楽器

パイプクランプの修理:選択と固定の機能

修理パイプクランプは、パイプライン本体の欠陥を排除するために使用されます。したがって、この記事では、水道管の固定の特徴を備えたそれらの特性を検討します。.

目次:

クランプはどこで使用されますか??

クランプの助けを借りて、小さな損傷を修復し、「不要な」はめ込みをブロックし、腐食による影響を中和し、バーストセクションを接続することができます。一言で言えば、修理製品は非常に効果的であり、多くの場合、パイプの完全性に関する問題を解決する唯一の方法です。.

パイプクランプは、パイプラインの水平および垂直セクションに取り付けるように設計されています。曲がりや交差など、湾曲したり接続されている領域では、インストールプロセスは効果的ではありません。製品の材質に制限はありません。修理用クランプは、脆い鋳鉄管と銅製のプラスチックパイプラインの両方に取り付けられています。アスベストセメントで作られた特別なクランプさえあることは注目に値します。店舗で複合パイプラインまたはポリマーパイプラインの修理製品を購入することもできます。.

クランプは何のためにありますか??

パイプ修理クランプの助けを借りて、あなたは多くの欠陥を取り除くことができます:

1.パイプライン本体の亀裂。さらに、任意のサイズ-最小からかなり長いまで.

2.給水システムの構造の破損。このバージョンでは、パイプ用の固定クランプが使用されています。これにより、欠陥を取り除くだけでなく、支持面(壁または天井)の欠陥を修正することもできます。.

3.パイプ本体の瘻。この場合、弾性ライニングを備えたカラーが使用され、瘻に押し込まれます。さらに、パイプラインの攻撃的な媒体の輸送には、化学元素の影響に耐性のあるステンレス材料で作られた修理製品が選択されます。.

4.パイプ本体の腐食による損傷.

修理クランプの利点と特徴

1.鉄筋コンクリート、プラスチック、鋳鉄、鋼など、さまざまな材料で作られたパイプに使用され、修理クランプの汎用性を決定します.

2.クランプの取り付けプロセスは、ほとんどの作業者や配管工にとって安価で信頼性の高いオプションです。いずれにせよ、明確な指示と推奨事項に従って、誰もがクランプを締める際に独立して修理作業を行うことができます。これにより、パイプラインの溶接プロセスや配管工の賃金にかかる費用と時間を節約できます。.

3.操作の過程で、異なる軸でパイプを接続することができます。.

4.主な特徴は、ステンレス材料からパイプを製造するプロセスです。これにより、ライ麦や腐敗地域などからのパイプの耐用年数を延ばすことができます。したがって、ほとんどのビルダーはプラスチックとポリプロピレンのパイプを使用することを好みます。.

5.修理用クランプの取り付けには、特別な知識やスキルは必要ありません。これは、突然のパイプの漏れやその他の損傷の状況を正当化するものです。.

6.最大約100度の高温条件に耐える能力.

7.信頼できるメーカーの高品質の素材で作られたクランプは、長寿命です。.

クランプメーカー

現代の世界では、クランプのパラメータや特性だけでなく、製造元や国にも注意を払うことが重要です。クランプをベースにした修理キットは世界中で製造されていますが、配管工の間では次の会社が最も人気があります。

  • Romaconは、修理やその他の形式のクランプを製造するオランダの会社です。.
  • Melcher and Frenzen Armaturen-配管市場に従事し、外国および自社のパイプ用のクランプを製造しているドイツの企業.
  • Domex-エリート製品が市場で提供されているポーランドの修理要素.
  • IDRAは中国からのかなり高品質の製品です.

国内メーカーの中でも定評があります "エッコッド", ヨーロッパの生産技術でバイヤーに高品質の商品を提供します.

典型的なクランプ-品種の概要

パイプラインの欠陥や亀裂を除去するためにさまざまなクランプを使用するかどうかは、損傷の程度、パイプの材質、およびその目的によって異なります。多くの労働者は、修理のために材料とコンポーネントのキットを購入することを好みます。これは、実行される作業のタスクを狭めます。一般的なクランプ設計には、次のタイプの修理キットが含まれます。

タイプとその特徴:

  • クランプは両面で、ネジで接続された2つの要素で構成されています。修理キットの選択は、特定のパイプ直径に合わせて選択されます.
  • U字型の片側クランプで、上部にミシン目があります(ねじ山取り付けに適しています)。このような修理製品は、小径のパイプに使用されます(たとえば、モデルDN50のパイプの片側修理クランプ).
  • かなりの直径のパイプの本体を保護するために使用されるマルチピース。 3つ以上の要素で構成されています。したがって、そのようなクランプは、いくつかのねじ山のペア(およそ、要素間の任意のジョイント用の1つ)に取り付けられます。.
  • パイプクランプは、同じ片面または両面の修理キットであり、下部にセルフタッピングネジがねじ込まれ、特別なミシン目が通されています。作業の開始時に、下部領域はセルフタッピングネジを使用して壁に固定されます。その後、パイプを下部コネクタに挿入し、上部クランプ要素で固定します。.

修理クランプを取り付けるプロセスはどうですか

修理クランプを取り付けるプロセスは、2段階で行われる迅速で単純な作業です。簡単な説明を検討してください。

  • 最初のステップは、固定ロックが欠陥のある場所の反対側になるように、パイプの周りにクランプをねじ込むことです。
  • その後、修理パイプの本体にぴったりと合うようにナットを固定する必要があります.

パイプ本体の損傷部分への高品質の取り付けは、クランプの材質と強度に依存します。重要な要素は、パイプラインの表面とのインターフェースの機能です。取り付けたクランプは交換する必要がなく、パイプ自体が長持ちするので非常に効果的です。ほとんどの場合、パイプラインまたはその特定のセクションを交換するためにお金を払いすぎるよりも、多くの修理クランプを購入する方が便利です。各顧客は、損傷の程度に応じて、特定された問題を迅速かつ経済的に修正するのに役立つ金属、プラスチック、またはその他のクランプを選択します。.

修理用クランプは通常、スクリュータイ付きのセミクローズドカラーの形をしており、パイプの直径をカバーする必要のある2つまたは3つの要素で構成されています。すべてのコンポーネントは、ボルトを使用して折りたたんで締める必要があります。クランプの直径は、敷設されたパイプラインの直径に対応している必要があります。これにより、固定面が完全に密閉され、液体の漏れを防ぐことができます。.

考慮されるインストール方法は、普遍的で単純であると見なされます。ただし、インストールには特定のスキルを必要とする問題があります。したがって、ボンディングにはいくつかのオプションを検討する価値があります。.

1.安定した固定パターンのシステム。固定点のある主なアンカーポイントは、鋼管クランプまたは他の材料がそれ以上動かずにパイプ本体のベースを固定する領域です。このような固定は、体のフレアポイントの近くで行われます。この設置システムは、さまざまな形状のフィッティングを使用して、強力な留め具を固定します.

2.自由形式のアタッチメント(「フローティング」とも呼ばれます)。金属製または鋼製のパイプクランプは固定対象ですが、締め付けには手間がかかります。この形式の固定の2番目のオプションは、プラスチッククランプの使用です。アプリケーションの結果として、効果的な結合を確実にするために、前のものよりも大きい直径を選択する価値があります。.

修理クランプを取り付けるために必要な材料とツールのリスト:

  • 継手、サポート;
  • 必要な直径のパイプ;
  • 柔軟なライナーを備えた特定の直径のクランプ。
  • 固定;
  • 角かっこ;
  • 他のツール.

取り付け要素としての金属、プラスチック、その他のクランプ

パイプを取り付けるプロセスでは、特定のクランプシーケンスを使用したさまざまな形式の固定を使用します。これは、固定された要素の安定性を確保するのに役立ちます。追加の要素は、パイプの分岐またはそのターンの領域で使用されます.

暖房の効いた建物では、金属製またはプラスチック製のパイプクランプを固定して固定することをお勧めします。他の実施形態では、設置者は、弾性パッドを使用する柔軟な取り付け方法を使用する。パイプが大きな温度差にさらされる場合は、可動タイプと弾性ガスケットを備えたさまざまな形状のクランプを使用することをお勧めします。.

プラスチック、金属、鋼など、あらゆる種類のクランプの使用は、パイプラインの欠陥を修正するための配管作業を目的としています。それらの固定の方法は、鋭く鋭利な端を備えた金属ヘアピンで壁に固定することからなる。鋳鉄管またはプラスチック管のクランプは、形状と留め具の長さが異なります。たとえば、ポリプロピレンパイプは約2メートルの距離でクランプで固定され、プラスチックパイプはより少ない頻度で固定されます。.

自家製クランプ

自家製の修理キットは、輪ゴム、テープ、ワイヤーなど、さまざまな素材で作ることができます。.

クランプの組み立てプロセスは、次の順序で行われます。

1.古い自転車のチューブから切り取ることができる輪ゴムがチューブにねじ込まれています.

2.その後、「ヨーク」のエッジに特に注意して、タイを巻線で固定します(それらは太いターンで補強され、一列に囲まれています).

3.ワイヤーで固定されたゴムは、テープまたは電気テープで包まれています.

4.次に、構造をペイントできます。.

自家製クランプの制限と利点

パイプを敷設するためのクランプは、直線セクションと水平セクションでのみ設置係数を考慮して使用できます。

  • まず、パイプの外側から、まっすぐなセクションでのみ.
  • 第二に、最大直径350ミリメートルのパイプラインでのみ.
  • 第三に、パイプクランプのサイズで:15-20cm +欠陥のあるセクションの長さ。さて、ポリマー製品の場合、追加のサイズは20〜30cmです.
  • 第四に、パイプ本体が破損した場合(両端間の距離)は10ミリメートル以下です。この場合、軸の偏差は3度を超えてはなりません。.
  • 第五に、損傷の場合、パイプ本体の60パーセント以下がクランプによって閉じられます。曲率がかなりの面積を占める場合は、このセクションを切断して、カップリングまたは2つのクランプのインサートと交換する方が簡単です。.

このような状況では、パイプクランプの設置は次の利点を約束します。

1.修理キットの非常に迅速なインストール。クランプの取り付けにかかる時間はごくわずかです。固定プロセスは、ボルトナットをねじ込むことで構成されます.

2.高レベルの安定性-高品質のクランプが正確に取り付けられており、6気圧から10気圧以下に耐えます。同時に、培地の温度は摂氏120度まで耐えることができます。.

3.非常に広い範囲の寸法。最小のクランプは15cm(1/2 “)のパイプに巻き付けることができ、他のクランプは1200mmのパイプラインに取り付けることができます。公開市場には350mmのシリアルクランプしかありませんが、より大きなサイズはカスタムメイドです.

4.通常、長い貯蔵寿命は、パイプライン表面の完全性を維持しながら、少なくとも5年間の操作を保証します。

5.輸送された媒体の動きを妨げる必要なしに、亀裂または穴からの漏れを排除する能力。このような場合、クランプは緊急修理作業員の配管工に人気があります。.

配管店では、パラメータや特性が異なるさまざまな修理用クランプが提供されています。パイプクランプのオプション、商品の個人注文用のカタログの写真が提供されます。製品の品質と正しい選択を確実にするために、専門家からの推薦を求める価値があります。.