窓の斜面を仕上げるための日曜大工の技術。プラスチック窓の傾斜:特徴と特徴

プラスチック製の窓を設置するには専門家が必要です。費用はかかりますが、期待通りに構造物を設置するのはプロの建築業者です。しかし、あなたは自分の手で斜面を作ることができます。お金を節約し、あなたの好みに合わせてすべてを行うには、斜面の設置に関する作業を実行するためのアルゴリズムを注意深く研究する必要があります。どんなマスターでもスロープを作ることができます、あなたはただ辛抱強く、必要なツールを準備し、自信を持ってビジネスに取り掛かる必要があります.

目次:

窓の斜面

このプロセスを効率的かつ一貫して実行するスペシャリストを見つけることはそれほど簡単ではありません。なぜなら、スロープの設置は、スロープを作るだけでなく、プラスチックの窓を正しく仕上げるためでもあるからです。それが最初に行われます。どんな種類の斜面でも、窓と壁の間の継ぎ目は特別な注意を払う必要があります。これがその後の熱漏れの主な理由であるため、密閉する必要があります。窓を設置するマスターが十分な品質のポリウレタンフォームで空間を吹き飛ばさず、そこに空のボイドがあり、熱の損失につながることがよくあります。ひび割れがどれだけうまく吹き飛ばされているかが視覚的にわからない場合は、ライターまたはマッチを使用してドラフトを確認できます。炎が震える場合は、目に見えないドラフトがあり、これはすぐに修正する必要があります。フォームを再利用すると、隙間を密閉するのに役立ちます。 1日か2日後、余分な泡をナイフで注意深く切り落とします。これで、斜面の仕上げを開始することができます.

内部作業を開始する前に、窓の外側で作業を行っています。外部斜面は2つの方法で密閉されています。

  • 仕上げパテが開始層に適用されます。
  • セメントと砂の混合物の溶液のみが使用されます.

どちらの方法を選択するかは、壁の状態によって異なります。表面が比較的平らな場合は、パテを薄く塗るだけで十分です。壁に欠けがある場合は、セメントモルタルを使用して表面を平らにする必要があります。.

プラスチック窓のさまざまな傾斜

それらの場所に応じて、内部と外部の傾斜が区別されます。斜面には次のようなオプションがあります。

  • セメントモルタルで石膏;
  • 乾式壁から;
  • フォーム;
  • プラスチック;
  • 木製.

適切な勾配オプションを選択するには、次の基準も分析する必要があります。

  • 耐久性;
  • 可用性;
  • インストールの容易さ;
  • その後の操作の容易さ.

窓面の左官工事は、以前は最も一般的に使用されていた仕上げ方法の1つと考えられていました。このタイプの作業の実行は、内部および外部オプションで可能です。この方法の欠点は、セメント層の断熱能力が低いことです。さらに、時間の経過とともに、そのような斜面の表面は小さな亀裂のネットワークで覆われます。.

すべての規則に従って作られた、ミネラルウールまたはフォーム断熱材を使用した石膏ボードスロープは、高い断熱能力を備えています。ただし、斜面に乾式壁を設置できるとは限りません。乾式壁は内装工事にのみ使用でき、その後、追加の仕上げが行われます。乾式壁がプライマーと塗料で覆われている場合、斜面は長期間使用できます。.

プラスチック製のスロープは、見た目が魅力的であるだけでなく、高い技術的特性も備えています。このような材料は、外部保護と内部保護の両方の製造に使用できます。プラスチック製のスロープの設置は非常に迅速に行われ、さらに、プラスチック製の窓自体のフレームと側面の仕上げの完全な組み合わせにより、窓に興味深い調和のとれた外観が与えられます。プラスチック材料の使用の強みは次のとおりです。

  • 紫外線に対する耐性;
  • 灼熱の太陽への抵抗;
  • 機械的および化学的ストレスに耐える能力;
  • 材料の環境への配慮;
  • シームレスな構造;
  • カビ、カビ、腐敗に対する耐性.

木の表面を仕上げるために最もよく使われるのは木造構造物です。材料は溝に取り付けられるため、すばやく取り付けることができます。構造物はセルフタッピングネジで固定されているため、隙間や隙間がありません。.

ポリフォームもそのような作業に適していますが、注意深い準備が必要です。発泡スチロールには、切断や組み立てが簡単であるという利点があります。この種のウィンドウ保護をインストールするには、次のものが必要です。

  • 溶液調製用の容器;
  • 2種類のヘラ:シンプルとノッチ付き。
  • ミキサー付き電気ドリル;
  • 建物レベル;
  • 特殊建設用ナイフ.

材料から、接着剤溶液、メッシュ、発泡プラスチック、コーナーが必要になります。接着後、フォームを乾燥させ、すべての接合部を処理して密封します.

窓のプラスチックスロープの特徴

仕上げ用の多種多様な材料の中で、プラスチック製のものに特別な注意を払う必要があります。これは、塗装やパテなどの追加のアクションを必要としない耐久性のある素材です。この種の表面の利点は次のとおりです。

  • 構造の耐久性;
  • 外部の魅力;
  • 窓材との優れた相溶性。
  • プラスチックの下に不規則性や欠陥を隠す能力。
  • 作業と材料の最適なコスト。
  • 材料の優れた断熱特性;
  • 仕事のスピード、1日で終了する能力。
  • 修理チームを招待する必要はありません。ツールがあれば、実際に数時間で自分でスロープを設置できます。
  • 軽量でお手入れが簡単な素材で、お手入れも簡単です。
  • 高い耐湿性;
  • 極端な温度や窓表面の凍結に対する信頼性の高い保護.

古い木製の窓を解体する過程で、窓の開口部は非常に頻繁に破壊されます。寒い季節の熱損失を避けるために、すべての不規則性、隙間、または隙間を修復する必要があります。広い隙間が視覚的に見えなくても、わずかな隙間がカビやカビの繁殖地になり、部屋に寒さが入ります。高レベルの断熱を実現することは難しくありません-フレームが窓の開口部に隣接するまで、プラスチック層の下に断熱材を置くだけで十分です.

建設市場は、断熱材として豊富な材料を提供しています。

  • フォームストリップ;
  • ミネラルウール;
  • パネル-サンドイッチ;
  • グラスファイバー;
  • 発泡スチロール.

断熱材の選択は、ギャップの幅と窓の開口部の表面の一般的な状態に依存します.

プラスチック窓の斜面の特徴

斜面の選択肢はまだ非常に多様ですが、新しい技術が先導しており、最高の技術的特性を備えた材料があります。最も人気のあるものは次のとおりです。

  • 白いプラスチック素材;
  • さまざまな色のプラスチック素材。
  • 石膏繊維パネルを使用した斜面.

プラスチック製の斜面は、断熱材がすでに取り付けられているサンドイッチの形で作られています。原則として、発泡スチロールの発泡体です。このような材料を使用する利点は、次のように区別できます。

  • 構造の軽量化;
  • 高い断熱能力;
  • その剛性のために、そのような構造はその形状を完全に保ちます。
  • 外部の魅力;
  • お手入れのしやすさ.

着色されたプラスチックの斜面は同じ特徴を持っていますが、創造性と想像力のための広い分野を持っています。このような素材は、部屋の主な色に合わせたり、このエリアを明るい場所にすることができます。この場合、所有者は自分の斜面がどのように見えるかを自分で決定します。着色されたプラスチックは、マットまたは光沢のあるテクスチャにすることができます.

石膏繊維パネルの傾斜に関しては、そのような材料は以下の特徴のためにますます人気が高まっています:

  • 材料が曲がる能力、それはアーチ型の窓のための理想的な解決策になります。
  • 環境安全;
  • 材料の剛性により、構造が変化したり、意図した形状を失ったりすることはありません。
  • 湿気に対する高い耐性;
  • 高い遮音性と断熱性。
  • 表面を完全にパテし、塗装することで希望の色を与える能力.

プラスチック製のスロープを窓に取り付ける方法

プラスチックスロープを設置する前の最初のステップは、表面を測定することです。サンドイッチパネルのサイズを把握するために、平面の高さ、幅を測定します。準備作業が完了したら、窓のプロファイルから保護フィルムを取り外し、斜面の取り付けを開始します.

まず、側面が取り付けられます。開始プロファイルは、サイズに合わせてカットされ、15〜20センチメートルの距離でセルフタッピングネジを使用してウィンドウプロファイルに取り付けられます。その後、木製のスラットがウィンドウ開口部の端に取り付けられます。建物レベルの助けを借りて、アタッチメントの均一性を常に制御する必要があります..この段階で急ぐことはお勧めしません。次のステップは、コーナー、つまりサイドスロープを取り付けることです。これらの目的には、特別な構造のホッチキスを使用することをお勧めします.

サンドイッチ-パネルは必要な長さ、幅、角度にカットする必要があります。シートの一部をコーナーに挿入してプラグをパネルに取り付け、シートと壁の平面の間にポリウレタンフォームの薄層を塗布してから、シートの2番目の部分を挿入します。サンドイッチパネルの上部も取り付けられています。作業のこの段階では、接合部の角度が45度であることを確認する必要があります。継ぎ目は接着剤で密封され、余分な量はすぐに除去されます.

窓のスロープの設置

斜面の設置には予備測定が必要です。測定中に、窓の開口部の高さ、幅、深さが決定されます。これは、作業コストと必要な材料の量を計算するために必要です。独立した仕事のために、あなたは注意深く準備しなければなりません。問題の理論的な側面を研究することに加えて、あなたはツールを準備する必要があります。作業を実行するには、次のものが必要です。

  • 文字Pの形の開始プロファイル。
  • F字型プロファイル;
  • 15センチの木製レール。
  • 絶縁;
  • セルフタッピングネジ;
  • セルフタッピングネジ-バグ;
  • 素材の色に合わせたシーラント.

プラスチックまたは乾式壁を使用して窓に斜面を取り付ける技術

設置作業を行うために、いくつかの連続した段階が実行されます。窓の全周に沿って木製のラスが取り付けられ、セルフタッピングネジで固定されます。常に垂直および水平ベースの正確さを制御する必要があります。また、レールは傾斜パネルを取り付けるための作業面として機能します。開始プロファイルには、セルフタッピングナンキンムシが取り付けられており、ウィンドウのできるだけ近くにインストールされます。文字Fの形をしたプロファイルがレールに結合されます。作業が完了すると、窓領域の周囲に断熱が行われます。ほとんどの場合、薄いフォームとミネラルウールが断熱材として使用されます。この作業を終えたら、斜面の材料の設置に直接進む必要があります。プラスチックの場合、これで作業は終了です。乾式壁を使用する場合、表面はパテで塗装されています.

ご覧のとおり、斜面の設置を行うには多くのオプションがあります。窓の個性を活かして、誰もが自分に合ったものを選びます。自分の手でスロープを設置することは、家庭の職人の力の範囲内です。少しのスキル、正確さ、ツールの入手可能性、そしてマスターの推奨に従うことは、高品質で外見上魅力的なスロープを作るのに役立ちます。自分の手で法面を設置することについてまだ質問がある場合は、作業を実行するためのルールを詳細に説明し、推奨事項を示し、自分の手でプラスチックの窓に法面を仕上げる技術を実行するためのアルゴリズムを反映したビデオをご覧ください.