楽器

マイターソーの選び方

斜めにのこぎりは簡単な作業ではないので、マイターソーを使用して作業を簡単にします。このツールを使用すると、必要な角度で高精度に材料を切断できます。マイターソーは、組み立て、大工仕事、仕上げ作業に広く使用されています。彼らの助けを借りて、ドアフレーム、窓フレームが製造され、床が敷かれ、そしてはるかに多くのものがあります。だからマイターソーの選び方?

マイターソーの目的

マイターソーと呼ばれることが多いマイターソーは、ワークピースを特定の角度で切断するために使用されます。ほとんどの場合、このツールは木材の鋸引きに使用されますが、ラミネート、プラスチック、アルミニウムの作業に使用されることもあります。.

マイターソーは、特定の鋸引き操作を実行する際の高速性、軽量性、および精度が特徴です。それらの適用範囲は非常に広く、組み立て、大工仕事、仕上げ作業に使用されます。ウッドマイターソーは、家具のワークショップで広く使用されています.

金属マイターソーは、鉄、鋼、鋳造プロファイルから金属を切断するのに理想的です。それらは、プロファイルから窓枠を製造するために工場で非常に頻繁に使用されます。.

マイターソーの主な負荷は回転ディスクにかかるため、頑丈な素材で作られています。マイターソーは、あらゆる要素の組み立ておよび設置中の作業を大幅に容易にするため、アセンブリソーと呼ばれることがよくあります。.

マイターソーデバイス

マイターソーのデザインは非常にシンプルで、ほこりっぽいディスク、ギアボックス付きのモーター、ベース、スタートボタン付きのハンドルで構成されています.

のこぎりで使用されるモーターには、非同期とコレクターの2つのタイプがあります。.

誘導電動機は騒音が少なく、耐用年数がはるかに長くなります。ブラシ付きモーターの主な利点は、特別な注意や定期的なメンテナンスを必要としないことです。.

ほとんどの場合、モーターはブレードの右側に配置されていますが、一部のマシンでは、操作を簡単にし、斜めに切断するときの視認性を高めるために、モーターが背面に配置されています。.

鋸刃は、ギアボックスを介してベルトまたはギアドライブを実行するモーターのおかげで回転します。各プログラムには、独自の長所と短所があります。歯付きギアは高負荷での運転中の滑りをなくすことができ、ベルトはノイズが少なく、ディスクの振動をなくすことができるため、エンジンの寿命が延び、作業の質が向上します。.

卓上電動工具の品揃えには、鋸盤とマイターソーの2つの機能を組み合わせた鋸があります。実際、それらはクロスカッターであり、上に配置されたのこぎりテーブルが後付けされています。もちろん、複合マイターソーは特殊なダスティングマシンの完全な代替品ではありませんが、自宅で作業するときに最も重要なことは速度と精度であるため、多くの職人がそのようなマイターソーを購入します。.

一部の鋸には送り機能があります-鋸刃は平行に配置された2つのレールに取り付けられており、自由に動くことができます.

ブローチ付きマイターソーは、被削材の切り口幅が十分に広いのが特徴です。.

円形マイターソーは、材料を正確かつ真っ直ぐに切断するための最も便利で信頼性の高いツールです。.

マイターソーの選び方?

マイターソーを選択するための基準とアドバイス

マイターソーを選択するために、そして将来的に購入するために、あなたは基礎として以下の点をとる必要があります:

マイターソーの主な特徴は、特定の機械で正確に何を切断できるかを決定する切断の幅と深さです。また、多くはディスクの直径に依存します-それが広いほど良いです。ベッドとスイベルブロックが高品質であることが重要です。.

ほこりっぽいディスクを選ぶ

マイターソー用のブレードを選択するには、使用する材料に依存する必要があります。ほこりっぽいディスクの主なパラメータは、外径とボア径です。植栽の直径は通常3cmで、外側の寸法はさまざまですが、ほとんどの場合、21、25、30.5cmです。.

ディスクを選択する前に、エンジンが特定のディスクを使用するように設計できるという事実に注意を払う必要があります。したがって、大きなブレードは鋸の操作に悪影響を与える場合があります。.

作業の質は、製造材料、ディスクの歯の形状と鋭利さに影響されます。.

いくつかのタイプの歯はクロスカットでうまく機能し、他のタイプは縦方向のカットで高速を提供し、さらに他のタイプはきちんときれいなカットを実行します。.

一部のディスクモデルには、熱変形を補正し、動作中に発生するノイズを低減するために、波線と細いノッチがあります.

メーカーによるマイターソーの選択

最も安全で技術的に進んだのは、マキタ、コルベット、日立、ボッシュ、メタボ、デウォルトのマイターソーです。.

マイターソーは、切断幅が比較的小さいのが特徴です。それを増やすために、プロののこぎりは特別な牽引機能を備えています。.

このような工具の場合、作業ユニットは主にロッドに取り付けられます。通常、これらのロッドは2つあります。たとえば、マキタマイターソーLS0714のように.

ほとんどのメーカーは標準でテーブルエクステンションを提供していますが、より大きな部品を処理するために追加のサポートが必要になる場合があります。.

マキタマイターソーLF1000には専用の折りたたみスタンドが装備されており、作業が大幅に簡素化されます.

すべてのファセットの駆動部分は、切断角度を設定するための丸いセクションを備えた安定したベッドに配置されます.

最も信頼性の高いマイターソーのデザインは、アルミニウムまたはマグネシウム合金で作られたフレームを備えたものです。このようなスタンドは、軽量であるため、マイターソーの十分に高い強度と可動性を提供することができます。たとえば、ボッシュのマイターはGCM10の重量がわずか15キログラムであることを確認しました。.

コルベットマイターソーには、競合他社の製品とは一線を画す利点があります。それらはレーザー切断方向指示器と縦方向のブローチを備えており、最後に改善された機能は切断を最大43センチメートルまで増やす機能です。.

価格が多くの要因に依存する一部のマイターソーは、作業テーブルに対してヘッドを傾けることができず、通常、角度は45〜55度の間で変化します。ヒタチマイターソーは、ヘッドを15、22.5、および30回転させるように設計されています。度、およびそれらの重量は30キログラムを超えてはなりません.

一部のdewaltマイターソーモデルには、独自のXPSシステムが装備されています。それは、影がディスクから投影されるという事実にあり、それは追加の照明として機能し、最高の鋸引きの精度を保証します.

メタボマイターソーには、ほこりっぽいブレードのスイングとチルトを調整できる特別なメカニズムが装備されています。これらののこぎりは、実際にはさまざまな一般的な丸鋸であり、レイアウトまたは作業テーブルの上に留め具を提供します。.

インタースコルマイターソーは、ベース、のこぎりの刃、モーター、スタートボタン付きのハンドルを含むシンプルなデザインが特徴です。斜めに切るには、テーブルまたは鋸刃を回すだけです。このブランドのマイターソーの場合、ディスクは両方向に回転します.

マイターソーを使用する際の安全性

マイターソーは切削電動工具ですので、作業中は目の安全に気を配りながら保護メガネを着用してください。.

マイターソーの安全システムには、ブレードが詰まった場合の自動シャットダウン、ソフトスタート、ブレード交換中の自動ロック、絶縁破壊に対する保護、および処理中の材料を固定するための迅速で最も重要な便利なシステムが含まれます。.

切断部分は、操作中に取り外すことができる特別なカバーで保護することが重要です。.

優れた安全性を実現するために、システムには電気力学的ブレーキが装備されており、停電後にエンジンを迅速かつスムーズに停止することができます。.