壁紙

DIY壁紙オーバーラップ固定在庫

多くの場合、壁紙を接着する過程で、2つのキャンバス間のオーバーラップの外観に問題が発生します。この問題を解決するには、特別な機器が必要です。その機能と自宅でそれを作る方法についてもっと学びます。.

目次:

壁紙の接着:テクノロジーと推奨事項

壁紙の作成中または作成後のオーバーラップ、ジョイント、またはその他の変形プロセスの外観の問題を回避するために、壁紙のインストール技術を厳密に遵守する必要があります。.

まず、壁紙をカットするときは、必要に応じてパターンが一致していることを確認してください。これらの目的のために、鉛筆と鋭い文房具ナイフを使用してください。天井とキャンバスが接着される壁の上部との間の間隔を考慮に入れてください。接着剤の選択には特に注意を払う必要があります。そのタイプは主に壁紙のタイプに依存します。ビニールや不織布のカバーを接着するときは、紙の接着剤を使用しないでください。低品質の接着剤はまた、壁や壁紙に黄色の汚れや黒ずみを残します。.

最適な耐湿性、カビやカビの繁殖に抵抗し、素早く溶解し、透明な構造を持つ接着剤組成物を選択してください。また、必要な液体の量を目ではなく専用の容器で測定し、技術に厳密に従って接着剤を準備する必要があります.

壁紙の作業を行うための最適な条件は、18〜22度の温度です。部屋が暑い場合は、バケツの冷水を入れることをお勧めします。強烈な熱のために、壁紙は速くそして不均一に乾きます。また、部屋に下書きがなく、壁紙を貼り付けてから2日以内にすべての窓やドアをしっかり閉める必要があります。また、壁紙を接着する際にエアコンを使用することは許可されていません。.

壁の正しい準備は、壁紙を貼った後のさまざまな種類の欠陥の出現に重要な役割を果たします。まず第一に、壁は平らにされなければならず、ほとんどの場合パテで平らにされなければなりません。さらに、下塗りする必要があります。これにより、壁紙と壁の間の接着力が高まり、コーティングの防腐性が向上します。通常のプライマーを塗布した後、壁を再度下塗りすることをお勧めします。ただし、プライマーの組成には、水で20%希釈した壁紙用接着剤を使用します。.

壁や壁紙に接着剤を塗る場所は、装飾に使用されている素材の種類によって決まります。紙の壁紙を接着する前に、それらが柔らかくなるまで一定時間待つ必要があります。不織布壁紙は、接着剤組成物が塗布された細孔に取り付けられます。接着剤をゆっくりと塗り、壁全体に注意深く広げます。そうしないと、壁紙の下に泡が形成されます。壁紙の均一性を実現するために、鉛直ラインを使用します。これを使用して、2番目のキャンバスの設置ラインを垂直に配置します。.

壁紙を接着するには、オーバーラップまたはエンドツーエンドの2つのテクノロジーがあります。最初のオプションはあまり使用されません。重なり合った帆布を接着した後、事務用ナイフで均一なストリップを描き、余分な部分を取り除く必要があります。この場合、ストライプ間に完全に均一なジョイントを作成することが可能です。壁紙に特定のパターンがある場合は、余白を残すことを忘れないでください。.

ブラシまたは通常のローラーでキャンバスに接着剤を塗布します。ストリップをきれいなフィルムまたはポリエチレンに取り付けます。キャンバスを壁に接着した後、必要に応じて気泡を滑らかにします。壁紙とその種類に関連して、これらの目的のために別のツールが使用されます。壁紙が紙の場合は、通常のぼろきれで十分です。不織布やビニールの壁紙を滑らかにするときは、ゴムローラー、プラスチックツールまたは特別なブラシを使用してください.

刃のストックは鋭利なナイフと定規で切り落とされます。壁紙がビニールの場合、縁石の下に壁が残り、台座の設置場所で壁紙が切り取られます。これは、フォームまたはプラスチックの幅木が壁にしっかりと付着するために必要です。接着剤を使ってもビニールにくっつかない.

壁紙の接合部の発散、剥離、破裂を避けるために、乾燥の過程に特別な注意を払う必要があります。この期間中、下書きは室内に持ち込めません。壁紙を貼った瞬間から3〜4日後にのみ部屋の換気が許可されます.

壁紙を接着するためのインベントリ:アプリケーションの機能と機能の目的

壁紙の品質は、作業で使用されるツールを含む多くの要因によって決定されます。いずれにせよ、壁紙を接着するときは、次のものが必要になります。

1.普通の鉛筆-壁紙の設置場所をマークするために使用されます。マーカー、フェルトペン、ペンでマークを付けないでください。濡れた壁紙はペンキを吸収することができます.

2.スチール定規-壁紙の不要な部分を切り取るだけでなく、壁にマーキングを施すのにも適しています。金属製の定規は機械的損傷に強いため、表面が完全に平らで、操作中に破損することはありません。.

3.文房具ナイフはこの問題に欠かせない道具です。シャープでフレッシュである必要があります。事務用ナイフの助けを借りて、壁紙のキャンバスがカットされ、不要な残留物が除去されます。使用の過程で、より良い切断のためにナイフのノッチを壊してください。これを行うには、ペンチを使用します。.

4.大きなはさみ-手の届きにくい場所で壁紙を切り、パイプ、ソケット、スイッチ用の穴を開けます。.

5.巻尺を使用して、キャンバスの長さやその他の必要な寸法を測定することが可能です.

6.厳密に垂直な角度を構築するには、正方形を使用することをお勧めします.

7.細い糸とトラックが下げ振りの主要コンポーネントです。その助けを借りて、壁への壁紙の設置の垂直性を判断し、必要に応じてそれを修正することが可能です。.

8.レベルは下げ振りと同じ機能を実行し、壁紙の接着の均一性を確認することができます。.

9.接着剤を希釈するためのリザーバー。これらの目的のために、接着剤を集めるためのローラーが簡単に収まる特別な容器を使用することをお勧めします。.

10.壁紙ブラシ-このツールは、壁面のキャンバスを滑らかにします。ブラシを選択するときは、短いまたは硬い毛のオプションを選択することをお勧めします.

11.接着剤を混合するための混合アタッチメントまたはスティックを備えた建設ドリル。接着剤を準備する過程で、後で壁に現れるしこりを取り除くことに特別な注意が払われます。したがって、専用ミキサーで接着剤をかき混ぜることをお勧めします。.

12.接合部の壁紙をトリミングするには、金属製のこてを使用し、壁紙用のこてを使用して壁のキャンバスを滑らかにします。.

13.薄い壁紙を滑らかにするために、壁紙ローラーを使用することをお勧めします。その助けを借りて、接着剤や空気の残りは壁から簡単に消えることができます。.

14.さらに、ローラーはバットセクションとコーナーを処理するために区別されます。壁紙を接着するときにも必要になります。.

15.接着剤を塗るには、バス付きのブラシまたはペイントローラーが必要です。.

継ぎ目、不一致、ジョイント、気泡を修正するには、次の形式のツールを準備する必要があります。

  • 関節と同じパターンのパッチ。
  • 装飾テープまたはコード;
  • 壁紙のり;
  • はさみ、ナイフ、鉛筆。
  • ブラシまたはスポンジ;
  • ローラー;
  • サンドペーパー;
  • 水;
  • 色合いのペースト.

乾燥した壁紙の重なりを取り除く方法

壁紙の重なりを修正する前に、その外観の理由を特定する必要があります。壁紙が乾いた後にオーバーラップが表示される場合は、接着剤を塗布した後、壁紙が露出オーバーになって伸びている可能性があります。乾燥後、元の形になり、重なりが現れました.

壁紙のオーバーラップを削除するには、次の手順に従います。

1.キャンバスの端を水で湿らせ、柔らかくなるまで一定時間待ちます。.

2.キャンバスに接着剤を塗布して、接合部を固定します。すぐに固まることに注意してください。.

3.関節を手に合わせ、壁紙をしっかりと押し付けます。専用ローラーでこの位置に固定してください。.

4.また、ローラーを使用して余分な空気を取り除き、接着剤を取り除くには、スポンジで壁紙を拭きます。.

壁紙間の継ぎ目が完全に分散している場合は、この場合、別の方法で動作する必要があります。まず、キャンバスを水で濡らし、壁から離れ始めるまで待ちます。ジョイントを接着して、一緒に接着してみてください。これが失敗した場合は、特別なテープまたはロープで表面を飾ります。.

壁紙を接続できない場合は、この方法を使用してください。壁紙の不要な部分から、細かいサンドペーパーを使用してトップコートを消去します。粉末に少量の接着剤を加え、壁に組成物を塗布します。壁紙と色が違う場合は、特殊なペーストで色を付けてください。.

壁を閉じるパッチを作成して、ジョイントを取り除くための別のオプション。キャンバスの下に取り付けられ、鋭利なナイフを使用して余分なものを取り除きます.

ブレードビデオで壁紙のオーバーラップを削除します。

一般的な推奨事項:壁紙の重複を削除する方法

壁紙処理中のジョイントの変位またはオーバーラップは、キャンバスがレベル​​に対して取り付けられていないことの証拠です。オーバーラップは、部屋の隅の領域で特に頻繁に発生します。それらを取り除くために、可能であればキャンバスを再接着します.

以前のキャンバスもオフセットで接着されていた場合、この問題は解決できません。壁紙が乾いた後でのみ重なりに気付いた場合は、ミラー方向にトリミングする必要があります。壁紙をカットした後、オーバーラップの場所に継ぎ目が表示された場合、それを取り除くには、壁紙を水で湿らせ、継ぎ目の下の継ぎ目に接着剤を塗り、キャンバスを必要な位置に固定する必要があります.

重なりが見えないようにするには、各キャンバスの均一性を水平線または下げ振りで確認する必要があります。.

ジョイントが発散したり、壁から剥がれたりする場合があります。この理由は、ほとんどの場合、壁紙の乾燥技術の違反または接合部への接着剤の不十分な塗布です。欠陥を取り除くには、通常の注射器で壁紙の下に接着剤を注入するだけで十分です。.

接着剤による壁紙の不十分な含浸は、壁紙の表面に泡の出現につながります。湿った壁紙の表面のこの欠陥を取り除くには、特別なデバイスでそれらを滑らかにするだけで十分です。壁紙が乾いたら、泡を取り除くために他の対策を講じる必要があります。

  • 針で泡を突き刺し、そこから空気を放出します。
  • 注射器で接着剤を取り、壁紙の下に針を刺し、そこで接着剤の組成を実行します。
  • 特殊なローラーで欠陥を滑らかにします。
  • スポンジで壁紙の接着剤を取り除きます.

接着剤の壁紙のオーバーラップ:接着剤の機能

壁紙を接着する方法は2つあります。バットとオーバーラップです。最初のオプションはより一般的ですが、実行するのはより困難です。壁紙を重ねることで、仕事をすばやく終わらせることができ、仕上げ作業にある程度の経験は必要ありません。.

壁紙を重ねて設置する技術では、キャンバスの一方の端をもう一方の端の表面に固定します。この壁紙のインストール方法の利点は次のとおりです。

  • 接続は特に信頼性が高く、壁紙の間に薄い隙間は表示されません。
  • 壁紙の作成プロセスは数回短縮され、小さな部屋での壁紙作成には3時間で十分です。.

この方法の欠点は、壁紙を背中合わせに接着する場合よりも材料の消費量が多いことです。さらに、すべてのタイプの壁紙を重ねることができるわけではありません。たとえば、ビニールの壁紙は重なりません。このタイプの壁紙には一定の密度があるため、重ねて接着すると見栄えが悪くなります。さらに、壁紙の片面をビニールに固定するには、特殊な接着剤を使用する必要がありますが、それでも時間の経過とともに剥がれます。.

ほとんどの場合、紙ベースの壁紙はオーバーラップしてインストールされます。窓から部屋の上に貼り付け始めます。ストリップをできるだけまっすぐに切るようにしてください。キャンバスを壁に固定する前に、鉛筆で直線を描き、鉛直線を使用してその垂直性を確認します.

コーナーでの壁紙の高品質な固定を確実にするために、1つのキャンバスが2番目のキャンバスを5cmオーバーラップする必要があります。オーバーラップで壁紙を接着するプロセスはそれほど時間はかかりませんが、完成した後はまだ許可されていません少なくともあと2日間、部屋で下書きを作成する.

壁紙の使用中に、特定の領域が接合部で剥がれ始めることがあります。それらをさらに修正するには、壁紙の下に少量の接着剤を塗り、ゴムローラーでキャンバスを壁に押し付けます.

壁紙接着技術への準拠、接着剤の正しい選択、ドラフトの欠如、これらすべての要因は、修理を正常に完了するための鍵であり、気泡、接合部の形で欠陥のない審美的に心地よい壁装材を作成するのに役立ちます、層間剥離など。.

ビデオ壁紙の重複を削除する方法: