楽器

斧を正しく研ぐ方法

斧は、木造建築物の製造、伐採、伐採に使用されます。それらは、ハンドルにしっかりと取り付けられた金属ブレードで構成されています。ツールを正しく研ぐことで、使いやすくなり、効率的な作業が保証されます.

目次:

軸の一般的な概要

斧は、木材の切断と加工に必要な道具です。.

ツールは、手斧、鋭利な刃、固定ウェッジで構成されています.

柄の主な素材は木です.

ピアシング部分は通常工具鋼でできています。それは0.7%以上の炭素を含んでいます.

金属は高品質と普通に分けられます。 2番目のタイプの材料の違いは、不純物の含有量が高いことにあります。リン、硫黄、酸素など.

このような鋼で作られた軸は、耐用年数が短くなります。したがって、金属の品質の良さに対応するマーキングにAの文字が入った工具を購入することをお勧めします。.

包丁を選択する前に、それがどの作業に使用されるかを決定します。結局のところ、適切なツールを使用すると、時間とエネルギーを節約できます。.

目的に応じて、いくつかのタイプの軸があります。

1.多機能斧は他のツールのオプションを組み合わせたものです。そのお尻は、ピック、ハンマー、またはネイルプラーの形で作られています。より多くのツールがない場合は、伐採量が少ないツールを使用することが適切です。.

2.大工仕事または汎用ツールが最も一般的なタイプです。通常、まっすぐなチョッピングセクションがあります。しかし、多くの場合、設計では丸い刃の形状が使用されます。このモデルは、幅広い分類の大工や指物師によって使用されます。そのため、似たような軸はシャープニングの種類が異なることが多く、さまざまな種類の作業を実行するように設計されています。.

3.斧-包丁は丸太を大きな断片に分割することを目的としています。その刃の形はしばしばくさびに似ています。チョッピング部分は太くて細くなり、木に引っ掛からないようになっています。包丁は、打撃の力を高める長くて強力なハンドルを持っています.

4.木こりの斧は、木を伐採し、枝を切ることに焦点を当てています。ツールの重量は、対応するツールよりも優れています。通常、重さは2kgを超えます。 1〜1.5kgの軽量品種もあります.

5.観光用手斧は、その使用法の詳細により、コンパクトで軽量なツールです。観光ツールを選択するとき、それらはしばしば重量の最適な比率によって導かれます-品質.

斧の正しい研ぎ

斧は夏の小屋で働くことと木造建築物の建設のための重要な道具です。.

斧を選んだ後、それを研ぐ方法という新しいタスクが現れます。確かに、工場の鉛筆削りの品質に関係なく、それはすぐに消去されます.

通常、鈍器を使用するよりも、斧を正しく研ぐことに時間を費やす方が効率的です。.

斧を研ぎ始める前に、テンプレートを作成します。

  • スズまたは他の同様の材料を取ります。
  • 希望の回転角度を選択します。
  • 適切な切り欠きを作成します。
  • テンプレートを処理するブレードに取り付けます。
  • 望ましい結果からの逸脱の角度を決定します。
  • 包丁の刃にマーカーで印を付ける.

斧を正しく研ぐには、いくつかの要因が考慮されます。

  • 樹種の硬度;
  • 木の水分レベル;
  • 斧によって実行される作業の性質。たとえば、丸太を切り刻んだり、木材をトリミングしたりします。
  • ブレードが注がれる金属の種類.

工場の研ぎは、提案された作業の種類を考慮して、斧の種類を考慮して実行されます.

GOSTの要件に従って、鋭角は次のとおりです。

  • 建設用斧20-30°;
  • 大工用アナログ35°用.

これらは平均的な推奨パラメータです。したがって、場合によっては、標準のシャープネスを変更することをお勧めします。.

鋭角が小さいほど、斧の刃は鋭くなります。作業を行うときに必要な労力が少なくて済みます。ただし、鋭く削ると、工具がすぐに鈍くなる傾向があります。それは木に詰まる可能性があります。そして、あなたはそれを取り除くために余分な努力をしなければなりません.

したがって、丸太を切り刻んだり、小さな木を切ったりする場合は、35〜40°の鋭さの太い軸を使用してください.

丸太や大きな木を伐採する場合は、ツールを25〜30°で鋭くします。.

斧の機能を復元する問題は、個別に解決するか、マスターに連絡することができます.

電気グラインダーで斧を研ぐ方法

専門家に連絡する機会と時間は必ずしもありません。したがって、斧を正しく研ぐ方法を理解することが重要です。.

手で刃を研ぐか、電動削り機を使用することができます.

この装置は、高速循環を備えた砥石です。.

電気グラインダーで斧を研ぐには、次のものが必要です。

  • 端末;
  • 刃の付いた斧;
  • 両面砥石;
  • 仕上げペースト;
  • 砥石をドレッシングするための装置。
  • 装飾マーカー;
  • 個人の保護手段;
  • 分度器.

作業工具を研ぐプロセスは、ゴーグルと手袋で行われます。.

1.機械をしっかりした平らな面に置きます。.

2.作業領域の表面に欠陥がないか確認します.

3.必要に応じて、両面石で砥石を歩き、水平にします。.

4.既存の角度でシャープネスを更新するには、ブレードの上に黒の油性ペンでペイントします。.

5.砥石に斧を取り付けます。円がそれに向かって回転するように配置する必要があります。.

6.ツールブレードを砥石まで下げます.

7.専用ナットで鋭角を調整・固定します.

8.手を手前に向けて、砥石を2回転させます。.

9.斧を緩め、マーカーの下のカットを確認します。正しい傾斜で、塗装面は完全に消去されます。ローアングルでは、塗装されたブレードの端が摩耗します。大きい場合-ハンドルまでの塗装領域の後ろの表面.

10.正しい鋭角が得られるまで、この手順を繰り返します。.

11.正しい角度が得られたら、工具を2段階で固定して研ぎます。.

12.斧を研ぎ、刃の表面の隙間をすべて取り除きます。新しいカッティングラインを形成する.

13.両面石で砥石の表面を滑らかにします.

14.シャープネスを滑らかにカットします。片方の手でお尻で斧を持ち、もう片方の手で斧の真ん中を持ちます。時々それを一方の側からもう一方の側に回します。これは、ブレードを均一に研ぐために行う必要があります。.

15.クリップから斧を取り外します.

16.電気鉛筆削りの革ホイールをラッピングペーストで塗ります。.

17.斧の刃を機械に対して45°の角度で保持します。作った研ぎを補充します。削りながら、削り機の表面に沿って刃を滑らかに動かします。これにより、面取りを完全に研磨することができます。.

18.防錆剤を塗布します.

19.作業後、砥石の表面を石で平らにします。.

新しい角度で研ぐときは、分度器を使って回転角度を設定します。シャープニングの残りの原則は同様です.

定期的に砥石を湿らせて温度を下げます.

各研ぎパスの後に斧を水の容器に沈めます。これにより、ブレードの金属が冷却され、ブレードの寿命が延びます。.

ツールには、さまざまなタイプと機能があります。メーカーのレビュー動画で斧の研ぎ方を知ることができます.

斧削りの利点は、プロセスの容易さとスピードです。しかし、このタイプは斧の刃の過度の加熱を伴い、作業の規則に従わないと、その品質に悪影響を及ぼします。また、工具旋盤の購入には材料費が必要です.

したがって、斧を体系的に使用して、このタイプのシャープニングを使用することが適切です。.

手で斧を研ぐ方法

手動で斧を研ぐためのツールは、自分で購入または作成できます.

砥石で研ぎます。これは、最も単純な自家製の研ぎツールの1つです。それは2つの木製の正方形の間に固定されています.

バーの取り付け角度は、形状の規則に基づいて簡単に設定できます。彼は斜辺であり、正方形は脚です。.

研磨ブロックは所定の角度で固定されています。斧の刃を垂直に持ち、砥石に沿って水平に打ちます.

2番目のシャープニングオプションを実行するには、いくつかのツールが必要です。

  • 金属ブラシと防錆剤;
  • 異なる密度のサンドペーパー;
  • 目の保護ゴーグル;
  • 金属研磨ペースト;
  • フェルト生地;
  • 厚い保護手袋;
  • 万力またはクランプ付きの作業面。
  • ろくでなしファイル;
  • 金属粉を取り除くためのブラシ;
  • ツールブレードまたは定規の測定。
  • 両面砥石;
  • マシンオイル;
  • ワックス.

進捗:

1.斧の刺し通し部分の錆を取り除きます。これには、洗浄剤とスチールウールを使用してください。.

2.粗いサンドペーパーを取ります。斧の刃を一方向に全面に挽く.

3.硬くないサンドペーパーでアプローチを繰り返します。.

4.布に研磨ペーストを塗布し、ツールを研磨します.

5.斧をテーブルの端に置き、ハンドルを付け、回転部分を宙に浮かせます。または、同様の方法で万力で武器を固定します.

6.ほうきファイルを取得します.

7.肩から離れる方向に後方に面取りブレードを研ぎます。正しく研がれた斧の最大刃幅は12〜13 cmです。これは、端から伸びる視線を接続する場合、25°に相当します。.

8.ブラシで金属粉を取り除きます.

9.円を描くように、両面石を使用して刃を研ぎます。バーの種類に応じて、オイルまたは水で前処理します。液体はブレードから金属のやすりを洗い流します.

10.同様に、石の剛性の低い側を使用して、両側の斧の刃を研ぎます。.

11.防錆剤を塗布します.

斧の操作ルール

1.斧の使用方法に関する一般的な規則:

  • 軸にしっかりと取り付けられている工具のみを使用してください。
  • 木を切るときは、その下にフォレスターを置きます。
  • 武器を地面に落とさないでください。休憩中は、丸太に貼り付けるか、ケースに折りたたんでください。
  • その意図された目的のために斧を使用してください。石や金属を切り落とそうとしないでください。
  • 自然で快適な体の位置で動作します.

2.斧を研ぐためのヒント:

  • 電動グラインダーで研ぐ場合は、最低速度を選択してください。これにより、砥石の斧の鼓動が最小限に抑えられます。
  • 工具を研ぐためにグラインダーを使用しないでください。圧力と温度の影響下で、斧の刃は壊れやすく脆弱になります。
  • 研ぐときは時間をかけてください。落ち着いて休んだ状態で仕事に取り掛かりましょう。
  • 斧の正しい保管は、鋭利さを保つのに役立ちます。作業が終わったら、工具を覆います。カバーは緻密な素材で作られている必要があり、ほとんどの場合、天然皮革が使用されます。
  • 研いだ後、斧にマシンオイルとワックスの混合物を塗布します。これは錆からそれを保護します。
  • 研ぎの過程で、工具の刃に油または水が塗布されます。オイルストーン、したがって水の類似物を使用する場合。
  • 自分で刃を削り始める前、または電気削り機を使用する前に、概要ビデオをご覧ください。
  • 安全上の注意を怠らないでください。作業中は保護メガネと手袋を使用してください。
  • 両面斧をお持ちの場合は、片面を厚く研ぎます。そしてそれを使ってより粗い木を切ります。
  • 疑わしい場合は、斧を正しく研ぐ方法について、専門家に連絡してください.