ドア

日曜大工の木製アーチ

最も古い建物の構造の1つであるアーチは、今日でもその関連性を失うことはありません。窓や出入り口、柱廊玄関、ガゼボのデザイン、または庭の景観デザインの装飾要素として使用されます。建築にはさまざまな素材が使用されており、特に木材が人気です。木造建築の利点、選択の特徴、自分の手でアーチを作成する技術を検討してください.

部屋の内部にアーチを使用する利点

建設中のアーチ-2つのサポートまたは壁の開口部の間のスパンの湾曲した重なり。湾曲したボールトにより、アーチ型の構造は大きな負荷に耐えることができます.

アーチはそれぞれの歴史的時代にその用途を見出し、古代ローマの建物の建築、XII世紀のヨーロッパの建物、キリスト教の教会の建設中の古いロシアの建築を主に決定しました.

今日、アーチ型の構造はその優雅さを失っておらず、住宅の設計によく使用されています。アパートでアーチを使用する主な利点は次のとおりです。

  • 部屋のレイアウトで標準的な解決策を回避する機能。
  • 視覚的な拡張/空間の拡張とゾーニング。
  • 部屋の欠陥と角度を隠す能力;
  • ドアを取り除く;
  • 装飾的な要素-インテリアに熱意をもたらし、部屋にエレガントでスタイリッシュな外観を与えます.

アーチの種類:サイズと形状の選択

アーチの形や色を選ぶときは、部屋のデザインを考慮することが重要です。多くの場合、アーチは家具の色で、または部屋のメインデザインとは対照的に作られています。.

今日のアーチ型の開口部の最も一般的な形式を考えてみましょう。.

古典的なアーチは開口部の形をしています-規則的な円。このタイプのアーチは普遍的であると考えられており、部屋のほぼすべての内部に適合します。古典的なアーチは、2.5メートルの高さの出入り口に最適です。曲率半径= ½*開口部の幅.

アーチ「楕円」は通常、開口部の高さが低い状態で使用されます。このソリューションにより、インテリアの個性を強調し、従来のサークルを避けることができます。.

アーチ型の出入り口「ロマンス」は、角が丸い真っ直ぐな中央フレームを備えています。コーナーの半径は、部屋のサイズとインテリアのスタイルに基づいてデザイナーが選択します.

「ロマンス」デザインの重要な利点-アーチは丸みを帯びた場所で多くの空きスペースを占有しないため、低い開口部を配置するときに使用できます

アーチ「ポータル」-窓や出入り口の形状やサイズを変更する必要がない最もシンプルなデザイン。アーチは長方形の開口部に「組み込む」ことができます。構造の角を少し曲げると、知覚が視覚的に「柔らかく」なります。.

木で縁取られたポータルはオフィスの敷地内で使用されます-そのような要素はステータスを強調し、インテリアに高級感をもたらします。さらに、「P」字型のアーチは、ミニマリズムとハイテクのスタイルで室内装飾によく使用されます.

「ロッカー」アーチは、狭い開口部と広い開口部の両方で同じように見栄えがします。このアーチの形は、ドアの葉や家具のパネルと組み合わされて、部屋をより洗練されたものにします。 「ロッカー」はカントリースタイルのインテリア、プロヴァンス、スカンジナビアのデザインに見られます.

トランサムはドアリーフの続きです。このようなアーチは、装飾的な機能だけでなく、実用的な機能も果たします。トランサムは日光を透過します。アーチは出入り口の任意の形状を繰り返し、ドア自体がなくても独立した要素として使用できます.

「モダン」スタイルのアーチ-アーチ型の開口部の大きな半径で実行され、構造の形状は正しい形状の楕円形のアーチです.

アーチ「台形」-縫製コーナーのある構造。さまざまな幅と高さの内部開口部に使用されます。複雑な木材加工を必要としないため、製造が簡単です-ストレートビームとスレッドストリップが使用されています.

木製のアーチは、実用的な棚、図案のパターン、装飾品(燭台、ペンダント、ランプなど)などの側面要素で補完できます。.

材料の選択

アーチの製造には、カラマツ、オーク、マツ、リンデン、アッシュなど、さまざまな種類の木が適しています。強くて耐久性のある内部アーチを構築するのに役立つ出発材料を選択するためのいくつかの推奨事項は次のとおりです.

木で作られた日曜大工のインテリアアーチ

たとえば、次のパラメータを使用して木でアーチを作成する方法を検討してください。

  • 幅-1500mm;
  • アーチの円の半径-750mm;
  • 深さ(壁の厚さ)-160 mm;
  • アセンブリのアーチの高さ-2300mm.

アーチ型のまぐさを作成する原理:主要な構造は、弧に沿って切断された梁など、多くの小さな部品から組み立てられます。この場合、ワークピースの長さは400〜800mmの範囲で変化します。湾曲したバーが長いほど、幅を広くする必要があります。.

ツールと材料

木からアーチを作るには、次の材料と建設機械が必要になります。

  • レベル;
  • 鉛筆と巻尺;
  • 大きなコンパス;
  • 木材用の弓のこまたはジグソー;
  • ドライバー;
  • 鋭いナイフ;
  • ハンマードリルまたはハンマードリル;
  • セルフタッピングネジ;
  • テンプレートを作成するためのファイバーボードまたは合板のシート。
  • 厚さゲージで校正されたプレーニングボード(同じ厚さのボード-40 mm);
  • 仕上げニス.

マークアップとテンプレートの作成

大きなコンパスまたは2本のレールと釘を使用して、アーチのアーチを描きます。円の半径を選択するときは、アーチが深いほど製造が難しくなることを覚えておく必要があります。したがって、初めて構造を作成するときは、緩やかな曲げを選択することをお勧めします。.

図面を作成するときは、規則に従うことが重要です。アーチの上端から天井までの距離は少なくとも30cmでなければなりません。

したがって、テンプレートを作成するためのシーケンスは次のとおりです。

梁を収穫してアーチを組み立てる

アーチを作成する次の段階は、梁の準備です。

アーチの内側はアーチの前部なので、特に慎重に切り抜く必要があります。上端-未処理.

カットされた梁は、テンプレートに従って組み立てられます。アーチの幅全体に沿って一方が他方に結合します。まず、最初の行のバーを入力し、パーツの端をできるだけ正確に調整します。.

2番目の行は最初の行と同様に収穫されますが、バーはわずかにオフセットして配置されています-約 ½ 詳細。すべてのバーに番号を付けることをお勧めします-これにより、組み立てプロセスが大幅に簡素化および高速化されます.

組み立てられたアークは十分に強く、追加の固定は必要ありません.

仕上げ

アーチの内側の端は十分に研磨する必要があり、列間のわずかな不一致は研磨する必要があります。この作業には、研削アタッチメントまたはサンダー付きのドリルが適しています。そのような処理は「ジョイントストライプ」を隠し、金庫室は無垢の無垢材でできているように見えます.

Archのインストール

Vaultのインストールシーケンス:

完成した構造物の設置に関する推奨事項

アーチを作るのに時間を無駄にしたくない場合は、既製のキットを購入して、自分でアーチを組み立てることができます。完成した構造物を設置するときは、いくつかの規則に従う必要があります。

  • 作業を開始する前に、古い木箱を取り除き、表面を掃除する必要があります。
  • マルチコンポーネントアーチの取り付けを上から開始することをお勧めします。寸法を調整し、製品を出入り口に取り付けるのが簡単になります。
  • アーチと壁の間の隙間は、木材、石膏ボード、MDF、またはチップボードで閉じることができます。すべての「粗い」素材は仕上げの下に隠す必要があります。
  • 構造を組み立てるときは、すぐにネジをしっかりと締めないでください。アーチを目的の位置に調整する必要がある場合があります。
  • 木製のアーチは抗真菌性化合物で処理する必要があります.

内部の木で作られたアーチの写真

低いクロスバーを備えた大きなアーチは、アパートの2つの機能領域(リビングルームと廊下)を分割できる興味深いソリューションです。.

広々とした本棚を備えたアーチ「エリプス」は、白とピンクの色調で作られた、調和のとれたインテリアの続きです。.

古代ローマ風のアーチは、カントリーハウスや広々とした多層マンションに適しています。.

馬蹄形のアーチがホールの入り口を囲んでいます。構造の側面は機能的な棚が装備されています.

スポットライト付きの内部アーチは視覚的にスペースを拡大し、廊下を明るくします.

トランサムのあるアーチで飾られた出入り口。ガラスの花柄がお部屋の落ち着いたインテリアを彩り、さわやかで春のムードを演出します。.

木製の柱の古典的なアーチ-部屋は調和のとれた、洗練されたエレガントに見えます.