楽器

除雪機-利点、種類、選択のヒント

冬が始まった直後、雪が急激に降り、白い毛布ですべてを覆うことが時々起こります。もちろん、雪のない冬は冬ではありません。しかし、雪の吹きだまりがほんの数時間で印象的なサイズに成長した場合、どうやって家に帰るのですか?シャベルは、大きな積雪に常に対処できるとは限りません。.

このような事態を避けるために、事前に除雪機の購入を検討することをお勧めします。この記事では、除雪装置がどこでどのように使用されているか、どのような種類の除雪装置が存在するか、除雪機を選択する際に何を探すべきかについて説明します。.

除雪機-それは何であり、どこで使用されていますか

除雪機は、広範囲にわたる自動除雪用に設計された多用途の機械です。除雪機は、指定された収集ポイントに雪を掃き、収集し、投げます。肉体労働から解放され、除雪にかかる時間を大幅に節約するために特別に設計されています。.

除雪装置はどこで使用されていますか?除雪時間が短く、作業量が多い場所では欠かせません。プライベートエリア、ショップ、カフェなどの近くの清掃に使用されます。今日、現代の都市では、除雪機なしではできません。さまざまな企業、公益事業者が、工業地域や隣接する地域の清掃に使用することがよくあります。.

除雪機の種類

除雪機の主な違いはエンジンの種類です。この基準に従って、次のデバイスが区別されます。

  • ガソリン除雪機;
  • 電気除雪機.

電動除雪機は、清掃エリアがあまり広くないプライベートエリアで最もよく使用されます。それらの電力は最大2000Wで、ゴム製のオーガーが装備されています。このような除雪機の利点は、使いやすさと軽量化です。.

ガソリン除雪機は強力な除雪機です。ギアボックス、強力な金属製オーガー、大きなゴム製ホイールが装備されています。この除雪機は、積雪でも破砕することができます。このタイプの除雪機は、必要な場合にのみ購入する必要があります。比較的高価で、燃料効率が低く、メンテナンスが必要なため、大量の除雪が必要です。.

除雪方法によると、除雪機は次のとおりです。

  • 単段;
  • 二段式.

単段除雪機では、オーガーが作動要素として機能します。雪を挽き、集め、投げます.

二段式除雪機では、オーガーに加えて、ローターも作動要素として使用されます。最初は雪を砕いておやつでかき集め、2段目は雪を投げる力を高めます.

また、除雪機は次のように分けられます。

  • 自走式で、その設計にはホイールまたはトラックドライブが含まれます。
  • 非自走式、手動操作.

非自走式除雪装置は、自分で移動する必要があるため、小さなエリアの所有者にとって最良の選択です。このような洗浄機は比較的低電力であるため、可用性、精度、効率、操作性など、多くの利点があります。しかし同時に、次のようないくつかの欠点もあります。積雪や深い雪の除去には問題があります。.

自走式除雪機は自動運転式であるため、オペレーターの労力が軽減され、電力が増加するため、広いエリアで雪を取り除くことができます。また、15m未満の距離で雪を投げることができるという重要な利点があります。また、非常に低温の条件に耐性があり、深く詰まった雪を投げることができます。.

自走式除雪機は次のとおりです。

  • 追跡;
  • 車輪付きの.

車輪付き除雪機が最も一般的で最も安価ですが、追跡式除雪機はプロと見なされています。.

除雪機のしくみ

エンジンを始動した後、それは傾斜したブレードまたはらせん状の壁、あるいはむしろオーガーでロッドを駆動します。除雪機が領域を横切って移動している間、オーガーメカニズムが雪を拾い上げ、十分に強力なインペラーを備えた特別なホッパーに雪を供給します。その後、雪は指定された場所に移動します。一部の除雪機には、操作を容易にするように設計されたアクセサリが装備されています。.

たとえば、家庭用の除雪機には、夜間の清掃を容易にするためにヘッドライトが装備されていることがよくあります。.

快適さのために、除雪機は時々除雪機に加熱グリップを装備します。一部のモデルには電気スターターが装備されており、氷点下の温度での始動プロセスが大幅に容易になります。.

家庭用除雪機には、多くの場合、各ホイールを個別に制御できるメカニズムが装備されているため、デバイスの制御プロセスが大幅に簡素化されます。.

鉄道では、横方向積雪のオーガーローター部分を備えた除雪機が使用されています。.

除雪機は、機械的な作業を楽しくてやりがいのある野外活動に変えるのに役立ちます.

除雪機の利点

特殊なスノーマシンの利点は誰にでも明らかです.

まず、メンテナンスの観点から、この手法はまったく厄介ではありません。.

第二に、必要に応じて、除雪機の修理は十分に迅速に行われ、多額の財政的投資を必要としません。適切な手入れと操作を行えば、修理の必要性がほとんど発生しないことは注目に値します。.

第三に、この手法は操作が非常に簡単で、信頼性が高く、経済的で、非常に効率的です。.

除雪機の正しい選択

価格が多くの要因に依存する除雪機を選択するときは、次の点に注意する必要があります。

短い道など、雪から小さな土地を取り除く必要がある場合は、スクリュー除雪機を購入できます。コンセントから操作でき、コンパクトなサイズです.

広いエリアをクリアするには、ロータリーオーガー除雪機を購入するのが最善です。このマシンには、巨大なバケットと多段ギアボックスが装備されています。このタイプの除雪機は、最近降った雪だけでなく、大きな雪の吹きだまりにも簡単に対処できます。.

湿った積雪を取り除くには、ギアボックスを下げる必要があります。ミドルギアはカバーの緩みからエリアをクリアするのに適しており、ハイギアボックスでは、車は主に輸送されます.

ホイール間の固定接続のロックを解除して適切な操作を行うために、重い除雪機を選択する場合。このような機械では、トルクは基本的にすべての車輪に均等に伝達されます。この機能が利用できない場合、除雪機が向きを変えるのが困難になります。.

除雪機メーカー

最も人気のあるのは、Patriot、MTD、Champion、Husqvarna、Hondaなどのメーカーの除雪機です。.

Husqvarna除雪機は、自治体および園芸機器の世界的に有名な代表者です。この会社の本社はスウェーデンのIonserde市にあり、工場は世界の多くの地域にあります。除雪機は、その品質の高さから70カ国以上に輸入されています。信頼性が高く、環境に優しく、強力なスノーマシンは、多くの消費者の信頼を獲得しています。 Husqvarna除雪機の印象的な代表は、ST 121Eモデルです。これは、降ったばかりの雪の小さな層を掃除するのに適しています。広い範囲で重い雪の層を取り除くには、Husqvarna5524ST除雪機を購入する必要があります。それはより強力で、どんな雪でも簡単に扱うことができます。.

フォレスター除雪機は中国の除雪機です。良質と低価格が異なります。このタイプの除雪機は1600Wの電気モーターを備えており、夏の別荘の近くの小道など、狭い場所で除雪するのに最適です。.

MTD除雪機は、世界中で卓越した信頼性と高品質の機器で長い間評判を得ています。 3.5〜7.6馬力のエンジンを搭載しています。 MTD社は1932年に設立され、それ以来、他の業界向けのツールの供給から、世界中で販売されている高品質のハイテク機器へと、長く困難な道を歩んできました。この会社の製品は、カナダ、アメリカ、ヨーロッパで製造されています。会社の主な原則:革新的な技術の使用、資格のある人員の仕事、およびすべての消費者の要件の満足.

家の近くの薄い雪の層を掃除するには、非自走式MTDM53除雪機または自走式MTDM56およびMTDM61除雪機が理想的です。.

チャンピオン除雪機は、質の高い生活と快適さを重視するサイト所有者にとって真の天の恵みです。選択したモデルに応じて、除雪機は最大5つの前進速度と2つまたは1つの後退速度を持つことができます。エンジン出力は6.5-13HPで、オーガー幅は114cmです。.

ドイツの会社Huterは、電気機器の大手メーカーの1つです。彼女は1979年にミルラ市場に参入し、除雪機などの園芸用品の製造を専門としています。.

スナッパー除雪機は、収穫および園芸機器のオランダの会社の最も古い代表です。 1894年以来、同社は製造技術の分野で革新者として活躍してきました。強力なストラットンエンジンとブリッグスエンジンを使用しており、信頼性と耐久性に優れています。この技術は十分に強い溶接構造を持っているので、どんな複雑な雪にも対処することができます。.

ホンダ除雪機は日本の除雪機です。日本のスペシャリストは、消費者の要望をすべて研究し、世界中で認められている、ハイテク、高品質、パワフルで信頼性の高い除雪装置を開発しました。彼らは4.4から9馬力の容量を持つエンジンを搭載しています。.

ホンダHS550EAやホンダHS621K1GEなどのモデルは、雪の小さな層を取り除くように設計されています。ホンダHS622K1ETおよびホンダHS622K1ETS除雪機は、より重い雪の層を除去するのに理想的です。.