はしご

DIYの金属製のはしご

家庭の職人は、家庭でかけがえのない真っ直ぐなはしごを作ることができるはずです。設計は、安全性と信頼性という主要な要件を満たす必要があります。頑丈な階段を作成するには、コンポーネントを正しく選択し、テクノロジーに精通し、図面を作成して、組み立てを完了する必要があります。アタッチされた構造を製造する段階は、記事に記載されています.

はしごは個人的なプロットではかけがえのないものです

ダチャや裏庭では、高所での作業を行う際にはしごが必要になります。果物や公園の木の季節的な剪定、窓枠の着色、収穫などの活動は、園芸工具なしでは完了しません。はしごは可動性があり、軽量でシンプルなデザインです。実際、これらは2つのサポートビームであり、クロスビームで固定されています。.

金物店や建設市場では、さまざまな材料で作られたはしごのさまざまな変更が提示されます。高品質の大型モデルを購入することは非常に高価であり、安い階段の信頼性は一定の疑問を引き起こします。そのため、多くの家庭職人が「自分の手ではしごを作るにはどうすればいいのか」という疑問を投げかけることがよくあります。.

はしごを使用する範囲は非常に多面的であるため、独立した構造の便宜性は完全に正当化されます。

  • 修理および建設ファサード作業の実行。
  • 民家の電気配線の修理;
  • 電気メーターの設置、毎月の測定値;
  • 1階と2階の窓ガラスを洗う。
  • 家のファサードの装飾;
  • 排水管、雨水管の清掃;
  • 屋根材の軽微な修理.

大きな利点にもかかわらず、モバイル脚立にはいくつかの欠点があります。

  • 環境収容力が低い-構造物は200kgを超える負荷に対応するようには設計されていません。
  • 狭いサポートエリアは、はしごの安定性を低下させます。
  • 手すりがなく、急な上り坂と細い階段があるため、操作があまり便利ではありません.

最も耐久性があり耐久性のあるのは金属製の階段です。簡単なモデルを自分で作成できます。仕事をするためには、溶接技術を持っていることが望ましいです。.

付属タイプのはしごの設計要件

付属モデルや他のタイプの階段の主な要件は安全性です。階段の建設を計画して計算を実行するときは、いくつかの基本的なルールに従う必要があります。

重要!安全上の注意により、はしごの強度特性を毎年チェックする必要があります。構造物は約70°の角度で壁に取り付けられ、次に少なくとも100〜120kgの重りが順番に階段に置かれます.

はしごのデザインの種類

はしごにはいくつかの種類があり、それぞれに設計と操作の特徴があります.

固定寸法の直線のシンプルな階段。 2つのサポートビームと取り付けられたステップの単純なモデル。このようなはしごを自分の手で作るのはとても簡単です。折りたたみ式およびスライド式モデルは、より機能的で信頼性があります.

折りたたみはしご(脚立)は、ヒンジで接続されたいくつかの部品で構成されています。このモデルの主な利点は、そのコンパクトさとコンパクトな部屋に保管できることです。プラットフォーム付きの脚立は、まっすぐな構造よりも使いやすいです。自分の手で折り畳み式のはしごを製造する場合、通常はアルミニウム合金が使用されるため、はしごの重量が軽減されます。.

屋根裏スペースを配置する場合、折りたたみモデルが最も需要があります。階段は下の階のスペースを節約します-下のステップまたは特別なハンドルを引くだけで、構造が完全に展開します.

折りたたみ変更のデメリット:

  • 設計、組み立て、設置の複雑さ。
  • 高価なコンポーネントを使用する必要性。
  • 複数の要素で構成される構造の強度が低い.

高さ調節可能な格納式はしご。モデルは、2〜3つのセクション、ファスナー、ガイド、ローラー、および高さストップで構成されています。はしごが適切なタイミングで作動機構を落とすのを防ぐために、定期的に注油する必要があります.

階段の製造のための材料の選択

今日のまっすぐな階段はほとんどが金属でできており、伝統的な木造の構造は需要が少なくなっています。.

金属製のはしごの特徴:

  • 自己生産には、通常、アルミニウム、ステンレス鋼、または金属合金が使用されます。
  • 高強度、湿気および機械的損傷に対する耐性。
  • アルミニウムは腐食せず、別の金属で作られた構造物は保護剤で処理する必要があります。
  • 高い環境収容力;
  • 実用性と耐久性;
  • 金属製のはしごを手作業で製造するには、溶接の経験が必要です。.

木製の階段は製造が簡単ですが、保管と操作の面で要求が厳しくなります。空気が乾燥しすぎると、木材が乾燥し、素材が弱くなり、ひび割れが発生する場合があります。湿度が高いと、木製の階段が腐ります。構造破損のリスクを減らすために、定期的に保護剤で木材を処理する必要があります。.

重要!木製のはしごは150kgまでの荷重に耐えます.

電気工事を行う際には、グラスファイバー製のスライド式はしごがよく使用されます。この素材は感電を防ぎます。.

プロファイルパイプからの日曜大工のはしご

はしごの図面

自分の手ではしごを作ることは、図面の作成から始まります。階段の主なパラメータを概略的に表示する必要があります。

  • 高さと幅;
  • 使用される材料のパラメータ(直径/金属の断面など);
  • 階段;
  • 締結タイプ;
  • サポートタイプ.

例として、インターネットからの既存のスキームはスケッチを作成するのに適しています。.

日曜大工の金属製のはしご:さまざまな変更の図面.

手で屋根裏のはしご:図面と図。ビデオ

必要な工具と材料

単純な金属製の階段を作成するには、次の材料が必要になります。

  • プロファイルパイプ-2.5mの2つのカット、直径-4 * 4 cm;
  • 階段の幅(30-35 cm)に等しい長さのプロファイルパイプから切り取り-10個;
  • 4 * 4cm-4個の正方形の金属板;
  • スチールコーナー-20個;
  • 金属表面を処理するためのプライマー;
  • 染料.

手元にある必要のあるツールから:

  • 金属またはグラインダー用の弓のこ。
  • 四角;
  • サンダーまたはサンドペーパー;
  • 構造の詳細をレイアウトするための広くて頑丈なテーブル.

はしごの組み立て手順

自分の手ではしごを作る方法を段階的に考えてみましょう。組み立て図は次のとおりです。

付属の木製はしごを自分の手で作る方法:専門家のアドバイス

木からまっすぐな階段や脚立を作成するときは、次の点を考慮する必要があります。

助言。木製構造のスパイク接続は最も耐久性があります。スタンドでノミ、木槌、または電気ドリルを使用して巣とスパイクを準備します.

はしごで作業する際の安全上の注意

付属モデルは自立型ではないため、安全に関する基本的な知識が転倒や怪我の防止に役立ちます。.

はしごでは禁止されています:

  • 重い物を持ち上げます。
  • 電線を引っ張る;
  • 特大の溶接機および電気機器を使用する。
  • 階段にくっつかずに動き回る。
  • 同時に登る人が2人以上.

はしごの設計と操作の技術への準拠は、高所でのさまざまな作業の安全なパフォーマンスの鍵です.

金属プロファイルからのはしごの製造:ビデオ