はしご

日曜大工の木製階段の設置

木は階段を作るための最も人気のある材料の1つです。その利点の中で、手頃な価格と高強度、環境安全性、美的魅力に注目しています。ただし、はしごを長期間使用するには、はしごを正しく設計して設置する必要があります。木製階段の設置の特徴をさらに検討していきます。.

目次:

木製階段の利点、製造および設置

木製品はどこでも私たちを取り囲んでいます。これは主に、この材料の入手可能性とその低コストによるものです。家の中に設置されている階段を選ぶと、その木製バージョンは最も成功したものの1つです.

また、木材は加工が容易なため、階段の形状やデザインを自由に決めることができます。さらに、木材には特別な質感、香り、質感の要素があります。そのため、インテリアに使用することで快適性を高め、心地よい雰囲気を演出します。.

木製の階段の主な利点の中で、私たちは注意します:

1.耐久性と信頼性-このようなはしごは非常に耐久性があり、重い操作負荷に耐えることができます。ただし、はしごの寿命によって、はしごを作る木材の種類も決まります。.

2.環境への配慮は、木製の階段のもう1つの重要な利点です。木材は、人の健康に悪影響を及ぼしにくい天然素材です。木製品は、湿度が高すぎると木材が湿気を吸収し、湿度が低いとそれを放出するため、部屋に快適さを追加します。階段が松でできている場合、それはまた、部屋の空気を癒す消毒特性を持っています。.

3.手ごろな価格-木で作られた階段を作る費用は、金属やコンクリートの階段を作るよりもはるかに安いです。さらに、常に選択肢があります。カラマツやマツなどの安価なオプションを選択するか、より高価であると同時に強力なオークを選択します。.

4.軽量-この利点により、物体への材料の輸送ははるかに安価です。また、階段は建物の総重量に負担をかけず、建設や設置に特別な設備は必要ありません。.

5.木の階段を塗装したり、変形させたりすることで、見た目を変えやすくなります。.

6.見た目も魅力的で、どんなインテリアにもこのような階段を設置できます。天然素材である木材は、ほとんどすべてのものと組み合わされているので.

木造住宅の階段の種類と設置

階段は、2つのフロアをつなぐ要素であるだけでなく、部屋の美的部分でもあります。魅力的な外観が特徴で、設置された部屋を飾るのは木製の階段です。ねじ要素、美しい手すり、手すり子、木の質感-階段に美しさ、シックさ、装飾を追加します.

そのような構造を独自に作るためには、まず大工道具の経験と木材加工の努力が必要になります。作業を開始する前に、階段の最適な傾斜角度、ステップ数、寸法などを決定するために特別な計算を行う必要があります。.

さらに、階段は完全に木で作ることも、ガラス、金属、コンクリート、鍛造などの材料を組み合わせて作ることもできます。ただし、階段の構成には、階段、ストリンガー、弦、サポートの形で主要なコンポーネントがあります。この構造を装飾するために、付属品、手すり、手すり子、ライザーの形の要素が使用されます.

複雑な構成の木製階段を設置する場合は、操作中に発生する特定の問題について考慮する必要があります。まず第一に、大きな家具はブランコの階段で運ぶのが難しいです。手すり子は少なくとも15cm離す必要があります.

製造方法に関連して、木製の階段は次のとおりです。

  • 行進;
  • コンソール;
  • 脊椎;
  • スクリュー;
  • 結合.

最も単純な階段のデザインは行進です。これは、フロアを相互に組み合わせる機能を実行する1つ以上のマーチで構成されます。このバージョンのはしごはまっすぐで回転します。最も一般的なオプションは、モノリスで作られた階段の下部であり、手すり子、階段、手すりは木で作られています。このはしごは非常に耐久性があり、重い操作負荷に耐えることができると同時に、学校、病院、その他の公的機関など、あらゆる場所で見られるように非常に快適です。.

カンチレバーはしごは風通しが良く軽いですが、行進はしごほど安全ではありません。階段の間に空きスペースがあるので、そのような階段は宙に浮いているようです。しかし、実際には、階段はアンカーで壁面に固定されているため、構造が非常に強力になっています。階段の利点の中で、私たちはそれを設置する必要がないことに注意します。.

らせん階段は小さいので、一番狭い部屋にも簡単に設置できます。直線と曲線の両方の行進セクションが含まれます。.

木製の尾根型階段は、本物の尾根との類似性が特徴です。この設計には個々の要素が含まれているため、接続にはそれらの順序のみが使用されます。このデザインは、ロータリー、スパイラル、慣らし運転タイプのさまざまな行進を組み合わせています。しかし、その建設のプロセスはかなり長くて骨の折れるものです。ステップを設置した後、フェンスが建てられ、構造がより統合されます。この場合、フレキシブルタイプの手すりの使用が適切です。このバージョンのはしごは、標準のはしごの価格の数倍の高価格です。.

木製階段の組み立て、設置に関する推奨事項

木製の階段を製造および組み立てるプロセスでは、このプロセスの実装に関する入手可能な情報を注意深く読む必要があります。階段の寿命は木材の品質に直接依存するため、材料の選択は特別な注意と真剣さをもって行う必要があります。.

着色剤は、すべての品質基準と基準を満たしている必要があります。家の中に階段を設置する場合は、木材を処理する物質の環境安全に注意する必要があります。それらのいくつかはアレルギーを引き起こす可能性があるので。また、階段のニスと色合いの種類を決定する必要があります。.

階段のすべての部分は、スプレーガンを使用して清潔な環境で塗装する必要があります。したがって、完全に均一な構造と色を実現することが可能になります。木製のはしごは、各部品の塗装と完全な乾燥の後に組み立てられます.

木材は湿気や温度の変化に対して不安定な素材であるため、部屋は常に適度な湿度と最適な温度である必要があります。そうでなければ、木はカビ、腐敗、または単に変形し始めます。.

木材の製造に広葉樹を選択するときは、それが十分に強いが、同時に処理するのに手間がかかるという事実に導かれるべきです。ブナ、オーク、アッシュ、メープル-高い操作負荷、機械的損傷、強度に完全に耐える木。私は階段を作るために針葉樹を選びます、それらは空気をきれいにしそして防腐効果を持っている樹脂を含んでいることを心に留めておくべきです。そのような木材のコストは桁違いに低いですが、美的魅力はオークよりも低いレベルです.

木製の階段のデザインを選択するときは、それを室内装飾の全体的なスタイルに合わせるようにしてください。手すり、手すり、手すり子は、全体的なスタイルと調和している必要があります。また、木の色の選択、階段の移動や形状の決定に最適な階段の計算などの微妙な点にも注意を払う必要があります。.

木製階段の階段の設置

階段への階段の固定のタイプは、主にその形状と構成によって異なります。ラダーの実行には、弦とストリンガーの2つの主なオプションがあります。 Kosourは上から階段を設置する場所であり、弦は階段の側面に設置し、階段と壁の間、または2つの弦の間に階段を設置することを意味します.

Kosourは総荷重を感知する要素であるため、その表面にステップを取り付けることは、振動と変位に対する固定と保護を意味します。.

この場合、ステップを取り付ける最も簡単な方法は、ドリルでストリンガーの表面に固定することです。セルフタッピングネジには、ステップの内側にねじ込む装飾的なヘッドが必要です。ポリマー素材の装飾プラグを取り付けることも可能です。このマウントは、専門家の関与なしに階段が独立して構築された場合に適しています。.

ステップの固定にはチゼルドリルと高速ドリルのみを使用しているため、斜角は避けてください。階段が開いていて、追加のクラッディングを意味しない場合は、ステップ、つまり割りピンの取り付けに隠し方法が使用されます。この場合、これらの要素はコソールの表面に取り付けられ、接着剤で固定されます。ただし、操作負荷と移動性が高いラダーの場合、手順がすぐに失敗し始めるため、このオプションは不適切です。.

木製の階段の日曜大工の設置は、特別なスキルを必要とするかなり骨の折れるプロセスです。弦のステップを修正する主な方法の中で、次の点に注意してください。

1.ステップの下のサポートバーのストリングの固定.

2.階段の下に取り付けられ、セルフタッピングネジとボルトで固定されたスチールブラケット.

3.ジグザグストリンガーで弦の内側に取​​り付けられたパッドとビーズ.

4.弦のステップ用の溝要素を作成する.

最も人気があり、最も単純なのは、手順を修正する最初の2つの方法です。はしごが重い負荷に耐える場合は、最後の2つのオプションを優先することをお勧めします。.

将来階段が覆われる場合は、バーとオーバーレイの使用が適切です。階段が覆われていない場合は、ネジの固定点を隠す必要があります。.

木製の階段の設置ビデオ:

ステップを取り付けるための別のオプションは、壁に固定することです。はしごの片側を締め付けるためにスチールスタッドまたはブッシングが使用され、もう一方は壁面に固定されています.

木製の階段は、バー、コーナー、装飾的な回転要素である支持要素に取り付けることによって壁に取り付けられます。アンカー要素は、ステップを固定するためにも使用されます。さらに、ステップは、壁に敷設する幅と深さに応じてフライス盤で削る必要があります。.

木製の階段に手すり子を取り付ける

手すり子の設置中は、特定の規則に従う必要があります。

  • 階段レールの最小の高さは90cmです。
  • ラックの最小設置間隔-15cm.

家の中に小さな子供がいる場合、最後のインジケーターは10 cmに減少します。手すり子の主要な要素の中で、次の存在に注意してください。

  • 主要部分;
  • 中央部;
  • 手すり.

主な装飾要素は、手すり子の中心です。木製の階段に手すりを取り付ける方法と、手すり子を取り付ける方法はいくつかあります。

1.手すり子用の穴が開けられます。下部と上部が切り取られています。マイターソーを使用してカットを作成します.

2.ピンを穴の中に取り付け、弦の内側に穴を開けます.

3.スタッドがすでに取り付けられている木製の手すり子を取り付けます.

4.手すり子の上部取り付けも実行されます。さらに、構造全体を手すりに接着する必要があります。.

手すり子を取り付けるための2番目のオプションには、ダボの使用が含まれます。支柱はあまりストレスを与えないので、この方法は非常に適切です。ダボの下とピンの下に穴が開けられますが、直径はわずかに大きくなります.

ダボは接着剤でコーティングし、手すり子の内側に取​​り付け、接着剤で固定する必要があります。次に、ベースが弦の表面に押し付けられます。手すり子をさらに固定するために、下から取り付けられるアンカーが使用されます。.

また、階段に取り付けられたセルフタッピングネジを使用して手すり子を固定します。この方法は非常に簡単ですが、ピンで固定するよりも信頼性が低くなります。.

木製の階段への手すり子の取り付けビデオ: