楽器

どのドリルを選択するか

手を持つ男のために ドリル 家の中で最も重要な楽器です。ネジをすばやく確実に固定し、写真を吊るし、家具を固定します。ドリルを使わずにこれらの小さな作業を行うのは困難です。しかし、ドリルは他のパラメータの形状、目的、価格、質量も異なります。.

ドリルは、電気またはコードレスの工具であり、木材、石、コンクリート、金属などの密度の高い材料に穴を開けるのに必要です。.

どんなドリルがありますか

すべてのドリルはに分かれています 家庭プロフェッショナル. 動作原理は誰にとっても同じです。パワー、ドリル速度、穴径、耐用年数、価格の違い。専門の電動工具センターがあなたに提供します セミプロ ドリル。これらは移行モデルです。彼らが家庭の場合、彼らは専門家に固有の特性を持っています。専門家の場合は、逆に、コンポーネントはありませんが、品質に優れ、長寿命です.

どのドリルを選択するかは、その目的によって異なります。何日も機能し、重い荷物から壊れることのない強力なツールを購入して、パッケージに入れておき、年に1回取り出して、キッチンに別の写真を掛けるためのネジ用の穴を開けます。そのような場合に費やされたかなりの金額は完全に無駄になっています。修理があなたの仕事になっているので、小さくて軽量のツールを購入して手放すことはできませんが、すぐに故障したドリルに憤慨していることを誓う必要があります-これもオプションではありません。.

定期的な家事労働の場合、家計を購入する方がさらに適切です ドリル価格 彼女は家族の予算に左右されることはありません。また、ドリルを1年に3〜4回以上使用する場合は、専門の工具を購入する価値があります。.

ドリルタイプ

ドリルはずっと前に発明されました。もともとは手作りでした。ドリルの作業は、マスターがハンドルを回すのにどれだけの労力が加えられたかに直接依存していました。今、ハンドドリルは過去のものです。古いモデルは、電気ドリルとコードレスドリルに置き換えられました。 1つ目は主電源から電力を供給され、2つ目は交換可能なバッテリーから電力を供給されます。一般に、次のタイプのドリルが区別されます。

  • 穴あけ器
  • ハンマードリル
  • 従来のドリル
  • ドライバー(コードレスドリル)

ハンマードリルはプロ用ドリルに分類されます。これは、壁を削ったり、コンクリート、石、レンガに穴を開けたり、古いタイルを取り除くなどの余分な材料を削ったりするための、大きくて強力で重いツールです。ハンマードリルの主な仕事はハンマーで打つことです。それは、高い衝撃エネルギー、大きなボア径、長い耐用年数、およびコストの増加を特徴としています。これは建設の専門家のためのツールです.

ハンマードリルはハンマードリルよりわずかに低い特性を持っていますが、プロのツールにも属しています。石、レンガ、コンクリートに穴を開けるときに使用されます。そのようなドリルのドリルは、その中に2つのラチェットがあり、それらが操作中に互いに接続しているので、そのような材料を克服することができる。 1つはドリルの内側にあり、もう1つは回転チャックに取り付けられています。ドリルをするとき、彼らの助けを借りたドリルはチゼル(または衝撃)の機能を獲得します。ちなみに、そのような必要がなければオフにすることができます。主電源と充電式バッテリーで動作します。ハンマードリルは使いやすく、ハンマードリルよりも軽量で、主にワインダードリルを使用して作業します。価格的には、このようなドリルはハンマードリルのほぼ2倍安いですが、従来のドリルよりも高価です。.

通常のドリルは、衝撃機能がないという点でパーカッションドリルとは異なり、金属、コンクリート、レンガを掘削することはできず、木材のみを掘削します。これは、田舎の木造住宅で、納屋やガレージで家具を組み立てる際の小さな作業に適した家庭用ドリルです。それは電気または充電式にすることができます。 1つ目は長時間動作するので便利で、2つ目は任意の距離に移動してコンセントがまったくない場所にドリルで穴を開けることができます。.

ドライバーはさらにシンプルです。建設現場でのネジの打ち込み、修理、家具の組み立てに必要なツールです。これは実際にはドリルではありませんが、メカニズムの回転の同じ原理で機能します。これはコードレスツールです.

経済人で頻繁に修理する傾向がある人は、これらのツールのタスクが異なるため、家にドリルとドライバーを置くことを好みます.

ドリルを購入する場所

私たちが通常店でファッショナブルなコートを購入し、市場で新鮮な肉を購入する場合、ドリルではそれはより困難です。ドリルは、金物店、電動工具、スーパーマーケット、および既製のもので購入できます。各オプションには、独自の長所と短所があります.

手で購入する、つまりすでに使用されているツールを購入することは、プラスの価格であり、操作の原理とすべてのパラメーター(情報)を知っている所有者です。欠点は、機器の保証がないことです。そのようなドリルがパッケージに含まれていて、2〜3回使用された場合、それは長い間忠実にあなたに役立ちます。しかし、長い間毎日機能していた、安全域全体を費やした、または湿った冷たいガレージに横たわっていたツールは、すぐに故障し、その価格は、たとえ小さなものであっても、正当化されません.

ハイパーマーケットや家庭用品店は、保守性と品質保証を提供しますが、ここでは、ブランドやモデルを選択するための有能な指示や実践的なアドバイスを得ることができません。そのような店では、売り手の目標は商品を売ることであり、これらの売り手自身は建設業の専門家ではありません。そして、あなたは価格を推測することはできません.

あなたの要件とニーズに応じてあなたにぴったりの良いドリルは、小さな電気店にあります。原則として、ここのマネージャーは有能な人々であり、彼らは悪いことをアドバイスしません。確かに、マイナスもあります。これらの店舗のサプライヤーは特定の企業であることが多いため、ここでのブランドの選択は2つまたは3つの名前に限定されます。しかし、品質保証があり、専門家からツールの特性を学びます.

ドリルビット

ドリルの回転機構は、掘削だけでなく、建設や修理から遠く離れた他の地域でもよく使用されます。特別なものがあります ドリルビット, 多種多様な仕事をしている人。彼らは建築材料の表面をきれいにし、粉砕し、磨き、溶液を混合し、ジグソーとして必要な部分を切り取りさえします.

プロのアタッチメント:

  • 停止(穴あけの角度と深さを維持するノズル)
  • おがくずブロワー
  • ミニドリル用アクセサリー(コレットチャック)

他の目的のためのノズル:

  • 円形カッター(合板、ハードボード、その他の材料から円を切るため)
  • 花びら研削アタッチメント
  • 表面研削(多くの場合ゴム)アタッチメント
  • サンディングとポリッシング用のフェルトアタッチメント
  • スクリュードライブのさまざまなプロパティのビット(角度、四面体、磁化、十字形)

  • 鳥を摘むため(養鶏業者の仕事を大幅に促進する):

既存のドリルブランド

建設製品の市場では、メーカー間で顧客をめぐる競争が繰り広げられています。ドリルは、特にそれがプロのツールである場合、失敗する傾向があります。修理の費用、スペアパーツの購入能力、および作業期間は消費者の意見に影響を与えるため、競合するブランドは、リーダーシップの地位を失わないようにツールを絶えず改善しています。.

コストと機能セットの観点から、最も高価なのはプロです からのドリル Metabo, ヒルティ DeWalt. それらは約2,500から数万ルーブルの費用がかかります。しかし、彼らはまた彼らのお金に値します-マスターにとって信頼性が高く、強く、機能的で、耐久性があり、絶対にかけがえのないツールです。.

大多数の企業は優れた工具の製造に注力していますが、機能が少なく、わずかに安価で、2〜6千ルーブルの費用がかかりますが、品質と作業時間は申し分のないものです。この市場セグメントには以下が含まれます ボッシュをドリルする (建設業界で最も愛されている会社の1つであり、多くの専門家が同じメーカーから他のツールを購入しようとしています)。したがって、GBM 6 RE Professionalは小さな穴を開けるために設計されていますが、GBM 32-4 Professionalはそのパフォーマンスが特徴で、4つの速度があり、高負荷でも非常に信頼性があります。.

もう一つの注目すべきブランドは マキタドリル, スペシャリストのために作られたパーカッションです。このブランドのドリルのほとんどは、金属製の本体と二重保護モーター絶縁を備えています。これはまともな労働生活を保証します。ここには、キーレスと鋸歯状の2種類のチャックもあり、間違いなくその用途を拡大します。.

そしてもちろん、日本の品質は自動車だけでなく電動工具にも存在します。優秀な 日立ドリル -多くの職人の欲望の対象-は、重い楽器でさえ、特性と優雅な形の両方が異なります。人間工学、コンパクトさ、軽量、信頼性-それがすべてです。ドリルモーター-この会社によって特別に発明され、特許を取得.

はるかに手頃なパーカッション ドリルスキル. このブランドは、インパクトドリルのように スパーク, あまり宣伝されていませんが、その特性は悪くありません。通常、彼らは田舎の家のアパートで家事や修理のために購入されます。彼らは約1500-2000ルーブルの費用がかかります。部品のコストと入手可能性のマイナス-ドリルが故障した場合、修理するよりも新しいものを購入する方が安い.

各楽器はマスターの手の延長のようなものであり、各マスターは自分の手を持っているため、このランキングはすべてかなり恣意的です。 1つは日立が最も好きで、もう1つは長年の仕事があります。 ドリルインタースコル, ラバーグリップ、優れたフィット感、優れたパフォーマンスを備えた軽量で便利なツール.