自分の手で木製の窓を作る方法

木製の窓は、ほとんどの住宅の建物で非常に一般的です。これは主に、製造プロセスで使用される材料の入手可能性によるものです。窓の開口部の形状が標準的でない場合、最も簡単な方法は自分で窓を作成することですが、マスター自身がその形状、サッシと付属品の数を選択します。木製の窓を作ることの特徴についてさらに話しましょう。.

目次:

木製の窓-機能と利点

木製の窓の特徴を理解するために、私たちはそれらの主な利点を検討することを提案します:

1.外観の美的魅力.

木製の窓には、それが作られている木の構造がはっきりとトレースされています。さらに、木製の窓は、あらゆる種類の外装と内装の両方に完全にフィットします。ほとんどの場合、木製の家具や木製のドアが部屋に設置されており、それらは木製の窓とよく調和しています。同時に、木製の窓は高い機能性と洗練さを備えています。.

プラスチック製の窓は、木製の構造物に比べて見栄えがよくありません。木は部屋に暖かさと快適さをもたらします。.

2.呼吸する能力.

この機能を持っているのは木だけです。健康的な室内気候を調節するのは木です。木の表面は水分を過剰に吸収し、不足した場合にそれを返すことができるので。木製の窓が設置された家は、快適で健康的な雰囲気があります.

プラスチックまたは他の材料で作られた窓は、窓辺または他の近くの表面に結露を形成する傾向があります。.

木が呼吸するという事実のために、部屋の空気は徐々に循環します。換気のために窓を長時間開けなくても、木の微細孔を通して空気が更新されます。久しぶりに部屋の空気がすっきりと爽やかになります。.

3.高い耐久性.

木材は、特に湿気や火の前ではかなり脆弱な材料であるにもかかわらず、最新の化合物と含浸剤の存在のおかげで、窓の製造プロセスで使用される木材の品質特性が向上しています。耐湿性に基づいた最新の染料と含浸により、木製の窓構造の長期的な運用が保証されます。また、木製の窓を使用する過程で、手付かずの外観が保たれています。たとえば、プラスチック製の窓は10年間の操作後に交換する必要があり、木製の窓は20年間使用しても見栄えのする外観を失うことはありません。.

4.高レベルの強度.

木材とその品質は、材料を購入する過程ですぐに評価されます。構造物の内部に金属プロファイルが取り付けられているため、プラスチック製の窓の強度を見積もることはできません。さらに、木製の窓を自己製造するオプションを使用すると、材料と操作の両方の意味で窓の所有者に適した品質の木を選択できます。最小厚さ70mmの3層接着ビームを優先することをお勧めします。外部刺激に対する窓の安定性を確保し、その変形を防ぐのは接着剤バーの使用です。.

5.低レベルの熱伝導率.

この特性は、窓の製造に接着剤バーを使用しているためです。さらに、熱伝導率は、窓の設置の技術的瞬間に従うことに依存します。.

6.人間の健康のための環境への優しさと安全性.

この状態は、木製の窓を選ぶときに最も重要です。結局のところ、人体に有害な物質を放出しない天然素材であるのは木材です。.

7.木製の窓の修理のしやすさ.

この利点により、木製の窓の修理や修復のコストを削減できます。これらのタイプの窓は、保守と修理が簡単です。.

木製の窓の写真:

高品質の木製窓を設置すると、所有者に次のような機会が開かれます。

  • ドラフトの完全な欠如;
  • 高レベルの断熱;
  • 良好な遮音;
  • 外観の高い魅力;
  • 個々のデザインの選択;
  • 動作時間.

木製の窓の技術と品種

デザインの特徴に関連して、木製の窓は次のとおりです。

  • ロシア人;
  • ドイツ人;
  • フィンランド語;
  • アルミ-木.

最初のオプションは、1つの別個の木製パーツが存在することを特徴としています。それは1つの箱と2つのドアで構成されており、それぞれがガラス張りになっています。木製部品の製造には、木製の棒ではなく、松の山塊が使用されます。サッシの最小厚さは4cmです。このような窓の主な欠点は、変形しやすいことです。さらに、窓へのサッシの完全な接着を達成することは不可能です。部屋の外にある湿気は、窓枠の表面に到達します。二重の木製窓には、調整不可能なヒンジとハンドルが付いているため、換気モードはありません。.

ドイツの窓はヨーロッパの窓とも呼ばれます。それらに取り付けられているフィッティングはヨーロッパ起源であるため。このような窓は、サッシの高さと傾斜角度を調整することができます、窓を換気することが可能です、ロック機構があります.

ユーロウィンドウには、窓枠とサッシが含まれています。サッシには二重ガラスのユニットがあり、熱損失を完全に防ぎます。ウィンドウを開くには少しの努力で十分です。さらに、そのような窓の手入れは非常に簡単であり、接着された梁がそれらの製造に使用され、その厚さはあなたが多目的シールを作ることを可能にし、部屋を通風から完全に保護します。.

このような窓は暖かく、信頼性が高く、耐久性があります。ユーロウィンドウの耐用年数は60年を超えています。これは、乾燥や変形しにくい接着された3層材の存在によるものです。.

木製の窓をアルミニウムで装飾するオプションがあります。この窓は耐用年数が長く、恒久的な塗装は必要ありません。.

アルミニウム-木製の窓は、窓の支持部分がアルミニウムから製造されていることを前提としています。一方、木材はアルミニウムの外側を覆っています。このように、アルミニウムの存在により構造の強度が向上し、木製の表面が魅力的な外観と窓の暖かさを生み出します。このタイプの窓は、アルミニウムのコストが高く、作業が複雑なため、実際には一般的ではありません。.

フィンランドの窓は、幅の広いフレームと2つのサッシがあり、連続したタイプの開口部があることで区別されます。外側のサッシには1つのシンプルなガラスが取り付けられ、内側のサッシには1室の二重窓が取り付けられています。アウターサッシの製造には、木材とアルミの両方を使用しています。 2つのリーフは、シーケンシャルオープニングメカニズムを使用して接続されます。窓枠やサッシの製造には、接着された梁ではなく、無垢材が使用されます。窓は魅力的な外観をしていますが、ドイツの窓と比較すると品質特性が劣っています。.

さらに、木製の窓は次のとおりです。

  • 聴覚障害者-サッシがなく、窓に換気機能がなく、製造が非常に簡単であるため、そのような窓の価格ははるかに低く、そのような窓を設置する前に、部屋の空気を送る機能を検討する必要があります窓構造の外側部分の手入れ;
  • ピボットとスイングアウト-これらのタイプの窓には、部屋の内部に開くサッシがあり、最適なコストと換気の利用可能性のために非常に人気があります。
  • 木で作られた二重葉のマリオン窓-マリオンの助けを借りて、いくつかのサッシが単一の一体型窓構造に接続されています。このオプションは、信頼性、使いやすさ、耐久性によって区別されます。

  • ボビンダブルリーフ-開く原理は前のバージョンと同じで、最初のリーフにのみスイングアウトハンドルがあり、2番目のリーフにはハンドルがありません。2番目のリーフを開くことができるのは、最初のリーフが閉まっている.

さらに、スウェーデンの木製の窓が際立っています。これらは、ドイツ語のユーロウィンドウとロシア語バージョンのウィンドウの組み合わせを表しています。そのような窓は、単一のガラスを備えた外枠と単一のガラスユニットを備えた内枠を有する。したがって、高レベルの遮音性と断熱性が保証されます。.

彫刻が施された木製の窓は、それらをより魅力的にするさまざまなバラのパターンの存在によって特徴付けられます.

木製の窓の作り方-主なステップ

自分で木製の窓を作る前に、これに必要なすべてのツールを次の形式で準備する必要があります。

  • ガラスカッター;
  • ドライバー;
  • ジグソーまたはフライス;
  • ドリル;
  • ハンマー;

  • ノミ;
  • 四角;
  • ルーレット;
  • 定規;
  • 飛行機.

次に、材料を準備します。

  • ボックス用の集成材、松またはオーク。
  • ジョイナーの接着剤;
  • グレージングビーズ;
  • セルフタッピングネジ;
  • ダボ;
  • シーラント.

私たちは、木製の窓の自己生産のための段階的な指示を研究することを提案します:

1.箱の構造.

木製の窓のサイズに応じて、それらは次のとおりです。

  • 大きい;
  • 中くらい;
  • 小さな.

作業を開始する前に、ウィンドウのマテリアルを選択する必要があります。最も最適で安価なオプションは松です。このタイプの木材は樹脂を多く含んでいるため、湿気やその他の外部の影響に対して最も耐性があります。.

より高価ですが高品質のオプションはオークです。初心者の方は、高価な素材を誤って損なうことがないように、松を選ぶ方が良いでしょう。ボードは適切に乾燥させる必要があり、結び目、亀裂、変形があってはなりません。ボックスは、すべての荷重を支える主要な支持構造であることに注意してください。.

より高い強度特性と長い耐用年数によって区別される接着剤バーを使用する変形が可能です。.

フレームを作るには、15x5cmの大きさのボードが十分にあります。ワークピースにGの文字と深さ1.5cmの溝穴を開ける必要があります。すべての部品は木製の接着剤を使用して接続され、次に最小長さ30mmの木製ロッド..。ボックスのすべてのコンポーネントのリテーナとして機能する要素であるのはロッドです。.

次に、ボックスは、事前に準備されたウィンドウ開口部にインストールされます。この手順には、壁に穴を開ける、ダボを取り付ける、セルフタッピングネジでボックスを固定することが含まれます。ポリウレタンフォームは、接合部をシールし、亀裂をシールするために使用されます。.

2.窓のフレームの構築.

自分の手の絵で木製の窓を作る方法:

フレームを作成するには、70x50mmのサイズの梁が必要です。窓の大きさや強度に応じて、木材の厚さを調整することは可能ですが。プロファイルの形状は、窓に設置されるガラスの厚さと量によって決まります.

単一ガラスプロファイルを取り付ける場合は、2つの長方形の溝穴を作成するだけで十分です。そうでない場合は、さらに多くの穴が必要になります。.

特定の形状のプロファイルを作成するには、電動プレーナーまたはフライスが必要になります。ガラスの厚さが5mmの場合、厚さ1cmのグレージングビーズが必要です。.

すべての部品が準備できたら、フレームを組み立てます。これを行うには、ボードを45度の角度でカットする必要があります。準備されたプロファイルの助けを借りて、ほぞ溝接続が提供されます;より高いレベルの固定のために、セルフタッピングネジが追加で使用されます。窓の魅力的な外観を改善し、腐食を避けるために、すべてのキャップが木材に沈む必要があることに注意してください。.

3.メガネの取り付け.

結露が窓に溜まらないようにし、コールドブリッジがないようにするには、窓に取り付ける必要のあるガラスの長さと高さを正しく測定する必要があります。測定時の最小誤差は1mmです.

ガラスの切断にはダイヤモンドのセルフタッピングネジを使用し、エッジの研磨にはきめの細かいサンドペーパーを使用することをお勧めします。.

さらに、すべての安全対策を遵守する必要があります。つまり、破片で手を傷つけないように高密度の布で作られた手袋を着用し、ほこりや小さな破片から目を保護するマスクを着用する必要があります。.

ガラスの上に余白の少ない定規を置きます。ガラスカッターの助けを借りてそれに沿って線が引かれます。次に、ガラスがテーブルの端に置かれ、壊れます。準備されたワークピースは窓に取り付けられ、修正が必要ない場合は、ガラスの端がシーラントで潤滑され、再度置かれます。次に、ガラスをグレージングビーズで固定し、その表面に小さな釘を打ちます。グレージングビーズの幅が広い場合は、セルフタッピングネジを使用して固定することをお勧めします.

4.自分の手で木製の窓を作る方法の問題を研究する際には、構造全体の最終的な組み立てについて言及する必要があります。窓が大きく、2つの部分に分かれている場合は、最初に垂直バーの組み立てと取り付けを行い、次にサッシをヒンジ付きヒンジで固定します。ハンドルなどの付属品が取り付けられています.

取り付け作業は、完成した窓を窓枠に取り付け、最初に箱の表面を通り、次に壁を通り抜けるセルフタッピングネジで固定することで完了します。すべての亀裂を密閉するために、ポリウレタンフォームが使用され、それが乾燥した後、壁は漆喰で塗られます。引き潮と窓枠の設置は作業を完了します.

木製のビデオウィンドウの作り方: