出窓用コーニス:機能と設置

出窓は、控えめな部屋でさえ、変わった外観を与える能力で引き付けられる最も独創的な建築の追加の1つです。部屋の照明を増やすだけでなく、広々とした感覚を追加し、部屋の使用可能面積をある程度増やします。後に人気のある建築要素となった出窓の出現の理由は、過去の建築家の無限の想像力ではなく、城壁への可視性とアクセスを提供する必要性など、純粋に実用的な考慮事項です。展望台の機能を果たしたベイウィンドウが大きなウィンドウを獲得した後、それらは実用的であるだけでなく装飾的な機能も果たします。今日、出窓は家のデザイン装飾であるだけでなく、内部空間の非標準的な計画ソリューションでもあります。出窓構造のパノラマグレージングを好む場合は、無地のグレージングがスムーズな移行の作成に貢献し、部屋の室内装飾と窓の外の風景を視覚的に組み合わせていることがわかります。半円形または多面的な形状を特徴とする出窓のデザインは、特別な窓を装備する必要があることを意味しますが、フレームは主に伝統的であり、それらの間の留め具は特殊です。出窓のオリジナルのスタイルと独創性を強調するには、出窓構造のテキスタイルデザインを正しく選択する必要があります。これは、出窓のコーニックなしでは実装できません。.

出窓:簡単な説明

出窓は、棚やランタンを意味するドイツ語の「erker」に由来し、ファサードの共通平面を超えて突き出ている建物の一部を表しています。この構造要素の指定された特性は、部屋の使用可能な領域の視覚的な増加に貢献し、部屋の照明を大幅に増加させます。出窓のデザインはさまざまな形状が特徴で、円形、長方形、または多面的です。出窓の構造、階数を分類できることを考慮した別の兆候。それに応じて、古典的な平屋建てのものを区別することができますが、建築の現代的な発展は、この分野の初心者でさえ多層出窓で驚くことができないレベルにあります。.

出窓コーニス:主な利点

非標準の形状が特徴の部屋に窓の開口部を設計する場合は、特別な出窓のコーニスに注意を払う必要があります。出窓のデザインの人気は飛躍的に高まっており、数年前にそのような建設的な窓の解決策がまれであり、シックなカントリーハウスやコテージでしか見られなかった場合、今日、この要素は複数のアパートの高層ビルで一般的です。ロッジアやバルコニーだけでなく、今では珍しくないウィンターガーデンも飾っています。これを考慮すると、この場合のコーニスは装飾的であるだけでなく、機能的要素でもあることに注意する必要があります。出窓のデザインには多くの種類があり、それぞれが独自の特性を備えており、多くの長所と短所があります。最適なシステムを選択するには、それぞれの機能に精通する必要があります。しかし、最初に、一般的な出窓カーテンロッドの利点を見てみましょう。.

出窓カーテンロッドの利点:

  • 出窓のコーニスを優先することで、標準外の形状で部屋を調和的に飾ることができます。カーテンロッドの柔軟な設計のおかげで、ジグザグや波状の形状など、さまざまな複雑さのシステムを整理できます。
  • ベイウィンドウコーニスの特性のおかげで、部屋の内部領域をより効率的に使用する機会が得られ、視覚的な増加に貢献します。
  • 出窓のコーニスを使用すると、完全な内部領域と元のアンサンブルを作成できます。
  • 出窓のコーニスを使用すると、部屋の照明を大幅に増やすことができます。
  • 部屋の「長方形」の視覚的感覚を取り除くことができ、最も大胆なデザインのファンタジーを具現化することができます.

重要! 出窓のコーニスを選択するときは、出窓のコーニスを飾るために使用される装飾的な要素を覚えておいてください。ほとんどの場合、チップはそのような要素として使用され、色付きまたは半透明のプラスチック、木、または金属で作ることができます。元の解決策は、光を屈折させる能力を持つ大きな結晶であり、部屋を異常な輝きで満たします。.

出窓コーニスの種類とその特徴

ストリングコーニス-出窓を風通しの良いテキスタイルで飾ります

  • このタイプのコーニスは、ブラケットの間に張られた金属ケーブルです。各カーテンロッドストリングは5〜6 mの長さに達することができますが、「ストリング」は数列に伸ばすことができるため、多層カーテンを整理することができます。
  • 出窓のコーニスは最も予算の多いオプションと考えられており、正しく使用すれば、出窓の構造を効果的に設計しながら、かなりの金額を節約できます。
  • このようなカーテンロッドは、巨大な構造物や重い布地用に設計されていないことを覚えておくことが重要です。このオプションは、小さな面積、したがって重量のある軽い布地またはカーテンを使用して設計を実行する予定の出窓に最適です。
  • ストリングコーニスは、スペースの最大の荷降ろしに貢献します。ストリングコーニスのデザイン上の特徴により、それを固定し、カーテンやアクセサリーでマッサージするために最小限のスペースが必要です-最小限の労力。このタイプのコーニスのもう1つの特徴は、ストリングの柔軟な構造です。これにより、複雑な構成で壁を装飾したり、出窓の棚の周囲にカーテンを掛けたりすることができます。
  • ストリングコーニスの主な利点は、輸送と設置が簡単なことです。そのおかげで、経験の浅いマスターでもこれに対処できます。.

丸いコーニス-広々とした部屋に最適

  • 装飾が必要な出窓に奇数個の窓が含まれている場合、最も古典的な解決策は丸いコーニスを使用することです。このタイプの構造は、広々とした部屋で最も有利に見え、いくつかの特定の機能と利点があります。
  • 丸いコーニスのベースはパイプまたはロッドで、プラスチック、金属、または木で作ることができます。システムの中空構造は、カーテンロッドの必要な軽さを提供します。コーニスは個々の要素で構成されており、カップリングによって相互接続されているため、コーニスは必要なコーニス構成を取得します。丸いコーニスを好む職人は、カーテンの動きが留め具によって制限されている領域でのみ可能であることを知っておく必要があります。

重要! ただし、この問題は完全に解決可能です。コーニスに沿ってカーテンを動かすと、従来の留め具を、複雑な構成でコーニスのセクションに沿って簡単にスライドできるオープンリングホルダーに置き換えると、ブラケットホルダーの形で障害を克服できます。.

  • 丸い出窓のカーテンロッドを選択した場合は、カーテンレールマウントの豊富な品揃えに満足するでしょう。モデルは円形の断面を特徴としているため、さまざまなオプションを使用できます。たとえば、さまざまな構成が特徴の指輪や洗濯ばさみを留め具として使用できます。カーテンロッドの丸い部分は、アイレットにカーテンを掛けることもできます。

  • 丸い出窓のコーニスを選んだので、丸い出窓のコーニスには、実用的であるだけでなく、オリジナルのインテリアディテールとして機能する装飾的な機能も果たす拘束が必要であることを知っておく必要があります。たとえば、部屋の内部に必要な文体のアクセントを追加する彫刻または手鍛造の拘束を使用できます。
  • 丸い出窓のカーテンロッドは壁と天井の両方に取り付けることができますが、最も一般的なのは壁取り付けオプションです。これは、このように固定されたコーニスが変装することは非常にまれであり、逆に、対照的に装飾され、気まぐれに装飾されているため、部屋の主なスタイルのアクセントになり、内部または出窓に新しい外観.

出窓の写真のためのコーニス

プロファイルコーニス-典型的なアパートの簡潔さ

  • 最も簡潔であると同時に、出窓を装飾するための最も要求されるオプションの1つは、出窓プロファイルコーニスです。ほとんどの場合、それらは小さなスペースで使用されます。たとえば、出窓が小さい寸法で特徴付けられる古い住宅ストックの典型的なアパートで使用されます。.
  • 出窓用のプロファイルコーニスを組み立てるには、単純な真っ直ぐなコーニスの部品を使用します。その切断は、注意深く測定した後にのみ実行されます。部品の測定と切断が行われた後、部品が組み立てられ、ランナーホルダーの動きと自由な動きを妨げない適切な留め具が選択されます。
  • ほとんどの場合、アルミニウムまたはプラスチックがカーテン用のプロファイル出窓コーニスの製造材料として使用されますが、最初のオプションは、その強度の向上と重いカーテンに耐える能力の観点から、最も人気があると考えられています。このオプションを優先することにより、ランブレキンを使用して出窓を設計する追加の機会が得られます。

