サンドイッチパネルからの斜面の設置

斜面を仕上げる手順は、ウィンドウの機能の品質が直接依存するかなり重要なプロセスです。サンドイッチパネルは、斜面を仕上げるためのかなり人気のある材料になりつつあります。これは、まず第一に、それらの軽量、気取らないメンテナンス、および家庭の負荷に対する耐性によるものです。サンドイッチパネルから独立して斜面を設置する方法をさらに検討します。.

目次:

サンドイッチパネルの材料特性と特徴

サンドイッチパネルは、3層からなる仕上げ建材です。サンドイッチパネルの上層と下層はプラスチック、木材、金属などの剛性のあるベースの形をしており、内層は断熱材です.

サンドイッチパネルのすべてのコンポーネントをしっかりと接着するために、コールドプレスとホットプレスの2つの方法が使用されます。サンドイッチパネルには、壁と屋根の2つのオプションがあります。.

サンドイッチパネルの使用範囲は、ほとんどの場合、プレハブの建物の建設に関連しています。.

サンドイッチパネルは、主要なコンポーネントとシート間に配置される断熱材の種類が異なります.

ほとんどの場合、ミネラルウールはサンドイッチパネルの製造用のヒーターとして使用されます。その製造には、溶融玄武岩繊維とその組み合わせが使用されます。このようなパネルは、高い断熱性と遮音性が特徴であるため、斜面の建設に最適です。さらに、カビ、カビ、湿気、攻撃的な物質、温度変動などに耐性があります。.

ポリウレタンフォームパネルも、次のような優れた特性を備えているため、かなり一般的なオプションです。

  • 昆虫、真菌、カビに対する耐性;
  • 不燃性;
  • 火災安全;
  • 水力、断熱、遮音.

発泡スチロールのサンドイッチパネルは、遮音性と断熱性が低いため、斜面の建設には実際には使用されていません。さらに、この材料は、以前のタイプの断熱材よりも耐湿性が低くなっています。.

最後のオプションはグラスファイバーサンドイッチパネルです。このタイプの断熱材は、卓越した吸音特性を備えています。欠点の中には、高温前の不安定性と構造全体の重量の重さにも注目しています。.

サンドイッチパネルの外側にある材料の種類に関連して、それらは次のとおりです。

1.亜鉛メッキ鋼製-材料は操作と設置が簡単で、斜面の製造には適していません.

2.アルジンク製のサンドイッチパネルも、主に斜面が見栄えのする外観を失うという事実のために、窓に設置することはお勧めしません.

3.サンドイッチパネルの製造に乾式壁を使用することは、斜面の設置に非常に適しています。この素材は扱いやすく、仕上げも簡単です。そのような斜面は非常に調和しているように見えます。.

4.プラスチゾルコーティングは、材料の強度特性と悪条件に対する耐性を向上させる特殊な添加剤を含んでいるため、非常に耐久性もあります。この材料は、機械的ストレスに対する耐性が高いと同時に、有害な添加物を含まないため、屋内と屋外の両方での使用をお勧めします。.

5.斜面の配置には、ポリ塩化ビニルまたはポリプロピレン製のプラスチックシートを使用することをお勧めします。.

テクスチャと色に関連して、さまざまなサンドイッチパネルがあります。.

さらに、この材料には次の利点があります。

  • 仕事のシンプルさ;
  • 軽量化;
  • 高レベルの吸音;
  • 優れた断熱性;
  • 湿気への耐性、したがって-真菌とカビ;
  • 追加の仕上げは必要ありません。
  • 火災安全;
  • 幅広い使用範囲;
  • 環境安全;
  • 希望するモデル、色、形状、構成の幅広い選択.

しかし同時に、サンドイッチパネルには次の欠点があります。

  • 巨大な負荷の前での不安定性;
  • 引っかき傷の前の不安定性.

サンドイッチパネルの傾斜:利点と特性

プラスチック製のサンドイッチパネルの最も重要な利点は、湿気に対する100%の耐性であるため、表面にカビやカビが発生することは許容できません。斜面の部分は、窓の外の冷たい空気と室内の暖かい空気のために不安定な温度が存在することを特徴としているため、湿気の形で結露が斜面に存在することがよくあります。プラスチックサンドイッチパネルの使用は、斜面が結露に抵抗することを可能にします。ただし、プラスチックサンドイッチパネルは通常の空気で満たされているため、内部に断熱材がないため、断熱性と遮音性が大幅に低下します。.

プラスチック製のサンドイッチパネルと乾式壁を比較すると、もちろん後者のオプションでは耐湿性と重量の両方が低下します。サンドイッチパネルは、乾式壁よりも斜面として設置する方がはるかに簡単です。さらに、サンドイッチパネルを設置した後は、破片や汚れがほとんどありません。.

白いサンドイッチパネルを使用すると、窓が視覚的に大きく魅力的になります。この素材の手入れが簡単なため、少し湿らせた布で斜面を簡単に拭くことができます。.

さらに、サンドイッチパネルを操作するために、特別なツールは必要ありません。すべての作業は迅速かつ簡単に行われます。家庭の汚れを落とすには、石鹸水や洗剤で斜面を洗うだけで十分です。.

斜面用のサンドイッチパネルの価格は、そのすべての肯定的な特性を考えると、かなり受け入れられます。.

古典的なプラスチックの斜面をサンドイッチパネルと比較すると、最初のオプションは湿気に対してより耐性があり、2番目のオプションはより優れた断熱特性を備えています。断熱材は、プラスチックパネル間のスペースを埋める押出ポリスチレンによって提供されます.

金属プラスチック窓の傾斜を配置するためのサンドイッチパネルの使用は、その動作特性を大幅に向上させ、窓の持続時間にプラスの効果をもたらします.

パネルの構造は、以下の存在を意味します。

  • JおよびC字型のプロファイル。
  • 木製のスラットをガイドします。
  • 断熱材の形のポリスチレン;
  • トップ装飾パネル.

Cプロファイルの主な機能は、パネルを斜面の内側に固定することです。したがって、部屋の隅は、サンドイッチパネルの設置後に追加の修理や仕上げをする必要はありません。.

レールは、プラスチック製のパネルが配置されている別のプロファイルに接続されています。断熱材の主な機能は、斜面の主要部分とプラスチックパネルの間の空洞の隙間を埋めることです。したがって、冷気の流れが断熱材に入り、障害物に遭遇し、部屋に浸透しません。.

パネルの洗浄には、研磨剤を含まない製品が適しています。また、法面用サンドイッチパネルは紫外線に強く、運転中に変色せず、加熱時に有害物質を放出しません。.

サンドイッチパネルからの斜面の設置:材料の構造の特徴

サンドイッチパネルスロープの設計上の特徴を考えると、プラスチックスロープと多くの共通点があります。これらおよびその他の斜面の主な構成要素は、次の構成要素です。

1. P形式のプロファイル-開始と呼ばれ、斜面の設置に関するすべての作業は、このタイプのプロファイルから始まります。それは窓の水平および垂直に取り付けられ、斜面と他のセクションを接続します。.

2.パネル自体は複合材料であり、内部にはポリスチレンまたはポリウレタンの形の断熱材があり、外部には2つのプラスチックパネルで覆われています。法面の配置に最もよく使われるパネルの標準的な厚さは2.4cmですが、そのサイズは窓のサイズ、壁の材質、荷重などの要因によって異なります。.

3.文字Fの形をしたプロファイル-ケーシングと呼ばれます。開始プロファイルと同じ形状です。ただし、ウィンドウの外側のコーナーとパネルの間のアセンブリの継ぎ目に重なる幅の広い突出したストリップがあります。.

