家具およびインテリアアイテム

DIYの屋根裏階段

自分の手でカントリーハウスの建設に携わっている多くの開発者は、屋根裏階段の設置を正しく行う方法を考えています。もちろん、市場には多種多様な既製のソリューションがありますが、それらは必ずしも不動産所有者の好みを完全に満足させるわけではありません。自分で屋根裏の階段を作ることは、最初に思うかもしれないほど難しくはありません。また、製造のシンプルさとスピードを基本にすれば、手間をかけずに屋根裏部屋の階段を作ることができます。.

コンテンツ:

序文

以前は、屋根裏部屋は、所有者が長い間使用しなかった不要なものすべてを保管する場所としてのみ機能していました。しかし、今日、屋根裏部屋は民家の追加コーナーとしてますます使用されています。開発者は、住居の主な敷地と同じくらいその内部に注意を払います。.

屋根裏部屋は、個人の住宅だけでなく、風呂、小屋、ガレージ、干し草置き場にも設置されています。したがって、このようなユーティリティルームでは、自分の手で屋根裏の階段を設置する必要もありますが、多額の費用がかかる折りたたみ式の階段を優先して選択するべきではありません。民家でもユーティリティルームでも、屋根裏部屋への階段は自分で作ったほうがいいです.

そのような階段の場合、屋根裏部屋のハッチは上向きに開く必要があることをすぐに規定する必要があります。壁のすぐ隣にあるといいですね。屋根裏階段自体を構築する前に、屋根裏階段をさまざまな方法で配置できるため、屋根裏の機能目的を決定する必要があります。.

屋根裏部屋への階段は通常、いくつかのセクションで構成されています。電気駆動装置を使用して手動または自動で展開する場合の通常のオプション。このようなはしごの主な利点は、コンパクトさ、低コスト、使いやすさです。また、屋根裏の階段にロックロックをかけると、子供が屋根裏または屋根裏へのアクセスを制限できるようになります。また、招待されていないゲストが屋根から家に入るのを防ぐこともできます。.

屋根裏階段の建設

折り畳み式のロフトはしごは、展開するときにコンパクトである必要があります。今日、すべての屋根裏部屋の階段は、金属または耐久性のある木で作られた、折り畳みまたはスライド式です。屋根裏部屋の階段を建てるとき、主なことは、1つの原則に従うことです-それが最小限のスペースを占めるように構造を作ることです.

折りたたみ式ロフトはしご

これらのはしごは通常、3〜4個の個別の要素で構成され、一緒に固定されています。折り畳み式の屋根裏階段の高さは、自分の手で簡単に調整できます。折りたたみ式のはしごには、いわゆる「アコーディオン」も含まれています。これは、安静時のスペースをとらずに、天井のふたのように閉じることができます。.

スライド式ロフトはしご

構造的に、このようなはしごは2つの要素で構成され、ハッチに取り付けられています。手すり付きのスライド式屋根裏階段を装備。はしごを効率的に設置するには、まず、はしごを取り付ける開口部の寸法を計算します.

屋根裏部屋のは​​しご

はさみ屋根裏階段はしばしばパンタグラフと呼ばれます-路面電車の集電装置のように、そのセクションははさみの半分のように相互接続され、アコーディオンのように折りたたまれます。折りたたまれたデザインは、圧縮されたバネに似ています。屋根裏のパンタグラフの階段は、自動空気圧電気駆動または機械式です.

屋根裏階段の要件

屋根裏の階段は、主に安全の基本に基づいた非公開の要件に必ず準拠する必要があります。屋根裏部屋へのはしごは高強度で、安全な通路を提供する必要があります。一部のタイプの階段は、すべての美しさのために機能しているわけではありません。たとえば、高齢者はらせん階段で屋根裏部屋を登るのが難しいと感じるでしょう。.

屋根裏の階段の開口部がかなり大きい場合は良いです-あなたは広い階段を設置することができます。ただし、その一方で、開口部を作成すればするほど熱損失が大きくなるため、屋根裏部屋の蓋は断熱する必要があることに注意してください。効果的なセキュリティ対策を確実にするには、手すりと手すり、裏地、滑り止めのくぼみを備えた屋根裏階段の製造に従事することをお勧めします。.

自分で階段を作る場合は、階段の防火に十分注意してください。階段の「環境収容力」を考慮に入れてください。少なくとも150キログラムですが、この数値を260キログラムに増やすことをお勧めします。かさばる物を屋根裏部屋に送る必要がある場合は、自分のことを忘れてはなりません。重さ.

屋根裏階段の建設

それで、あなたは屋根裏部屋に入るために既製の階段を買うのではなく、あなた自身で構造を組み立てることに決めました。この場合、2つのパスのいずれかを取ることができます。そしてどれが-私たちは以下に教えます.

屋根裏階段のスペース

屋根裏の階段は、住宅の建物の内側または外側、つまり壁の外側から配置できます。寒い季節でも階段を利用できるので、屋根裏階段の奥の方が便利です。.

屋根裏の階段の場所が家に住む人々の邪魔にならないことが重要です。したがって、キッチンや部屋の屋根裏部屋にはしごを設置することはお勧めできません。階段は、廊下、廊下、廊下、またはこれに備えてどこにでも配置できます。いずれにせよ、部屋の大きさは、階段に加えて、ここにいるのが便利であるように十分でなければなりません。.

屋根裏部屋または屋根裏部屋を集中的に使用しない場合は、屋根裏部屋からリビングルームへの階段の位置を選択できます。ただし、ここでは特別なゾーンを装備する必要があります。自律または閉鎖するのが最善です。機能的な部分というよりも内部要素である場合は、階段を開いたままにします。.

屋根裏階段の寸法

屋根裏階段の寸法の計算に関連する作業を開始するときは、最初に、最終的な寸法で完成した構造を精神的に想像する必要があります。たとえば、折り畳み式のはしごの場合は、折りたたまれていない寸法を考慮に入れてください。まず、開口部までの高さを測定します-部屋の床から天井までの距離.

追加の寸法も計算する必要があります。これらすべてのニュアンスを紙に修正し、図面を作成します。図面がないと、開発者は簡単かつ迅速に混乱し、将来的に誤った設計を作成する可能性があります。どんなに小さな間違いでも、屋根裏の階段を不快にしたり、操作中に怪我をしたりする可能性があることを忘れないでください。.

階段の横木は床面と平行である必要があります。そうでなければ、それに沿って登るのは危険で困難になります。ステップを互いに離しすぎないでください。離れすぎると、ステップが大きくなりすぎます。大人が屋根裏部屋への階段を上るのに便利なように、1段の大きさにします。 65センチメートルのステップを構築することをお勧めします.

屋根裏部屋への広い階段は、特に子供連れの家族にとってより便利であると考えられています。設計するときはこれを考慮してください。階段のフライトの幅を少なくとも0.8メートルにします。階段の吹き抜けのスパンの幅は1.1メートル以上でなければなりません。階段のフライトにドアを開けてはいけないことに注意してください.

ステップの間隔が狭すぎると、不便を引き起こす可能性もあります。折りたたまれたステップの間には少なくとも10ミリメートルの距離があることが望ましい。屋根裏の階段が急になるほど、階段は狭くなります。屋根裏の階段の位置は、床に対して垂直ではなく、表面に対してある程度の角度である必要があります。屋根裏階段の推奨傾斜角度は20〜25度です.

屋根裏階段の素材

木製の階段を選択した場合は、塗装されていない素材を使用して作業し、将来、インテリアの一般的な範囲に合わせて階段を塗装できるようにします。屋根裏の階段は主に松でできています。ただし、木材は装飾品にのみ使用するのが最適です。また、屋根裏部屋への階段は、金属よりも木で作る方が簡単で、家庭では難しい特殊な加工が必要です。.

屋根裏部屋に金属製の折りたたみ式はしごを設置することが決定された場合は、作業の過程で亜鉛メッキコーティングを使用することを推奨する専門家の意見を聞く価値があります。構造の表面。このような屋根裏階段は非常に耐久性があり、耐荷重性のある構造要素が薄いため、スペースを節約できます。.

金属に代わるものはまだありません。金属上の金属要素の摩擦を防ぐために、プラスチック構造要素を使用するのが通例です。交換可能なプラスチックインサートが横滑りを防ぎます.

屋根裏階段の形

屋根裏の階段は、人間工学に基づいた、コンパクトで、快適で快適なものでなければなりません。あなたのスペースに一致するあなたの屋根裏部屋の階段の形を選んでください。浅い部屋では、立体的な階段を置くのは意味がありません。しかし、広い部屋では、自分自身を否定することはできません。屋根裏の階段ではなく、最も普通の階段を置くことがわかります。.

空きスペースのサイズと開発者の個々のニーズによって、屋根裏部屋へのどの階段を優先するかが決まります。1つ、2つ、または3つのフライトです。シングルフライトデザインは最も簡単なオプションです。通常、家の下層階と屋根裏部屋の差が3メートルを超えない場合に使用されます。ただし、この場合、単純さは、元のソリューションを作成する可能性をまったく否定しません。.

単一行進の屋根裏階段はアーチ型にすることができ、その場合、それらははるかに面白く見えます。この種のステップは、発散する光線として作成できます。屋根裏部屋へのらせん階段は、ユニークなインテリアを作成するのに役立ちます.

