壁を自分の手に合わせる方法:初心者向けのヒント

「仕上げ作業」の概念には、壁の塗装からタイルの敷設までの関連作業のリストが含まれています。それらのすべては、壁の注意深く平らな表面でのみ実行されます。.

壁を平らにする現代の方法は2つのグループに分けられます。実行技術と材料に応じて、乾式(石膏ボード構造を使用)と生(建物の混合物による表面補正)の方法が区別され、それぞれに独自の特性があります。最適な方法を選択するには、レーザーレベル、下げ振り、または通常のレベルで不規則性を測定する必要があります。 5ミリメートル以内で変動する甌穴やくぼみもパテで取り除くことができます。約3〜5センチの不規則性?次に、建物の混合物を購入する必要があります。 5センチメートルを超える差は、乾式壁を使用して最もよく平準化されます.

コンテンツ:

しっくいで壁を平らにする方法?

壁を水平にする直前に、いくつかの準備作業を実行する必要があります。

  • 古い仕上げ材を解体します。
  • 漆喰を塗る表面を評価する.

壁が崩れたり、はがれたりしてはいけません。多くの場合、古い石膏での作業の場合、最初の層が完全に乾燥した後、以前は見えなかった欠陥が見つかります。.

成功の秘訣は、次の3つの条件を順守することです。

  • 徹底的な表面処理;
  • 建物の混合物の正しい選択;
  • 正確なビーコンの可用性.

れんが造りの壁を平らにするために、セメントベースの混合物を使用することをお勧めします。この石膏ミックスのコストは比較的低いです。レンガの壁を飾るときに重要な、かなり厚い材料の層を適用することが許可されています。 2センチ以上の層を適用する場合、組成を強化するために石膏メッシュを使用する必要があることに注意する必要があります.

滑らかなコンクリート壁を漆喰で塗るには、漆喰ベースのレベリングコンパウンドが必要です。材料の一部である石英の微粒子は、壁を少し粗くします。ただし、最初に、必ず表面を下塗りしてください。補強はメッシュサイズ5×5mmのポリマーメッシュで行います.

多くの人が、どのような解決策でコンクリートの壁を平らにするかに興味を持っています。表面が粗いコンクリートの左官工事には、石膏またはセメント組成物が使用されます。プライマーも必要ですが、クォーツを追加しません.

発泡コンクリート表面を処理する場合、石膏混合物が主に使用されます。ディープペネトレーションプレプライマーが必要.

仕切りの構築に使用される舌スラブは、通常のプライマーに石膏混合物で塗りつぶす必要があります.

表面を評価し、石膏混合物を適用するために準備した後の次のステップは、ビーコンの位置になります.

ビーコンの設置

建設では、灯台を液体混合物を使用して表面レベリングを制御するための一種のガイドと呼ぶのが通例です。左官工事用のビーコンとして、穴あきプロファイルが使用されます。その幅は、適用される混合物の量によって異なります。初心者の方は、購入した灯台を使用することをお勧めします。その美しさは、作業後に灯台を取り外す必要がなく、取り外した後に残った溝をマスクすることです。.

灯台は、しっくいに使用される急速硬化モルタルまたは混合物の垂直ストリップに設置されます。ビーコン間の距離は、ルールのサイズを考慮して決定されます(2つのビーコンの端に置かれ、滑り落ちないようにする必要があります).

しっくい技術

こてと「ハヤブサ」のある灯台の間には、「しつけ」が投げられます-過剰な量の混合物。ハヤブサは、こてに漠然と似ているハンドルを備えた道具ですが、こての底よりもはるかに大きな底のサイズがあります。専門家がこてで「ファルコン」から混合物を集め、灯台の間に捨てます。このツールを使用すると、労働生産性が大幅に向上する可能性があります。毎回溶液容器に戻る必要はありません。これは、アライメント時間も短縮されることを意味します。.

次に、原則として、ソリューションは下から上に均等に分散されます。石膏の厚い層をすぐに適用するために、彼らはそれを平らにすることなく大まかな輪郭を作ります。粗い層が乾いた後、彼らは最後の仕上げを適用し始めます。フィニッシュバスティングもルールによって平準化されます。.

パテで壁を平らにする方法?

表面もレベリング前にパテで下塗りされます。表面に自分でパテを置くことは難しくありません。 「高さ」のわずかな違いだけでパテで塗装するために壁を平らにすることが可能であるため、この方法は常に適切であるとは限らないことに注意する必要があります。その他の場合、パテはマルチステッププロセスの最終段階になります。.

充填には、幅の広いスパチュラと幅の狭いスパチュラ、および平底のキュベットが必要です。混合物のコンシステンシーは、スティックで攪拌して形成されたコーンがその形状を保持するようなものでなければなりません。時間の経過とともにパテは濃くなるので、定期的に水またはプライマーで希釈する必要があります。望ましい一貫性の混合物は、へらから滑り落ちることなく直立位置でよく保持されます.

適切に準備されたパテはキュベットに入れられ、乾かないように覆われます。少量の混合物を、ストロークのあるへらで壁の表面に塗布します。さらに、測定された水平および垂直の動きで、適用されたパテは、スパチュラをある角度で保持しながら、1または2ミリメートルの厚さに水平にされます。表面に対するへらの傾斜角が大きいほど、表面に残っている混合層の厚さが薄くなることに留意されたい。便宜上、へらの刃はもう一方の手で固定されています.

混合物が「固まった」後、プライマーで軽くすすいでください。これは、たるみやさまざまな不規則性を取り除くために行われます。最初の層は、完全に乾燥した後(洗浄後1日以上)、粗さを滑らかにするために研磨用のゼロサンドペーパーで処理されます。必要に応じて、2番目のレイヤーを適用できますが、その前に、前に塗りつぶしたサーフェスをプライミングする必要があります。プライマーなしで2回目のコートを塗布すると、以前に塗布したフィラーに水分が吸収されるため、ひび割れが発生する可能性があります。 1日後、ボードまたは小さなブロックにサンドペーパーを巻いて表面を再び研磨します。.

壁をロットバンドに合わせる方法?

Rotband Starter Puttyは、建設業界で有名なブランドであるKnaufによって作られた石膏ミックスです。内装工事に使用されます。時々Rotbandパテは石膏と呼ばれます。ファサードの仕上げには、この混合物を使用しないでください。Rotbandには、環境の悪影響を受けやすい石膏が含まれているためです。この材料の特性は、従来のパテの特性よりもはるかに優れています。柔軟性が高く、乾燥が遅いため、非常に便利です。これらの利点のおかげで、Rotbandによる最終仕上げへのレベリングははるかに高速です。作業は、従来のパテを使用する場合と同様に、いくつかの段階で実行されますが、開始と終了の両方の仕上げは同じ混合物で実行されます。.

建設用ミキサーを使用してパテをこねるのが良いでしょう。したがって、乾燥した塊がないことがわかります。重大な不規則性を平準化する場合、特別なフィラーメッシュが使用されます。ビーコン技術は、ロットバンドを使用して実行することもできます。.

石膏ボードで壁を水平にするためのフレーム法

壁を大きな穴に合わせるにはどうすればよいですか?これらの目的には、乾式壁が適しています。石膏ボードによる凹凸の修正は、考えられるすべてのオプションの中で最も効果的で低予算です。フレームまたはフレームレスの方法で実行.

フレーム方式で設置する場合、最初にフレームが作成され、その上に乾式壁のシートが取り付けられます。フレームは、ガイドとラックの2種類のバーまたは金属プロファイルで構成されています。木造フレームはそれほど耐久性がありません(微生物、湿気の影響を受け、変形しやすい)。それをインストールすることもはるかに困難です。したがって、ビルダーは多くの場合、基礎として金属プロファイルを使用します。.

まず、フレームを作成する必要があります。このため、ガイドプロファイルは互いに平行に天井にねじ込む必要があります。次に、40〜60 cmごとに、乾式壁シートの幅(120 cm)を考慮してガイドを取り付けます。この段階で、必要に応じて、壁はミネラルウールまたはフォームで断熱されます.

フレームを組み立てた後、乾式壁シートを金属プロファイルに固定します。これは、酸化金属製のセルフタッピングネジを使用して行われます。乾式壁シートの取り付けは、40〜60 cmの増分で実行されます(ガイドプロファイル間の距離によって異なります)。スクリューキャップがシートにわずかに「隠れている」.

フレームレス方式は少し異なります。この場合、シートは仕上げが必要な表面に直接接着されます。フレームレス法の大きな欠点は、この方法では重大な欠陥のある壁を位置合わせできないことです。.

自分で壁を平らにする方法は他にもあります。たとえば、合板やプラスチックパネル。実行技術は石膏ボードによるレベリングに似ていますが、合板やプラスチックパネルを固定するためのプロファイルの代わりに、木製のブロックが使用されます。この方法は非常に経済的であるため、カントリーハウス、ガレージ、バスルームなどの装飾に使用されます。また、通信を非表示にすることもできます。.

壁を均一にするには、壁の状態を注意深く評価し、どの方法が最も適切かを判断します。滑らかな壁は、仕上げ材が本当にあなたのインテリアを飾るという事実への第一歩です.