サンドイッチパネルを製造および固定するための他のオプションがあります。たとえば、パネルの前部を固定するために、さまざまな種類の留め具がブラケットの形で使用され、その中にレールの形のプラスチック製のプラットバンドが取り付けられています。.

サンドイッチパネルからの斜面の設置:実施技術

サンドイッチパネルで斜面を仕上げる作業を実行するには、次のものが必要です。

  • 直接サンドイッチパネル;
  • U字型プロファイルを開始します。
  • カバープロファイル;
  • 液体プラスチック(ある場合)。
  • ルーレット;
  • オフィスナイフ;
  • 0.25×0.7cmのセルフタッピングネジ。
  • ドライバー;
  • 電気ドリル.

巻尺は、斜面の幅と高さを測定するのに役立ちます。これらの値に従って、サイドパーツと窓枠に対応する3つのセクションをパネルから切り取る必要があります.

1つの法面のみを仕上げる作業を計画している場合は、サンドイッチパネル全体を購入する必要はありません。測定を行い、必要なサイズの法面を製造元に直接注文するだけで十分です。.

鋭利な事務用ナイフを使用して、もしあれば、斜面の領域で泡を切り取ります。開始プロファイルの取り付けはここで行われるため、端の溝の近くにある領域には特に注意してください。.

作業の品質に影響を与える主な要因は、トリミングの正しい実行です。傾斜と窓の表面の間のギャップを最小限に抑えるのに役立つのはこのプロセスだからです。まず、サイドストリップの一部をトリミングして溝に取り付けます。次に、プロファイルの上部が取り付けられます。結合には、工場出荷時のエッジのみを使用します。トッププロファイルをインストールした後、最後のサイド開始プロファイルをインストールする必要があります.

次に、ウィンドウブロックの追加のシーリングを実行します。スタートストリップをスロープセクションにしっかりと固定するのを手伝ってくれるのは彼女です。これには、ポリウレタンベースのシーラントが必要になります。乾いたら、自分の手で斜面のサンドイッチパネルを作る次の段階に進みます.

次に、サンドイッチパネル自体が取り付けられ、指定された寸法に事前にカットされます。パネルは厳密に直角にカットする必要があることに注意してください。この規則に従わないと、斜面の間に隙間ができ、ドラフトや熱橋が出現します。.

サンドイッチパネル自体の取り付けは非常に簡単です。その実装には、以前に取り付けたプロファイルにパネルを取り付けるだけで十分です。最初にサイドパネルを取り付け、次にトップを取り付けます。パネルを開口部に固定する方法はいくつかあります。 1つ目はポリウレタンフォームです。これは、パネルを簡単かつ迅速に固定する非常に便利なオプションです。この場合、フォームはわずかに変形するように選択する必要があります。したがって、斜面を変形させる圧力を作り出すことはできません。このような固定を行うには、泡が多すぎると斜面が膨らむため、特別な経験が必要です。.

セルフタッピングネジでパネルを固定するオプションが可能です。これらの目的のために、ドライバーが必要になります。 2番目の方法は信頼性が高くなりますが、美的ではありません。.

次の段階では、プラットフォームのインストールが行われます。パネルをフォームで固定するときは、最初に固まるまで待つ必要があります。斜面の内側に小さな切り込みを入れ、プラットバンドを接着剤で覆って壁に取り付けます。接着剤として、液体ネイルを使用することが可能です.

法面設置の最後のステップは、法面と窓枠の間の接合部を密閉することです。このため、斜面や窓枠などの色のシリコーンを使用することをお勧めします。.

パネルがセルフタッピングネジを使用して固定されている場合は、窓の遮音性と断熱性を高めるために、次の操作を実行する必要があります。

  • F字型プロファイルの一時的な解体。
  • ポリウレタンフォームを使用して、斜面とサンドイッチパネルの間の空洞を埋めます。

  • 材料の重合;
  • 余分なトリミング;
  • プロファイルを所定の位置にインストールする.

サンドイッチパネルの傾斜のビデオ: