はしご

ポーチはしご:設置手順

ポーチの階段の配置は、主にこの要素の高い操作負荷のために、特別な注意が必要です。さらに、階段の外観は、外観全体の見栄えを強調し、損なう可能性があります。ポーチと調和するように階段の形状、色、素材を選択する方法と、ポーチへの階段を構築する方法については、記事で詳しく説明します。.

目次:

ポーチへの階段:オプションと種類

ポーチ階段の最も人気のあるオプションは次のとおりです。

  • コンクリート構造物;
  • 鋼の階段;
  • 木製の階段;
  • 組み合わせたデザイン.

階段を木で作るための最初で最も簡単なオプション。木製の階段には次の利点があります。

  • 見栄えのする外観;
  • 配置のしやすさ;
  • 材料の入手可能性と安さ.

しかし同時に、そのようなはしごは、その含浸と外部刺激物からの保護のために特別な手段を必要とします。一定期間の操作後、腐敗しやすくなり、ワニスまたは塗料で常に染色する必要があります.

木製の階段を作るには、木製のストリンガーまたは弦、およびステップとライザーを作成するための材料が必要です。プロセスを容易にするために、ログを購入するだけで十分です。ログは2つの部分に切断され、それらから度が作成されます。.

この階段は、1つと2つのストリンガーの両方を使用して構築されています。木製のポーチ階段の寿命を延ばすために、特殊な油またはアクリルベースの塗料で塗装してください。.

ポーチに金属製の階段を設置することは、耐久性が高いことで際立っています。構造物の重量が重くなりすぎないようにするため、また材料を節約するために、中央にあるはしごの製造には1本の弦のみが使用されます。溶接されたトレッドはフレーム型で、トレッドは木と金属の両方で作られています。.

階段の滑りを防ぐために、金属製の踏み板の表面にゴムが接着されています。金属製の階段を配置するには、木製の階段よりも多くの時間と労力が必要です。さらに、そのような作業のコストははるかに高く、それを完了するには、溶接機での作業のスキルが必要です。鋼製階段の欠点の中で、それらは主に腐食に対する感受性によって区別されます。したがって、階段を設置する前に、そのすべての要素が防食含浸で処理されます。.

ベランダの写真への階段:

コンクリート階段の耐用年数は最高です。しかし、その建設には最大の時間、お金、労力が必要です。しかし、その結果は誰もが喜ぶ結果であり、その結果、さらなる処理を必要としない耐久性のあるコーティングが得られます。階段の建設には、多層型枠を設置する必要があります。同時に、形状、サイズ、程度の調整は型枠のみに依存します。コンクリートの階段には、波状または半円形の階段があります.

コンクリートの強度を高めるために、すべてのステップの予備補強と着陸を実行する必要があります。さらに、仕上げは非常に真剣に受け止められるべきです。階段の魅力を高めるために、階段はタイル、石、ゴム、または木で仕上げられています。.

ポーチの階段を計算する機能

階段の中心にある素材は関係ありませんが、その構築手順は、階段の種類ごとに同じ計算から始まります。.

まず、階段の傾斜角度、階段の長さ、行進の幅、階段の数を決定する必要があります。このために、次のような特別な立法行為があります。

1.階段の傾斜角度の間隔は26度から45度です。より平らな階段の配置は許可されていますが、45度を超える階段は操作に危険があります.

2.段の高さの平均値は約18cmで、この指標が最適です.

3.階段の操作を容易にするために、踏み板には28cmのサイズが装備されています。はしごを登るのに最も快適なステップは300mmのステップです。.

4.階段の最小快適幅は900mmですが、幅110cmの階段を上る方が快適です。.

5.階段からドアまでの最小サイズは120cmです.

ポーチを配置するための階段を計算する例をよく理解しておくことをお勧めします.

たとえば、ベース/台座の高さが400 mmの場合、正面玄関の階段に触れるリスクを排除するために、このインジケーター(この場合は30)から数十ミリメートルを差し引く必要があります。その結果、高さ370mmのポーチが得られる。ステップの高さは170cm、深さは300mmを選択します。次に、370平方根+170平方根を計算する必要があります。 345mmになります。この値は、ラダーに2つのステップが存在することを意味します。したがって、階段を作るには、690mmのストリンガーが必要になります。階段は32度の快適な傾斜角が装備されます.

木でできたポーチへの日曜大工の階段

ポーチ用の木で作られた階段のためのいくつかのオプションを配置するためのオプションがあります:

  • 標準-飛行階段。ほとんどの場合、ポーチの階段として使用されます。
  • らせん階段-珍しい形で引き付けます。ポーチまでの高さが十分に大きい場合に使用されます。
  • Boltsevaya-手すりを吊るすための固定手順が含まれます.

幅が110cm以上のはしごは特に快適です。木造のはしごは木造家屋の所有者が作ることが多いです。このように、外観の調和のとれた組み合わせを実現することが可能です。.

階段を作るには、まず適切な素材、つまり木を選択する必要があります。よく乾燥させる必要がありますが、はしごの品質に悪影響を及ぼし、きしむので、同時に過度に乾燥させないでください。針葉樹は樹脂含有量が高いため、湿気、昆虫、急激な温度変化に対する耐性が特徴であるため、針葉樹を優先することをお勧めします。ステップの製造には、機械的ストレスや摩耗に最も耐性があるオークが最適です。さらに、ステップの前縁には、スチールコーナーを取り付けることをお勧めします.

木は外部の刺激物に非常に敏感であるため、階段構造は湿気から確実に保護する必要があります。地面と接触する可能性のあるすべての部品は、油性材料、瀝青溶液、または樹脂で処理する必要があります。開いた表面は亜麻仁油で処理され、次にワニスまたは塗料で塗装されます。さらに、前提条件は、消毒液で木材を処理し、真菌やカビの形であらゆる種類の昆虫や微生物に感染するのを防ぐことです。.

こそうらには木製の階段が設置されており、このタイプの階段をより快適に歩くためには、階段の高さ、最大22cm、幅26cm以上を選択する必要があります.

編組はダボで固定され、ステップはセルフタッピングネジを使用して固定されます。コソールを作るためのバーの最小断面積は20x5cmです。トレッドを作るには、厚さ約3cmのボードが必要です。ステップは-2cmです。プロファイルジョイナーなどのツールがない場合、旋盤、階段用の既製の手すりを購入することをお勧めします。それらの製造手順はかなり複雑であり、専門的な設備を備えた特別なスキルが必要です。.

コソールを作るには、階段の配置の形で梁の表面にマーキングを付ける必要があります。これらの目的のために、正方形と電気ジグソーまたはハンドソーが使用されます。.

はしごの設置場所にストリンガーを設置し、トレッドの水平性を確認します。はしごの反対側にも同じストリンガーを作ります。はしごの長さが最小の場合(900 mm)、2つのストリンガーで十分です。それ以外の場合は、数を増やす必要があります。.

コソールのさらなるマーキングは、以前に指定されたテンプレートに従って実行されます。その後、階段プロジェクトに関連するテンプレートを以前に作成して、すべてのステップとライザーを切り取る必要があります。さらに、すべての部品は慎重に研磨され、特別な溶液を使用して処理されます。最終段階ははしごの組み立てです.

ステップのゆがみを避けるために、最初に1つのコソールを取り付け、その後、留め具を使用して表面に固定します。その上に2番目のストリンガーを置き、それらの相互の対応をチェックします。エラーがある場合は、修正する必要があります。.

ストリンガーを固定した後、ステップを取り付け、ネジで表面に固定します。次に、トレッド、手すり子、手すり、その他の装飾要素が取り付けられます.

設置作業終了後、階段の表面に亜麻仁油を染み込ませ、ニスで開きます。塗料とワニスの材料が乾いたら、はしごを使用する準備が整います。.

ポーチへのDIYコンクリート階段

石やコンクリートで作られたポーチは、高い信頼性と耐久性が特徴です。コンクリートは耐湿性があり、金属補強要素が存在するため、階段はさらに強度が増します.

プレハブの鉄筋コンクリートポーチを作成するには、弦またはコソールであるコンクリート梁を作成する必要があります。計算手順は、階段のステップ数を決定するのに役立ちます.

コンクリートと木材の組み合わせが可能です。つまり、階段のストリンガーはコンクリートで作られ、階段と蹴上げは木の板で作られています。.

階段がモノリシックな性質のものである場合、その建設には型枠が必要になり、設置場所の代わりにしっかりと固定されます。型枠の製造には、高品質で強力な材料を選択する必要があることに注意してください。そうしないと、コンクリート溶液の厳しさから変形するリスクがあります。.

階段の金属部分は内部に設置され、金属板を使用して壁に固定されています.

ポーチの階段の作り方:防氷システムの設置

後でコンクリートの階段をセラミックタイルでタイル張りする場合は、階段の表面に氷が蓄積するのを防ぐシステムをその階段に設置する必要があります。.

まず、タイルを選ぶときは、表面が波形の素材を優先する方が良いでしょう。また、電気加熱式タイルの設置も可能です。したがって、冬の季節には、その表面の氷は単に溶けるでしょう.

このシステムの本質は、タイルと接触するニクロムスパイラルの設置にあります。それらを接続するには、電気と220 Vの容量の通常のネットワークが必要です。詳細については、製造元の指示を参照してください。.

加熱ケーブルをベースにした除氷システムは、少量の電力を消費しながら着氷を防ぎます。システムの設置には、電源に正しく接続された十分に強力な発熱体が必要になることに注意してください。.

電気ヒーターの主な要件:

  • 耐湿性;
  • 電気および火災の安全性;
  • 紫外線への暴露に対する耐性;
  • 機械的損傷に対する耐性.

ステップに氷がない場合、システムは機能しません。外気温がゼロ以下の場合など、特定のモードでのみ機能し始めます。さらに、システムには、特定の時間にシステムのオンとオフを切り替えることができる温度と湿度の制御デバイスが含まれている必要があります。.

ポーチの日曜大工の階段:手すりを配置する技術

手すりの形状、デザイン、サイズ、素材に関しては、非常に多くの手すりがあります。ただし、手すりの主なタイプは構造です。

  • トレリス;
  • パネルタイプ.

手すりが作られている材料に関連して、次の要素が区別されます。

  • 金属;
  • コンクリート;
  • 木製;
  • プラスチック;
  • 結合.

階段をより魅力的で完全なものにするのは手すりです。手の怪我を防ぐために、手すりは滑りやすい滑らかな表面を備えている必要があります。手すりの主な要素は次のとおりです。

  • ラック;
  • 手すり.

ラックを柵として使用する場合、手すりは格子構造に属します。柱状の形のサポートは直立しています。階段の上下にラックが設置されています。手すり子の取り付けは、厳密な垂直位置で行う必要があります.

支柱間の距離は最大10cmである必要があります。支柱を作成する材料に関しては、はしご自体に直接取り付けるか、特別なスロットに埋め込むことができます。支柱の上部は手すりに接続する必要があります。木製の支柱を接続するには、さねはぎ継ぎを使用します。皿ネジ、手すりの丸い部分の構造を締めます.

金属ポストを接続するために、ボルトでそれらの表面に固定されているスチールストリップが使用されます。階段がタイルや石で裏打ちされている場合は、特別な埋め込みアンカーを使用して手すりを取り付ける必要があります。.

さまざまな種類のパネルがラックに取り付けられている場合、それらは閉じたフェンスの形をとります。耐湿性と耐候性に優れたプラスチックベースのパネルを取り付けるオプションは非常に人気があります。手すりは、各ステップから約900mmの高さに配置する必要があります。子供たちが常に階段に沿って移動している場合は、追加の手すりを配置するオプションが可能です。しかし、ポーチでは、このオプションは不適切です。一部のポーチ所有者は、階段に手すりをまったく設置していません。.