  • 出窓のコーニスは、ひも状のものと同様に、1列、2列、および3列にすることができます。これは、出窓を装飾するために使用される繊維組成の複雑さに依存します。たとえば、出窓をカーテンとライトチュールで飾る場合は、2列のプロファイルコーニスを使用する必要があります。出窓をカーテンアーチでランブレキンで飾るには、2列のコーニスも必要です。同様に、単列のコーニスは装飾的な緑豊かなカーテンに適しています。
  • 出窓タイプのプロファイルコーニスの天井と壁の取り付けオプションを区別します。最も好ましい方法の選択は、コーニスにかかる負荷と使用される繊維組成物のタイプによって決定されます。さらに、取り付け方法を選択するときは、天井の高さと種類、および装飾されている部屋の個々の特性を考慮する必要があります。

  • このようなシステムの利点には、その風通しの良さと小型さ、低コスト、織物の下での効果的なカモフラージュの可能性などがあります。.

柔軟なコーニス-モダンなデザインソリューション

  • 出窓タイプの柔軟なコーニスは、モダンなデザインの革新の1つであり、マスターの創造性に無限の可能性を開き、最も大胆なファンタジーを実現することができます。それらの特異性のために、それらは以下の特徴によって特徴付けられます:
  • このような構造の製造には、柔軟なアルミニウムまたはプラスチックのプロファイルが使用されます。そのおかげで、コーニスはほぼすべての形状をとることができます。このような機能の存在により、リングに巻かれた柔軟なカーテンロッドを販売することができ、オブジェクトへの配送が大幅に容易になります。
  • この機能により、柔軟なコーニスは、テキスタイル組成物を使用して一体空間からマスクまたは分離する必要がある深いニッチを装飾するための最も一般的なオプションです。
  • フレキシブルコーニスは天井と天井の両方に取り付けることができますが、フレキシブルコーニスを固定する最も好ましいタイプが検討されています。柔軟なコーニスを使用する過程で、ジグザグ、波状、さらにはらせん状など、あらゆる形状をとることができると確信できます。これは、柔軟なコーニスに与えることができる形状と輪郭の完全なリストではありません。
  • フレキシブルカーテンロッドを固定するために、特定の距離に取り付けられた特別なブラケットが使用され、最終結果の品質を直接決定します。ブラケットの取り付け手順は少なくとも50センチメートルであると一般に認められていますが、重いカーテンを使用して出窓を装飾する場合、この点で、柔軟な出窓のコーニスに補強が必要な場合は、取り付ける権利があります。小さなステップのブラケット。
  • 柔軟なカーテンロッドのミニマルなデザインのおかげで、出窓のテキスタイルデザインにすべての注意が向けられています。フレキシブルカーテンロッドの民主的な価格は、フレキシブルカーテンロッドのもう1つの利点であり、専門店だけでなくインターネットでも注文できるこのような構造物の購入の決定要因となることがよくあります。.
  • さまざまな装飾オプションは、柔軟な出窓カーテンロッドの唯一の利点ではありません。このシステムには多くの機能上の利点があります。これを以下に示します。.

柔軟なカーテンロッドの利点:

  • 確実な固定とガイドラインに沿ったカーテンの簡単な移動を保証し、パネルの取り外しと吊り下げを容易にします。
  • ほこりや汚れを蓄積するかさばるコーニスとは異なり、柔軟な出窓は複雑なメンテナンスを必要としません。
  • 柔軟なコーニスは、特にシステムの天井取り付けオプションを好む場合、最小限の空きスペースを占有します。
  • 設置方法の単純さは、柔軟な設計のもう1つの利点です。
  • 柔軟な出窓を使用すると、カーテンだけでなく、追加の装飾要素(ブラシ、糸、ペンダント)で出窓を飾ることができます。
  • 構造物を設置した後でも、いつでも構造物を増減できます。
  • プラスチック製の柔軟なカーテンロッドは、高い強度と弾力性が特徴です。ポリマーストリップの完全性を損なうことなく95度までの曲げに耐えることができるという事実により、最も大胆な設計上の決定を実現することができます。
  • フレキシブルカーテンロッドの製造に使用されるプラスチックは、環境安全性が特徴であるため、子供部屋の装飾に使用できます。
  • プラスチック製のカーテンロッドは湿度の高い部屋でも使用でき、バスルームにカーテンを取り付ける独自のシステムを設置するための基礎となる可能性があります.

フレキシブルカーテンロッドのデメリット:

システムを解体する場合、特に天井取り付けオプションを希望する場合は、局所的な化粧品の修理が必要です。.

出窓用のコーナーコーニス-現代のデザイナーのノウハウ

一体型のスタイルコンセプトに違反することなく部屋のインテリアに熱意を加えることを計画している場合は、ジグザグまたは丸みを帯びた梁であり、ファブリックを固定するためのリングを備えた出窓のコーナーコーニスが理想的なソリューションになります。.

出窓用のコーナーカーテンロッドの利点:

  • 多様性. コーナーコーニスは、コテージとカントリーハウスの両方、および市内にあるアパートを飾るために使用できます。このタイプのコーニスは、実用的であるだけでなく、装飾的な機能も果たしており、インテリアの印象的な要素です。
  • 独自性. 出窓のコーナーコーニスは、モダンなスタイル、独占性、型破りなデザインの真の具現化です。
  • 信頼性と耐久性. アルミプロファイルの軒は窓の開口部にしっかりと固定され、信頼性と耐久性が特徴です.

柔軟なコーニスのデザイン機能:ベース、ディテール、装飾

柔軟なコーニスシステムの標準セットは、次の要素を意味します。

  • 耐久性のあるポリマープロファイルで作られた柔軟なコーニス。
  • テキスタイルファブリックを吊るすために設計された多機能ランナー。
  • それらを固定するためのスライダープラグ。
  • ホルダー;
  • モデルが汎用性を備えている場合は、延長コードがシステムに標準で含まれている場合があります.

システムに含まれるランナーは、2種類のフックが存在することを特徴としています。

  • ボトムフック, オーガンザカーテンやローコームが特徴のモデルを取り付けるために設計されています。このように固定されたカーテンは、重量の垂直方向のバランスにより簡単に混合できますが、柔軟なコーニスが豊富な曲線は、生地の均一な動きを妨げません。これらのコーニスは、出窓を含むさまざまな建築棚に最適です。
  • アッパーフック, ハイコームとランブレキンが特徴のパネルを保持するように設計されています。指定されたタイプのファブリック留め具は、プラスチックまたはアルミニウムのプロファイルを完全に隠します.

重要! システムに含まれているホルダーは、コーニスを壁だけでなく天井にもねじ込むことができるように設計されています。ランナーの動きを妨げるものがなく、カーテンが窓の周囲を自由に動き回れるように配置されています。特殊な可動要素が存在するため、ストリッププロファイルの固定は必要な位置で問題なく実行されます.

柔軟な出窓コーニスをインストールする方法?

フレキシブル出窓カーテンロッドの取り付けプロセスは難しくなく、専門的なスキルを必要としないため、独立して実行できます。インストール中に、プロファイルを必要な長さの部分にカットし、追加のプラグで固定することができます.

柔軟な出窓カーテンロッドの取り付けは、いくつかの段階で実行されます。

  • 軒のアタッチメントのタイプに応じて、プロファイルの軌道を決定するマーキングが天井または壁に作成されます。留め具の種類を選択するときは、部屋の特性を考慮することをお勧めします。たとえば、装飾する部屋の高さが低い場合は、天井の留め具の種類を優先することで視覚的に高くすることができます。コーニス;
  • さらに、ホルダー用に少なくとも40cmのステップで壁に穴を開ける必要があります。
  • 次に、ローラーランナーを柔軟なコーニスに置き、コーニスを固定した後、ホルダーを固定します。
  • プロファイルをスナップインした後、余分なポリマーテープを切り取り、プラグを取り付けます。
  • そして最後に、フックがテキスタイルファブリックに取り付けられ、その後、コーニスに掛けられます。.

重要! 出窓や、壁のくぼみやパイプの近くの突起など、その他の「問題のある」領域を装飾する場合、専門家は滑らかな線または破線の構造を作成することをお勧めします。これにより、美的でない領域を偽装し、オリジナルのインテリアソリューションで部屋を補完することができます。.

したがって、カーテンやカーテン用の柔軟なベイウィンドウカーテンロッドは、初心者だけでなくプロのデザイナーにとっても手頃な価格で人間工学に基づいたものです。このようなシステムを使用すると、通常のインテリアを簡単に復活させ、斬新さとオリジナリティを加えることができます。システムのユニークなデザインのおかげで、部屋を飾る過程で、さまざまなカーテンのオプションを含む、利用可能なすべてのファッショントレンドを使用できます。柔軟な出窓コーニスで補完されたカーテンは、装飾的なだけでなく、実用的な機能も最高レベルで実行します。.