はしご

DIYの入り口の階段

カントリーハウス、コテージ、ショップ、オフィスから宮殿で終わるすべての建物の不可欠な属性は、入り口の階段です。 2〜3ステップで小さくしますが、それでも常に存在します。ほとんどの場合、これは高さの違いが原因です。入り口の階段は、家についての第一印象であり、したがって、その所有者についての第一印象です。家に通じる階段はどうあるべきですか?もちろん、強く、安全で、快適で、耐久性があり、美しいです。既製の階段を購入するか注文するか、自分で作ることができます。これには、欲求、基本的な構築スキル、および学校の​​カリキュラムからのいくつかのジオメトリルールが必要です。階段を建てるときは、適切な材料を選択する必要があります。入り口の階段が異星人の建築要素のように見えないように、階段の材料とデザインは家のスタイルに対応している必要があることに注意してください。.

入り口の階段の種類

材料にもよりますが、外部の入り口の階段は木、金属、コンクリートです。しかし、より多くの場合、組み合わせて使用​​されます-さまざまな材料、たとえば、金属フレーム-木製の外装またはレンガ-コンクリートのベース-セラミックタイル、天然石または人工石で作られた仕上げ。別のオプション:コンクリートの階段がある金属製の階段。家の入り口の階段を飾るためのデザインのアイデアはたくさんあります。外部入口階段写真.

自分の手で入り口の階段を作る

建設の一般原則

階段の材質、形状、大きさに関わらず、家を建てる人なら誰でも知っておく必要のある玄関階段の建設の基本原則があります。入り口の階段は、高品質の材料またはそれらの追加の処理を必要とする不利な大気要因から保護されていないことを覚えておく必要があります。木製の表面には防腐剤を含浸させ、ワニスで処理し、金属の表面には防食剤をコーティングしています。ステップの表面は滑りにくいものであってはなりません。玄関階段が家の平面図に含まれていないことがよくあり、基礎や1階の準備ができたときに覚えています。理想的には、家の基礎と入り口の階段は同じである必要があります。自己完結型の基礎を備えた入り口の階段は、耐久性が低く、寿命が短い.

サイズを正しく計算する方法

階段を設計するときは、正しい比率を観察することが重要です。それらはすべてのタイプの階段で同じです。これらの基準は長年にわたってテストされており、安全性と快適なステップを保証します。次のパラメータを順守する必要があります。

– ステップの高さ(ライザー)-15〜18 cm;

– 深さ(トレッド)-27-32cm;

– 排水のための表面の傾斜角-1.5度;

– 玄関ドア前のプラットフォームの幅は1m以上。

– 30度の最適な階段角度.

コンクリートは、入り口の階段の自己構築に適しています。コンクリートの階段は耐摩耗性があり、物理的および温度的負荷によく耐えます。コンクリートは安価な材料であり、使いやすく、プラスチックです。他の仕上げ材(金属、木材、プラスチック、セラミック)とよく合い、あらゆるものを実現できます。デザインファンタジー.

操作方法

自分の手でコンクリートで玄関階段を作るには?ステップバイステップの説明.

  • デザインの選択(ストレートまたはロータリー、シングルまたはマルチフライト、モノリシックまたはタイプセット)
  • 図面と作業計画の作成(寸法、材料、ツール、および機器)
  • 階段の土台(鉄筋コンクリートスラブ、砂利パッド)
  • コンクリート階段構造(型枠、鉄筋、コンクリート注入)

型枠の組み立ては最も重要で難しい段階です.

型枠は階段が配置される場所に設置されます。ステップの可能な限り滑らかな表面を実現するために、型枠は平らな板で作られているか、内側から合板で覆われています。板はコンクリートから水分を吸収しないように水をふんだんにこぼします。次に、鋼棒の補強ケージが取り付けられます。これは、構造の強度を高め、コンクリートのひび割れを防ぐための前提条件です。ステップをさらに強化するために、特別なフック付きの金属コーナーを追加で取り付けることができます("口ひげ")。そうして初めて、コンクリート混合物を注ぐことができます。.

国のオプション

レンガとコンクリートで作られた階段の建設

れんがと石造りの家のダーチャでは、コンクリートとれんがで作られた入り口の階段を建てたほうがいいです.

このようなはしごは次のように配置されます。

  • がれきと砂のクッション
  • ベース-鉄筋コンクリートスラブ
  • まあ、レンガ造り
  • レンガの階段
  • 舗装またはセラミックタイルによるステップの仕上げ

木で作られたはしご

木製の階段は木造住宅の近くで有機的に見えます。それらは、地面から隔離するためにコンクリートパッド上に配置するのが最適です。木造とコンクリートの間に防水材(屋根ふきフェルト、屋根ふきフェルト)を敷き詰めています。最強で最も耐久性のあるオーク材の入り口の階段。夏の別荘の写真のための木製の入り口の階段.

玄関階段の段数が3段を超える場合は、安全機能を果たすだけでなく、美的価値のある柵を設置しています。金属、木、石で作られた手すりを備えたオリジナルのフェンスは、最も控えめな建物を飾ります。カントリーハウスの入り口の階段の柵写真.

建築材料、興味深い構造物、階段の豊富な品揃え "bijouterie" 加えて巧みな手が階段アートの本物の傑作を作成します.