楽器

ダイヤモンドドリルツールの選択。コンクリートのDIYダイヤモンド掘削

ダイヤモンドの穴あけと穴あけは、専用の工具を使用してコンクリートやその他の硬い基板に穴を開けることと見なされます。ただし、詳しく調べてみると、両者の間にはかなり大きな違いがあることがわかります。ツールの使用を含みます。この記事では、これらのプロセスがどのように、どのような機器で実行されるかを見ていきます。また、私たち自身の手でコンクリートにダイヤモンドを掘削するための機器を選択する価値のある基準を決定します。.

目次:

コンクリートに穴を開けるために使用されるツール?

コンクリート、鉄筋コンクリートスラブ、またはレンガの壁に技術的な穴を作成する必要がある場合があります。

  • 簡単な修理を行う場合。
  • 上下水道を設置する場合。
  • 生産中.

穴のサイズも用途によって変動する可能性があります。しかし、いつもおなじみの掘削ツールがタスクを適切に処理できるとは限りません。.

重要!掘削プロセスは、後者が振動衝撃で実行されるという点で掘削とは異なります。.

電気ハンマードリルまたはハンマードリルは、小さな穴を開けるためによく使用されます。ドリルはハンマードリルほど強力ではなく、すべてのモデルに振動衝撃システムがあるわけではありません。ただし、レンガ、発泡コンクリート、その他の低密度材料に穴を開けるのに使用できます。.

ハンマードリルは、より特殊なツールです。穴あけは、ブローと組み合わせて、または個別に使用できます。これは、特に固体基板で機能するように設計されています。コンクリートと鉄筋コンクリート-ハンマードリルの適用分野。その助けを借りて、穴、開口部、溝が作られます。.

いずれの場合も、作業を効率的に行うために、特殊なドリル、ドリル、およびダイヤモンドコアビットが使用されます。.

ダイヤモンド穴あけ用のハンドヘルド電動工具の選び方?

ダイヤモンドドリル用のドリルの選択は、非常に慎重に行う必要があります。毎分25万を超える速度の強力なツール(少なくとも600ワット)が必要になります。また、このような作業用のドリルには、必ずスピードレギュレーター、パーカッションメカニズム、リバースストロークが装備されている必要があります。.

ハンマードリルの選択は、衝撃の力、頻度、速度、ねじり要素の回転数を決定することにあります。ドリルは直径15mmまでの穴を開けることができます。穴あけ器を使用すると、ドリルだけでなく、直径60mmまでのクラウンも使用できます。.

また、機器を購入する目的を明確に定義する必要があります。家庭での使用や小規​​模な修理作業には、750Wのロータリーハンマーが適しています。 2.5Jの衝撃エネルギーインジケータと1500rpmの回転速度は、単純な小さな作業を実行するのに十分です。業務用には、長期間の重い負荷に耐えることができる、より強力なツールが必要になります。.

しかし、ハンドヘルド電動工具の使用はしばしば正当化されません。穴は曲がっていて、ノイズやほこりが多く、完成までに非常に長い時間がかかります。.

これらの負の現象を回避する必要がある場合は、乾式穴あけまたは水冷切削要素用の専門工具のサービスに頼ってください。.

プロのダイヤモンド掘削機の利点

コンクリート、石、レンガを掘削し、壁や床の一部を倒すだけでなく、深さと幅を厳守して完全に均一な穴を開ける必要がある場合は、専用のボール盤を使用します。このようなツールの技術的特徴により、この場合はほこりがほとんど形成されないため、密閉された部屋でも作業を行うことができます。また、ダイヤモンドドリルで作られた穴は追加の処理を必要としません。.

すでに実際に繰り返し証明されている植物を使用することの特別な利点:

  • さまざまな直径の穴を開けることができます。
  • 最も硬い材料でも、ドリルユニットはほんの数分で穴を開けます。
  • 指定された寸法からの可能な偏差は、直径1mm以下です。
  • 設備の操作中に振動がないため、壁や天井の安全性が確保されます(これは、歴史的または建築的観点から価値のある古い建物で作業する場合に特に重要です)。
  • ダイヤモンド掘削専用の装置の操作中は、ほこりだけでなく騒音も発生します。
  • 穴あけ方向は、垂直面、水平面、または傾斜面にすることができます.

完全なセットとプロのインストールの種類

ダイヤモンド掘削機は、主にコンクリートや鉄筋コンクリートに大径(30〜600mm)の穴を開ける必要がある場合に使用されます。それらは3つの主要な部分で構成されています。

  • エンジン;
  • ベッド;
  • ドリルビット.

設備の動作原理

フレームは、拡張アンカーまたはナット付きスタッドの表面の目的の場所(床または壁の場合があります)に固定され、目的の位置に設定されます。前述のように、掘削は、水平、垂直、または傾斜のある任意の方向で実行できます。.

中空クラウンは、穴を開けるのに必要な直径で選択されます。該当する側に取り付け、しっかりと固定します。カッティングエレメントを冷却するには、一定の流水を供給する必要があります。ダイヤモンドコーティングを冷却することにより、要素を早期の破壊から保護し、作業面を無駄から取り除きます。.

重要!コンクリートのダイヤモンド穴あけに使用されるビットは、削ったり修理したりするためのものではありません.

ダイヤモンド掘削装置の中で、3kWの容量を持つ最も人気のある単相設備。それらは比較的軽量で、コンクリートスラブを切断し、それらに大径の穴を開けるのに十分な力を持っています。これらは通常の220V電源に接続されています。.

