壁紙

自分の手で壁紙の泡を取り除く方法

かなり頻繁に、壁紙を接着した後、泡が表面に見えるようになります。これには多くの理由がありますが、その中には、まず、壁紙の下に空気が溜まったり、壁に接着剤が過剰に付着したりします。壁紙の下から気泡を取り除く方法について詳しく学びます。.

目次:

壁紙の泡-外観の原因と結果

壁紙を接着した後に壁の表面に泡が現れる主な理由は、この仕上げ材の設置の技術的側面を遵守していないことです。異なる構成の壁紙は個々のインストール機能が異なるため、壁紙を作成する前に、製造元からの指示を注意深く検討してください。.

たとえば、紙の壁紙を接着する場合は、キャンバスに接着剤を塗布する必要がありますが、不織布の壁紙は壁に接着剤を塗布することを意味します。さらに、壁は作業のために注意深く準備する必要があります。カビやカビ、古い塗料がないようにする必要があります。漆喰、パテ、石膏ボードの壁に壁紙を接着することをお勧めします.

作業を開始する前に、壁面をディープペネトレーションプライマーで処理してください.

また、泡の出現の原因は、壁紙を接着する技術的プロセスの違反であることがよくあります。これを回避するには、次のヒントに従ってください。

  • 壁や壁紙に接着剤を塗るときは、表面全体に均等に分けてください。製造元の指示に示されている時間待ってから、キャンバスを接着してください。
  • 壁紙を上から下、中央部分から横に水平にするようにしてください。
  • 余分な接着剤を下から絞り出すように努力して壁紙に絞り出しますが、壁紙を伸ばしたり変形させたりしないように無理をしないでください。
  • 作業プロセスでは、ローラー、壁紙へら、またはブラシの形で作業ツールを使用します.

壁紙用接着剤の選択には特に注意してください。それは高品質で、良好な接着性でなければなりません.

紙、ビニール、不織布、テクスチャ、単色ベースの壁紙は膨大な数にのぼります。このタイプの壁紙のそれぞれを接着するプロセスは個別であり、作業が行われる部屋の個別の特性によっても決定されます.

新しく貼り付けた壁紙の主な敵はドラフトです。壁紙設置の技術的プロセスを適切に実施したとしても、ドラフトの存在はそれらのさらなる操作に悪影響を及ぼします。壁紙を接着した後、部屋の操作を開始し、さらに仕上げ作業を行う前に約48時間待つ必要があります。その間、壁紙の接着剤は十分に乾くことができます。.

壁紙に泡が現れると、次のような悪影響が生じます。

  • 壁をカビや真菌で覆う理由の存在。これは、部屋にいる人々の健康に悪影響を及ぼします。
  • 壁紙の下の様々な種類の昆虫の複製;
  • 家に住む人々の否定的な幸福と壁の美的に魅力のない外観.

したがって、修理後のこれらの失望を避けるために、気泡が現れたらすぐに取り除くことをお勧めします。.

乾燥後に壁紙から泡を取り除く方法

乾燥後、壁紙に小さな泡が表示された場合は、以下の推奨事項を使用してそれらを削除する必要があります。ただし、気泡の数が多い場合は、カバーを外して再度接着する必要がありますのでご注意ください。.

ビニールで裏打ちされた壁紙で覆われた壁の表面に泡が現れる場合は、へらまたはブラシを使用して泡を取り除きます。彼らの助けを借りて、キャンバスを押すと、空気が外に取り除かれます。.

壁紙が乾いた後に泡が発生した場合、それらを取り除くことはより困難です。接着後に壁紙から泡を取り除く前に、泡の原因を特定してください。壁紙の下に空気がたまって形成された場合は、小さな針を使ってこの部分に穴を開けるだけで十分です。さらに、へらを使用して、表面を平らにし、伸ばします.

壁から泡を取り除く別の方法は、注射器を使用して壁紙の下に針で接着剤を注入することです。壁紙を壁にぴったりとフィットさせ、気泡を排除するのはこの構成です。湿らせたスポンジを使用して、壁から接着剤の残留物を取り除きます。.

サイズが非常に印象的ないくつかの泡は、縦方向または横方向にカットされます。これらの目的のために、事務用ナイフが使用され、壁紙の接着剤がキャンバスの下に発射され、壁の目的の位置に固定されます.

この方法は、カットジョイントが完全に接続される可能性が低いため、すべてのタイプの壁紙に適しているわけではないことに注意してください。特に、濡れるとサイズが大きくなり、乾くと小さくなる紙の壁紙の場合はそうです。.

バブルパンクサイトの接着剤が壁紙に付着しないように、テープまたはマスキングテープでサイズの周囲に接着します。作業の終わりに、壁からそれらを削除します。.

将来、壁紙の下に気泡の問題が発生しないようにするために、それらの設置の技術的プロセスに注意深く従う必要があります。さらに、作業用の壁の準備も重要な役割を果たします。それらは平らで、事前に下塗りされ、きれいでなければなりません。この場合のみ、キャンバスの下に気泡が発生するのを防ぐことができます。.

紙の壁紙から泡を取り除く方法:一般的なガイドライン

壁紙の泡を取り除くプロセスは、泡が現れた直後に実行する必要があります。キャンバスを壁に接着した直後に現れた泡を取り除くには、キャンバスが不織布の場合はプラスチックのヘラまたはブラシを使用します.

特殊なゴムローラーはビニールの壁紙の泡を取り除くのに役立ちますが、紙の壁紙の場合は、乾いた清潔な布を使用することをお勧めします。これらのツールは、接着剤をキャンバスから追い出すのに役立ちます。キャンバスを傷つけないように、表面を押さないでください.

壁紙を接着した後も泡が見える場合は、泡が乾くまで待ちます。場合によっては、壁紙を壁に接着した後に収縮します。気泡が目立たなくなる場合があります。このルールは、紙ベースの壁紙に特に関係があります。.

壁紙から泡を取り除く前に、作業の規模を評価してください。接着剤が乾いた後も泡が見える場合は、キャンバスを交換する必要がある場合があります。ただし、急いではいけません。最初に以下の方法を使用してください。いずれも役に立たない場合は、この場合にのみキャンバスを削除してください。最初の方法は、注射器と針を使用することです。針を外し、壁紙の接着剤を注射器に引き込みます。バブルの中心を突き刺す.

プラスチック製のヘラまたはローラーを使用して余分な空気を取り除きます。泡の中に接着剤を塗り、特別なツールを使用して壁の表面を滑らかにし、端から中央に移動します。余分な接着剤を取り除くには、事前にきれいな布を用意してください。作業中は、破損の恐れがありますので、壁紙をこすらないでください。.

壁紙に大きな泡がある場合は、より根本的な方法でそれらを取り除く必要があります。かみそりの刃を使用して、泡の底を切ります。注射器で接着剤を使用して、壁紙の下に接着剤を流します。接着剤が乾いた後、それらの間に隙間がないようにカットパーツを接続するようにしてください。.

壁紙の下の泡を取り除く方法:壁紙のインストールに関する推奨事項

壁紙を貼り付けた後、壁に泡が表示されないようにするには、次の推奨事項を使用してください。

1.壁紙を設置するための表面を定性的に準備します。壁をできるだけ効率的に水平にするようにしてください。必ずプライマーを塗ってください。土は壁をカビやカビの発生から保護するだけでなく、壁紙と壁の間の接着力を高めます。.

2.壁紙の種類と密度に応じて接着剤を選択します。.

3.壁紙を設置するときは、特定の温度条件を守ってください。室内の湿度は50%以下、温度は18〜23度です。.

4.室内の温度が通常より高い場合は、バケツの水を入れてください。厚い布で窓を閉めることをお勧めします。これにより、壁紙の乾燥が早すぎるのを防ぐことができます。.

5.設置作業開始後2日以内に、室内に下書きを作成したり、エアコンをオンにしたりしないでください。.

6.接着剤を希釈する過程で、指示に厳密に従い、目ではなく、特別な装置で水を測定します。接着剤を混ぜすぎる必要はありません。その組成に酸素が含まれていると、気泡が形成されます。.

7.壁紙の種類に応じて、メーカーが推奨するツールを使用して壁またはキャンバスに接着剤を塗布します。.

8.壁紙を押す力に注意し、レベリングプロセス中に壁紙を損傷しないようにしてください。少なくとも2人で作業を行ってください。 1人が壁紙を上に接着し、2人目が下に接着します.

不織布の壁紙から泡を取り除く方法

不織布壁紙の製造には、セルロースをベースにした不織布素材を使用しています。繊維を相互に接続するために、ポリマー成分が繊維に追加されます。紙と比較して、そのような壁紙は、より耐久性があり、耐摩耗性があり、より耐火性があり、それらのさらなる着色を意味します。.

不織布の壁紙に気泡が現れることはめったにありません。これは、一定の密度があり、すでに接着剤で覆われている壁に取り付けられているためです。ただし、このような状況では、壁紙の表面に泡がまだ形成されています。

  • 壁とキャンバスの間に空気が存在するため、このプロセスを防ぐために、壁紙を接着するプロセス中に特別なローラーで壁に空気を水平にすることをお勧めします。壁紙の下から横に空気を排出してみてくださいキャンバスのセクション。
  • 壁紙が乾いた後に壁に気泡が形成された場合、これは表面のレベリングが不十分であることを意味します。この場合、最良の解決策は壁紙を取り除き、表面を水平にしてさらに壁の装飾を行うことです。そうしないと、間にギャップが形成されます。カビやあらゆる種類の微生物が増殖する壁や壁紙.

すでに乾燥した不織布の壁紙から泡を取り除くには、注射器とカッターナイフで十分です。不織布の壁紙用の注射器に接着剤を注ぎます。カットした後、そこに少量の接着剤を塗り、ジョイントが最大限見えるように壁紙を接着します。.

壁紙の下の泡-削除する方法

壁紙を接着する過程で大きな泡がある場合、それらは正常であると見なされます。それらを取り除くには、壁紙の種類に応じて、乾いた布または特別なツールで壁紙の上を走るだけで十分です.

壁紙が多層の場合、高密度の接着剤の吸収が不十分なため、ほとんどの場合気泡が形成されます。空気を抜くには、へらで刃をなめらかにします。泡を取り除くことができなかった場合は、キャンバスを壁から慎重に分離し、再度接着します.

接着剤が壁紙に吸収されると、弾力性が増し、伸びが良くなります。水分が蒸発した後、キャンバスは元の形状に戻ります。壁紙を伸ばす過程で、小さな気泡が自然に消えます.

壁紙を接着する場合、pva接着剤は厳密には使用されないことに注意してください。第一に、水に溶けないため、将来、壁から壁紙を取り除くときに問題が発生します。さらに、黄色の接着剤の汚れが壁に見られます。.

壁の表面から気泡を取り除くときは、特別な注意が必要です。紙の壁紙は、強くアイロンをかけた後、変形し、不織布であるため、切り込みを入れると魅力が失われます。.

壁紙を接着するために、魅力的な外観と壁との間に気泡が形成されないように接着した後、この仕上げ材の設置技術を慎重に研究し、それに付着します.

泡の壁紙ビデオを削除します。