出窓用カーテン:機能、写真のアイデア

現代の建築とデザインの可能性により、家やコテージに出窓を装備することができ、空間の視覚的な拡大に貢献しています。ドイツ語から翻訳された出窓は、 "懐中電灯" また "壁の棚", 半円形または多面的な形状の建物ファサードの突き出た部分を表します。最も目立つ魅力的な特徴である出窓は、どんな空間にも調和と静かな優雅さを与えます。出窓のおかげで、最も普通で鈍いインテリアでさえも変容し、快適さと静けさの魅力的なコーナーに変わります。これは、出窓が普通の窓ではなく、家の外だけでなく中も飾る独特の建築要素であるという事実によるものです。この点で、統合されたアプローチを必要とする出窓の設計を進める前に、このイベントの基本的なニュアンスを理解する必要があります。これを遵守することで、部屋のこの要素を正しく設計できるだけでなく、可能な限り居心地が良く、快適で機能的なものにするためです。出窓を飾る最も手頃な方法の1つは、出窓用のカーテンです。これは、設計開発のこの段階では、消費者の間で特に人気があります。.

出窓とは:デザインの特徴

ファサードの突き出た部分には、装飾的であるだけでなく機能的な光透過構造である出窓があります。建築の外観がガラス張りの出窓の存在を前提としている建物は、出窓がないことを特徴とするデザインの建物と比べて遜色がありません。出窓は市域内にある建物の特権ですが、新しい建物だけでなく、古い住宅ストックの建物にも見られます。しかし、専門家によると、出窓はカントリータイプの家に最も有益な追加であり、それは時々彼らの間で自分自身を区別する唯一の機会です "灰色の塊" 伝統的な建物。定義上、出窓は建物のファサードの突き出た部分であるという事実にもかかわらず、すべての窓を出窓と呼ぶことができるわけではありません。窓へ "ステータスを取得しました" 出窓、その設計は、特別な留め具(出窓パイプ)によって相互接続された2つ以上の窓を意味する必要があります。出窓は窓ガラスが広いため、光の透過率が高く、自然光で部屋を満たし、この家に住む人の幸福に影響を与えるしかないのが特徴です。.

小さな面積のアパートに関連する出窓の別の利点は、ガラス張りのスペースの面積の視覚的な拡大であり、これは最も適切なスタイルのソリューションを選択するプロセスの決定要因になる可能性があります.

出窓:このジャンルの古典またはモダンなデザインの革新?

出窓の新しい人気は3千年紀に関連しているという事実にもかかわらず、出窓の歴史は100年以上前にさかのぼります。ドイツの歴史的な一角には、出窓が特徴的な建物が今も残っています。このオプションは、特に住宅プロジェクトがロッジアに隣接する部屋の存在を伴う場合に、定期的に波打つ人気を繰り返すことを特徴としています。出窓プロジェクトは、デザイナーがオリジナルのものを作成する際に使用する基本的な手法の1つです。これは、いくつかの窓がある凸幾何学的構造が高貴な外観を特徴としているという事実によるものです。そのおかげで、適切なデザインが提供されれば、リビングルームは宮殿の私室のようになります。出窓のデザインは、さまざまな形状とソリューションによって区別されます。

  • 多面体の形の出窓構造。
  • 台形出窓;
  • 三角;
  • 長方形;
  • 半円形の構造.

出窓の利点:

  • 広いグレージングエリアによる部屋の照明の増加。
  • 窓辺の広いエリア。従来の窓を配置する場合よりも数倍高くなります。この利点は、屋内植物の栽培に従事している人やウィンターガーデンの設置を計画している人に特に当てはまります。
  • 敷地内の居住エリアの視覚的な拡大;
  • そして、間違いなく、壮観な外観.

出窓の上記の利点に基づいて、これらの構造の主な用途を検討することができます。それは非常に広く、次の領域が含まれています。

  • 居間の配置;
  • キッチンまたはダイニングルーム。
  • ビリヤードルームまたは暖炉の部屋で使用します。
  • ウィンターガーデンの設計プロジェクトを開発する過程で使用します。
  • 10代または子供部屋の要素の1つとして.