業務用には、三相掘削リグを選択することをお勧めします。その利点の中で:

  • 2メートル以上の深さまで掘削する能力;
  • 最大1メートルの直径の穴を開ける能力;
  • カットの速度は平均して毎分約2cmです。
  • ほこりや騒音の最小量。
  • 簡素化されたメンテナンス.

ただし、次のようなマイナス面もあります。

  • インスタレーションのかなり印象的な重量。
  • 380Vネットワークへの接続のみ。
  • 非常に高いコスト.

そのような作業が優先される評判の良い建設組織だけが、優れた三相ボール盤を購入する余裕があります。.

特殊な設備を使用したコンクリートのダイヤモンド掘削は、生産性の点で手作業よりはるかに進んでいます。ハンドパワーツールでこの品質の穴を開けることは不可能です。したがって、生産、建設、または住宅の敷地内で修理作業を行う場合、そのような作業の速度と清潔さは非常に重要です。.

コンクリートのダイヤモンド掘削装置の例

掘削ユニットの選択肢は非常に広いです。最高の品質とスピードで仕事をすると同時に、ツールの購入にかかる費用をできるだけ少なくすることを目指しているため、ビルダーの間で非常に人気のある機器の例をいくつか示します。.

1.ダイヤモンドドリルヒルティの設置

製造業者が主張し、それを使用するマスターが確認しているように、設備の操作中の騒音レベルは非常に最小限であるため、簡単に近くで話すことができ、モーターの音だけが聞こえます。鉄筋コンクリートを切断する際の振動は最小限であり、これは居住区にとって重要です。鉄筋コンクリートに深さ400mm、直径10 cmの穴を開ける速度は、8〜10分以内です。壁の滑らかな穴により、上下水道、換気パイプをすばやく設置できるだけでなく、機器、手すり、その他のフェンスを取り付けるための止まり穴を切ることができます。.

2.TYROLIT設定

DRS 160は、コンクリートへのダイヤモンド穴あけ(穴あけ)用のシステムで、センサーと、すべてのプロセスパラメーターをモニターに表示する電子制御パネルを備えています。直径160mmまでのコンクリートに穴を開けるのに使用できます。エンジン出力-2.2kW.

より強力なモデル-DRU250。最大直径250mmのドリル穴用に設計されています。.

最大モーター出力とボア径(最大500 mm)を備えたこのブランドのDRA 500を取り付けると、クリーンで安全な操作が保証されます。これはプロのインストールであり、それは多くの費用がかかります.

一部のスタンドには、ユニットをしっかりと固定するための真空プレートが装備されています。ユニットに付属の真空ポンプの助けを借りて、この装置は作業面にしっかりと固定されています。作業プロセスの最後に、空気は特別なバルブを介して供給され、真空が解放されます.

ダイヤモンド掘削リグには、細心の注意と安全への妥協のない遵守が必要です。作業を開始する前に、以下を確認する必要があります。

  • アンカー、ダボ、真空固定の信頼性;
  • キャリッジとガイドの位置を調整します。
  • バックラッシュをチェックし、起こりうる偏差を排除します.

ドリルとクラウン

ハンドヘルド電動工具および専門的な設備の場合、対応するタイプのダイヤモンドドリルおよびコアビットが利用可能です。標準の小型ドリルは、長さが25 cm、直径が8〜16mmです。それらはタイプに分けることができます:

1. SKA 1は、M250-300ブランドのコンクリートベースでの作業を目的としています。

2. SKA2はМ300-500で動作します。

3. M 500以上のグレードのコンクリートベースを使用する場合は、SKA3が必要です。.

厚さ20〜160mmのドリルの長さは35cmです。より深い穴の場合は、特別なエクステンションを使用できます。.

ドリルビットは、ダイヤモンドセグメントがエッジにろう付けされたシームレスな薄肉パイプの一部です。このようなクラウンの直径は1メートルに達することがあり、場合によっては、個別の注文ではさらに多くなることもあります。.

いくつかの役立つヒント

  • コンクリートなどの材料を高密度でダイヤモンドカッティングするには、ドリルの「塩漬け」を定期的に清掃する必要があります。.

この手順を実行する必要がある瞬間は、パフォーマンスのレベルの低下によって決まります。クラウンをきれいにするには、クラウンを穴から取り外し、柔らかいレンガまたはその他の粗い研磨剤を数回ドリルで開けます。この場合、水は供給されるべきではありません。このような簡単な手順で、新しく開いたダイヤモンド粒子が表面に現れ、生産性が再び向上します。良質のクラウンの基準は、1分あたり約30〜40mmの作業です。.

  • 将来の穴の中心を計画する価値がある場合もあります。.

クラウンで25mmを超える穴を開ける場合、目で目的の場所を正確に特定することは非常に難しいため、最初にビットでマークを付けることをお勧めします(勝利のはんだ付けでドリル)。.

  • 高品質のクラウンは自己研ぎが可能です.

適切な操作により、ダイヤモンドセグメントがはんだ付けされた鋭いエッジは、自己研ぎ、高い切削能力を長期間維持できます。.

  • さまざまな素材-さまざまなクラウン.

より柔らかい材料の場合、より粗いダイヤモンドドリルビットを使用する必要があります。逆に、花崗岩やセラミックなどの硬い材料の場合は、小さいものを使用することをお勧めします.

  • 冷却には流水を使用することをお勧めします。.

掘削を開始する前に、作業面への水の供給を開始する必要があります。使用される水の量のおおよその計算のために、平均値を取る必要があります:クラウン直径1cmあたり1分間の作業で0.4リットル.

コンクリートへのダイヤモンド穴あけは、建設と修理作業を大幅に簡素化します。機器の正確で正確な操作により、高速で高品質で安全な作業が保証されます.