楽器

民家のガスボイラー室

熱媒体としてガスを使用することに基づく暖房システムを選択するとき、ほとんどの住宅所有者はガスボイラー室を配置することを考えています。また、ボイラーの出力が30 kWを超える場合は、民家にガスボイラーを設置することが火災安全要件として義務付けられています。この記事では、ガス暖房システム用のボイラー室を独立して装備する方法を分析します.

目次:

ガスボイラー室装置

ボイラー室と呼ばれる特別な部屋は、ボイラーと追加の暖房設備を収容するために使用されます。これは別の部屋であり、場合によっては、ボイラーが配置されている部屋全体です。部屋の全高は少なくとも2.5mでなければなりません.

ボイラー室を正しく配置することで、最大の効率と高レベルの効率が保証されます。.

民家に住む人々の快適さと安全を確保するような方法でボイラー室を装備することを可能にする特定の特性と安全基準があります。.

ガスボイラー室の動作原理

ガスボイラーハウスは、ガス燃料の環境への配慮とその手頃な価格のために人気があり、手頃な価格です.

ガス設備の操作は、天然、還元、または関連する石油ガスの燃焼により実行されます。自動ガス供給システムは、一定の燃料供給を調整するために使用されます。ガス漏れや事故が発生した場合、自動的に動作を停止します。ガスボイラーハウスにサービスを提供する担当者の主な機能は、センサーとコントロールパネルを制御することです.

ガスボイラーハウスの利点:

  • 可動性,
  • コンパクトさ,
  • 配置のしやすさ,
  • 環境への配慮,
  • 高効率,
  • 高機能,
  • 自律性.

ガスボイラー室には以下の存在が含まれます:

  • ボイラー,
  • ガスバーナー,
  • メインポンプ,
  • ガス本管,
  • セキュリティシステム,
  • 計装-計装システム,
  • 自動制御システム.

このシステムの主な装置はボイラーです。これは次のとおりです。

  • ガスバーナーを内蔵しているので、シンプルで便利です。空気は圧力をかけずに自然にデバイスに入ります。
  • ボイラーの外側に配置されているターボバーナーが存在するデバイスでは、このデバイスでは、空気がボイラータンクに押し込まれ、空気とガスの混合物が存在するためにシステム全体が動作を開始します。
  • 壁掛けボイラーは特にコンパクトで設置が簡単です。
  • メンテナンスがより便利で、床置きボイラーの設置が簡単.

ガスボイラーの種類

ボイラー室の場所に関連して、建物は区別されます。

  • 民家から離れた部屋に設置された自立型で、ボイラーと暖房システムの接続は暖房本管を介して行われ、ボイラーの運転による騒音や蒸発ガスの臭いはありません家に住む人々に不快感を与える。

  • 付属タイプ-家や別棟に直接隣接する施設、そのようなボイラー室はより経済的であり、その建設ははるかに安価です、さらに、テクニカルコミュニケーションと暖房本管の設備は必要ありません、付属タイプのボイラー室はそれを可能にします家の横から入り口を作り、冬にはボイラー室に行くために通りを歩く必要はありません。
  • ビルトインタイプ-この場合、ボイラー室は住宅の建物にあり、加熱回路の敷設がはるかに簡単であるという利点があります.

すべてのボイラー室の一般要件:

  • ボイラー室に2つ以上のボイラーまたは他の加熱装置を設置することは許可されていません。
  • ボイラー室に可燃性または可燃性物質を保管することは禁止されています。
  • 床はコンクリートの土台またはタイルである必要があります。
  • 壁には、金属、レンガ、コンクリートなどの不燃性の材料のみを使用する必要があります。
  • ボイラーをいつでも維持できるようにするには、ボイラーの位置を中央に配置する必要があります。
  • 玄関ドアの内側は、金属などの不燃性材料で覆われている必要があります.

ガスボイラー設備内蔵

ガスボイラーの容量が30kW以下の場合、別のガスボイラーハウスの建設は任意です。キッチンにボイラー室を設置するには、いくつかの要件を満たすだけで十分です。.

キッチンにガスボイラーを設置するための基準:

  • 敷地の面積は15平方メートル以上です;
  • 窓の十分なグレージング;
  • 窓の通気口の存在;
  • 天井の高さが220cmを超える;
  • 家具とボイラーへの通路の間の距離は70cm以上です。
  • ドアの下部または天井の上のスペースの壁には、換気用の穴があります。
  • 壁や家具の耐火性レベルが0.75を超える.

