天井

天井下見板張り

天井の表面被覆は建設活動であり、最初は高い要求があります。これは、使用される材料の特殊性と、ほとんどの場合、自分で天井の外装を作ることを決定した住宅所有者が経験と特別なツールを必要とするという事実によるものです。使用する材料の種類に関係なく、天井を裏打ちする技術は一般的に類似しており、フレームの配置とそれに続く裏打ちが含まれます。ただし、天井の仕上げ工程で使用される材料は異なり、それらの選択は特定の仕上げ方法の特性によって決定されます。ほとんどの方法で仕上げ作業を行うには、この分野の専門家の一定のスキルが必要ですが、初心者を含むすべての人が利用できるものがあり、最も一般的なのは下見板張りの天井被覆です。それは建設現場で広く使用されており、外部および内部の両方の仕上げ作業を実行するプロセスで選択される材料です。ワールドワイドウェブはこのトピックに関する多くの情報を提供しますが、この記事は最も完全で構造化されているため、「天井を下見板張りで覆う方法」という質問に最も効果的に答えます。.

裏地の天井:主な種類の材料

建設市場は、開発者の信頼を得ている室内装飾用のさまざまな安価なポリマー材料から選択する自由を消費者に提供しているという事実にもかかわらず、今日、天然木の真の愛好家がたくさんいます。この素材の使用に職人がこだわりを持っているのは、その美的特性、環境の安全性、使いやすさによるものであり、文字通り、天井が下見板張りで覆われている部屋には独特の木質の香りがあるという伝説があります。言葉。さらに、木材の断熱特性により、天井が下見板張りで覆われている部屋でバランスの取れた微気候環境を作り出すことができます。.

木製の裏地:素材の詳細

裏地は対面板であり、その特異性はさねはぎ固定システムにあります。前世紀には、それはその名前の由来であるクラッディングキャリッジにのみ使用され、後に建物の外部と内部の両方の装飾に広く使用される材料になりました。戦後、最も予算の多い選択肢の1つであったライニングは、利用可能な唯一の仕上げ材でした。過去数十年にわたって、裏地は以前の人気を失っただけでなく、信頼できる表面材としての地位を確立してきました。その後、ライニング製造の新技術の出現に伴い、その適用範囲は大幅に拡大しました。.

ライニングの製造は、エッジボードの製造とそれに続く工業的乾燥、溝とリッジの接合部の適用、材料表面の注意深い研削、そして最後に完成品の選別を含む多段階プロセスです。これらの生産の特徴は、隙間のないパネルの強力な接続を得る能力、魅力的な外観などの材料の利点を決定します。したがって、材料は追加の処理を必要とせず、その装飾特性は操作よりもはるかに高いです.

自然な裏地にはさまざまな分類があり、多くの特性に応じて裏地を分割することを示唆しています。それらの中には、完成品の品質、ライニングの製造に使用される木材の種類、その使用範囲、およびその他の関連性の低いパラメーターがあります。最も一般的な分類を詳しく見てみましょう。.

裏地天井写真

ライニングの製造には、次の種類の木材が使用されます。

  • オークとアッシュが特別な注意を払うに値する高貴な木材種。
  • 柔らかい品種-その中にはハンノキとリンデンがあります。
  • 普遍的な種-トウヒとマツ(プロファイルの厚さは12.0 x 25.0 mm、幅は90.0 x 150.0 mm、長さは最大6 m).

使用範囲に応じて、いくつかのタイプのライニングも区別されます。

  • 「ユーロライニング」-ライニングの一種で、ヨーロッパ諸国に輸出されることが多く、滑らかな前面と深いさねはぎシステムの存在が特徴です。
  • 「アメリカン」-ライニングの一種で、これを使用して、アメリカで人気のあるオーバーラップをシミュレートできます。
  • 「成形パネル」-一種の素材で、その外観はバーと明らかに類似しています。
  • 「ブロックハウス」-丸いバーに似たプロファイル.

木製パネルの別の分類には、品質に応じた分割が含まれます。

  • 「エクストラ」-このカテゴリに属する​​パネルは、高品質で、ダークスポットやノットがないことを特徴としています。これにより、材料のコストが最も高くなります。
  • カテゴリ「A」-このグループに含まれるパネルの表面に小さな結び目があります。これは、この材料の価格に大きく影響し、ほとんどの購入者が利用できるようにします。
  • カテゴリ「B」-平均的な品質のパネル。国、バルコニー、またはレクリエーションセンターでの仕上げ作業に最適です。
  • カテゴリ「C」-表面に多数のダークスポットとノットが特徴の低品位パネル.

重要! さまざまな木製パネルの中で、専門家は杉、アスペン、またはリンデンから作られた製品を優先することを推奨しています。ただし、天井の被覆には、木材だけでなくプラスチックパネルも使用できます。.

プラスチックパネル:簡単な説明

プラスチックパネルの従来の分類では、シームレスパネルと継ぎ目がマークされたパネルに分割され、その結果、天井の表面が木製のカバーに似た外観になります。.

重要! 木製の裏地とは異なり、プラスチックパネルは追加の処理を必要としません。追加の処理は、天井を裏地で仕上げる前または後に実行する必要があります。これは、プラスチックの裏地の初期の実用性とその色の多様性によるものであり、木製の表面を模倣したプラスチックの裏地を選択することができます。.

  • シームレスなプラスチックの裏地 隠されたさねはぎシステムの存在が特徴で、天井カバーの取り付け後に継ぎ目をほとんど見えなくすることができます。また、シームレスライニングの製造中、製造業者はパネル間の接合部の数を減らし、従来のパネルの幅の5倍である幅を増やすことに依存しています。
  • 専用の縫い目が付いたプラスチックの裏地 木製の下見板と外部の類似点があり、後者とは異なり、追加の処理を必要としないという点で異なります.

重要! プラスチックの裏地を優先する場合は、PVCパネルの主な機能を注意深く理解する必要があります。

  • プラスチックパネルは、仕上げ面の凹凸を隠すように設計されているため、曲がりやすいのですが、パネルに常に過度の応力がかかると、ひび割れが発生する可能性があります。損傷したパネルは修復には適していません。
  • プラスチックパネルは湿気に耐性がありますが、材料に絶えずさらされ​​る紫外線はそれを色あせさせる可能性があります.

MDFパネル:特定の用途

別のタイプのライニングがあります-ファイバーボードから作られたライニングであるMDFパネル。この品種の生産は、木質繊維をプレスする方法に基づいており、その後、材料に必要な形状を与え、さねはぎ継ぎシステムを設置します。 MDFパネルのサイズと形状が一般的に標準である場合、色域には実質的に制限はありません。この材料を使用した表面被覆の原理は、木製の裏地を使用した場合と同様です。 MDFパネルの欠点の1つは耐湿性が低く、湿気に絶えずさらされ​​ると変形や崩壊が発生する可能性があるため、このタイプのライニングは湿度が低いことを特徴とする部屋でのみ使用でき、バスルームやキッチンに吊り天井を配置するのに適しています.

下見板張りの天井の設計:役立つヒント

  • 木製の裏地は、今日関連するほとんどすべての装飾材料と組み合わせることができる用途の広い材料です。カントリーハウス、サウナ、バスの装飾は、この場合、裏地が仕上げ作業に最適な素材です。アパートの所有者はまた、良好な状態の木製の裏地を持っており、バルコニーやロッジアの仕上げ、およびキッチンやリビングルームの部分的または完全な仕上げに使用されます。.
  • 部屋、特に天井を飾るときに木を使うことを真剣に考えているなら、この記事をチェックしてください。天井に裏地を付けて、信頼性だけでなくスタイリッシュでスタイリッシュにする方法を検討します。調和のとれた;
  • 木製の下見板張りで覆われた天井は、床や家具だけでなく、家庭用テキスタイルともうまく組み合わされて、全体的なインテリアコンセプトに有機的に適合する必要があります。このアドバイスは、クラシックまたは素朴なスタイルでインテリアを装飾する場合に特に関係があります。
  • 下見板張りで覆われた天井の表面が単調にならないように、スラットをさまざまな方向に設置することをお勧めします。これにより、天井に特定のパターンが作成されます。作成された効果の装飾効果を高めるために、異なる色のスラットまたは装飾梁を使用できます。
  • 吊り天井は居間に最適です。取り付けには、ロングボードだけでなく、既製のモジュールも使用できます。リビングルームの吊り天井の設置に使用されるパネルは、彫刻、絵画、またはガラスのステンドグラスの窓で飾ることができます-現代の技術の使用のおかげで、メーカーは多くのオプションを提供しています.

木製の裏地を購入した場合の対処方法?

木製の裏地を購入した後、専門家は天井の設置をすぐに開始することをお勧めしません。この点で、素材の元の品質を維持するための次のヒントをよく理解することをお勧めします。

  • まず、購入したライニングをパッケージから外す必要があります。
  • 次に、パネルは平らな面に注意深く配置されます。木の板の方が良いです。
  • 天井の設置を進める前に、ライニングが完全に乾くまで待ってください。同時に、ライニングは可能な限り乾燥させる必要があることを知っておくことが重要です。これは品質にプラスの影響を及ぼします。パネルの乾燥は、設置が計画されている部屋で行う必要があります。.

重要! 専門家は、天井にライニングを取り付けて急いで完全に乾かすことをお勧めしません。ライニングが完全に乾くのに最適な時期は3ヶ月と考えられていますが、長く待てない場合は数週間に短縮することができます。.

  • 理想的には、設置が行われる部屋の湿度とパネルの湿度が同じである必要があるため、このアドバイスの重要性を過小評価してはなりません。そうしないと、これらの推奨事項に従わないと、パネルが変形する可能性があります。この意味で、MDFパネルとプラスチックパネルは予備乾燥を必要としないため、実用性ははるかに高くなります。天井にプラスチックライニングを取り付けるには、暖房の効いた部屋に2、3日置いて作業を行い、大胆に設置作業を進めます。.

材料の量の計算。必要なツール

  • 必要な材料の量の計算は単純なイベントですが、かなり骨の折れる作業であり、その実装は適切なレベルで実行する必要があります。専門家は、作業中に不快な驚きが発生しないように、ある程度のマージンを持って材料を購入することをお勧めします。.
  • まず、要素を固定する方向を決定し、それを図面に表示します。彼は、必要な材料の量を正しく決定および計算する上で、あなたの忠実なアシスタントになります。
  • スペースが2.5x 3.3 mの場合は、3 mの材料を購入し、幅2.5 mで取り付け、無駄になる材料を50cmトリミングします。別の配置を選択する場合は、要素の一部を調整する必要があります。これは、インストールの最後に目立ちます。
  • アセンブリの幅を考慮するプロセスでは、各パーツのエッジに沿って走る溝について覚えておくことが重要です。.

裏地から自分の手で天井を作るには、次のツールセットが必要になります。

  • ドリル、ドライバー、ハンマードリル。
  • 弓のこ、および金属用のはさみ。
  • ハンマー;
  • ルーレット;
  • 建物のコーナーと建物のレベル。

木枠の製造には、選択したデザインの特徴に基づいて厚さが計算される梁を準備しますが、その断面は20mm以上である必要があります。追加の断熱材を取り付ける場合は、その厚さを木材の厚さに追加する必要があります.

重要! 追加の絶縁体を取り付ける場合は、材料も余裕を持って取る必要があります。設置中は、断熱材を過度に押し付けないでください。堅固な固定の場合、断熱材はその特性を失うため、追加のクランプなしで自由に固定する必要があります。.

金属プロファイルに木製の裏地から天井を設置する場合は、コストが増加することに備えてください。主な材料に加えて、追加の要素が必要になります。

  • 部屋全体の周囲に沿って固定されているUDプロファイル。
  • フレームのベースとして機能するCDプロファイル。
  • 十字形の台紙とU字型の台紙であるカニ。
  • セルフタッピングネジ.

重要! 一部の職人は、方法の速さを理由に、ホッチキスや釘で裏地を固定することを好むという事実にもかかわらず。ただし、このマウントは信頼性が不十分であると考えられているため、専門家は実績のあるセルフタッピングネジの使用を推奨しています.

下見板張りの天井裏地:ステップバイステップの説明

天井フレームの設置

フレームを設置する過程で、急いですべての推奨事項に従わないことが重要です。要素の配置に違反した場合、構造全体の形状に違反し、その後修正することができないためです。.

指示に従って、まず、彼らは部屋の中で最も低い角度を見つけ、それに木材の高さと裏地の厚さを加えて、この場所にマークを付けて、部屋の他の飛行機に移します。この作業を容易にするために、油圧レベルを使用することをお勧めします。

得られたマークはナイロン糸で接続され、部屋の壁に得られたレベルを打ち負かします.

重要! フレームの取り付け時に木材を使用する場合は、カビや腐敗から材料を保護する消毒剤で前処理してください。材料が乾く必要があるため、この作業は事前に実行することをお勧めします。処理の方法、およびそのタイミングは、パッケージの消毒剤組成物の製造業者によって示されている。.

ライニングを天井に固定するために、クラッディングが取り付けられる平らなベース面を準備します.

これを行うには、周囲に沿って40 x 40 mmのセクションでストレートバーを固定し、水位を常に制御します。

それらを調整するには、さまざまな厚さの木製プレートを使用します。これは、バーが耐力天井パネルに取り付けられている場所に配置する必要があります。

すべてのネジを締めると、天井に頑丈なベースが形成されますが、これはバーの表面によって制限されます。

コンクリートの床を扱っている場合は、ライニングを固定する前に、次の対策を講じてください。

超硬ドリルビットを使用して深さ40〜50 mmの穴を開け、ダボを挿入して、8 x 40mmのダボを取り付けます。次に、直径5 mmのドリルを使用して、ダボが取り付けられている場所にバーをドリルで貫通させます。

コードを使用して、木枠の中間バテンが固定される天井の線を打ちます。これは、互いに0.6mmの距離に配置する必要があります。.

重要! 対面面の設置段階でも誤差が生じて平坦性が損なわれ、凹凸が目立つ可能性があるため、マーク線に沿って張った釣り糸を使用することをお勧めします。これにより、建物レベルが使用されなくなります。.

旋盤の内側を取り付けるには、張力をかけた釣り糸のできるだけ近くでバーを保持し、必要に応じて調整プレートを配置するアシスタントが必要になります。この時点で、バーに穴を開けてねじ込みます.

重要! 追加の断熱材が必要な場合は、外装のバテンの間にブロックアンドロール断熱材を取り付けます。バテンが湿気と接触しないように、防湿フィルムを伸ばす必要があります。.

下見板張りで天井を裏打ちする:表面材を固定する方法

  • 次の段階は、木造住宅で天井を下見板張りで裏打ちすることです.
  • この段階は特に難しいことではありませんが、それでもアシスタントが必要になります。長いパネルを使用している場合、これは必須です.
  • 最初のパネルを取り、壁にしっかりと固定して固定します。
  • 次のパネルは前のパネルの溝に挿入され、木枠の位置に固定されます。
  • ランプやパイプ用の穴を設置する場合は、途中で穴が開けられるため、エラーが発生する可能性がなくなります。
  • 木造住宅で天井を下見板張りにする過程で、尾根が溝に入るところに留め具を付けると、ネジのキャップを隠すことで、真に調和のとれた天井カバーが得られます。
  • 天井をプラスチックパネルで裏打ちする場合は、必要なすべての穴を事前に開けておく必要があります。これにより、表面が損傷するリスクがなくなります。.

重要! 表面の解体は非常に望ましくないため、すべての通信および電気配線が損傷していないことを事前に確認してください。さび汚れを防ぐためにステンレス鋼の留め具を使用してください.

重要! 作業の過程で、設置が行われる部屋の温度と湿度を考慮に入れてください。気温が+10度未満で湿度が高い場合は、設置作業を延期することをお勧めします。.