楽器

自分の手でメーターの注入設備を選択します。水道メーターをチェックして節約

メーターの注入設備は、一定時間水の流れを制御します。インストールにはいくつかのオプションがあり、構造的および機能的な機能が異なります。それらをインストールする方法と水道メーターをチェックすることによってお金を節約する方法、私たちはさらに話します.

目次:

水道メーターの設置に関するVodokanalの要件

水制御装置は、個人の家とアパートの両方で広く使用されています。このプロセスにより、使用済み水のコストが大幅に削減されます。水道メーターを正しく取り付けてください。正しく取り付けないと、デバイスの動作に問題が発生します。.

作業の初期段階では、衛生器具の修理と交換が行われます。給水システムに漏れがないかチェックし、水の流れを防ぐためにすべての蛇口をしっかりと閉じます.

すべての障害を特定して修正した後、認可された組織に連絡して水道メーターを設置してください。これらの作業は、許可を得た専門家のみが行います。そうしないと、管理会社に問題が発生します。.

メーターをご自身で設置する場合は、サードパーティに連絡して、動作の正確さを確認し、文書に記録してください。その後、水道メーターが登録されます。.

現行の規則に従い、水道メーターの設置に関する設置作業の後、アパートの所有者、設置作業を行う従業員、および管理組織の3者間で法律が作成されます。.

さらに、施設の所有者は次の書類を持っている必要があります。

  • デバイスのテクニカルパスポート。インストール日と操作開始日、初期インジケーターが含まれています。
  • デバイスのテストドキュメント、保証の指定、および次のテスト期間.

水道メーターの設置規則に従い、すべての文書には温水と冷水の両方のメーターのシリアル番号が示されていることに注意してください。デバイスをインストールした後、それを保守している会社または組織に決定します。.

マッドコレクターの形で追加のデバイスがインストールされています:

  • 最初のストップバルブの設置後、パイプラインの供給部分。
  • 調整装置の前にありますが、複数の装置はありません.

機械式水道メーターの前に強磁性フィルターを取り付けます。バイパスパイプラインがオーバーフローレギュレーターとスチームトラップに設置されています.

メーターを設置するための水道事業の主な要件を強調しましょう。

  • シールの必須の存在-このプロセスの正確さ、操作の許可;
  • インストールとメンテナンスの可用性。
  • チェックバルブの存在-その主な機能は、デバイスの読み取り値の正確さを制御することです。
  • 粗いフィルターの存在-破片や機械的損傷からのデバイスの信頼性の高い保護.

水道メーターとその種類の完全なセット

水道メーターの主な機能は水の消費量を制御することであり、水道メーターを購入すると、多くの家族が光熱費、つまり温水と冷水のコストを削減するのに役立ちます。水道メーターは、使用される液体の量を測定します。ほとんどの場合、立方メートルです。機能的な機能に関連して、次のものがあります。

  • 水道メーター;
  • 流量計.

これらの2つの概念には異なる意味があります。流量計-一定期間にわたって流れるさまざまな液体の流量を測定します。消費量は、質量を時間で割ったもので示されます。つまり、その助けを借りて質量流量を取得することが可能であり、水道メーターの使用は体積単位を変更します.

水道メーター-パイプラインを流れる水の量を測定します。配管システムの水消費量を説明するために使用されます.

現代の配管設備市場は、多数の水道メーターを提供しています。配管システムの個々のニーズと特性に基づいてデバイスを選択してください.

動作原理に関連して、水道メーターは次のとおりです。

  • 電子;
  • 電磁気;
  • 渦;
  • 機械的;
  • 超音波.

最も人気のあるものは電子的または機械的です。他のオプションは、産業目的で使用されます。作業のソースに応じて、カウンターは次のとおりです。

  • 不揮発性;
  • 揮発性.

前者のタイプには機械的または渦が含まれ、後者は主電源、バッテリー、またはアキュムレーターから機能します.

タコメータ-カウント機構に接続されたインペラの作業環境での設置に基づいています。電磁水道メーター-電磁場を使用して、移動する液体を読み取ります。超音波計は、音響特性を分析することにより、液体の流量を測定します。渦式水道メーターは、パイプラインに配置された特殊な本体を使用して水の流量を測定することで区別されます.

設計上の特徴に関連して、水道メーターは独立していてコンパクトです。デバイスが接続されているシステムに応じて、それらは次のように分けられます。

  • シングルチャネル;
  • 2チャンネル;
  • マルチチャネル.

電子メーターの利点の中で、私たちは注意します:

  • 配管システムの水サージに対する耐性。
  • 低水頭での液体の流量を固定する。
  • 情報の記録と読み取りの利便性。
  • 適応症の遠隔読み取りの可能性;
  • デバイスの垂直および水平設置の可能性。
  • 解体とメンテナンスのしやすさ.

ただし、機械式水道メーターは電源から独立しており、電子式水道メーターよりも安価です。これは彼らの大きな人気を説明しています。.

DIY水道メーターの設置:技術と指示

水道メーターを購入した後、インストールプロセスは次のとおりです。ただし、急いでデバイスをインストールしないでください。まず、それを住宅事務所または計装に渡して、操作性と正しい測定値を確認します。トーガでは、パスポートにスタンプと封印の日付が記載されています。それ以外の場合は、デバイスの誤動作に関するドキュメントを受け取ります。これに応じて、ストアでデバイスを交換します。.