出窓構造の目的:主な方向

出窓を装飾するプロセスで使用される基本的な設計手法を検討する前に、出窓構造の機能的な目的を特定する必要があります。出窓構造の機能は次のとおりです。

  • 対応する突出した形を特徴とする出窓構造の存在は、形成された棚にレクリエーションエリアを整理することを可能にします。これは、本を読んだりテレビを見たりしながらリラックスしたい人にとって最も成功した選択です。設定として、この場合、ソファ、アームチェア2脚、コーヒーテーブルを使用するだけで十分です。
  • 現代のデザイナーは、ダイニングエリアを配置するのに最適なスペースとして出窓を使用することを提案しています。これは、広々としたキッチンが自慢できない場合や、リビングルームと組み合わせる場合に最も重要です。このスペースを機能的に装備するには、ダイニングテーブル、椅子、および必要なすべての台所用品を購入する必要があります。
  • 居間に出窓があることは、特にその配置のために別の部屋を割り当てる機会がない場合に、研究のために空きスペースを再装備するための優れた理由です。

出窓の装飾:全体的なデザインソリューションの作成

ほとんどの場合、出窓は、居間、食堂、または保育園を配置するための空きスペースとして使用されるだけでなく、ホームシアターが後で配置されるエリアとしても使用されます。これは、最も単純であると同時に、 、それを飾る機能的な方法は、出窓にカーテンを使用することです。出窓は大きなグレージングエリアが特徴であるため、出窓には多くの要件が課せられます。主な要件は、彼らが多くの組織消費を必要とすることです.

自分の手で出窓用のカーテンを購入または作成する前に、特定の部屋にどのカーテンを配置するかを決定します。その後、次のような追加のアクションプランを選択できます。

  • カーテンの自己調整;
  • 専門家のアドバイスを利用して、アトリエまたは個人で出窓カーテンを注文できます。
  • マスターと相談した後、あなたは彼にあなたが選んだスケッチに従って出窓カーテンを作るように申し出ることができます。.

出窓の写真のカーテン

重要! 出窓を装飾するための様式的な解決策の選択は、部屋の全体的な様式的な概念との調和のとれた組み合わせの原則に基づくべきであり、機能性の原則にも準拠する必要があります。これは、カーテンがインテリアを有利に補完し、それを平らにし、不調和をもたらすという独特の能力によるものです。

多くの場合、出窓を装飾するというアイデアは、チュールやカーテンファブリック自体によって提案されますが、著名なデザイナーの仕事ほど良いインスピレーションになるものはありません。カーテンが穏やかに流れることを可能にする丸い天井のコーニスを使用して、マスターは独自の方法で出窓を飾るユニークな機会を得ます。伝統的な長方形の周囲の部屋も、オリジナルの方法で装飾することができます。.

出窓カーテンの種類:簡単な説明

出窓構造で部屋を飾る主な文体の概念の選択を決定した後、1つまたは別のタイプの出窓カーテンを優先する必要があります。出窓構造のカーテンには、次のオプションがあります。

ローマンカーテン – 普遍的に使用され、持ち上げられた状態で形成され、収縮した状態で調和のとれた拘束が行われる柔らかい折り目の存在を特徴とする繊維構造。ローマンブラインドを使用すると、任意の位置に固定する機会が得られます。したがって、このモデルは、クラシックまたはモダンなスタイルで装飾された出窓を装飾するための最も人気のあるオプションの1つです。エスニックスタイルのリラクゼーションルームの出窓もローマンシェードで飾ることができます。それらの製造には、高密度の生地(メインのナイトカーテンを縫うため)と、無重力の昼間のカーテンを縫うための軽い生地の両方を使用できます。

フランスのカーテン, 元の窓の構造に焦点を合わせる能力を考慮して、原則として、経験豊富な設計者が内部のいずれかの部分に注意を引くために使用します。フレンチカーテンの特徴は、襞やホタテが目立つことで、明るい光に満ちた広々としたお部屋に重宝します。しかし、小さな部屋でそれらを使用することは禁じられていませんが、この場合、より明るい色合いのテキスタイルを選択する必要があります。

オーストリアのカーテン, 重いひだの存在が特徴的な特徴は、環境の豪華さと豊かさを強調するように設計されており、特に州の部屋に関連します。さらに、何らかの理由で開く予定のない窓が部屋にある場合、経験豊富な職人がオーストリアのカーテンでそれらを飾ることをお勧めします。

日本のカーテン, 部屋への光束の浸透を妨げない能力があるため、最小限の空きスペースを占有しながら、機能的で実用的な部屋の設計を選択することをお勧めします.

軽いチュールで補完されたカーテン – 出窓の伝統的なデザインオプション、特に出窓がかなり広々とした部屋を補完する場合。出窓のアクセントになっているカーテンは、豪華さと優雅さを加えています。.

居間の写真のための出窓のカーテン

重要! ほとんどの場合、出窓を飾るためにカーテンと半透明のチュールを使用するのが通例です。また、カーテンは最大2〜3列に配置する必要があります。クラシックなスタイルで装飾されたインテリアは、たくさんのひだや装飾的な飾り布、そして装飾的なグラブの存在が特徴です。この点で、出窓のデザインをすべてのルールに従って行うには、大量のファブリックが必要になります。.

重要! 出窓カーテンの設計ソリューションは、部屋の目的とインテリアの一般的なスタイルソリューションによって直接決定されます。出窓構造の形状に重要な重要性を与える必要があります。出窓構造は、円形、長方形、さらには三角形のいずれかになります。丸みを帯びた出窓の装飾デザインで、デザイナーが1つのキャンバスでカーテンを縫うことを推奨する場合、2つまたは3つの窓で出窓構造を設計するプロセスでは、それぞれを個別のキャンバスで装飾するか、1つのキャンバスを使用する必要があります。カーテン、注文に応じてステッチ.

部屋の目的に応じた出窓の装飾:基本的なルール

出窓の構造をカーテンで飾るアイデアを検討する過程で、多くの要素を考慮する必要があります。その主なものは部屋の機能的な目的です。.

  • キッチンの出窓のデザイン. 専門家によると、出窓が作業エリアの場所のスペースとして使用される場合、カーテンの建設的な解決策の選択は明確です。この場合、最適なのはローラーブラインドであり、その長さは窓枠。厨房での調理過程で大量の蒸気、水分、脂肪滴が発生するため、ローラーブラインドの製造には撥水性のある素材を選択する必要があります。キッチンベイの窓は、天井から床まで壁を覆わないアーチの形のカーテンで飾ることができます。

重要! パステルカラーで装飾されたキッチンの軽さと開放感を強調するために、白いローラーブラインドを使用することができます。装飾として天然素材で作られたローラーブラインドを選択すると、エコスタイルのキッチンの全体的なスタイルの概念を強調します.

  • 出窓キャビネット, そのデザインは部屋の一般的な目的によって決定され、最初は出窓のカーテンの素材とデザインに一定の要件を課します。まず第一に、それはそれが作業領域への外部の刺激物の侵入を防ぐことを可能にするであろう密度が高くなければなりません。これを考慮すると、出窓のオフィ​​スを飾るには、窓をしっかりと閉めると同時に簡単に開けて、光と空気を部屋に自由に入れる、簡潔な布製ブラインドまたはローラーブラインドを使用できます。ただし、クラシックなスタイルで装飾する予定の広々としたオフィスの所有者である場合は、この場合、ランブレキン付きの多層カーテンが最も適しています。モダンなスタイル(ハイテク、ミニマリズム)で装飾されたキャビネットでは状況が異なります。この場合の出窓は、窓の半分以下を占める、ほとんど象徴的なカーテンで飾ることができます。

  • 居間の出窓 – あなたが創造的な性質の想像力の飛行を制限しないことを可能にする場所。モダンなデザイン手法の1つは、重いタペストリーカーテン、または軽いカーテンスレッドを使用したゾーン間の境界の目立たないマーキングによって、リビングルームの出窓をコモンルームから分離することです。出窓がリビングルームの一部である場合、専門家は装飾に豪華なオーストリアのカーテンを使用することをお勧めします。その特徴は、装飾されている部屋の豪華さと素晴らしさに焦点を当てた、重い折り目の存在です。ほとんどの場合、後で開く予定のないウィンドウを装飾するために使用されます。これは、窓の外に同じタイプの建物のある鈍いエリア、非常に混雑した通り、または窓に近すぎる高層ビルの灰色のコンクリート壁がある場合に関係します。

  • 居間の小さな出窓を飾るなら、オリジナルのフレンチカーテンを使うことができます。絵のように美しい折り目とホタテ貝が、軽さと安らぎに満ちた部屋と調和しています。家具でいっぱいにならない広々としたリビングルームは、もともとクラシックなカーテンと透明なカーテンを組み合わせて装飾することができ、インテリアに高級感と優雅さを加えます。それどころか、居間が家具でいっぱいになり、詳細がたくさんある場合は、対照的に、カーテンはより抑制され、簡潔である必要があります。
  • 寝室の出窓 確立されたルールに従って装飾する必要があります-夕方には、過度の光の透過から部屋を保護し、部屋に居心地の良い雰囲気を作り出す必要があります。そのため、シルクやサテンなどの重くて不透明な素材がよく使用されますそれらの製造。寝室の出窓を飾るのに理想的な選択肢は、ローマのカーテンまたはフランスのスカラップのデザインです。これらの選択は、寝室をスタイルで飾るときに最も関連性があります。 "レディースの軽薄な私室". 寝室のもう1つの人気のあるオプションは、多層カーテンです。

  • 出窓-ウィンターガーデン – カーテンの設計と製造のための材料に関する多くの要件がある別の部屋。この場合の理想的なオプションはローマンブラインドであり、その設計上の特徴は壊れやすい屋内の緑を損なうことはありません。.

重要! 出窓でウィンターガーデンを飾る過程で、デザイナーのお気に入りのルールが適用されます:小さな窓にはローマンブラインドが使用され、大きな窓にはまっすぐなカーテンが使用され、その長さは出窓の高さと同じです.

出窓コーニスの選択は、正しい設計の基礎です

コーニスの正しい選択が窓の正しいデザインの基礎であることは周知の事実です。出窓のコーニスは、いくつかの要件を満たす必要があります。

  • 庇の形状は、出窓が取り付けられた壁の線に沿って天井まで続く必要があります。
  • コーニスには、大量のカーテン生地を2層または3層で保持する信頼性の高い固定システムを装備する必要があります。
  • コーニスは、カーテンマスの重量による変形の変化を受けない信頼性の高い構造を特徴とする必要があります。
  • フックとピンチがないことを特徴とする必要があります。フックとピンチは互いにくっつき、バゲットラインに沿って両方向にカーテン生地が自由に動くのを防ぎます。
  • カーテンの端を固定する先端は、両側でしっかりと固定する必要があります。
  • コーニスのスタイルデザインは、部屋の一般的なインテリアコンセプトに対応している必要があります.

重要! 天井のコーニスが最も有利に見えるという事実にもかかわらず、それを修正するために専門家のサービスを使用することがしばしば必要であるため、それらの使用は幾分制限されています。.

現代の市場では、さまざまな長さと形状が特徴ですが、調整が必要な、さまざまな特殊な出窓カーテンロッドが提供されています。.

  • 丸いコーニス – アイレットのカーテンで出窓を飾る場合に最も好ましいオプション。
  • 室内装飾モールディングnランブレキン付きの多層カーテンで出窓を飾る場合は、選択する必要があります。
  • コーニス-文字列 出窓は曲げることができないため、出窓の装飾にはお勧めしません。
  • プラスチック管状コーニス – 使用するための別の望ましくないオプション。時間の経過とともに、カーテンファブリックの重量が大きいため、中央部分でたるみますが、特殊な装置を使用して注文に応じて曲げることができます。
  • 金属管状コーニス – それは最も曲がりやすいので、良いオプションです。これにより、最も好ましい曲率を与えることができます。.

重要! 湾曲したコーニスの必要な曲率を正確に決定するには、コーニスの極値までの距離に対応する線をマークする必要がある図面を準備します。この線の中央部分から、出窓の中央までの距離をマークします。絵を描くには、コンパスを使用する必要があります.

出窓コーニスの装飾特性を高めるために、その照明を提供する必要があります。そのため、軒先に沿って配置された白色LEDストリップを使用することをお勧めします。これは、落下するカーテンを上から照らし、天井タイルのパターンを強調します。この場合、出窓のコーニスのLED照明を使用する前に、天井のエラーがないことを確認する必要があります.