楽器

除雪機HusqvarnaST261E-機能、仕様、手順、レビュー

除雪機HusqvarnaST261Eは、個人および公益事業者による地域からの除雪に使用されます。このような装置は、湿った雪の場合は5 m、乾いた雪の場合は15mの距離で雪を投げます。除雪機は霜でのみ機能するため、その設計は霜での操作の要件を満たしています.

目次:

除雪機HusqvarnaST261Eの特徴

  • デバイスにはBriggsエンジンが搭載されています & ストラットンスノーシリーズMAX1150は、重い負荷や困難な状況での操作用に設計されています。
  • 耐霜性ワイヤー;
  • リフレクターには、数メートルの雪を降らせる延長コードが装備されています。
  • 送りねじのボールベアリングによる破損に対する耐性のレベルの向上。
  • デザインには、暗闇で掃除するためのハロゲンヘッドライトがあります。

  • 側溝は特別な棒で雪が取り除かれます。
  • タイヤはトラクションを高めるためにパターン化されています。
  • 高強度スキッドは、かなりの重量に耐えることを可能にし、地面とオーガーケーシングの間の距離を変更することもできます。
  • ボタンを使用して冷間モーターを始動できる電気式スターターを装備し、加熱モーターはハンドルでオンになります。
  • 除雪システムには2つの段階があります。1つ目はオーガーケーシングに供給され、2つ目はファンからの衝撃を受けてシュートから飛び出します。
  • デフロックのおかげで、トラクションは一対のホイールによって生み出されます。
  • 操作パネルのレバーを使用して、動きの強さを変更します。
  • オーガーのケーシングは丈夫で耐摩耗性に優れています。
  • パネルには、移動方向を調整できるレバーがあります。

  • ホイールのコッターピンにより、ホイールのロックを解除して回転させることができます。
  • 加熱ハンドルを装備。
  • 雪を投げる距離はシュートによって規制されています.

HusqvarnaST261E除雪機の仕様

  • 装置のタイプ-車輪付き除雪機、自走式;
  • 寸法-1200x650x1300mm;
  • 重量-102kg;
  • モータータイプ-4ストロークOHV;
  • エンジン容量-250cm3;
  • 電力-4.3kW;
  • パワー-6馬力;
  • 燃料タンクの容量-3リットル;
  • キャプチャ幅-61cm;
  • 高さのグリップ-58.5cm;

  • 円周の周りのドリルのサイズ-30.5cm;
  • 前後の速度-バリエーター;
  • ホイール円周-16×4.5 ” X-Trac;
  • 220Vネットワークからの電気始動.

HusqvarnaST261E除雪機取扱説明書

1.仕事の準備:

  • 治療部位では、不要なものをすべて取り除く必要があります。
  • 保守性のために、すべての制御部品をニュートラル位置にします。

  • 燃料を扱う場合、特別なタンクのみを使用することが許可されています。稼働中のエンジンまたは高温のエンジンに燃料を補給することは固く禁じられています。
  • 機械は注意深く屋外で給油する必要があります。給油後、容器をしっかりと閉じ、ケーシングに残っている燃料を拭き取る必要があります。
  • デバイスをネットワークに接続するには、トリプルケーブルと接地システムを使用する必要があります。
  • フェンスの高さは、クリーナーが砂利や砕石の表面で機能するように調整されます。
  • 稼働中のモーターの調整は、メーカーが許可した場合にのみ許可されます。
  • 作業を開始する前に、モーターはウォームアップする時間が与えられます.

2.組み立て:

  • 上部ハンドルは、作業のために所定の位置に移動し、とげで補強する必要があります。
  • 上部ハンドルは、付属の下部ファスナーに取り付けられています。

  • レバーを下部ハンドルに固定しているクランプを取り外します。
  • レバーを速度調整ブラケットに挿入し、スプリングで接続を固定します。
  • アームの上端は、コントロールパネルの左側の下に配置されています。
  • レバーを巻き下げ、上端をブラケットの穴に取り付け、レバーを割りピンで固定します。
  • レバーの曲がっていないエッジは、ビニールカフの小さな穴に通されます。
  • スプリングの裏側は、フックが上を向くようにロッドに引っ掛けられます。
  • イジェクトケーブルが目的の場所に取り付けられている。
  • 除雪ヘッドはブラケットの上にあり、必要に応じて、ブラケットの穴がピンおよびヘッドの突起と同じ位置になるようにチャネルを回転させます。
  • この位置では、スタッドが頭に置かれます。
  • 3/8 ”ワッシャーとナットがネジ山付きスタッドに取り付けられ、締めます。
  • 制御ケーブルをエジェクタチャネルに固定するためのブラケットを取り付けます。
  • ワイヤーの端はボルトとナットでリフレクターに取り付けられ、締められます。この操作の後、ケーブルの先端はボルトの周りを自由に動くはずです。
  • スプリングはスプレッダーヘッドのナットとリフレクターの穴の間に取り付けられています。