ドア

日曜大工のパネルドア

インテリアに欠かせない要素であるインテリアドアは、操作だけでなく装飾的な機能も果たします。パネルドアの構造的および機能的特徴により、パネルドアは信頼性が高いだけでなく、インテリアの魅力的な要素でもあるため、両方向をうまく組み合わせることができます。ただし、その人気は、その2つの機能だけでなく、パネル構造を他のタイプの内部ドアと区別する他の多くの利点にも起因します。これらは、この資料で検討されます。パネルドアを好む場合は、工場の構造物を購入する必要はまったくありません。自分で作るだけです。自家製モデルには、工場製品の特徴ではないいくつかの利点があることは注目に値します。自家製モデルの利点、およびそれらの製造に関する機能とステップバイステップの説明も、この記事の主題です。.

パネルドア:定義と歴史への短い遠足

ロシアのインテリアドア市場に最初に登場したモデルとなったパネルドアは、価格と品質の比率が最適であることは間違いないため、消費者の間で急速に人気を博しました。 90年代に最も人気のあったモデルはMDF製の白いパネルドアであり、その有効性と耐久性が明確に証明されました。.

パネルとは何ですか?ウシャコフの辞書には、この用語の次の定義があります。「パネルは、任意の材料で作られたフレームに挿入される薄い合板またはボードです。」.

したがって、パネルドアはドアであると結論付けることができます。そのデザインは、ほとんどの場合木製で支持要素として機能するフレームと、インサート(パネル)の存在を意味します。現代のパネルドアでは、インサートは木製だけではないことに注意してください。しかし、ほとんどの場合、パネルは無垢材またはMDFと無垢材を含む複合材料で作られています.

パネルドアの設計上の特徴。パネルの種類

パネルドアは、他のタイプの室内ドアと混同することはほとんど不可能です。後者もフレームとして機能する可視フレームとより薄いパネルインサートで構成されているため、それらの設計上の特徴は従来のウィンドウの場合と同様です。したがって、次の要素は、パネルドアの主な構造要素です。

  • レールとも呼ばれる木製のフレームは、ドアの残りの部分が後で取り付けられる主要な構造要素です。その生産は、無垢材と単板積層材から行われます。ほとんどの場合、フレームは互いに接続された4つのパーツで構成されています。構造の強度を高めるために、フレームの下部は側面と上部よりもいくらか広くなっています。パネルドアの強度を高めるためのより現代的なアプローチは、アルミニウムや亜鉛メッキ鋼などの板金で覆われている構造の底全体を補強することです。ただし、このような手法の使用は、玄関パネルドアのみの構造を強化することに関連していることに注意してください。
  • 帆布の中央に固定された水平に配置されたバーである媒体。

  • さまざまな素材で作ることができ、ドアフレームに固定されているパネル。それらはしばしばドアの主要な装飾要素です。彼らは絵で飾られているか、彼らに最も奇妙な形を与えています。それらの製造にはさまざまな材料が使用されますが、ほとんどの場合、ガラス、チップボード、MDF、または合板です。破片は特殊な溝に挿入された後、装飾用のグレージングビーズで固定されます(一部がドア面にあるため、この名前が付けられたグレージングビーズがオーバーレイされていることがよくあります。指定された固定機能により、損傷したものを簡単に交換できます。破片、たとえば割れたガラス、そしてまたあなたが内部のドアの外観を根本的に変えることを可能にします.

パネルの主な種類

  • 平らな表面を持つ同一の厚板で作られた従来の滑らかなパネル。それらは、玄関ドアと室内ドアの両方の製造に使用できます。
  • 人形のパネルは、その特徴的な特徴は、凸状の中央部分の存在であり、端に向かって徐々に薄くなっています。

  • フレームの製造と同じ厚さのボードを製造するためのフローティングパネル。
  • さらに、ダブルパネルとシングルパネルがあります。シングルの組み立てには、1列に配置されたストリップが使用され、ダブルのストリップは、絶縁材料の層またはエアギャップで分離された2列のストリップで構成されます。.

パネルドアの写真

パネルドアの製造に人気のある材料とその利点

多くの場合、パネルドアは無垢材で製造されています。この場合に使用される品種は非常に多様である可能性があります。ロシア中部に遍在する品種から、地球の最も離れた場所から輸入されたエキゾチックな品種までです。品種の選択は、完成品のコストに大きな影響を与え、多くの場合、その生産のタイミングにも影響を及ぼしますが、これはかなり変動する可能性があります。パネルドアの製造には、厳選された慎重に乾燥された木材のみが使用されます。松、白樺、トウヒなどの低価格カテゴリーの種が広く需要があるだけでなく、中程度の高価であると同時に、より耐久性のあるシデ、オーク、ブナが正しく使用されれば、数十年。.

パネルドアを製造するための最も一般的な材料は松の板であり、その特徴は心地よい蜂蜜の色合い、魅力的な質感と加工のしやすさ、そして木の構造の一部である天然の防腐剤により、材料は元の特性を保持できます長い間。素材のユニークな特徴により、無垢パイン材のドアを設置することができ、室内ドアとしてだけでなく、玄関ドアとしても設置することができます。これは、ドアリーフの耐用年数にプラスの影響を与える高い強度と耐久性によるものです。したがって、無垢の松で作られた木製パネルドアの人気は、次の利点によるものです。

  • 自然環境にやさしい原材料からの製造, 運転中に有害な蒸気で大気を汚染することはなく、その結果、人間の健康にとって絶対に安全です。ソリッドパインは低価格カテゴリーの素材ですが、耐久性に疑いの余地はなく、価格との比率も最適です。適切な操作の過程で、それらは10年以上続くだけでなく、元の特性を失うこともありません。
  • 機械的ストレスへの耐性 この材料で作られたドアは、強度と機械的損傷に対する耐性を維持できます。特に重要なのは、松の山塊が湿度と温度の変化に耐性を維持しているという事実です。これにより、外部ドアとして頑丈な松のパネルドアを取り付けることができます。
  • 美学と装飾的特性 無視するのも難しいです。松の山塊は魅力的な質感と色を持っています。そのおかげで、パネルドアはあらゆるインテリアの装飾品になり、外部のドアはあらゆる家の外観を際立たせます。
  • そしてもちろん, 非常に手頃なコスト, 見過ごされることはありません。手頃な価格設定のおかげで、高品質で信頼性の高いドアを低価格で受け取ることができます。.

頑丈な松からのパネルドアの製造:ニュアンスと特徴

現在、無垢材からパネルドアを作る方法はいくつかあります。メーカーはいくつかの基本的な製造方法を提供しています。

  • 接着された松の梁を使用したパネルドアの葉の製造。
  • 特定の追加物質の使用を除外した、天然の無垢松からのドアの製造.

これらの方法にはそれぞれ長所と短所があります。最初の方法に関しては、実際には非常に簡単に実行できます。単板積層材で作られたドアは、接着の過程でバーが互いにしっかりと取り付けられ、それらを引き裂くことはほとんど不可能であるため、間違いなく強度と攻撃的な環境の影響に対する耐性があります。バーを接着した後、完全に乾燥させてからニスを塗ると、強度が向上するだけでなく、美的特性も向上します。強度が高いため、単板積層材で作られたパネルドアが外部ドアとして設置されています。

2番目の方法を検討すると、天然の松の山塊からパネルドアを製造することには一定の困難が伴うことに注意してください。ほとんどの場合、そのようなドアは注文に応じて製造され、このイベントの費用がかかります。多くの場合、かなり高いです.

日曜大工のパネルドアの利点

パネルドアを設置する場合は、工場出荷時の購入は一切不要です。あなたが少しの経験と家庭の職人のスキルを持っているならば、あなたがあなた自身の手でパネルドアを作ることは難しいことではありません、特にこの記事でそれを作るための段階的な指示を提供するので。自作のパネルドアの主な利点を考えてみましょう。

  • 工場のドアとは対照的に、自作のドアのコストが低い。
  • 特定の基準に従ってパネルドアを自己組織化することで、出入り口のサイズに合わせてドアを調整する必要がなくなります。
  • 特定の製造機能を考慮に入れると、自家製のパネルドアは外部の影響を受けにくく、したがって、極端な温度の影響を受けて破壊されにくくなります。.

パネルドアを作るための材料とツール

パネルドアを作る前に、非常に控えめなツールのセットを買いだめしてください。.

必要なツール:

  • 木工用弓のこ;
  • ノミとドライバー;
  • 鉛筆と巻尺;
  • 細かくて粗いサンドペーパー;

まず、パネルドアの製造材料を決定します。信頼性と耐久性に優れたフレームを作るには、強度特性が高く、外部環境や微気候パラメータの変化に強い木材種を選択する必要があります。したがって、オークやアッシュなど、最も耐久性のある種類の木材を選択することをお勧めします。松はまた、優れた価格性能比を備えた耐久性のある素材です。彼女は、以前の品種と同様に、湿度や温度などの微気候パラメーターの変化に耐性があります。.

パネルの製造材料としてチップボードまたは合板を選択することをお勧めします。これにより、構造が軽量であると同時に安価になります。ドアをより大きくて頑丈にしたい場合は、より高価な無垢材を使用してください。ドアの装飾特性を高めるために、マットまたは透明のガラスインサートがよく使用され、さまざまなパターンで装飾されています。ステンドグラスインサート付きのドアは非常に高価で頑丈に見えます.

本物のデザイナーのステンドグラスの窓は高価な楽しみ以上のものであるため、ガラスの装飾画がよく使用されます。これは、本格的なステンドグラスの窓の効果を生み出すために両面に作られています。.

必要な材料:

  • フレームの製造には、幅が最大50 mmの厚いボードまたは3本のバーが必要です。そのうち2本は垂直部分の製造に使用され、1本は横方向の上部の作成に使用されます。
  • パネルの製造については、合板またはチップボードを購入してください。必要に応じて、ガラスに置き換えることができます。ガラスパネルを作成する場合は、グレージングビーズを追加で準備します。
  • さらに、接着剤とセルフタッピングネジが必要です。
  • ドアフィッティング(ドアヒンジとハンドル);
  • ドアを仕上げるための材料と同様に(さまざまな特殊コーティング、ワニス、塗料).

インテリアパネルドアを作るためのステップバイステップの説明

設置の初期段階は、出入り口を設置することです。歪みや幅と高さの違いを簡単に排除できるように構築する必要があります。ドアフレームを作成したら、自分の手でパネルドアの取り付けを開始できます。

あなたの個人的な好みを考慮して作成されたスケッチの開発から始めたほうがよいでしょう。ただし、専門家は、初心者のマスターに6枚のパネルを備えたドアの設置から始めるようにアドバイスしています。ドアのおおよそのスケッチを作成したら、ドアの詳細を示し、必要なすべての寸法をマークしてから、選択した寸法に従って必要な材料を購入します。

それから彼らはフレームを作り始めます。これを行うには、巻尺を使用して出入り口の幅を測定します.

ドアの寸法は、ドアフレームの寸法よりも4〜6mm小さいことに注意してください。.

得られた寸法を考慮して、ドアのベースは木材で作られています。これを行うには、機械的な損傷や不規則性のないバーに鉛筆で必要な長さをマークします。弓のこで余分な部分を切り落としました。その結果、構造の下部と上部に固定された2つのメイン垂直ラックと2つの横ラック、および構造の強度を高めるのに役立つ内部横レールが必要になります。.

パーツをしっかりと固定するために、適切な場所に溝とスパイクが作られ、理想的なサイズになっています。留め具の強度を高めるために、部品は大工用接着剤でコーティングされ、パネルの取り付け点に面取りが施されています。.

フレームを作成したら、パネルの取り付けを続行します。木材を使用している場合は、ボードの配列を選択することをお勧めします。これにより、プレハブの面取りが作成されなくなります。面取りの寸法に応じて、完成したパーツをソリッドから切り取り、そのエッジに沿ってカットを行います。これにより、パーツを面取りでしっかりと固定できます。.

無垢の無垢材からパネルを作成する機会がないが、それでも木材を使用したい場合は、木片からパネルを作成し、溝とスパイクのシステムを使用してパネルを固定し、さらに接合部を木材で覆いますのり。木片でパネルを作った後、面取りで固定するために端に沿ってのこぎりで切り込みを入れます.

重要!無垢材で作られたパネルは、追加のパターンで追加で装飾することができますが、これには特別なスキルとツールが必要です.

パネルがチップボードまたは合板でできている場合は、必要な寸法に従ってカットされます。.

ガラスインサートを作成する場合は、ドアの寸法に合わせて切り抜くか、クロスレールやまぐさを作成する場合は、インサートの寸法に合わせてガイドします。.

ステンドグラスを模した両面塗装でドアをガラスで飾る場合は、パネルをフレームに挿入する前にパターンを適用します。ガラスパネルはグレージングビーズで固定されています。この方法では、損傷した場合にインサートを交換できるためです。.

長期運用の主成分としてのパネルドア装飾

パネルドアを処理する主な方法は2つあります。1つはソリッドと呼ばれ、フレームとパネルの同じデザインを意味します。もう1つは対照的で、パネルを明示的に選択することを意味します。.

堅い松で作られた内部または玄関ドアを仕上げることは、攻撃的な環境の影響から表面を保護し、また木材に耐火性を与え、木材の老化を防ぐ抗真菌および防腐剤でその表面を処理することから成ります。ただし、エナメルで塗装するなど、他の処理方法とは異なり、防腐剤溶液で処理しても木の質感が隠されることはなく、防腐剤に着色顔料が含まれているため、その色合いと全体的な外観が向上します。数年前、これらの目的のために、木材の最上層やワニスと相互作用する染みが使用されていました。顔料の飽和度は、必要な品種をメーカーと事前に交渉する顧客の好みによってのみ決定されます。しかし、上記の利点にもかかわらず、これらの組成物で処理された木材には、1つの重大な欠点があります。その本質は、損傷すると、木材の表面に光点が形成されることです。これは、顔料が木材の上層にのみ浸透するという事実によるものであり、したがって、天然木とこれらの組成物で処理された材料のどちらかを選択するときは、天然の選択肢を優先してください.

ドアリーフの仕上げ処理には、溶剤ベースのアルキドワニスとは異なり、木材の色調や構造の変化が少なく、環境にやさしい水性アクリルワニスが使用されています。つや消しと光沢のある表面の選択に関しては、つや消しの表面では汚れがより目立ち、光沢のある表面は木の質感を隠し、色をより飽和させるという事実に注意することが重要です。この点で、パネルドアには半光沢および半光沢コーティングを優先することをお勧めします。.

パネルドアのビデオ