家具およびインテリアアイテム

透明樹脂:特性と目的

透明樹脂の独自の性能特性と絶え間ない製造技術の組み合わせにより、この素材の安定した需要と範囲の拡大だけでなく、その人気の絶え間ない成長にも貢献しています。無色の樹脂は、建設プロセス中に、高強度の透明コーティングを取得することを計画している場合、購入者の注目を集めます。たとえば、3D効果のあるセルフレベリング床、計器製造、充填に使用される無色の光学的に透明な部品を作成します。ネームプレート、広告資料の準備、そしてあなたの手でジュエリーやユニークなボリュームのお土産を作ってください。デコパージュやスクラップブッキングに従事するNeedlewomenもこの資料を高く評価します。透明樹脂の需要に関連して、その種類と使用技術に関してしばしば疑問が生じます。これについては、この記事で回答します。.

透明樹脂の種類:簡単な説明

透明エポキシ樹脂

透明エポキシ樹脂は、広告、お土産などの装飾品、宝飾品、宝飾品の製造、および3D効果のあるポリマー床の配置に広く使用されている材料です。また、農業用建物の建設、化学および食品産業の生産ワークショップのプロセスにおける中間層およびシーリング層としても積極的に使用されています。装飾作業を目的としたエポキシ性の透明樹脂は、一連の化学重合反応に基づくかなり速い凝固が特徴であり、乾燥後の材料の体積の損失を防ぎます。透明エポキシ樹脂を使用することにより、UV放射や水に対する高い強度と耐性を特徴とする透明なガラス表面の効果を実現できます。.

エポキシ樹脂をベースにした組成物は、かさばるアイテムやジュエリーの製造に使用されるだけでなく、ファイアンス、磁器、ガラス、プラスチック、金属など、さまざまな素材の表面に塗布されて装飾されます。木材用の透明樹脂は、現代の市場では珍しいことではありません。.

エポキシ樹脂は、固体および液体の状態で製造されます。熱可塑性にもかかわらず、硬化剤の影響下で重合し、不融性の物質に変わり、建設および産業でシーラントおよび接着剤として広く使用されます。.

硬化剤を使用した透明な非収縮エポキシ樹脂の主な目的は、複合材料の接着、あらゆる種類の3Dコーティング(モザイク、体積デコパージュ、ガラス張りの表面コーティングの作成)、装飾製品やジュエリーの作成、透明コーティングの注入です。.

エポキシ樹脂マジッククリスタル-3D

このタイプの透明樹脂の最も人気のある代表的なものの1つは、Magic Crystal-3Dジュエリーエポキシ樹脂です。これは、光沢のある3Dコーティングの注入、装飾品や宝石の製造に使用されます。水、氷、ガラス、石をうまく模倣します。それは多くの特徴的な機能によって特徴付けられます.

マジッククリスタル-3Dを注ぐための透明樹脂の特徴:

  • 硬化時間を24〜48時間に増やし、過熱を防ぎ、気泡がないことを特徴とする完璧なコーティングに貢献します。
  • 低温での結晶化の欠如;
  • 注ぐ際の泡を防ぐための良好な流動性;
  • 光学的に透明な素材です。
  • 金属、ガラス、ファイアンス、プラスチック、さらには塗装された木材など、さまざまな性質の表面に適用する機能。
  • 透明な樹脂は、化学反応を起こさず、壁に付着しないシリコーン型に注ぐ必要があります.

エポキシ樹脂エポキシCR100

ポリマー床の充填に使用されるエポキシ樹脂のもう1つの代表的な例は、透明樹脂エポキシCR 100です。これは、耐薬品性が向上し、組成物にノニルフェノールや溶剤が含まれておらず、幅広い用途を持つ透明な2成分エポキシ樹脂です。材料の上記の特性を考慮して、床に透明な樹脂を選択する経験豊富な職人は、床を完全に均一にするだけでなく、その美的特性も高めるエポキシCR100の性質のエポキシ樹脂を好みます。.

このブランドのエポキシ樹脂の使用範囲には、耐摩耗性、接着性、帯電防止特性が向上したポリマー床の製造が含まれ、産業施設や農業施設の建設の中間層として使用できます。.

エポキシCR100仕様:

  • ベースの深い浸透と飽和により、透明なキャスト樹脂の塗布後に形成されるコーティングは、滑らかさ、継ぎ目や接合部の欠如が特徴です。
  • 混合物に可塑剤、有毒成分、アルケニルフェノールが含まれていないため、透明なエポキシ樹脂は健康にまったく害がありません。
  • エポキシCR100エポキシ樹脂を備えたポリマー床は、機械的、化学的、温度の影響に対する耐性が特徴です。.

エポキシ樹脂エポキシCR100の使用に関する推奨事項:

  • セルフレベリングコーティングが適用される基材は、十分な硬度と安定性を備えている必要があります。セルフレベリング床の早期故障を防ぐために、硬化剤を含む透明エポキシ樹脂が塗布される表面には、分離剤として作用する可能性のあるほこり、グリース、油汚れ、およびその他の汚染物質があってはなりません。.
  • 残留物がない場合、混合物はバルクに追加されて混合され、その後すぐに前もって準備された表面に適用されます。
  • 室内での混合物の乾燥期間中、最適な微気候条件を提供する必要があります:温度-+ 20〜 + 26度、湿度-60-65%。さらに、ドラフト、直射日光、部屋の突然の温度変化がないように注意する必要があります。上記の条件が満たされている場合、1日後、3日後に表面を移動できるようになります。わずかな機械的負荷がかかり、1週間後、床の敷物に負荷がかかる準備ができたら、強度をテストします。.

透明アクリル樹脂

透明アクリルの使用は、多くの点で透明エポキシの使用と似ていますが、いくつかの違いがあります。一般的に、透明アクリル樹脂の目的は次のとおりです。

  • アクリル人工石と鋳造石の製造、人工大理石の製造。
  • さまざまな金型および鋳造用金型の製造。
  • セルフレベリングポリマー床の配置;
  • 補強シール材の製造;
  • アクリル浴槽の製造;
  • 人工の貯水池と滝の生産;
  • 透明エポキシ樹脂だけでなく、お土産や販促品にも使用できます。.

透明アクリル樹脂の利点:

  • この材料から作られた製品の高い美学;
  • 材料の高い強度と耐摩耗性;
  • 高湿度や急激な温度変化などの攻撃的な環境要因に対する耐性。
  • アクリル樹脂製の製品の光学的に透明な光沢のある表面。
  • 材料は紫外線に耐性があるため、アクリル樹脂製品は黄変しにくいです。
  • 耐凍害性。これにより、操作中に製品の表面にひびが入りません。
  • 樹脂製品の特徴は、特別な手入れが不要で、湿らせた布で拭くだけでメンテナンスが容易なことです。
  • アクリル樹脂の組成にはスチレンが含まれていないため、スチレンを使用した製品は人の健康に安全であり、人の皮膚に影響を与えることなく接触する可能性があります。
  • アクリル樹脂から装飾的な装身具を作るとき、有機と無機の両方の起源のオブジェクト(ビーズ、乾燥した昆虫、乾燥した葉と花、コーヒー豆、ミネラルフィラーなど)をそれに注ぐことができます.

重要! 人気メーカーGlassacrylの透明アクリル樹脂を使用して、透明なデザイナーカウンタートップ、バスタブ、シンクを作成できます。テーマデザインは、サンゴや小石をアクリル樹脂に注いだ後、海底、水族館、ステンドグラスのドアと重なります。その独自性はあなたの個性を強調するのに役立ちます.

重要! アクリル樹脂の保管は、直射日光や強い大気の影響から保護された密閉された部屋で行われます。材料は、+ 20度以下の気温で加熱装置(少なくとも1 m)から離して保管されます。.

透明ポリエステル樹脂

不飽和ポリエステル樹脂は、ガラス繊維の製造に使用される複合材業界で高い需要があります。初期の分子量と構造に応じて、最も広く使用されていることを特徴とするオルソフタル酸樹脂と、あまり人気のないビニルエステルおよびイソフタル酸樹脂が区別されます。.

ポリエステル樹脂の適用範囲は非常に広く、材料の初期特性によって異なります。 UV耐性のある汎用ポリエステル樹脂は、造船、自動車、バンパー修理などの自動調整業界で最も需要がありますが、鋳造大理石は、適切なフィラーを添加した人工石用の透明ポリエステル樹脂を使用して製造されます。ポリエステル樹脂は、耐熱製品の製造に使用される衛生陶器の製造においても需要があります。.

透明ポリエステル樹脂技術

現代の建設で強力なニッチを取っている普及した材料の1つはガラス繊維であり、その製造技術はポリエステル樹脂の使用に基づいています。後者は、建設市場からのエポキシ樹脂に徐々に取って代わりつつあり、その使用は他の技術原理に従って行われています。さらに、脆弱性の増加やコストの高さなど、特定の欠点があります。ポリエステル樹脂を使用することで、弾力性の高いグラスファイバーを得ることができ、その人気は日々高まっています。この材料は手作業で製造できますが、製造を可能な限り効率的かつ安全に行うためには、ポリエステル樹脂を使用するための基本的なルールを理解する必要があります。.

重合とその結果としてのポリエステル樹脂の硬化が起こるためには、それに触媒を加える必要があり、それは熱エネルギーの形成につながるでしょう。ポリエステル樹脂を硬化させる別の方法があります。外部ソースを使用して熱エネルギーを生成し、それを使用して材料を重合します。コストが高いため、グラスファイバーの独立生産の条件では十分な流通を受けていません。.

ほとんどの場合、Butanox M50が硬化剤として使用されますが、単一の硬化剤を使用しても目的の効果を達成することはできず、混合物にはコバルト促進剤が補充されます。.

ほとんどの場合、ポリエステル樹脂の入った容器には、材料を効果的に硬化させるために必要な重合剤の必要量を明確に記載した説明書が付属しています。ただし、触媒の正確な量は、このパラメータが透明ポリエステル樹脂の使用時の室内の気温に直接影響されるため、材料の使用中にのみ決定されます。.

材料の急速な硬化を考慮すると、必要な混合物の全量をすぐに準備することはお勧めできません。使用する樹脂を500ml以下で準備することから始めるだけで十分です。.

完成した混合物の効果を確実にするために、組成物を完全に混合することを忘れないで、硬化剤を徐々に加えてください。気泡が混合物に入るのを防ぐために、組成物は適度なペースで混合される。作業混合物の最大の均一性を達成するために、少なくとも3分間それをかき混ぜることをお勧めします。.

混合物の調製中に熱エネルギーの形成を観察すると、ポリエステル樹脂の重合プロセスが始まったという結論に達することができます。速度を落としたい場合は、樹脂の容器を冷やした液体のタンクまたは空の冷凍庫に入れます。.

硬化剤と混合した樹脂の粘稠度がゼリー状になると、使用できなくなります。専門用語を使用して、樹脂の寿命が終了したと言うことができます-硬化剤との接続の瞬間からの時間。樹脂の適切な品質と保管規則の順守に応じて、ポリエステル樹脂の平均寿命は20〜60分です。.

重要! 樹脂の糊化が作動前に始まった場合、その材料は使用に適さず、廃棄する必要があると主張することができます。これは、樹脂が触媒と結合した後の熱エネルギーの放出を考慮して、廃棄する必要があります。まず第一に、可燃物から離れて、特定の規則に従って実行されます.

重要! ポリエステル樹脂の硬化が速すぎると、硬化後に収縮する傾向があります。ポリエステル樹脂がその正の特性を示す最適な動作温度範囲は、+ 20〜 +30度の温度です。さらに、材料を使用する作業中に湿気や直射日光に触れないようにすることが重要です。.

材料を作業面に分散させた後、完全に硬化するまで放置します。その後、ポリエステル樹脂を使用してさらに作業を行うことができます。平均して、強制ダウンタイムは1〜3時間を超えません。湿度の高い部屋で作業を行うと、樹脂の一次重合時間が若干長くなる場合があります。それにもかかわらず、組成物の完全な重合は、その適用の瞬間から数日以内に行われる。グラスファイバーは最初の数日間は可塑性が増し、曲がりやすいという特徴があるため、最初の数日間はポリエステル樹脂での作業を行う必要があることを覚えておくことが重要です。.

ポリエステル樹脂製の製品は、製造から数週間で最大強度に達し、操業開始を決定します。.

ガラス繊維は人気のあるポリエステル樹脂素材です

建設の分野では、弾性ガラス繊維は、石膏、コンクリート、人工石の射出成形金型の製造に使用されているほか、小さな建築形態の中で強力なニッチを占める美的フェンスやエンボス装飾製品にも使用されています。 ABSプラスチックやポリスチレン製の金型とは対照的に、ポリエステル樹脂製の射出成形金型は、コンクリート製品の形状を最も効果的に調整および維持することができます。.

ガラス繊維の特性:

透明ポリエステル樹脂製のガラス繊維の主な利点は、その独特の柔軟性です。そのため、衝撃荷重や伸びにさらされても製品が損傷することはありません。これは、同様の条件にあるエポキシ樹脂製品では言えません。割れ目.

重要! したがって、透明なポリエステル樹脂からガラス繊維を作ることを決定するときは、次の材料を準備します。

  • 将来の製品のサポートベースとして機能するガラスマット、グラスファイバー、またはグラスファイバー。
  • 重合後、製品に所望の形状を与えるポリエステル樹脂。
  • コバルト促進剤(ナフテン酸コバルト、オクタン酸コバルト);
  • 硬化剤ブタノックスM50.