楽器

電気のこぎりの選び方

自分の手の創造を楽しむのはいつでも楽しいです。そして、修理や建設の間、あなたの仕事からのあなたの喜びは、家計の維持によって倍増されます。しかし、どんなビジネスにも生産手段が必要です。私たちのビジネスの成功は、その特性とリソースに依存します。幸いなことに、建設業界は膨大な数のツールを提供しているので、それを詳しく調べて選択する必要があります。.

それでは、電気のこぎりのようなかけがえのない道具のカテゴリーに目を向けて、電気のこぎりの選び方を考えてみましょう。レビューの構造は次のとおりです。パワーソーのタイプを選択し、その適用範囲、主な特性、機能を検討し、比較表にいくつかのモデルの主なパラメーターを示します。.

チェーンソー

チェーンソーが不可欠な場合:

  • 限られたスペース(家、ガレージなど);
  • メンテナンス(混合燃料の準備など)の時間がなく、ソケットが手元にある場合。
  • 大量の作業と切削精度が重要な場合.

応用分野:

  • 公園;
  • 大工仕事;
  • 工事;
  • 木材加工.

最初の2つのアプリケーション分野では、家庭用電気のこぎりで十分ですが、残りの分野では、専門のツールなしでは実行できません。.

主な特徴:

メモ!チェーンソーを操作するためのシンプルで重要なルール:1分間の操作= 40秒の作業+20秒のツールの「残り」.

特殊性

電気チェーンソーは、薪を切ったり、古木を切ったりするためのものではありません。極端な場合、このツールを使用してこの種の作業を実行する必要がある場合は、慎重に使用する必要があります。はい、それははるかに長くかかりますが、そうでなければあなたのアシスタントはすぐに「死に」なり​​、サービスセンターへの旅行が保証されます.

チェーンが適切に研がれていることを常に確認してください。電気のこぎりは、その設計上の特徴により、負荷の増加に対してより敏感です。これは、電気のこぎりで鈍いチェーンを使用する作業のリソースがチェーンソーのそれよりもはるかに少ないことを意味します。.

モーター過熱保護システムを持つことが非常に望ましい。電気のこぎりを選択する前に、その入手可能性について売り手に尋ねてください。電気のこぎりの寿命を大幅に延ばします.

縦置きモーターを備えたチェーン電気のこぎり、たとえばタイガの電気のこぎりを例にとると、そのようなツールの人間工学ははるかに優れています。エンジン位置のタイプを見つけるのは非常に簡単です、上記の変形では、ボディは長くて狭いです.

チェーンソーの特性の比較表

丸鋸

丸鋸は、木材、合板、チップボード、ポリマー、金属など、さまざまな材料を切断するために設計されています。素材の種類ごとに特別なディスクがあります.

丸鋸は、他のツールと同様に、家庭用と専門用に分けられます.

主な特徴:

メモ!鋸刃は歯数が12から110まで異なります。きれいで正確な切断を行うには、36からの歯数の刃が必要です。また、歯の​​鋭角による分割もあります。ディスクの回転方向に曲げられた歯は、正の鋭角を持ち、その目的は木とプラスチックです。回転の過程で歯が曲がっている場合-負の鋭角。このようなディスクは、スズおよび非鉄金属での作業用に設計されています。.

特殊性

あなたが好きな丸鋸のモデルが過負荷保護を持っているならそれは良いことです。このような鋸では、モーター巻線を加熱する特定の温度に達すると、ツールがオフになります。このようなシステムは、耐用年数を大幅に延長します。.

一部のモデルには、ブラシ摩耗インジケーターがあります。これにより、時間内にブラシに気づき、交換することができます。また、電気モーターを保護するために、ブラシが過度に摩耗した場合にセルフシャットダウンするシステムがあります。これは、エンジンのリソースを節約し、ユーザーが使い古した要素を簡単に交換できるという点で便利です。.

購入する前に、必ず動作中の機器をテストしてください。建設ハイパーマーケットでは、これは前提条件であり、組み立てられた状態の状態をチェックします。作業工具を手に持ってください:それがあなたの手にうまくフィットするならば、それは快適で、過度の振動はありません-それを持っていってください.

丸鋸の特徴

ジグソーパズル

ジグソーは、さまざまな種類のシート材料のカーリー、横方向、および縦方向の切断を実行するように設計されています.

このタイプのパワーソーは、次のタイプの作業に不可欠です。

  • 材料の曲線切断;
  • セラミック、ラミネート、金属、木材など、ほぼすべての材料を直接切断します。
  • 形をした切断、さまざまな直径の丸い穴など。.

ジグソーパズルの主な特徴は次のとおりです。

メモ!鋸刃の長さは50〜105 mmの範囲で、まれなモデルでは155 mmまでです(たとえば、Wilpu)。厚さによって、ファイルは2つのタイプに分けられます:まっすぐな切断と湾曲した(狭い).

特殊性

振り子のスピンドル運動を備えた工具が望ましい。切断速度が速く、切断刃の寿命を大幅に延ばします.

回転-並進ストロークを調整できるモデルに注意してください。たとえば、ボッシュの電動鋸にはそのような機能があります。このタイプのジグソーは、たとえば、木材の切断には最大ストローク/分が必要であり、セラミックの場合は禁忌であるため、より用途が広く信頼性があります。.

ジグソーパズルのもう1つの重要なニュアンスは、ソールにあります。つまり、破片防止ライナーを取り付ける可能性にあります。これは、セラミックや同様の壊れやすい材料を扱うときに非常に便利な要素です。.

ジグソーパズルの特性の比較

レシプロソー

このタイプの電気のこぎりの応用分野は、まな板から金属パイプまで非常に広範囲です。手の届きにくい場所ではレシプロソーが欠かせません.

主な特徴

特殊性

このタイプの電気のこぎりでは、材料によってストローク数が異なるため、ストローク数を調整するシステムを用意することが非常に重要です。カットの品質はこれに依存します。.

刃の摩耗を抑えることができるので、切り込み深さを調整する機能があれば不要です。そのような機能の例がビデオに示されています、マキタ電気のこぎりはレギュレーターを備えています。.

その結果、ツールの運用コストが削減されます。のこぎりの振り子移動システムもこのカテゴリに属し、ブレードをより穏やかに使用できるようになり、切断速度が向上します。モードを切り替える可能性があったことが望ましい.

レシプロソーのいくつかのモデルの比較

どの電気のこぎりを選ぶかはあなた次第です。提供された情報が電気のこぎりの正しい選択に役立つことを願っています。そしてそれは長年にわたって信頼できるアシスタントになるでしょう。.