コーナーの位置合わせ:ステップバイステップの説明

各改修プロセスには、部屋の隅を平らにすることからなる完全性が必要です。この記事では、さまざまな材料を使用した主な方法、機能、および一連の作業について検討し、必要なツールとデバイスのリストを提供します。.

目次:

調整の原則と方法

滑らかな角と壁は、アパートや家の専門的かつ高品質な修理の対象です。すべてのエラーや欠陥は非常に簡単に気付くことができます。特に、家具で覆ったり、装飾された要素で埋めることができない曲面はそうです。すべての欠陥を取り除くには、初期段階でコーナーの位置合わせに特別な注意を払うことが重要です。.

仕事をする過程には一定のスキルと能力が必要であるため、初心者がすべてを高品質で行うことは非常に困難です。コーナーを揃えるにはさまざまな方法があり、それぞれに個別のアプローチと実装、必要な器具のリストなどが必要です。したがって、主な位置合わせ方法を示します。

  • 乾式壁を使用して動作します。
  • 石膏の使用による平準化;
  • アルミニウム製の穴あきコーナーであるkontrashultzの助けを借りて;
  • レベルまたは下げ振りによって決定されるマークを使用する.

壁面の準備

壁の角を揃える問題に入る前に、ワークスペース領域を準備することが重要です。これを行うには、次の手順を実行する必要があります。

1.壁の表面をさまざまなコーティングから取り除きます。たとえば、古い壁紙をはがしたり、しっくいを取り除いたり、タイルをノックダウンしたりします。.

2.ベースをプライマーで覆います.

3.セメントモルタルを使用するには、角を完全に洗浄することをお勧めします。塗布する前に、水で湿らせることが重要です。.

しっくいを使用したレベリング方法

この分野の専門家にとって、特に壁が均一に漆喰で塗られている場合、角を揃えるプロセスは問題を引き起こしません。高品質の作業を行うには、次のデバイスを使用することをお勧めします。

  • レーザーまたは水位は、鉛直線に置き換えることができます。
  • プライマーを塗布するためのローラーとブラシ。
  • ドリルと建設ミキサー;
  • 溶液が調製される容器;
  • プライマー;
  • ルール;
  • 乾いた石膏ミックス;
  • パテ;
  • 穴あきコーナー;
  • 低くて広いへらを使用することをお勧めします.

石膏で角を平らにする作業は順番に実行されますが、レイヤーを適用して壁を処理する順序を覚えておく必要があります。

  • 私たちは作業のためにベースを掃除して準備します。
  • 石膏ビーコンを使用して垂直レベルを決定します。
  • 石膏の最初の層を表面に塗布します。
  • 壁の充填を実行します。
  • パテを使用して部屋の角を揃えます.

レベリングプロセスを容易にするために、石膏モルタルで処理される表面に取り付けられた特定のビーコンが使用されます。この場合、留め具の使用は不適切です。.

1.壁は、垂直方向に約1メートルまたは1.5メートルの部分に分割する必要があります.

2.まず、建設ビーコンのサイズを固定し、石膏の小さな層を適用します。これにより、オブジェクトが表面にとどまることができます。.

3.最初のマークは、フィラーの角から10 cmの位置にあり、他の領域では、マークは同じ位置にある必要があります。すべてのビーコンはレベルテストする必要があります.

4.次のステップは、ビーコンの穴に釘を打ち込むことです。上部の角と下部の角でコードが引っ張られ、それに沿って壁の幅全体に沿ってマークがさらに取り付けられます。ビーコンをインストールした後、すべての追加要素が削除されます.

5.角の最終的な位置合わせのために壁の左官工事を行います.

作品の特徴は、壁の代替処理にあります。その後、すべてが乾くまで待つ必要があります。別の壁には、同じ方法でビーコンが適用され、次に漆喰が塗られます。作業の過程でエラーが発生した場合、パテでコーティングする次の段階ですべての欠陥が排除されます.

表面を漆喰で塗ると、角の正しい形成に近づくことができます。壁に漆喰を塗らないと作業が難しくなり、特に内側の角で作業を行うプロセスがより骨の折れるものになることが示されています。一部の専門家は、石膏の特別な混合物を使用することを推奨しています。これは、より速く乾き、壁から落ちないため、作業に費やす時間が短縮されます。.

石膏ボードのレベリング方法

ほとんどの場合、乾式壁を使用して壁の角を揃える自分で行う方法は、壁を処理しないビルダーに適しています。この場合、大規模な修理作業なしでコーナーを正確に位置合わせできる技術が使用されます。石膏ボードは石膏の形の乾式石膏です。シートは、処理する表面に特殊な接着剤またはダボを使用して取り付けられます.

作業の過程で、次のデバイスが必要になります。

  • 水準器と呼ばれる建物レベル。
  • 必要な量の乾式壁シート;
  • 材料の接合部を充填するためのへら;
  • シートの位置を固定する特殊な石膏接着剤。
  • 乾式壁の必要な部分を測定するための巻尺。
  • シートを切るのに使われるナイフ.

この方法には、石膏を使用するよりも利点があります。

  • 石膏塊の混合物と溶液を調製する可能性はありません。
  • 乾式壁シートを取り付ける場合、壁紙やしっくいから古い表面をきれいにする必要はありません。
  • 石膏ボードを固定した後、壁はすぐにパテにすることができ、石膏が乾くのを待つ必要はありません.

この方法では、いくつかの欠点も分離できます。たとえば、湿度がかなり高い部屋でこのテクノロジーを使用することはできません。同時に、乾式壁はその構造が壊れやすく、機械的損傷を起こしやすいです。石膏ボードが正しく取り付けられていれば、コーナーを追加で調整する必要はありません。.

乾式壁を取り付けた後、作業スペースはパテになりますが、補強テープを使用する必要があります。外側のコーナーを水平にするときは、パテがしやすい特別な穴あきコーナーを使用することをお勧めします。壁の表面の凹凸が大きい場合は、2つの方法を使用することをお勧めします。これを行うには、乾式壁を壁に取り付け、乾いた後、必要な石膏の層を適用してベースを水平にします.

重要!乾式壁を壁に接着するときは、接合部に十字型の継ぎ目が表示されないようにする必要があります。いずれにせよ、材料が硬化する前に、石膏ボードはハンマーまたはレベルを使用して水平にすることができます.

マークを使用した位置合わせ方法

この方法では、内側の角を揃えるときに推奨される、下げ振りの線またはレベルの必須の使用が予測されます。作業の順序は次のとおりです。

1.壁にマークを付けます。できれば均等に、水準器を使用します。.

2.アプリケーション用に慎重に混合物を準備します.

3.セットマークで、角に石膏の層を注意深く適用します.

4.へらを使用して、モルタルを水平にし、表面全体に均等に分散させます.

5.コーナーが乾いた後、次の作業エリアで同じアクションが実行されます.

コーナーを完全に位置合わせする手順は非常に面倒であるため、良い結果を得るのが難しい場合があることは注目に値します。ほとんどの家やアパートでは、反対側の壁がレベルから5 cm、さらには10 cmずれている可能性がありますが、部屋を真に長方形にするためには、かなりの量のパテを塗る必要があります。すべてのエラーが目立つバスルームやキッチンにタイルを敷設するための位置合わせを行うことが特に重要です.

contrashultzを使用する方法

コーナーアライメントコーナーは、修理作業を行う方法の1つです。 Kontraschulzは、アルミニウムベースの特別な穴あきコーナーです。これは、内部コーナーの位置合わせと外部コーナーの両方に使用されます。機械的な損傷を含むさまざまな損傷からデバイスを保護するために、デバイスを外側の角に取り付けることをお勧めします。コーナーを垂直方向に不正確に位置合わせすると、角度も出てきます.

ワークフローは次の段階で構成されています。

1.角を準備し、必要な長さにカットします.

2.石膏を滑らかになるまで混ぜます.

3.ソリューションをコーナーに適用します。内側のセクションを水平にするとき、混合物は全長に沿って完全に適用されます。モルタルを外側の角に塗るときは、必要に応じて石膏の量を減らします.

4.コーナーの設置を行いますが、その垂直位置を監視することが重要です。.

5.余分な石膏はへらで取り除きます。.

6.反撃を設置するときは、壁に合わせることが重要です。.

角が壁と異ならないようにするために、角から約50または80cmのところに混合物を塗布することをお勧めします。幅の広いヘラを使用して、モルタル全体を等間隔に配置し、表面全体を滑らかにする必要があります。しっくいが乾いた後、壁はプライマーで処理されます。より大きな効果を得るには、すべてのエラーをカバーするパテを使用する必要があります。.

外側のコーナー位置合わせ機能

この作業は難しくありません。主なことは、指示に正しく従い、すべての推奨事項に従うことです。このテクノロジーを実行するには、強化メッシュがある特別なコーナーを使用する必要があります。その取り付けの特徴は、セルフタッピングネジの助けを借りており、その後、表面は石膏の層で覆われています.

別の方法での角の位置合わせプロファイルは、石膏の層の適用を予見します。これは、表面全体に均一に分布するために重要です。コーナーを付ける必要があります。確実に固定するために、セルフタッピングネジでねじって、塗布した溶液に押し込みます。出てきた石膏をやさしく塗ります。必要に応じて、混合物を追加して、コーナーとメッシュを完全に密閉できます。.

重要!アルミコーナーは金属の錆びを防ぐために使用されており、非常に便利で柔軟性があります。ムラを防ぐため、必ずすべての作業をレベルで確認してください。.

内側の角を揃える機能

外側の角を揃える技術は、内側の角を形成するときに言うことができない特定の困難を提示しません。この場合、専門家は正確さとスキルを必要とします、そして初心者にとってこれは全く実行可能な量の仕事ではありません。基本的に、この方法では、壁を水平にし、レベルを順番に確認することから始めます。作業の開始時にすべての測定値が正しかった場合、終了時に90度の角度が表示されます。.

テクノロジーを理解するには、この記事の最後にあるコーナーの位置合わせのビデオをご覧になることをお勧めします。特殊なコーナーを使用する場合、コーナーは通常わずかに丸みを帯びているため、常に鋭い対称性を形成できるとは限りません。これは、アルミニウムプロファイルの使用に起因します.

一部の専門家は、直角に平行に設定された2つのスパチュラを使用する特別な方法を使用することを推奨しています。そのような場合、結果は異常な方法を正当化します。これにより、石膏モルタルを使用するときにすべてのエラーを確定して作業することができます。その後、壁をパテし続ける価値があります。.

コーナーを仕上げるときは、購入する石膏混合物の特性を覚えておく価値があります。その特性と範囲に注意してください.

たとえば、バスルームの場合はセメント成分に基づいてモルタルを選択することが望ましく、均一な温度の通常の部屋の場合は石膏混合物を購入することをお勧めします。前者の場合、表面をパテにすることが重要であり、後者の場合、それは必要ありません。.

実際、すべての仕事は難しいことではありませんが、実践的なスキルが必要です。結局のところ、これが初めてコーナーを揃える場合は、最終結果が正当化されない可能性があることを覚えておく必要があります。あなたが余分な財政を持っているならば、特にあなたがあなたの能力に確信が持てないならば、それでも専門家の助けに頼ることが勧められます。.