楽器

DIY木工機械

木工機械は、大工や産業の工房だけでなく使用されています。農場でこの装置を使用すると、家具を独自に作成したり、家を建てたりすることができます。自分たちの手で木工機械を作る方法をさらに考えていきます。.

目次:

木工機械装置

各木工機械は、基本部品と追加部品で構成されています。主な部分は次のとおりです。

  • ワーキングプレート,
  • ベッド,
  • シャフト装置,
  • 切削工具オプションの1つ,
  • 運動の伝達に関与するメカニズム.

木工機械の追加要素:

  • 危険な場所の柵のあるエリア,
  • 木材の供給を担当するポイント,
  • 機械を始動するためのツール,
  • ルブリケーター.

鋳鉄または合金鋼で作られた重い構造物がベッドとして使用されます。機械のすべての構造部品はベッドに取り付けられています。彼女はそれらの場所とデバイスの安定性に責任があります。ほとんどの場合、ベッドは鉄筋コンクリートの基礎に設置されます。.

デスクトップの主な機能は、すべての作業項目を修正することです。粉砕済みの鋳鉄でできています。 2つのテーブルオプションがあります:可動式と固定式.

ワークシャフト装置は、切削工具を機械に取り付けるために使用されます。この装置にはいくつかの種類があり、取り付けられている切削工具の種類が異なります。割り当てる:

  • 鋸,
  • ナイフ,
  • スピンドルワークシャフト.

常に旋削鋼でできており、丈夫でバランスが取れており、切削工具を取り付ける場所があります。.

さまざまな部品が切削工具として機能します。それらは、デザインと機能、そして形状とサイズが異なります。.

製造には高品質の炭素鋼が使用されています。木工機械用のいくつかのタイプの切削工具を考えてみましょう。

  • 丸鋸の形の装置は丸鋸機で使用されます。
  • ソーバンドの形のツールがバンドソーマシンで使用されます。
  • 平らで形のあるナイフは、フライス盤、プレーニング、またはテノニング構造に使用されます。
  • ドリルは木工用ボール盤で使用されます。
  • スロットチェーンはチェーンスロットデバイスで使用されます。
  • フライス盤やテノニングマシンの場合、フック、スロット付きディスク、カッターの使用は優れたオプションです。
  • スクレーパータイプの木工機械では、スクレーパーナイフが使用されます。
  • グラインダーにはロールサンドペーパーを使用.

木工機械写真:

木工機械の利点と使用範囲

木工機械には、木工用の手工具に比べて多くの利点があります。第一に、木工機械の速度がはるかに速いため、このデバイスを使用すると、1つの部品の処理にかかる時間を大幅に節約できます。.

ユニバーサル木工機械は、さまざまな部品を処理することができ、研削、フライス盤、穴あけなどのいくつかのタイプの作業を実行します.

木工機械を製造するためのすべての技術を条件として、そのような装置は、その所有者に十数年以上役立つことができます。.

現代の木工CNC機械は、それを実行する過程で、機械で働く人が実際に過労しないように、仕事関数を改善しました。事前に記録されたプログラムを起動して、パーツをインストールするだけで十分です。この速度では、部品の数が増え、部品の処理時間が短縮されます。このようなマシンは、24時間継続的に動作することができます。.

家庭用の木工機械を考えると、その中には多くの利点もあります。

1.これらの機械には、平均出力2.2 kWのモーターが装備されており、この出力により、過負荷をかけることなく迅速に作業を行うことができます。.

2.これらの機械は加工製品の品質が良いです。.

3.大きなメンテナンスや運用コストを必要としません。.

4.追加のアタッチメントを取り付ける機能により、家庭用木工機械の機能の数を増やすことができます.

5.このような機械の主な機能は、木材の鋸引き、粉砕、製粉、穴あけです。.

6.そのような機器の多数の機能と多様性により、さまざまな操作を実行しながら、さまざまな種類の木材で作業することができます.

7.木工機械に関するレビューを検討する場合、個人または家庭での使用には、家庭用機械の購入または独立生産が優れた選択肢となります。.

木工機械は、その汎用性から、使用範囲が非常に広くなっています。それらは私用および産業用木工の両方で使用されます.

木工機械の助けを借りて、ボード、バー、ベニヤ、削りくずなどの半完成の要素またはブランクが作られます。また、寄木細工、合字、家具、楽器の部品など、木製品や木造構造物全体の部品の製造にも使用されます。.

木材加工に関連するすべてのタスクは、木工機械によって簡単に解決されます。この装置は、木材の鋸引きや穴あけだけでなく、手作業での製造に数十倍の時間がかかる研削や彫刻さえも実行します。.

木工機械の主な種類

木工の技術原理に関連して、木工機械は次のように分けられます。

  • ユニバーサル,
  • 専門,
  • 狭い生産.

ユニバーサルマシンは、その汎用性のために非常に人気があります。それらは、さまざまな産業および個人企業の両方で使用されています。このような機械の特徴は、ほぼすべての種類の木材加工を実行できることです。しかし同時に、実行される作業の品質は、たとえば専用の機械を使用する場合よりもわずかに低くなります。.

特殊な木工機械は、1つの機能しか実行できないと同時に、再構成が可能であり、さまざまな業界で使用されています。.

特殊な機械の使用は特定の部品の製造に限定され、そのような機械で他の操作を実行することはできません.

専用機は次のとおりです。

  • フライス盤タイプ,
  • 丸鋸タイプ,
  • 帯鋸タイプ,
  • 縦フライス盤タイプ,
  • 退屈なタイプ,
  • ほぞタイプ,
  • 穴あけフライス盤タイプ,
  • 旋盤タイプ,
  • 溝入れタイプ,
  • 研削タイプ.

木材加工の主なタイプの1つは、次の機能を実行するフライス盤です。

  • さまざまな方向のフライス盤,
  • 部品の成形生産,
  • 異常な要素の切り抜き,
  • 溝を作る.

木工フライス盤は次のように分けられます。

  • シングルスピンドルとダブルスピンドルのシンプルタイプのデバイス。
  • コピー機-複雑な技術の使用に基づいて、小さな部品の製造に従事しています。
  • カルーセルマシンは、フラットな形状の加工を実行します.

デスクトップタイプの木工機械もあり、それらは次のように分けられます。

  • 縦型機械,
  • 横型,
  • 縦型,
  • 高度に特殊化されたタイプ.

旋盤-柔らかい木材から硬い木材まで、さまざまな種類の木材を使用できます。同じ種類の部品を製造する複写機が装備されています。使用範囲はアートワークショップに限定されません。旋盤はさまざまな形状の部品を作ります:円錐形、円筒形.

旋盤は次のように分けられます。

  • 中央-工具は機械的または手動でそれらに供給され、同じタイプの部品の製造用に設計された切断が可能です。
  • lobotocar-モデルパーツを作成します。
  • 丸棒-部品の長さに沿って直径が変化する製品を製造します.

木工機械用の丸鋸は、縦方向、角度方向、およびクロスカットを実行します。手動と機械化があります.

Reimusマシンは、平坦な傾斜でボードを計画します。がある:

  • 片側,
  • 二国間,
  • マルチナイフ.

木工機械の種類を決定するための特別な指定があります。最初の1文字または2文字は動作原理に従ったタイプを示し、次の文字は機械の技術的特性を示します。ノード上の作業項目の数を調べるために、これらの文字の間に数字があります.

部品の処理の精度に関して、木工機械は区別されます:

  • ファーストクラス(O)-非常に高い処理精度を示します。
  • 2番目のクラス(P)-精度は11または12グレードです。
  • 3年生(C)-13、15年生の精度。
  • 4年生(H)-精度が低下している.

自家製木工機械-製造説明書

ユニバーサル木工機械の製造には、次のものが必要です。

  • 電気モーター,
  • 軸,
  • ドリルチャック,
  • 高さ調節可能なベッド.

このツールは、木製の部品を簡単に研ぎ、粉砕し、切断します.

エンジンを選択するときは、次のパラメータに注意してください。

  • シンクロニシティ,
  • 0.6〜1.5kWの範囲の電力,
  • 1分あたりの平均シャフト回転速度2500rpm.

シャフトには、ドリルチャックを固定するための装置が必要です。欠けている場合は、シャフトの端部をヤスリで削る必要があります。マウントの直径は、カートリッジの直径よりわずかに大きくする必要があります。次に、エンジンをオンにし、チャックを鋭くしてシャフトに取り付けます。ニードルファイルとラッピングペーストを使用して、チャックをシャフトサイズに調整します。このようなペーストがない場合は、サンドペーパーをこすり、研磨剤をオイルで希釈する必要があります。.

シャフトの中央部に穴をあけ、M5 M6のネジ山を切ります。チャックの偶発的な滑りを防ぐために、皿頭で固定します。.

標準の機械配置により、木材部品を機械に対してさまざまな位置に配置できます。.

木工機械の図面:

テーブルは2本のボルトでフレームに固定され、ストリップは固定ブラケットで固定されています。.

フレームの構造には、断面が2.5×2.5 cmの6つの金属コーナーと、断面が4x4cmの1つのコーナーが必要です。長さは30cmです。溶接機を使用して接続します。機械は運転中に絶えず振動するため、溶接の品質を監視します.

カウンタートップの製造には、プラスチック、金属、ボード、合板を使用することができます.

テーブルスペースにパーツを取り付けるには、ストリップとステープルを作成する必要があります。プーリー、カッター、またはのこぎりをチャックの穴に取り付けるには、トランジショナルブッシングとマンドレルを追加で作成する必要があります.

木工機械の製造の簡略版

木工機械の製造は、その機能的な目的から始めなければなりません。デバイスが実行する機能が少ないほど、構築が容易になります。.

ベッドを作るには、金属製の角またはパイプを取ります。頑丈なフレームを溶接し、構造の振動レベルを下げるために追加のコーナーでフレームを補強します.

フレームを特定の場所に設置し、床にコンクリートで固めることをお勧めします。.

次の段階は、一度に複数のナイフを収容できる幅30cmの木工シャフトの建設または購入です。.

テーブルの構造には、厚さ約1cmの丈夫で均一な鋼を使用します。プレーニングの厚さを調整するには、2つの別々の部品で構成される折りたたみ式テーブルを作成します。これにより、ワンピースの高さが調整されます。この場合、2番目の部分はしっかりと固定する必要があります。.

モーターとして2〜5 kWの出力、2000〜3000rpmの回転速度のデバイスを取り上げます。速度が遅いと、機械の品質に影響します。.

フレームにエンジンを取り付けます。ストラップを締め、コーナーを動かしてカットの長さを調整します。切削工具に対するワークピースの位置を揃える別のコーナーを取り付けます.