装飾パネルを使った日曜大工の壁の装飾

最新の仕上げ材の市場には、常に新しい技術的に高度なソリューションが補充されています。組み立てが簡単で手入れが不要な製品のように見えますが、同時に優れた外観を持ち、耐久性があり、機械的ストレスに耐性があります。このタイプの仕上げには、多くの異なる材料から作ることができる装飾的な壁パネルが含まれ、自然と人工の両方の表面を模倣する形状、色、およびテクスチャの印象的な選択があります。この記事では、装飾パネルの種類と、自分の手でそれらを取り付ける方法について検討します。.

コンテンツ:

壁の装飾パネルは、かなり信頼性が高く耐久性のある仕上げ材です。これは、古典主義、モダン、バロック、ロココなど、あらゆる種類のデザインスタイルで装飾された、住宅および公共スペース向けの用途の広いクラッディングです。それらは表面を変形させて、オリジナルのパターンまたはレリーフを作成します。おそらく今日、それは最も人気のあるタイプの仕上げの1つです。.

装飾パネルの種類

壁の装飾パネルはさまざまな素材で作られていますが、タイプごとに外観だけでなく特性も異なります.

現代の技術は、以下の材料からそれらを生産することを可能にします:

  • 天然木-無垢材または接着材;
  • チップボード;
  • 密度の異なるファイバーボード(ファイバーボード、MDF、HDF);
  • 石膏ビニール;
  • ポリ塩化ビニル;
  • ポリスチレン;
  • アルミニウム;
  • コルク;
  • アクリルガラス;
  • 繊維;
  • レザー.

天然木のパネル

  • 木製パネルは多くの種類の木から作られています。最も人気のあるものは、アッシュ、チェリー、スプルース、ブナ、オーク、メープル、パイン、アルダー、スギです。木材は環境にやさしい素材で、居間、寝室、オフィスなどのリビングエリアの壁のクラッディングに最適です。.

アドバイス:バスルームやキッチンの壁を飾る必要がある場合、つまり湿度の高い部屋では、特別な耐湿性の含浸剤、ワニス、またはワックスでコーティングされたパネルを購入する必要があります。この場合、城の接合部と端部の含浸の存在に注意する価値があります。そうしないと、これらの場所が剥離し始め、パネルの装飾的な外観が失われるためです。.

  • 無垢材の装飾パネルの主な利点は、その美観、環境への配慮、遮音性、断熱性です。木材は部屋に立派さ、快適さ、居心地のよさを与える高貴な素材と見なされているため、ほとんどの場合、それらはクラシックなスタイルで装飾されたインテリアで使用されます。さらに、このようなパネルは、必要に応じて簡単に修理できるため、使用期間は実質的に無制限です。損傷した表面は、研磨して研磨してから、再度塗装してニスを塗ることができます。製品の塗り直しや色付けも許可されています。.
  • 無垢材で作られた装飾パネルはコストが高いため、接着材で作られた製品、いわゆるフレームパネルはバイヤーの間でより人気があります。.
  • このオプションは、3つの層が存在することを前提としています。上部の層は、原則として貴重な種類の木材でできており、フレームの層は針葉樹(トウヒまたはマツ)でできています。.
  • それぞれの繊維が前のものと平行に配置されている間、層は高温で圧力下で結合されます。この設計は、操作中の変形を回避するのに役立ちます。完成した装飾パネルは、アクリルワニスでコーティングされているか、ワックス組成物で処理されています.
  • 木製モデルのもう1つのオプションは、安価な木材をベニヤでコーティングすることです。このようなパネルは、外見上は天然木製品と違いはありませんが、大幅にコストが削減されます。.

装飾的な木製パネルの写真で壁の装飾

リサイクルされた木製パネル

チップボード

  • これは、ホットプレスの方法で得られた木の削りくずまたはおがくずからの材料であり、樹脂がバインダーとして使用されます。チップボードをベースにした装飾パネルは、天然木の対応するものほど信頼性は高くありませんが、乾燥した暖かい部屋の壁の装飾に優れた素材と見なされています。.

  • このクラッディングは、バスルーム、キッチン、バルコニーの壁には使用しないでください。湿気の影響下で、温度が急激に変化すると、崩壊、剥離、または崩壊し始める可能性があります.
  • に基づく装飾パネル ファイバーボード 製造時に木質繊維が使用されているため、湿気の影響を受けにくく、圧力と高温の影響下で単一の材料にはんだ付けされます。その結果、軽量でありながら緻密なパネルが得られ、樹脂を含浸させた紙やホイルでラミネートしたり、ベニヤ板を貼ったりすることができます。掃除がとても簡単なので、キッチンや廊下の装飾に使用できますが、水に直接触れないようにすることをお勧めします。.

MDF

  • これは平均密度のファイバーボードの一種です。製造には、圧力下および高温での乾式プレスの方法が使用されます。原料には細粒木材チップを使用し、バインダーには尿素樹脂を使用しています。.

  • 彼らはどんな部屋でも壁の装飾として役立つことができます。湿気から確実に保護され、吸音性があり、断熱層を形成するため、バルコニーやロッジアの仕上げに広く使用されています。.
  • MDFパネルは、高荷重に耐えることができる丈夫で信頼性の高い素材と見なされているため、あらゆる種類の家具を取り付けることができます。さらに、最新の技術により、ベニヤで覆われた、紙ビニール、装飾紙、またはフィルムでラミネートまたはラミネートされた耐火装飾MDFパネルを製造することが可能になります。.

HDF

  • 高密度繊維板です。主な特徴として、この素材で作られたパネルはMDFパネルとほとんど変わりません。ほとんどの場合、それらは穴あきバージョンで作られています。いくつかのタイプの仕上げが利用可能です:片面ラミネーション、両面ラミネーション、両面ベニヤ、両面ホイル仕上げ、追加の仕上げなしのオプションもあります.

  • パーフォレーションの形状は、三角形、正方形、星、円、迷路など、非常に多様である可能性があり、色の中で人気のあるオプションは、メープル、クルミ、マホガニー、ブナ、ウェンジ、チェリーです。.
  • HDFベースの素材は乾燥した部屋の仕上げに使用され、強度が増し、重い負荷に耐えることができますが、このタイプの製品の価格はかなり高く設定されています.
  • 木板素材をベースにした装飾パネルはすべて、高品質の原料を使用し、最新の技術を使用して製造されています。つまり、完成品の品質は保証された高レベルに保たれます。.
  • 再生木材をベースにした壁パネルは、あらゆる種類のパターンとデザインがあり、石積みやレンガ、木材やその他の天然素材の表面、人工素材を模倣できます。.
  • それらは木枠と壁の平らな面の両方に取り付けられています。鋭利なステープルや建設用釘を使用すると、表面が損傷し、湿気がパネルに浸透する可能性があるため、耐湿性のある材料は、接着剤を使用して壁または中実の木枠に直接取り付ける必要があります。これは、不均一な構造が崩壊し始めることを意味します。.

プラスチック装飾パネル

ポリ塩化ビニル

  • プラスチック装飾パネルはポリ塩化ビニルをベースに作られ、バイヤーの間で最大の需要があります。 PVCパネルには多くの利点があります-それらは長い耐用年数、耐湿性の向上、衛生、簡単なメンテナンスなどです。このような特性により、湿度の高い部屋や交通量の多い部屋、たとえば風呂、キッチン、廊下、ホール、およびオフィス、銀行、カフェなどの公共の場所に不可欠です。.
  • 極端な温度に耐える装飾用PVCパネルを見つけることができます。それらは40度の氷点下と115°Cまでの温度上昇に簡単に耐えることができます。つまり、外壁の装飾や風呂の室内装飾として使用できます。サウナ。ほとんどのPVCパネルは、依然として暖房付きの部屋の室内装飾を目的としています。.

  • メーカーは、表面が滑らかでエンボス加工された製品を提供しており、さまざまな素材(木材、皮革、石材など)を模倣したパターンを前面に適用できます。信頼性の高い保護のために、最上層は光沢のあるまたはつや消しのニスで覆われています。その主な特徴は、帯電防止であるため、ほこりの粒子を引き付けないことです。.
  • このようなパネルは、ロックシステムが装備されているため、設置が非常に簡単です。また、通常の建設用ナイフを使用して必要なサイズのシートを切断することで、必要な寸法を材料に簡単に与えることができます。.

石膏ビニール

  • 石膏ビニール製の装飾パネルは、内壁の装飾や内部の仕切りに使用されています。それらの製造には、ビニールコーティングの層が適用された石膏ボードが使用されます。そのため、湿気を恐れず、機械的ストレスに耐性があり、任意の洗剤で洗うことができます。.

  • 石膏ビニールパネルの取り付けは、装飾機能も備えた接続プロファイルを使用してアルミニウムフレームに実行されます。さらに、パネルを取り外したり、必要に応じて再配置したりすることもできます。.

ポリスチレン

  • 別のタイプのプラスチックパネルは、装飾用ポリスチレンパネルです。, その上に保護フィルムの層が適用されます。それらは異なる厚さを持ち、表面は滑らかまたはエンボス加工され、鏡のようであり、多くの色を持っています。.
  • 設置は木枠または平らな面で行われます(パネルが粘着性で作られている場合)。さらに、特殊な製造技術と柔軟性により、ポリスチレンパネルは、柱や暖炉など、あらゆる構成の構造に直面する可能性があります。.

発泡スチロール

  • 装飾パネルも、剛性のあるベースを備えた発泡スチロールから製造されています。ガラス繊維は強化層として使用されます。それらは、水力、騒音、および断熱の程度が増加しています。これはかなり耐湿性のある素材で、湿度の高い部屋の壁のク​​ラッディングに適しています-バスルームとシャワーキャビン、スイミングプール、バスとサウナの室内装飾、テラス、ロッジアとバルコニーのクラッディング.

  • すべてのタイプのプラスチックパネルは旋盤に取り付けられるか、アクリルまたはシリコーン接着剤を使用して壁に直接接着されます。パネルはどの方向にも簡単に切断でき、さねはぎ溝または溝溝ロックシステムによって相互接続されています。最初のケースでは、それらは互いにしっかりと接続されており、均一なパターンでほぼ単一の表面を形成しています。接合の2番目の方法は、パネルの色とは色が異なる可能性のある追加の接合の存在を前提としています。このようなインサートは、レリーフを持っているか、ミラーテクスチャで滑らかにすることができます。.
  • 価格的には、プラスチックパネルは他のタイプの装飾パネルと比較して最も収益性の高い仕上げ材であり、温度を恐れない耐湿性、化学的に無害な材料であるため、その特性はどのパネルにも劣りません。変化し、変形しません.
  • 不利な点は、プラスチックの応力に対する耐性が低いという事実だけです。つまり、重い物体をプラスチックに掛けることは望ましくありません。そして他のすべての点で、それはどんな部屋を飾るための理想的な材料でもあります。.
  • さらに、プラスチックパネルの表面は多くの色で塗ることができ、異なる質感を持っています。たとえば、石、レンガ、木、革、その他の素材の表面をシミュレートします。このようなパネルの手入れは非常に簡単です。定期的に湿らせた布で拭くか、固形粒子を含まない洗剤を加えて温水で洗うだけで十分です。.

ファブリックとレザーの壁パネル

  • 壁の装飾用の特別なタイプの壁パネルには、布と革で作られたパネルが含まれます。それらは様々な形、質感、そして柔らかさの程度を持つことができます。部屋のすべての壁を飾ったり、明るいアクセントとして使用したりできます。布や革の表面に任意の画像で写真プリントを適用できます.

  • テキスタイルパネルの柔らかさはさまざまですが、これは裏地によって実現されますが、必要なレリーフを使用して生地を硬い素材に伸ばすことによって形成されるレリーフ面も使用されます。.
  • このような製品の利点には、高い美的品質の存在、さまざまな品揃え、個々のスタイル、断熱性と遮音性、環境への配慮、および手入れのしやすさが含まれます。素材はスエード、天然皮革、人工皮革、さまざまな生地、フェルトです。.

コルク装飾パネル

  • 装飾コルクは、長寿命でメンテナンスの必要性が少ないユニークな天然素材です。コルクパネルは変形せず、臭いや湿気を吸収せず、ほこりを引き付けず、焦げず、汚れを簡単に洗うことができます.

  • この材料の主な利点は、その環境への配慮です。このような装飾的な仕上げは、どの部屋にも高級でエレガントな外観を与えるだけでなく、騒音や寒さからも保護します。.
  • コルクパネルは、コルク樹皮とコルクチップの両方から作ることができます。2番目のケースでは、製品の価格はわずかに低くなりますが、材料のすべての利点は残ります。下層がプレスチップで、前面がモノリシック樹皮である複合2層パネルも製造されています。.

アルミ装飾パネル

  • アルミニウム複合装飾パネルは、特別な処理技術により、独特のホログラフィック外観を備えています。それらは、2層のアルミニウムクラッドとそれらの間のモノリシックポリエチレンのシートからなる構造の形で作られています。.

  • アルミ装飾パネルには、縦方向と混沌としたタイプのパターンと、原則としてアーティストによって手作りされたいくつかの基本的なタイプがあります。パネルのお手入れは非常に簡単です。暖かい石鹸水に浸した布で汚れたり、窓拭きを使用したりして、パネルを拭く必要があります。アルコール、アセトン、研磨粒子を含む洗剤は控えたほうがよいでしょう。.

アクリルガラス装飾パネル

  • デコアクリル壁パネルは、合成樹脂から作られたアクリルガラスをベースにしたユニークな素材です。彼らはあらゆる種類の方法で飾ることができます。貝殻、宝飾品、半貴石など、さまざまな要素が表面に溶け込んでいます。.

  • このような製品は、十分な強度を維持しながら、柔軟性と軽量性を備えています。アクリルガラスは、優れた耐湿性、機械的強度、温度変化に対する耐性、および低比重を備えています。見た目はタイルに似ているので、バスルームやキッチンを飾るときによく使われます。.

装飾パネルのサイズ

壁の装飾パネルはすべて、通常、1つのスラブのサイズに応じて3つのタイプに分けられます。.

  • タイル張りの装飾パネル -正方形のタイルの形で作られ、30x30cmと90x90cmの2つのサイズが標準と見なされます。異なるパターンと色のタイルを使用して、壁にパネルやモザイクを簡単に配置できます。各正方形には四方に溝があり、表面の仕上げを固定するために、留め具と特別な接合を使用する必要があります.
  • 積み重ねまたはスラット装飾パネル -別々の厚板(スラット)の形で作られ、長さは0.9〜3.7 mの範囲で変化し、幅は最大30 cm、厚さは12mm以下です。このタイプの装飾パネルの取り付けは、木枠の存在を前提としており、固定は金属製のブラケット(クランプ)を使用して行う必要があります。それらにはロック接続がないため、それらを取り付けるときは、内部または外部のレイアウトを使用した接続方法が使用されます。パネルは互いに近くに配置され、プラグインレイアウトで固定されます。プラグインレイアウトは、パネルの後ろに隠したり、スラットの上に適用して表示したりできます。視覚的に仕上げられた仕上げは下見板張りの表面のように見えます.
  • シート装飾パネル -高さ244cm、幅122cmのシート状で、厚さは6mmを超えません。多数の接合部を避ける必要がある場合に非常に便利なオプションであり、さらに、パネルはできるだけ早く取り付けられます。パネルは、再生木材(ファイバーボード、MDF)、乾式壁、アルミニウム、PVC、またはポリスチレンで作ることができます。表面は原則として1つまたは複数のパターンで装飾され、保護ニス層で覆われ、裏面には撥水剤が塗布されています。製品は穴あきまたは中実にすることができます。設置は、事前に準備された木枠に、またはその表面が完全に平らで均一な場合は壁に直接行われます。.

装飾パネルを使った日曜大工の壁の装飾

どんな種類の装飾壁パネルでも、特別なトレーニングや専門的な設備がなくても、簡単に設置できます。ただし、適切にインストールするには、いくつかの簡単なルールに従う必要があります。.

装飾パネルを使用した壁のクラッディングには、主に2つの方法があります。

  • のり.
  • ワイヤーフレーム.

接着法は、他の仕上げ材が除去された平らな表面の存在を前提としています。このような仕上げには、多くの強度と経験が必要です。パネルは、アクリルまたはシリコーンの特殊な接着剤で接着するか、表面が粘着性のある製品を購入することで接着できます。.

フレーム方式では、金属プロファイルまたは木製バテンから旋盤を作成します。アルミニウムプロファイルは追加の処理を必要としませんが、木製の材料には防腐剤と耐湿剤を含浸させる必要があります。そのため、金属フレームのデバイスが優先されます。.

フレームまたは旋盤へのパネルの取り付けには、いくつかの主要な段階があります。.

フレームの取り付け

  • 最初に、レーザーレベルまたは建物レベルを使用して水平にされる上部天井レールが設置されます。セルフタッピングネジまたはダボでプロファイルを固定できます。下部ガイドは同じ平面に取り付けられています。厚板の方向は、設置するパネルに対して垂直である必要があります.

  • 上下のガイドを固定した後、縦の中間プロファイルを取り付けて、それらの間の距離が40〜50cmになるようにします。これは、将来問題なくパネルを取り付けることができるようにするために必要です。強度のために、フレームは垂直に配置されたいくつかの中間プロファイルで補強することができます.

装飾パネルの設置

  • まず、壁の角から開始プロファイルを固定します。このプロファイルには、将来最初のパネルが取り付けられます。装飾パネルの固定はセルフタッピングネジを使用して行われますが、フレームが木枠の形で作られている場合は、建設用ホッチキスで固定するのが最善です。パネルにはいくつかの種類があり、特別なブラケットにのみ固定されています。.

  • パネルは、さねはぎロックで、または特別な接合の助けを借りて固定することができます。取り付けられる各要素は、結果の壁が1つの平面に整列するように、水平にチェックインされます。最後のパネルを取り付ける前に、仕上げモールディングを固定してから、追加の固定なしでパネルをパネルに挿入する必要があります.
  • パネルで仕上げを終えたら、特別なストリップで構造を完成させることができます-これは装飾的な表面に仕上げられた外観を与えます。必要に応じて、壁とパネルの間に断熱層または吸音層を配置します.

装飾パネルビデオによる壁の装飾

装飾パネルの利点

  • 簡単で迅速なインストール -パネルの固定ではベースへの壁の清掃ができないため、すべての作業を記録的な速さで実行できます。さらに、固定する際に、特別な工具や機器を使用する必要はなく、高価な専門家を巻き込む必要もありません。すべての作業は自分で簡単に行うことができます。必要なのは、旋盤の材料、建設用ホッチキスとホッチキス、およびパネル自体とそれらの付属品だけです。グルーブコームシステムのおかげで、設置は迅速かつ正確で、廃棄物や破片はほとんどありません。.
  • ユニバーサルアプリケーション- 装飾パネルは、あらゆる目的(公共または住宅)で、敷地内でうまく使用されています。それらは、パネルと壁の間の断熱層によって補強された、高レベルの吸音性と断熱性を備えています。設置はどの方向(水平、垂直、斜め)でも行うことができ、色や質感が多く、複雑で大胆なデザインソリューションを実現できます。特別な製造技術のおかげで、ほとんどすべての表面や質感を模倣することができます。家の中に暖かさ、快適さ、居心地の良い雰囲気を作り出すように、さまざまなテクスチャを簡単に組み合わせて選択できます。.

  • いいえ難しいケア -装飾パネルはウェットクリーニングに耐えやすい素材でできているので、装飾面のメンテナンスに多額の費用がかからず、月に一度湿らせた布で裏地を拭くだけで十分です。パネルの利点は、ほこりを集めないことです。もちろん、エンボス加工のモデルを選ぶときは、小さな部品が汚れの粒子で詰まる可能性があるため、バスルーム、キッチン、廊下では使用しないことをお勧めします。非化学洗剤や粒子状洗剤で洗うことができます.
  • 経済的な資料 -他の高品質の外装材と比較して、装飾的な壁パネルは桁違いに安価になります.
  • 信頼性が高く、耐久性があり、見た目に美しい素材 -さまざまな素材で作られていますが、安全性、衛生性、機械的損傷への耐性が特徴です。装飾パネルによる壁の装飾は、長期間の修理の必要性を回避します.

装飾パネル付きの壁の装飾価格

  • 今日、プラスチックパネルは色、形、およびそれらが作られる材料の両方で多様であるため、あるタイプの装飾パネルの価格は別のタイプと大幅に異なる可能性があります。.
  • たとえば、無垢材で作られた装飾パネルは、少なくとも1万ルーブルの費用がかかります。 m2あたり、プラスチックは約3〜4千ルーブルの費用がかかります。平方メートルあたり.

予算や好みに応じて、部屋の壁を飾るのにどのような素材を使うべきかは、誰もが自分で決めます。いずれにせよ、装飾用プラスチックパネルは常に信頼性が高く、丈夫で耐久性のあるコーティングであり、高い美的品質が特徴です。.