ボイラーを地下室または地下室に設置する場合は、次の要件を順守する必要があります。

  • 強制的な自然光;
  • 60分以内に、部屋のすべての空気を3回更新する必要があります。
  • 通りへの強制アクセス。
  • 250cmからの高さ.

ガスボイラー室の計算:部屋の主要コンポーネント

民家のガスボイラー室の計画には、以下の存在を含める必要があります。

  • 熱を発生させ、それをシステム内を循環する加熱流体に伝達し、ラジエーターを加熱し、次にラジエーターが部屋を加熱する加熱ボイラー。二重回路加熱システムの使用は、ボイラー;
  • ボイラー-すべての暖房システムに存在するわけではありません。メインを通る高温の冷却剤の循環のおかげで、日常生活で使用するために水を加熱する容器の形で表示され、温水が加熱されます。
  • ラジエーター内の特定の温度を維持し、循環装置、コーム、および水分離器で構成されるマニホールドディストリビューター。
  • 暖房システムの圧力上昇を補うために、膨張タンクが使用されます。ラインの長さが非常に長い場合、膨張タンクがないと、システムが爆発する可能性があります。
  • 燃焼生成物を街頭に運ぶ煙突は、効率を高め、暖房システムの操作における高い生産性を保証します。
  • 圧力計、安全弁、エアダクトで構成される安全グル​​ープ。このシステムは高圧の発生を防ぎます。
  • システム内の圧力降下を取り除くために、補給システムが使用されます。
  • 自動モードでのボイラーの動作を保証するために、特別な自動化装置が使用されます。
  • ボイラーをラジエーターに接続し、冷却液の循環を確保する遮断弁とライン.

ガスボイラー室の要件

1.ガスボイラー室への設置には専用ボイラーを使用してください。自家製機器の設置は禁止されています。最高水温115度.

2.ボイラーは、自立型の部屋、キッチン、または地下室に設置できます。.

3.自然光、換気、窓、十分な面積と体積、壁や天井の装飾に使用される耐火材料の義務的な存在.

4.ボイラー室が地下室または地下室にある場合は、3度の防火扉を設置する必要があります。.

5.ガスボイラー室の製造手順-これは、ガス暖房のあるボイラー室で作業する場合に従う必要のある主要な文書です。.

6.この文書では、ガスボイラーを使用するための手順と規則について説明します。ボイラーの始動準備、緊急事態の警告、および保守マニュアルの説明により、ガスボイラーの作業が簡素化されます。.

ガスボイラープラント

ガスボイラープラントは、1つの部屋にある補助ボイラー設備の複合体です。これらの設備の主なコンポーネントは、温水または蒸気ボイラーです.

ガスボイラープラントの設置方法:

  • 添付,
  • 埋め込み,
  • 自立型.

環境パラメータに関しては、天然ガスの使用は、この燃料の使用中に大量の有害物質が形成されず、かなり高いレベルの効率が得られるため、最も環境に優しいタイプの燃料です。.

ガスボイラープラントの使用範囲:

  • 大きなアパートの暖房,
  • オフィス、工業ビルの暖房.

ガスボイラーハウスの費用は、以下の要因によって異なります。

  • モジュールの数,
  • ガスボイラー容量,
  • モジュール外コンポーネントの存在,
  • ガスボイラー室の重量と大きさ,
  • 給湯設備.

ガスボイラーハウスの運営

ガス式ボイラーハウスの運営には、ボイラー設備および暖房システムの運営および保守の準備を目的とした一連の対策が含まれます。.

ガス式ボイラー室での作業規則:

1.入室の際は、必ず電気をつけてください。.

2. 12〜15分以内に、ガスの臭いが消えるように部屋を換気する必要がありますが、臭いがなくても、毎回部屋を換気する必要があります。.

3.ガス式ボイラーハウスの運営には、以下のような多くの作業が含まれます。

  • ガス設備のトラブルシューティング,
  • ガス漏れの排除,
  • ボイラーのキンドリングとメンテナンス,
  • 打ち上げのための機器の準備.

4.予防作業には、いくつかのアクションが含まれます。

  • ガス設備の故障,
  • ボイラー設備の操作を自動調整するための装置の作動シーケンス,
  • ボイラーの過熱,
  • 換気の欠如,
  • 自動保護を担当するセンサーのパフォーマンスをチェックする,
  • 機器の暖房能力.