家具およびインテリアアイテム

リビングルームのインテリア

各家には独自の名刺があり、家のメインルームはリビングルームです。ここでは、ホストがゲストを迎え、家族と夜を過ごし、お祝いを企画します。したがって、この部屋は、リビングルームのサイズが小さいか大きいかに関係なく、快適さとおもてなしを象徴するものでなければなりません。今日は、リビングルームのインテリアと、リビングルームに適したさまざまなスタイルのソリューションについて説明します。.

目次:

居間の目的

居間はアパートや民家の中心です。家族全員がこの場所に集まり、時にはダイニングルームとして機能します。そして、家族の快適さを作り出すために、あなたは居間と寝室の調和のとれたインテリアを作ることについて心配する必要があります。.

すべての家には時々ゲストがいるので、居間は毎日多面的な搾取にさらされています。ここでは、小さな家族の輪でお祝いのディナーやサンデーティーを楽しんだり、家族評議会を集めてエキサイティングな議論や差し迫った問題について話し合ったり、リラックスしたり、自宅のような作業エリアを再現したりできます。.

モダンなリビングルームは単なるレセプションルームではありません。この部屋は長い間映画館、ダンスフロア、カフェとして機能してきました。所有者はますます、スペースを機能ゾーンに分割するためのあらゆる種類の技術と方法を使用して、リビングルームとキッチンを組み合わせています。.

主なことは、部屋自体のボリュームが損なわれないということです。居間に課せられる役割に応じて、必要な家具と小さなインテリアの詳細を選択するのが通例です。.

インテリアプランニング

居間のインテリアを計画するときは、特定の職業に対応するゾーンを強調表示し、条件付きで区切ることをお勧めします。シーティングエリアは柔らかいカーペットで完璧に区別でき、ダイニングエリアはコーナーに配置された椅子付きのテーブルで定義されています。.

リビングルームでは、一般的な照明に加えて、各部分に追加の照明を提供する必要があります。レクリエーションエリア用の壁取り付け用燭台またはフロアランプ、ダイニングルーム用のシャンデリアはテーブルの上に低く下げられています.

居間の内部について慎重に考え、すべての世帯員の希望とあなたがそれに加えることを計画しているすべての変更を考慮に入れてください。これはすべて、修理作業の前でも行う必要があります。.

まず、居間の計画を立てて、各ゾーンの場所を決定する必要があります。そうすれば、安全に修理を進めて、特定の家具を探すことができます。静かに本を読んだり、テレビを見たりするには、座席エリアをドアから離して配置します。隅には、矮性のヤシの木や他の装飾的な花を置くことができます.

カラーソリューション

リビングに日差しがほとんど入らないときは、心地よい雰囲気を演出するために、温かみのある色調が最適で、気分を高揚させます。クールなダークトーンは、深い人工照明でも同じように機能します。ただし、濃い色調は逆の効果を引き起こします-暗すぎる領域を作成します.

必要に応じて、ニュートラルな配色またはベージュとブラウンの色合いを選択すると、部屋の基本的な要素を交換するためにお金をかけることなく、アクセサリーを変更するだけで簡単に配色を変更できます。ファッショントレンドは、明るい要素と中間色の組み合わせです。明るい色を選択するほど、リビングルームのクッション、壁パネル、小さな敷物など、リビングルームの特定の要素の寸法を小さくする必要があります。.

イデオロギーセンター

家具を配置する前に、リビングルームの計画とインテリアデザインについて慎重に検討する必要があります。この部屋のイデオロギーセンターの組織から始めることをお勧めします。その機能はしばしば暖炉によって実行されます。このようなインテリアの要素は、信頼性と静けさに満ちたこのゾーンに古い英国の精神を吹き込むだけでなく、親しみやすさと相互理解の魔法の雰囲気を作り出すことができます。.

リビングルームに暖炉を設置する場合は、居心地の良いロッキングチェア、小さなソファ、コーヒーテーブルを近くに設置するのが通例であることに注意してください。ここには、アロマティーやスパークリングワインが適しています。.

多くの都市住民は、リビングルームでプラズマテレビを見ることを好みます。その巨大なスクリーンがこの部屋の中心の役割を果たしています。そのような決定がなされた場合、ホームビデオやテレビ番組を見るのに便利になるように、すべての布張りの家具は同様の計算で配置する必要があります。.

部屋のイデオロギーの中心として、彼らはしばしば暖炉や大型テレビではなく、エレガントなグランドピアノや強力な音楽センターを選びます。この場合、リラクゼーションエリアを床に直接配置され、椅子やソファの代わりに使用できるクッションで補うことができます。.

よくある間違い

居間の視覚的中心として機能する空間は、互いに交差しないように部屋の異なる部分に配置する必要があります。そうでなければ、彼らはバランスを崩し、お互いの認識を妨げるでしょう。.

同様の要素を並べて配置したり、上下に配置したりすることも間違いです。これは多くの場合、小さなエリアのリビングルームにさまざまなアイデアを取り入れたいという願望によって説明されます。これらの要素をこのように配置することにより、それらを独立した価値のあるオブジェクトとして認識できなくなります。.

たとえば、ミュージックセンターをテレビの下に置くと、音楽を聴いたり映画を見たりすると同時に、それらを使用することはできなくなります。テレビと暖炉を横に置いて電源を入れると、番組を見ていると暖炉の火に気を取られ、火を眺めながらテレビを見たくなる。少なくとも一瞬。水族館と背中合わせに立つ暖炉についても同じことが言えます。.

居間の内部の写真では、これらの要素が異なる壁に沿って最もよく分布していることがわかります。したがって、それぞれが割り当てられた機能を実行します。そうすれば、ゲストは目を壊さないでしょう。あなたがやりたいことを選ぶだけで十分です:水域の住民や炎の舌を見たり、テレビを見たりします。これは、家族の利益が一致しない場合に便利です。.

環境

あなた自身の好みとあなたの周りの世界のビジョンに応じて、ガラス、金属、または木を優先して、同じスタイルのリビングルームの家具を選択することをお勧めします。キャビネットとモジュラー家具は常に優れたソリューションと見なされており、同じ家具をさまざまな目的に使用して、興味深いアンサンブルを作成することができます。.

たとえば、ウォールキャビネットモジュールは、1つの壁に沿って1列に配置できるため、高さが低い長いキャビネットの外観を作成できます。他の目的で空きスペースが必要な場合は、同じモジュールを使用して1つの背の高いキャビネットを作成できます。.

このようにして、布張りの家具モジュールを備えた小さなリビングルームのインテリアを変えることができます。たとえば、ソファやオットマンに取り付けられたいくつかの幅の広いプーフは、一種の幅の広いオリエンタルベッドを作成します。また、パーティーを開催したりゲストを招待したりする場合は、同じプーフをテーブルやサイドシートとして使用できます。.

モダンなリビングルームの場合、デザイナーは最小限の家具セットを選択し、より多くの空きスペースを残すことをお勧めします。したがって、部屋の重量と軽さを与えるエンドツーエンドの棚、ラック、ガラス面の家具は、特に関連性があると見なされます。.

リビングルームのサイズが十分に大きく、その中のいくつかのゾーンを強調表示することにした場合は、これを正しく行う方法について詳細に検討する必要があります。最も快適な家具は、美しい装飾品、衣服、皿、本、テレビ、ステレオシステムを配置できる壁です。このような壁はコンパクトで、部屋をすっきりさせません。.

居間の雰囲気

中心的な要素に加えて、リビングルームには、写真付きのフレーム、陶磁器のセット、本棚、燭台、時計、絵画などの重要なものや、各家族の好みや習慣に対応する他の多くのギズモが含まれている必要があります.

これらのささいなことは、適切に満たされると、イデオロギーの中心の良い背景として役立ちますが、それをやり過ぎてはなりません。あなたが周りにたくさんの小さなものを置くならば、それらはそれらの多様性で機能的でより価値のある要素を中断することができます。あなたが楽しい小さなものを誇示する習慣があるなら、それらは別の場所を与えられるべきです。.

リビングルームではいくつかの配色を使用でき、リビングルームの雰囲気を設定するローカル光源によって補完されます。たとえば、レクリエーションエリアを温かみのある落ち着いた色で装飾し、ゲストエリア自体を調和のとれた色合いと豊かな色で装飾することをお勧めします。天井の中央にある1つのシャンデリアの代わりに、ゾーンごとに独自の光源(フロアランプ、ウォールランプ、壁取り付け用燭台、スポットライト)を選択する価値があります。.

カーテンとカーテンは、部屋の雰囲気を変える絶好の機会を提供します。日中は押しのけたり持ち上げたりでき、夕方には模様のある壁や色の流れ全体になり、配色が完全に変わります。ブラインドも非常に便利です。リビングルームからの窓からの視界を遮ると同時に、家具の装飾が色あせないように、部屋に十分な日光を当てることができます。.

リビングルームスタイル

居間のスタイルは非常に異なります-古典主義からミニマリズムまで、そしてスタイルの組み合わせからなる最も大胆な実験は、家のこの部分に適しています。.

厳格なクラシック

アパートのリビングルームで最も人気のあるインテリアソリューションは、アパート全体に崇高で荘厳なトーンを設定する厳格なクラシックです。クラシックなインテリアは、ナチュラルオークの寄木細工の床、クラシックな色調の存在を前提としています。白い輪郭の淡いブルーの壁と天井のモールディングです。同時に、重いカーテンや巨大な家具がインテリア全体の全体的な外観を抑制してはなりません。.

この部屋のスタイリングへの同様のアプローチに加えて、休日、楽しいカーニバル、または晴れた夏の雰囲気を作り出す他のフォームを使用できます。一部のリビングルームには、カントリーソファ、錬鉄製の脚が付いたテーブル、木製のサイドボードがあり、同時に最新の構成の棚があります。.

もちろん、快適さの問題は依然として重要であるため、家具は高品質であり、家具は素直に居住者の体の形をとる必要があり、そのデザインの独創性は所有者の快適さの権利を侵害してはなりません。ゆっくり休む。したがって、居間にとって、双方にメリットのある選択肢は、普遍主義と「進歩的な」スタイルの哲学です。.

オリジナルの折衷主義

近年、小さな居間のインテリアを作るとき、彼らは新旧の補完的なコントラストを使い始めました。クラシックなスタイルで作られた全体的なデザイン(レトロなスタイルのソリューションの椅子、落下カーテン、エレガントなクリスタルシャンデリア、スタッコモールディングのコーニス、壁紙のさまざまなテクスチャの壁の装飾)は、電子機器や最新の機器とうまく共存することがあります.

つまり、クラシックなスタイルとモダンなミニマリズムが1つの部屋に絡み合っており、その結果、オリジナルのスタイルの組み合わせ、つまり折衷主義を実現できます。ちなみに、居間のような住居の重要な部屋を飾るこのアプローチは、家の他の部屋を飾る主な動機として役立つことができます。.

控えめなミニマリズム

小さなリビングルームや大きなサイズの部屋には、ミニマリズムスタイルが適しています。このスタイルは主に広いエリアに適していると考えられていますが、ミニマリズムのコンパクトさが前例のないスペースに変わるため、このソリューションの使用が最も成功するのは小さな部屋です。.

空きスペースの効果を高めるために、窓を大きくしたり、床から天井まで窓を配置したりするのが通例です。これが不可能な場合は、大きなサッシでバインドせずに二重窓を取り付けることができます。壁の1つは完全にガラスにすることができます。ミニマリズムは、リビングルーム、キッチン、ダイニングルームを組み合わせて、空きスペースを増やし、スペースを作成することを特徴としています。多くの場合、この協会にはホールも含まれています。ただし、そのような施設は引き続き区切ることをお勧めします.

ゾーニングには、布とガラス、ブラインドとスクリーンを備えたスライド式パーティションを使用できます。また、照明デザイン、壁の装飾と床の敷物の組み合わせなどの方法は、ゾーニングを目的としています。リビングのミニマリストなインテリアには、ミニマリズム風のリビングを本物の芸術作品に変えるのが得意な日本人であるため、和風の特徴がよく見られます。.

もちろん、そのようなスタイルのソリューションを選択するときは、最小限の家具が必要です。ミニマリストのインテリアには、鏡張りまたは半透明のドアが付いた巨大なワードローブがよくあります。しかし、彼らが言うように、最小限の空白のファサード、ガラス、鏡を備えたモジュラーシステムは、ちなみに、リビングルーム用になります.

カラフルな国

まず第一に、居間を飾るための明確で支配的な動機はアイデンティティであり、特定の民族グループに属しています。これに応じて、配色やすべての装飾要素、インテリアデザインのアクセサリーが変わります。ウッディとレッドの色が優勢です.

カントリースタイルのリビングルームは、アパートでも飾ることができます。しかし、これは難しい作業です。そして、この状況では、スタイルの排他的な装飾的なレクリエーションが可能です。巨大な木製の梁と石の床は完成する可能性が低いです。この場合、その真正性を維持しながら、カントリースタイルのソリューションを可能な限り現代の条件に適応させる必要があります。.

田舎の居間には、老化の影響を受けた「素朴な」家具、スクラップで作られたベッドカバーと敷物、籐の家具の存在、豊富な陶器、動物の絵の絵、ドライフラワーの組成物が必要です。このインテリアには、縞模様の市松模様と花の装飾品のほか、カーテン、枕、布張りの家具の明るい布張りの形の明るいアクセントが含まれている必要があります。.

真のカントリースタイルでは、現代のテクノロジーは尊敬されていませんが、デザイナーは特別な技術の助けを借りてそれを見えなくすることができます。カントリーソリューションのリビングルームでは、明るい光は一般的ではありません。部屋は、拡散した不明瞭な自然光と柔らかな部分の照明で照らされている必要があります。カントリースタイルは持続可能ですので、リビングルームには天然素材を選択してください.

屋根裏ロフト

興味深いことに、当初のロフトスタイルは貧しい人々を擬人化しましたが、今日ではエリートリビングルームの構成主義の対象であり、上品な味わいの兆候です。これらの部屋について言えば、屋根裏部屋のリビングルームは、ダイニングルームやベッドルームとして機能することが多い巨大で広々とした部屋です。.

そのような居間では、天然無垢材で作られた広い窓、木製のスカート板、高い真っ白な天井、オープンプラン、インテリアの「古い」と「新しい」の巧みな組み合わせを確かに見つけることができます。壁の白いペンキ、モザイク構成または滑らかなコンクリート、リビングルームとキッチンを隔てるガラスの仕切りのある床板、現代の家庭用電化製品.

リビングルームのロフトは、大きくて驚くほど快適なソファで、老化効果を利用して高価なテキスタイルや革で覆われています。快適な枕がたくさんあり、脚やアームチェアにも同様のオットマンが付いています。ロフトスタイルのソリューションでリビングルームに欠かせない属性は、音響システムを備えた壁全体の大型プラズマテレビです。.

ロフトスタイルのリビングルームのインテリアは、自立型のアンティークアクセサリーで巧みに薄められています。古い祖母の胸、英国のロッキングチェア、本棚、古いランプ、錬鉄製の燭台、フラワースタンドなどの絶妙なものです。そして、このような状況では、これらのアイテムは展示アイテムではなく、日常生活で積極的に使用されているか、最寄りのオークションで不要なものとして販売されていることは注目に値します。.

したがって、多くのスタイルのソリューションは、リビングルームを飾るのに適しています。古典主義、折衷主義、ミニマリズム、国、ロフトなど、最も人気のあるものをリストアップしました。この部屋のデザインは、モダン、バロック、エンパイア、ハイテク、そして和風の方向で作成することができます。そして、これはすべてのリストではありません。ただし、いずれの場合も、特定の家具を優先して、居間を計画し、イデオロギーセンターを作成するための基本的なルールを覚えておく価値があります。.