楽器

グラインダーの選び方

グラインダーまたはアングルグラインダーは、石や金属を切断するためだけでなく、さまざまな表面を洗浄、研削、粗面化するために設計された構築ツールです。グラインダーは日常の道具ではありませんが、農場に置く必要があります。建設用工具および商品の現代の市場では、この工具の多種多様なタイプが提供されています。コードレスグラインダーまたは電動グラインダーの両方で、大小を問わず、さまざまな価格で、さまざまな種類があります。関数のセットの…では、どれに注意を向けるべきですか?注意?

目次:

  • 主軸速度
  • 工具力
  • 安全性と利便性
  • メーカー
  • 価格カテゴリ

4.結論

使用目的

購入する前に、まずカテゴリを決定する必要があります。つまり、ツールを使用する目的を決定する必要があります。グラインダーによる切断が国内でのみ行われる場合は、低出力の小型グラインダーが最適です。ただし、この場合、このようなツールをプロのツールと比較すると、ホームモデルのパフォーマンスが低下し、機能のセットが少なくなることを覚えておく必要があります。このようなグラインダーを使用すると、継続的な作業で1時間に数回冷却する必要があります。.

グラインダーの定期的な使用が計画されている場合は、プロのツールを選択することをお勧めします。このようなグラインダーは、中断することなく数時間動作することができます。それらは最強で最高品質の素材から作られています。プロのグラインダーはより信頼性が高いと考えられていますが、寸法が大きく、故障した場合、そのようなツールの修理は、プロでないグラインダーの修理よりもはるかに多くの費用がかかります.

片手または両手?

最新のカッティンググラインダーには2つのタイプがあります。

グラインダーの主なパラメーター

主軸速度

最も安価なものに加えて、ほとんどすべてのモデルのグラインダーには、スピンドルの回転数を個別に調整する機能があります。多くのビルダーは、理想的なオプションはスピンドル速度が80 m / sのグラインダーであると考えています。.

工具力

ほとんどの場合、この構築ツールの特性では、最大ディスク直径のパワーが示されます。ディスクが広いほど、グラインダーの生産性が要求されます。ツールが強力であるほど、耐久性が高くなり、その結果、ツールの耐用年数がはるかに長くなります。しかし、そのようなグラインダーはより高価ではるかに重いでしょう。.

グラインダーを購入する目的が厚すぎない構造のショートカットと研削面である場合は、中出力のモデルを購入するのが最も論理的です。.

安全性と利便性

グラインダーを使用する場合、基本的な安全規則に従うことが不可欠ですが、ツール自体もそれらに準拠する必要があります。小さなサンダーを購入するときは、ハンドルの品質と快適さにも注意する必要があります。追加の利点は、ゴムインサート付きのグラインダーと、指用の特別な溝によって提供されます。また、グラインダー用の各種アタッチメントが保証する安全性にも注意が必要です。.

工具の長期使用が計画されている場合は、振動を吸収する特殊な材料で作られた追加のハンドルを購入することが望ましいでしょう。.

メーカー

今日、どのメーカーが最高の工具を製造するかについて絶えず意見の相違があり、この論争を解決することはほとんど不可能ですが、1つ確かなことは、グラインダーがロシアで製造されているInterskol社などの国内工具です。は、ボッシュグラインダー、クレスグラインダー、メタボグラインダー、マキタグラインダーなどに比べて品質がやや劣りますが、同時にアジアの多くのグラインダーよりも優れています。したがって、グラインダーを購入するときは、すでに実績のある実績のある会社に注意を払う必要があります。.

価格カテゴリ

まず第一に、あなたは最も安い道具を購入しないことが最善であることを覚えておく必要があります。グラインダーをめったに使用しない場合でも、破損する可能性が高くなります。一方、日常生活での通常の修理ロボットの場合、プロのグラインダーを法外な価格で購入するべきではありません。中価格帯のグラインダーを選ぶのが最も有益ですが、良いメーカーから.

出力

アングルグラインダーを選ぶときは、まず、実行する作業の性質に焦点を当てる必要があります。また、個々の好みや要件をすべて満たすようなツールを購入する必要があります。良い選択をする!