はしご

ベランダへのDIY階段

一見、自分の手でベランダへの階段を作るのは、階段構造の中で最も簡単な作業です。しかし、正確な計算とその構造の基本原理に関する知識がなければ、信頼できる構造を作ることは不可能です。また、テラスやベランダは地元の屋外施設であり、すべての素材がこれらの目的に適しているわけではありません。ただし、専門家の推奨に従い、初歩的な木工技術を持った家庭の職人なら誰でもこの作業を行うことができます。.

目次:

ベランダへの階段の建設を開始する場所?

民家を建てるときは、階段を建てないとできません。それらは補助構造に属していますが、階段と階段のフライトなしで入ることは不可能です:

  • 家の中へ;
  • 地下へ;
  • 屋根裏部屋または屋根裏部屋;
  • 上層階へ。
  • オープンテラスやベランダへ.

注意:家の設計段階でも、たとえばポーチをベランダに交換するなど、作業を2回やり直さないように、追加の拡張機能と構造を決定することが重要です。!

別館への小さな階段や、床から床への美しく装飾されたトランジションが必要になる場合があります。あなたの家はベランダからロフトへの階段または他の機能モデルを必要とするかもしれません。最も簡単なものから階段の建設技術をマスターしましょう!構造的にはすべての階段は似ていますが、そのようなスキルがない場合は、ポーチへの階段から始めるか、ベランダへの階段がある場合はそれを作成するのが最善です。.

最も単純な階段構造を建てるときでさえ、思慮深いアプローチが考慮に入れられると想定されます:

  • 階段の種類とそのデザインの特徴。
  • その製造のための材料(木材、レンガ、コンクリート、金属);
  • トップマウントとボトムストップ方式。
  • 推定幅と高さ;
  • ステップ数とトレッドの幅。
  • ライザーの存在または不在。
  • 文体と装飾要素.

信頼性の高いデザイン、家電製品や家具を家に持ち上げるための広い通路、そして美しい階段のデザインは、アプローチの合理的な選択の主な指標です。そして、あなた自身の手で作られたはしごは、家の所有者に権威を追加します。その完全で簡潔な外観は、親戚、友人、隣人を感動させるでしょう。おそらく私たちのイラストは、オリジナルの解決策または最も適切なオプションを示唆しています-ベランダへの階段、写真:

外部階段と内部階段の違いは何ですか?

最適なデザインを選択するときは、屋根付きのテラスまたはベランダが屋外エリアに属していることを考慮する価値があります。そして、完全なグレージングのないベランダがオープンな非加熱スペースである場合。さらに、その製造のための材料は、極端な温度および悪天候要因に耐えなければならない。家の入り口にある頑丈な鉄筋コンクリートの土台に広葉樹を組み合わせることは、高い信頼性が特徴です。たとえば、ベランダへのコンクリートの階段、写真:

ベランダがガラス張りの場合、階段は部分的または完全にガラス張りにすることができ、バイザーやその他の追加の構造要素の下にラックがあります。ほとんどの場合、屋外の階段には手すりまたは手すりが含まれます。彼らは濡れた階段や凍った階段から落ちないように警告し、年配の虚弱な人々が家に登るのを助けます。手すり子またはバンパー間のクリアランスは、子供がそれらの間を滑って屋外の階段から落ちないようにする必要があります.

オープンベランダにはそれぞれ独自のデザインが施され、手すりのある長方形の建物の両側に沿って建てられた、角に曲がりくねった2段の階段がとても美しく見えます。また、建設には大量の木材を消費する必要がありますが、信頼性が高く、頑丈です。また、夏に香りが出る鉢や植木鉢で飾ることもできます。.

ヒント:屋外の階段を狭くしないでください。造園や花のためのスペースを残してください。ベランダの最高の装飾要素になります。!

有能なプロジェクトには、コストを削減し、構造全体の信頼性を高めるために、ベランダと階段の共通のフレームが含まれます。理想的には、ベランダと階段のベースは単一のモノリスであるか、デザインと美学の観点から全体として認識されている必要があります。ただし、後で階段のフレームを作成する必要がある場合は、建物全体の特徴を考慮したプロジェクトを作成することをお勧めします。内部階段の建設には厳格な堅牢性の要件は課されていませんが、内部全体と調和していることが重要です.

価格が合えば、ベランダへの既製の木製または金属製の階段を注文することもできます。次に、それを修正して配置する方法を考える必要があります。 1つが庭からベランダに通じ、もう1つが上階にある場合は、階段と手すりの一般的な設計も検討する価値があります。たとえば、外側は屋根裏部屋または屋根裏部屋につながります.

ヒント:設計するときは、ベランダの階段の傾斜角度が、手すりによって外側から制限されて、登ったり降りたりするのに快適で安全でなければならないことに注意してください。下部の土台には、地面に埋められた小さな基礎または支柱の建設が必要です.

ベランダに通じる外部階段の構造のベースは、レンガまたは発泡コンクリートのブロックに基づいて作成できます。下部の土台には、地面に埋められた小さな基礎または支柱の建設が必要です。これは外部のオープンスペースであることを考慮すると、木製の要素の腐敗のプロセスを防ぐように注意することが重要です。このために、防水工事が行われるか、過剰な湿気による破壊を受けないタイプの木材のボードが使用されます.

特に道具と基本的なスキルを持っている場合は、木から自分の手でベランダへの階段を作るのが最も簡単です。このような構造の構築は、外部階段のスケッチと図面から始まり、作業は段階的に実行されます。

  • ベースを準備します。
  • ステップ数とそれらの間の間隔を計算します。
  • 上のステップの位置を概説し、取り付け方法を決定します。
  • 階段の収集に関する主要な作業を実行します。
  • 手すりまたは手すりの配置を補足する。
  • 完全な登録.

通常、特に適切なスキルがない場合は、低いベランダへの複雑な階段を構築する必要はありません。ほとんどの場合、手作りの手すりを備えた、いくつかのステップの小さな階段に制限されています.

階段について知っておくべき重要なこと?

階段は傾斜した構造で、一定の間隔で階段が交互に並んでいます。さまざまなタイプにすることができます。

  • 直接または1行進;
  • ネジ(ベランダから屋根裏部屋まで);
  • ロータリーまたはマルチマーチ、着陸あり。
  • 複雑な半円形.

自分で階段を作るときは、正確な計算をしなくても間違いを犯しがちです。これには、すべての計算を含む詳細なプロジェクトが必要です。この作業段階を開始する前に、完成した図面をよく理解しておく必要があります。階段の主要な要素を指定するための用語を習得することも重要です。

  • ストリンガー;
  • トレッド(ステップ);
  • ライザー;
  • 手すりと手すり;
  • サポート;
  • 牝、弦など。.

古典的な階段のフレームの基本は、踏み板と蹴込み板が固定されている2コソールです。それらは、家に出入りする人々の負荷に耐えることができるだけでなく、配列から作られるべきです。彼らが階段を持ち上げることができる負荷を考慮することも重要です。ステップが大きすぎると、はしごの長さが長くなり、はしごの材料の消費量が増えます。狭いトレッドは信頼性が低く、かかとが少し下がったときにベランダへの上昇が妨げられない場合、下降するのは不快になります。ほとんどの場合、最も単純な階段は、牝馬の上に、またはコソウラに挿入することによって構築されます。主な計算は以下に関連しています。

  • 階段の高さ;
  • 行進の長さ;
  • ステップの幅;
  • ライザーの高さ.

基本的な計算を行います

標準ステップの幅の選択は平均的な人間の足によって決定され、高さは傾斜面を移動するときのステップの長さを考慮に入れます。高くて狭い階段を登るのは難しく、ライザーの高さは階段の幅を超えてはいけません。急勾配の階段で手すりなしで登ったり降りたりするのは危険であり、2人が狭い開口部を通過することはさらに困難です-家に荷物を持ち込むことはさらに困難です。これらのパラメータを念頭に置いて、標準的な階段が典型的なレイアウトの家の入り口に開発されました。したがって、この点で何かを発明する意味はありません。.

1.ベランダへの階段の高さは、ベランダ自体(またはテラス)のレベルと最初のステップのサポートの場所によって異なります。図面では、階段は直角の三角形であり、最大のセグメントは行進の長さであり、垂直側は地面からベランダの床までの距離です。他のすべての計算は、ステップ数とその幅を決定するためにこれらの値に関連付けられます。.

注意:階段の幅(踏み板)と階段の幅(階段の長さ)を混同しないでください! 80cm以上必要です.

2.階段の最も快適な傾斜角度は、30°から45°の範囲です。角度が小さいほど、階段の長さと建築資材の消費量が多くなります。階段が30°傾斜している場合、最適な階段の高さは14〜20cm以内です。ベランダの地面から床までの高さをこのインジケーターで割ると、総歩数がわかります。回転構造は、2〜3回の階段と踊り場を想定しており、これらも考慮されます。.

ストリンガー作りの特徴

コソールを作ることはベランダの階段での作業のメインステージです。耐力梁に正確にマークを付けて、まったく同じになるようにすることが重要です。そうしないと、階段の飛行が歪んでしまいます。彼らにとって、標準的な水分のしっかりした味付けされた配列を選択することが重要です.

後者がベランダのレベルまたはその代わりになるように、将来のステップのための場所をマークします。マーキングは、必要な長さのよく処理されたワークピースに適用されるため、グラインダーまたは他の汎用ツールでジグザグの溝を切るのに便利です。手のこぎりとノミは、最終調整に使用できます。.

さらに、ストリンガーは階段用に予約された場所に固定する必要がありますが、プラットフォームまたは下部サポートはすでに準備ができている必要があります。踏み板を作る前に、必ず鉛直線で確認し、すべてのパラメータを垂直方向と水平方向に水平にし、調整後、階段建設の次の段階に進みます.

ライザーとトレッドを結合する必要がある場所では、専門家は、フィットを容易にするために、コーナーの一部を数ミリメートル削除することをお勧めします。カット済みのトレッドトレッドとライザーは、下のステップから始めて、セルフタッピングネジとドライバーで固定されています.

階段の主要部分が兄弟である場合、快適な手すりを作るために、側面にそれを装備する時が来ました。サイドレールは、オープンベランダとの間で安全に移動するために不可欠です。彫りの深い手すり子やその他の制限要素があるかどうかは、マスター次第です。装飾的な破片や木彫りが新しい階段の外観を完成させます。.

ベランダへの鉄筋コンクリート階段

最も信頼性が高く耐久性のあるのは、金属構造と既製の鉄筋コンクリート階段です。鉄筋コンクリート製品は、気象要因の影響を受けて破壊されることはなく、極端な温度を恐れることもありません。それらは優れた性能で知られていますが、コンクリートの階段はベランダの構造に追加のストレスをかけるのに十分な重さです。このような階段には、プレハブとモノリシックの2種類があります。それらは準備された基盤または基礎を必要とします。.

完成品は、側面を石やタイルで装飾したり、オープンベランダの全体的なスタイルに合わせて木でトリミングしたりできます。これは、階段を建物と全体の風景の価値のある装飾にします。.

自分でコンクリートの階段を作るときは、滑らかな合板で​​裏打ちされた型枠を作る必要があります。完成したフォームにはひび割れやひび割れがあってはなりません。そのため、必然的に構造上の欠陥が発生します。.

準備したコンクリート溶液を注入する前に、型枠に水を注入して、合板が膨潤し、ひび割れが少なくなるようにします。階段フレーム用のフィッティング(コーナートリムとスチールロッド)を準備することを忘れないでください。有能な補強は、自作のコンクリート製品の信頼性を保証するものです。はしごの強度を高めるために、フレーム部品が溶接または接着されています.

ステップの端にある金属の角は、構造の信頼性のためにコンクリートに沈むワイヤー層を溶接することによって、コンクリートが注がれる前に型枠に配置されます.

はしごは、圧縮された瓦礫または小さなコンクリートの基礎で作られた準備された土台に寄りかかる必要があります。コンクリート製品の完成品からプレハブ階段を建てる場合、技術によれば、すべてのブロックが徐々に組み立てられ、しっかりと固定されます.

組み合わせタイプの階段には、さまざまな材料の構造要素の組み合わせが含まれます。あらゆるタイプの階段の建設の終わりに、装飾的な追加について考えることが重要です.