メーターのシールを破ることは固く禁じられていますのでご注意ください。水道事業者が装置の稼働を受け入れないリスクがあるため。認定なしでコントローラーを購入した場合は、インストールのライセンスを取得するために追加料金を支払う必要があります.

システムへの水道メーターの挿入は、次の形式のデバイスを事前に装備することを意味します。

  • ボールバルブ;
  • 付属品;
  • チェックバルブ;
  • 粗いフィルター;
  • パイプと牽引.

さらに、いくつかのレンチ、モンキーレンチ、はんだごて、弓のこ、キャリブレーター、シール、クランプ、カップリングを購入します。.

作業用の材料と工具を準備した後、水道メーターの設置場所を決定します。デバイスは、まず、読み取りを行うためにアクセス可能で簡単にアクセスできる場所に配置する必要があります。デバイスを保守するための場所をカウンターの下に提供します。配管キャビネットがある場合は、アプライアンスをその中に直接取り付けます。民家に井戸がある場合は、シール付きのカバーを取り付けます.

次の段階は、水道メーターをシステムに挿入するプロセスです。最も難しいプロセスは糸脱毛です。それを完了するには、特別な機械と特別な作業スキルが必要になります。プラスチックまたはポリプロピレン製のパイプを扱うプロセスは特に簡単です.

デバイスは水バルブに取り付けられ、トウを使用してシールします。次に、水道メーターの長さに対してパイプを測定し、エッジの除去をキャリブレーターでまっすぐにします。パイプセグメントを接続する方法は、その実行の材料によって決定されます。

  • 鋼管-パイプの切断とねじ込み;
  • ポリプロピレン-はんだ付けメカニズムを使用します。
  • 金属-プラスチック-1インチ半の継手との接続.

以下は、ねじ山付きデバイスに接続されたチェックバルブを取り付けるプロセスです。その後、バルブがメーターに接続され、取り付けクランプが構造を強化します。.

DIY水道メーターのインストール手順:

1.デバイスをすべての当局と調整し、必要な文書を入手します。メーターの自己設置を許可します.

2.提供されたリストに関連するデバイスのモデルの選択.

3.水道メーター、組み立て、設置の手順を​​学ぶ.

4.デバイスは+5度以上の温度で動作することに注意してください。それ以外の場合は、追加の断熱が必要です。.

5.メーターにはカウンターが上向きに取り付けられており、矢印は水の方向の流れを示しています.

メーターの設置作業は、粗いフィルターの設置から始める必要があります。それらを密封するために牽引を使用してください。このプロセスの実装を慎重に検討し、シールを個別に選択して、最適な気密性を実現するようにしてください。ユニオンとユニオンナットを取り付けます。これらはデバイスに付属しています。次に、メーターと別のフィッティングが取り付けられます。最終段階で、逆止弁が取り付けられます。すべての接合部をシールするために、ゴム製またはシリコン製のガスケットが使用されています。メーターは、特別なカップリングを使用して給水に接続されています。トウを使用して、すべてのジョイントをシールします。.

メーターの機能を確認してください。漏れがないことを確認し、読み取り値が正しいことを確認します。次に、シーリングスペシャリストに連絡してください。冷水メーターの正しい動作は5年に1回、高温のメーターは4年に1回チェックされることに注意してください。また、装置と配管の接続を常に確認し、漏れがある場合は早急に取り除いてください。.

注ぐ設備の設置に関する技術と規則

注ぐ設備は、液体メーターをチェックして調整する装置です。動作原理に関連して、それらは次のとおりです。

  • ボリュームのある;
  • 容積測定.

目的に応じて、注ぐ設備は生産とサービスの性質を持っています。注湯設備の自己組織化は、製造元の指示に従って行われます。自動注入設備は、次の要件を満たす必要があります。

  • さまざまなタイプの流量計を確認します。
  • 異なる動作モードの存在下で異なります。
  • ワークフロー自動化の最大レベル。
  • 2つの検証方法-重量と体積による。
  • デバイスの高精度;
  • システム内の脈動と圧力を平滑化するためのシステム。
  • 水温制御;
  • 水からの追加の含有物の除去;
  • 緊急システムシャットダウン.

オーバーフロー設備は、複数の測定器を一度に制御するために、ほとんどの場合、産業規模で使用されます。この装置は、水道メーターの気象特性を制御します.

家庭用の設備を購入するときは、それが防食材料でできていることを確認し、品質証明書と装置の校正を確認する文書を求めてください。大型デバイスには、追加のポンプ装置、油圧要素、および操作ドキュメントが装備されています。注湯設備の設置は、この種の作業を行うための許可を得て、専門家によって行われます。.

デバイスの動作原理には、次の2つの動作が含まれます。

  • 水道メーターの測定値の登録;
  • プロトコルを処理し、メーターのさらなる操作への適合性をチェックします.

ポータブルまたはモバイルユニットには、次の利点があります。

1.機動性とコンパクトサイズ.

2.高レベルの精度-高品質の流量計の使用.

3.作業の多様性、任意のウォーターポイントへの接続.

4.操作のしやすさ、利用可能な接続手順.

5.デバイスの速度は10〜20分です.

6.データの操作、パソコンとの接続の利便性.

水道メーターをテストするために注ぐ設備を使用すると、このデバイスの動作の品質を判断できます。水漏れがある場合、それらはすぐに排除され、温水または冷水の光熱費が削減されます.

こぼれるインストールビデオ: