壁の下見板張りの装飾の特徴。自分の手で下見板張りで壁を飾るときに何を探すべきか。壁のクラッディングの専門家のアドバイス

現代の技術は止まらず、建設や修理に積極的に使用される材料がますます増えています。乾式壁、プラスチック、OSBは需要があり、広く使用されていますが、木材は依然として人気のある素材であり、その位置に劣ることはありません。これは、高い性能特性と同等の競争の欠如によるものです-高い環境への配慮、非毒性、品質はどの材料によっても繰り返されません。ライニングは依然として非常に人気があり、需要があります。壁、天井、ドア、窓のスロープのクラッディングに使用されます。素材は屋外・屋内での使用が可能です.

目次:

裏地の種類

裏地は、自然な湿気の程度、同じタイプの接合要素(舌と溝)を備えた、高い特性を備えたよく処理された鉋板です。.

材料の長所または短所は、木材の種類によって異なります。最も人気があり、最も安い材料は松です。さまざまな色でご利用いただけます。松の裏地は取り扱いと取り付けが簡単です。現代的な手段の助けを借りて、あなたは裏地の外観の特徴を変えるだけでなく、材料の耐久性を高めることもできます。ボードが暗くなり、視覚的な魅力が失われるのを防ぐために、製品の表面をニスまたはペイントで覆うことをお勧めします.

リクエストに応じて写真壁の下見板張りの装飾の特徴

リンデンの裏地は、サウナやお風呂を飾るために積極的に使用されています。それは非常にゆっくりと加熱し、樹脂を放出せず、高い耐湿性を持ち、実質的に腐敗せず、カビ、カビの外観.

オークライニングはかなりのコストがかかりますが、需要が高いです。材料は腐敗に非常に耐性があり、問題なく加工および組み立てが容易です。オーク材の裏地を使用すると、インテリアに面白い画像を作成できます。材料を保存するために、オークの裏地を染色して酸洗いする必要があります。.

裏地は豊富な品揃えと色のバリエーションで有名です。特定のインテリアの素材の色合いを簡単に選択することができます。黄色を優勢にする必要がある場合は、アスペンまたはスプルースを選択する必要があります。ハンノキやカラマツは茶色がかった色合いになります。後者の素材は非常に高い特性を持っていますが、最も高価なタイプの裏地の1つです.

木の板には多くの利点があります。

  • 天然木は環境にやさしいです。
  • 下見板張りの部屋の外観は、スタイルと堅牢さによって区別されます。
  • 部屋の表面を平らにすることが可能になります。
  • 部屋には天然木の香りが漂います。
  • ライニングは簡単に取り付けられ、相互に接続されます。
  • 機械的ストレスに耐性があります。
  • お手入れが簡単.

リクエストに応じて写真壁の下見板張りの装飾の特徴

しかし、長所に加えて、短所もあります。

  • 高価な材料;
  • 耐久性のために、表面は注意深く世話をする必要があります.
素材の種類 予定
アスペンの裏地 お風呂、サウナをカバーするため
スプルースの裏地 天井や壁のクラッディング用
松の裏地 予算の前提をクラッディングするため
オークの裏地 堅固な教室やオフィスのクラッディング用
カラマツの裏地 湿度が高く高温の部屋に

裏地の主な特徴

裏地を作る木材の種類に加えて、材料は次の基準に従って分類されます。

  • 湿度の程度。ライニングの乾燥した湿気や自然の湿気には、コストだけでなく特性にも違いがあります。ドライライニングはボードから水分を取り除くことで得られ、未処理のボードの3分の1のコストがかかります.
  • 材料の形状、寸法。ボードには、ライニング、ユーロライニング、ブロックハウス、フェーシングボードの4つのオプションがあります。これまたはその材料の選択は、ライニングの目的によって異なります.

裏地は非常に実用的な材料であり、太陽、温度変化、またはげっ歯類の活動の影響で崩壊するという意見は間違っています。適切な注意を払えば、材料は20年以上続く可能性があります。製造業者は、ライニングを環境の影響に耐えるようにする特別な材料で木材を処理します.

資料には次の4つのカテゴリがあります。

  • 追加;
  • クラスA;
  • クラスB;
  • クラスC.

エクストラクラスは、非常に高品質の木材が特徴で、目に見える欠陥はなく、プロファイルの表面は均一で滑らかです。クラスAも高品質で、損傷はありませんが、結び目が存在する可能性があります。クラスBには、結び目、欠け、色むらなどの外部欠陥があります。クラスCは品質が低く、結び目穴があり、さまざまな表面損傷があることが特徴です.

最も高価なのはエクストラクラスとカテゴリーAです。このクラスの裏地を購入する経済的機会がない場合は、クラスBとCの適切なコピーを選択できます。主なことは、結婚がないかどうかボードを慎重に検討することです。ボードに見つかった小さな欠陥は、パテで修復できます。最終的に、裏地の欠陥のいくつかを隠すことが可能です。.

裏地をベースに固定する特徴

ライニングは、プレインストールされたフレームに取り付けられています。壁の表面が完全に平らであれば、材料を壁に直接取り付けることができますが、旋盤を取り付けると、留め具の品質が高くなり、さらに断熱層を置くことが可能になります。レベルを使用する必要があります。この場合、表面は完全に平らになります。フレームは、バーまたは金属プロファイルにすることができます。しかし、それでも、ベースに金属を使用すると木が変形する可能性があるため、木製のフレームを使用することをお勧めします.

プロファイルのインストールは、いくつかの方法で実行できます。

  • 水平-最も人気のあるオプション、さらに、特定のタイプの裏地はこの方法でのみ取り付けられます。
  • 垂直-天井を覆うときに練習します。光の方向に表面を覆うことをお勧めします。
  • 斜めに-部屋を飾るために実践される装飾的な方法。
  • 裏地を配置する混合方法-ボードを異なる方向に配置すると、部屋を装飾してパターンを作成することができます.

オプションの選択は多くの点に依存します。部屋の目的、その特徴、および期待される結果に基づいて、1つまたは別のクラッディングオプションが使用されます.

リクエストに応じて写真壁の下見板張りの装飾の特徴

自分で木枠を作る方法

まず、自分で作るか市場で購入できるスラットを準備する必要があります。スラットの最適な距離は0.5メートルと考えられています。これは設置に便利で、ライニングをできるだけしっかりと固定することができます。部屋のタイプに応じて、防湿材と断熱材がフレームの下に設置されます。高温の部屋でこれらの目的にミネラルウールを使用することはお勧めしません。.

木材を破壊する昆虫を破壊するための防腐剤と準備で板を処理することをお勧めします。ライニングは固定の前夜に部屋に持ち込む必要があります。そうしないと、設置作業によって材料が損傷する可能性があります。.

壁にひどい凹凸がある場合は、ウェッジまたは木製の下地を使用することをお勧めします.

マテリアルハンドリング

旋盤の製造、材料と留め具の入手は、仕事の一部にすぎません。固定する材料を適切に準備する必要があります。ほとんどの場合、ライニングは前処理が行われず、処理されるものは非常に高価です。したがって、被覆する前に、次のことを行う必要があります。

  • 針葉樹の裏地を脱脂する必要があります。これにはアセトンを使用し、消毒剤で処理した後、水に浸したスポンジでボードを拭き、すべての操作の後、ボードを乾燥させます。
  • 均一な表面のために、各ボードは過酸化物とシュウ酸の特別な混合物で処理されます。
  • わずかな損傷は、パテと木材の混合物で修復する必要があります。
  • 色合いを変えるために、木の表面の染みまたは含浸が使用されます.

前処理はテクノロジーの侵害となるため、無視しないでください。.

リクエストに応じて写真壁の下見板張りの装飾の特徴

底面と材質のフレーム準備の準備工事

ライニングのライニング作業を開始する前に、木枠を取り付ける必要があります。ほとんどの場合、垂直または水平のクレートが選択されます。水平方式では、水分や結露が自由に流れ落ちて溜まらないように、ボードの方向を正しく設定する必要があります。.

ライニングはさまざまな方法で修正できますが、最も一般的な方法は次のとおりです。

  • クリートで固定するのが最も安全な方法であり、ボード表面の破壊は実際には発生しません。
  • 釘で留める-釘は溝または舌に打ち込まれます。裏地を傷つけないように注意する必要があります。
  • ホッチキスで留める。
  • セルフタッピングネジで固定.

各オプションには独自の特性があり、マスターの裁量で適用できます。いずれの方法でも、最初と最後のボードには、材料に沈められた小さな頭の釘が取り付けられています。.

クランプは、完全に平らな表面を作成するのに役立ちます。このオプションはユーロライニングに適しています。通常のボードをネジで固定することをお勧めします。ライニングをホッチキスで取り付けるのは簡単です。主なことは、ホッチキスを正しい角度に保ち、ホッチキスをできるだけ素材に浸すことです。作業の最後に、表面が他の材料で覆われている場合は、釘で固定するのが理にかなっています.

取り付け後のライニングの表面を処理する必要があります。これにより、製品の寿命が延び、魅力的になります。次の作業手順をお勧めします:プライマーによるコーティング、消毒剤の含浸、塗料またはワニスでの仕上げ.

自分の手で下見板張りの壁を飾る作業を行う手順

ライニングの表面が処理された後、旋盤が配置され、断熱材が取り付けられ、ライニングの取り付けに進みます。ライニングを固定するためのオプションを決定する必要があります。それはすべて個人的な好みに依存しますが、水平のクラッディングが部屋をより広くすることを覚えておく価値があります。縦型外装方式により、天井の高さを視覚的に高めることができます.

水平クラッディングは、天井から床までライニングを取り付けることから始まります。ゴミやほこりがたまらないように、溝は床に向ける必要があります。最初のシートはフレームバーに固定され、留め具に選択された任意の材料で溝またはほぞを通して取り付けられます。 3〜4枚のボードごとに、結果として得られる壁の均一性は、建物レベルを使用して制御されます。最後のボードには弓のこが付いています。取り付けられたライニングの表面は、ほこりや破片から拭き取られます。必要に応じて裏地は塗装されていますが、ボードの外観は追加の介入なしで魅力的な外観になっています。.

垂直クラッディングは部屋の隅から始まります。最初のボードは釘で留められ、装飾的なコーナーで閉じられます。取り付けは、水平取り付けオプションと同様です。エッジボードは弓のこでサイズにカットされます.

自分の手で下見板張りの壁のクラッディングに必要な材料とツール

材料に加えて、あなたは特定の道具を準備する必要があります、それらの多くはありません。壁のクラッディングの場合、次のものが必要になります。

  • 木の梁;
  • ダボまたはネジ;
  • 表面処理ソリューション;
  • 建物レベル;
  • センチメートルまたは巻尺;
  • 釣り糸;
  • ファイル;
  • 斧;
  • 厚切りポテト;
  • ドライバー;
  • 鉛筆とマーカー.

自分でカチンコで部屋を覆うことができます。これを行うのは難しいことではありません。計算やツールで判明したよりも10%多く必要となる材料を買いだめする必要があります。自分の手で下見板張りで壁を飾る方法についてまだ質問がある場合は、ビデオを見る必要があります。そこにあなたのすべての質問に対する答えがあります。.