準備作業

すべての測定を行い、屋根裏階段の図面をスケッチした後、建設中に無駄なものにスプレーすることなく、可能な限り合理的に作業を実行するために必要な材料を見積もります。屋根裏部屋への階段を個別に収集するには、次の要素が必要になります:ドライバー、木材用の弓のこ、ネジ一式、レンチ、巻尺、ヒンジ、分度器、設置用フォーム.

ベースと階段から標準的な階段を組み立てるのが通例です。ベースは、構造全体をサポートする垂直ビームとサイドビームです。ベースの強度によって、スパン全体の許容荷重の値が決まります。木製の梁はベースを作るのに適しています。.

最初の建設オプション

屋根裏部屋の最も単純なデザインは、折り畳み式の屋根裏部屋のは​​しごで、作成には数時間しかかかりません。完成した木製の階段は、天井の高さより約30センチ長くなります。屋根裏階段の建設には、屋根裏階段のスパンの幅と同じ長さの2本のバーと、スパンより15〜20センチ長い2本のバーを用意します。厚さ約2センチのボードが使えます。.

アンカーボルト、木ネジ、ドライバーまたはドライバー、および金属製のフックを忘れずに持っていきます。これで、折り畳み式の屋根裏階段の図面を作成することから、自分で作成することまでできます。カードループを使用して、ロフト階段の後端の上部に1つの短いピースを取り付けます。 2番目のブロックは、構造の安定性を高めるために、セルフタッピングネジを使用して屋根裏階段の下端に取り付ける必要があります。.

屋根裏階段の上端からの長さの約2/3の距離を測定し、2つのステップの中間で切り取ります。切断した部品をカードループで接続し直します。上部バーが取り付けられている側にループを取り付けます。そうしないと、屋根裏の階段が正しく分解されません。次に、2本の長い棒を後ろから屋根裏階段の2つの半分に斜めに釘付けして、高い剛性を与えます。.

はしごを所定の位置に置きます-屋根裏部屋のハッチの真下で、上部のクロスピースを壁に押し付け、アンカーボルトで固定します。これで完了です。フックを固定するために残っています。ループを切り込みの上のはしごのストリンガーにねじ込み、はしごを折り、壁に押し付けます。ヒンジの反対側のフックを壁に取り付け、ループに引っ掛けます。以上で、屋根裏階段の設置は完了です。!

2番目の建設オプション

折り畳み式のはしごを作るこの方法は、より面倒であると考えられていますが、製品の外観はより見栄えがよく、屋根裏のはしごはより便利です。ちなみに、住宅地への設置も可能です。この場合、はしごは横ではなく、横に折りたたまれます。片側は壁に取り付けられ、もう片側は可動のままです.

幅20センチ、厚さ3センチのボードが2枚必要です。厚板の長さは、屋根裏階段の傾斜角度と部屋の天井の高さによって異なります。ステップボードは、幅が約12センチ、厚さが3センチである必要があります。階段の深さは構造物の傾斜によって異なります。将来の階段の幅は50センチ以下を選択してください.

醸造ループも準備します。各ステップで、アンカーボルト、フック、木ネジ、巻尺、鉛筆、定規、建設用正方形、レベルの2つを用意します。 1枚の板を壁に取り付けて、傾斜の位置と角度を決定します。屋根裏の階段の写真を見て、ストリンガーの上端が天井から55センチメートルに達してはならないことに注意してください。部屋の床に置き、壁を斜めに支えるには、ボードの下端と上端を切り落とす必要があります.

次に、自分の手で屋根裏部屋の折りたたみ式はしごを組み立て始めることができます。ステップの配置をマークします。巻尺とレベルを使用して、最も低いステップの場所をマークします。ステップの幅に等しい床に平行な線を引きます。屋根裏部屋への階段の立ち上がり角度、つまりボードの端に平行な、このセグメントの端を通るステップの設置線を描画します.

線分の端からステップの設置線との交点まで垂線を描きます。垂線の右に1センチメートル歩き、別の垂線を描きます。ステップアタッチメントラインと交差する場所は、2番目のステップのレベルです。同じ方法でkosour全体にマークを付けます。次に、マークアップを2番目のストリンガーにミラーリングします.

固定ストリンガーのステップが可動ストリンガーで上下するように、カードループでステップを取り付けます。完成したはしごは、ハッチ開口部の下の角の壁に固定する必要があります。屋根裏階段の可動部分にループを取り付けて、構造を折りたたむときに手で届くようにし、フックを壁の適切な場所にねじ込むことをお勧めします。おめでとう!屋根裏部屋への階段の準備ができました!

もちろん、屋根裏部屋への既製の階段を購入するのが最も簡単なオプションですが、本当に必要な場合は、屋根裏部屋の階段の作り方を学び、これに必要なツールと材料を準備して、自分で作ることができます。高品質で迅速な作業のためには、アシスタントとペアで設置作業を行うのが最善です。.