の大工のビンディング、アンティークの椅子、木製のベンチは、インテリアに完璧にフィットします。.

2.モダンなスタイルのベッドルーム-明るい色との組み合わせが含まれているため、このようなベッドルームをベージュだけで想像することは困難です。現代美術のオブジェは、そのような寝室の義務的な属性です。ゼブラスタイルのベッドカバー、絵画、デザイナーアイテムがインテリアを完璧に引き立てます。ベッドは長方形である必要はなく、円形または楕円形が可能です。ガラスの椅子、珍しい敷物、ランプも重宝します.

3.保守的なスタイルの寝室が最も人気があり実用的です。部屋の中央部分には、ベッドの頭に絵が掛かっているベッドがあります。側面にはランプ付きのベッドサイドテーブルがあります。この寝室を少し多様化するには、色のアクセントで遊ぶ必要があります。全体的なベージュのトーンを引き立たせる真珠光沢のあるトーンを使用することが可能です。珍しいアームチェア、毛布、デザイナー枕-標準的なインテリアを飾ります.

4.ユースベッドルーム-これは、若者だけに適しているという意味ではありません。これは年齢ではなく、気分についてです。そのような寝室は明るく、元気である必要があります、どんな実験でも大歓迎です。ユースベッドルームは、クラシックなベッドとモダニストカーペット、ヒッピースタイルの毛布と標準的なアームチェアなど、最も違和感のあるものを組み合わせています。.

5.naturazilmaスタイルのベッドルーム-ベージュとグリーンの植物がたくさん。自然を描いた絵画や壁画は、インテリアを薄めるのに役立ちます。.

6.カントリーベッドルーム-ベージュで見栄えがします。ベッドの建設や一般的なインテリアで白樺の幹を使用することが可能です。明るい色、ベッドの市松模様の敷物、枕のレース、物のチェスト、天井のファンシャンデリア、その他の珍しいものがインテリアを飾ります.