はしご

屋根裏部屋へのDIYはしご

屋根裏部屋への既製の階段を購入することは必ずしも正しい決断ではありません。建物の内部寸法は異なり、構造は単にサイズに合わない場合があります。個別の注文は高価な喜びです。そのため、多くの人が自分の手で階段を作ることを考えています。.

現場での作業が最善の行動です。これにより、家のレイアウトの微妙な違いを考慮に入れて、時間の不正確さを排除することが可能になります。木で作られた階段を正しく建設することは、わずかな大工技能を持つマスターの力の範囲内です.

屋根裏部屋への階段のバリエーション:主なタイプの長所と短所

屋根裏スペースの装置は、民家の居住空間を拡張する実際の効果的な方法です。ただし、この場合、上層階への持ち上げの問題を解決する必要があります。階段の設計と設置でエラーが発生すると、屋根裏部屋のすべての利点が「無効」になる可能性があります。構想の悪い場所や建設の種類は、居間を配置するときに取得した追加のメーターを「食べる」可能性があります.

家に対する階段の位置のバリエーションに基づいて、2つのタイプの構造が区別されます:外部と内部.

外部階段は一時的または永続的に使用できます。外部デザインにはいくつかの機能があります。

内部階段レイアウトが最も一般的なオプションです。家の面積が許せば、そのようなデザインが最良の解決策です。マンサードの階段は室内装飾になり、冬には通りを渡って2階に登る必要はありません。考えられる欠点は、使用可能領域の使用です。.

建設の種類に応じて、屋根裏部屋への階段には主に5つの種類があります。

長所と短所を比較し、敷地の寸法と現在の状況を考慮して、家の階段の最適な設計を決定することが可能になります.

屋根裏階段装置:基本用語

階段の主な構造要素は次のとおりです。kosour、トレッド、ライザー.

Kosourは耐力梁です。実際、これはインストール手順のために断片が切り取られたボードです。木製の階段の製造では、ストリンガーの厚さは50 mm以上である必要があり、最小許容幅は250mmです。通常、2つの耐力梁が使用されます。屋根裏階段の幅が1.2メートルを超える場合は、追加のストリンガーが取り付けられます.

トレッドは、歩行中に踏まれるステップの水平部分です。図面を作成するときは、支持梁間の距離が大きいほど、ステップを強くする必要があることに注意する必要があります。これらの部品の製造には、25〜50mmの厚さのボードが使用されます。トレッドには、適切なステップで20〜40mmのオーバーハングがあります.

ライザーは、踏み板の間の垂直部分です。この構造要素は通常ロードされません。階段の一部のバージョンでは、蹴上げがまったくありません-そのような上昇は視覚的に簡単に見えます.

屋根裏部屋への木製階段の製造のための材料の選択

階段はインテリアの本格的な部分であり、屋根裏部屋への屋外階段の場合、それは重要な建築要素です。階段のデザインと素材を選択するには、家の内部に焦点を当てる必要があります.

木製の階段は多くのスタイルに適しており、インテリアに簡単にフィットします。さらに、木材は他の材料よりも扱いやすいです。したがって、自分ではしごを作る予定がある場合は、木材を選択することをお勧めします。.

重要!木は、湿気や火に対する材料の耐性を高める保護処理が必要です.

針葉樹と落葉樹の両方から階段を作ることができます。針葉樹の理想的な選択肢はスギとカラマツです。木材は見栄えが良く、取り扱いが簡単で、実質的に腐敗しません.

スプルースはその特性がわずかに劣っています。その主な欠点は、多数の結び目が存在することです。松、追加の木材での作業が簡単-手頃な価格.

広葉樹の中で、オークは階段を作るのにより適しています。パフォーマンスの点で2位-ブナ、3位-灰.

金属製の天窓は、家のデザインの個性を際立たせます。構造は非常に頑丈で信頼性があります。金属には任意の色またはクロムメッキを施すことができます-決定は屋根裏部屋のスタイルと部屋全体に依存します.

金属製の階段を自分で作るのはかなり難しいです-溶接機とそれを使った経験が必要になります.

石やコンクリートの階段は、家の内部に視覚的に負担をかける重い重量です。家の外でそのような上昇を構築する方が良いです。その後、階段を漆喰で塗り、適切な色合いで塗装することができます。.

屋根裏部屋への階段を作る方法:行進構造の段階的な設置

階段を設置する場所の選択

階段を設置するには、最適な場所を決定する必要があります。

階段の計算と図面の作成

階段の基本的なパラメータの許容値を決定する特定の基準があります。確立された寸法に準拠した構造物の製造は、階段での安全性と移動のしやすさを保証します。以下の基準を遵守する必要があります。

  • 階段の幅は80-100cm以上でなければなりません。
  • 快適なステップ幅-20-32cm(最適-30cm);
  • ワインダーの狭い部分は少なくとも10cmです。
  • ライザーの高さ-15〜19 cm;
  • メイン階段の傾斜-20-40°.

階段の寸法を計算するためのおおよその手順:

はしごの組み立て手順

ストリンガー用のボードを準備します-それらはわずかなマージンで購入する必要があります。たとえば、ストリンガーの必要な長さが4.75 mの場合、ボードの長さを5 mにする必要があります。ジョイナーのコーナーを使用して、ストリンガーのスロットに印を付けます。ステップをカットする場所の概要を説明し、番号を付けます.

ボードの厚さを考慮せずに計算を行ったため、ストリンガーの下部を切断する際には、この値を考慮する必要があります。.

重要!ストリンガーを切り取った後、それらを互いに比較する必要があります-それらは明確に一致している必要があります。そうでない場合、頑丈な階段を組み立てることはできません.

次のステップは、プラットフォームビームを切断することです。ビーム幅のサイズは次のように計算されます:階段の幅(90 cm)+ストリンガーの2倍の厚さ+ 14 cm(階段のパラメーターによって異なります)。したがって、与えられた例によれば、プラットフォームビームは次のようになります:90 + 2 * 5 + 14 = 114cm.2つのそのようなビームが必要になります.

準備された梁で、端から7 cm離れてカットを作成します。カットの幅は、ストリンガーの厚さに対応する必要があります。次に、アンカーを使用して梁を床に固定します。.

ストリンガーを溝に取り付け、ピンまたはダボで梁に固定します。壁の近くで接合されているストリンガーは、アンカーで固定する必要があります。次に、ステップとライザーが取り付けられます。構造要素の固定は、カット、ネジ、またはダボのいずれかの方法で実行されます。.

最終段階は手すり子の設置と手すりの設置です.

屋根裏部屋へのらせん階段の設置

らせん階段の設計には、設計および設置時に考慮しなければならない多くの機能があります。

  • らせん階段では、ライザーは通常ありません。
  • 人が移動するとき、階段の中央に主荷重がかかるため、この部分の幅は少なくとも20cmにする必要があります。
  • ステップの最も狭い部分は10cm以上でなければなりません。
  • スクリュー構造の最適な直径は220cmです。
  • 階段の枝は互いに約2メートルの距離にある必要があります。
  • ステップはわずかに重なって配置されています-これは追加の構造強度を提供し、隣接するステップのエッジはブラケットで接続されています.

らせん階段の組み立て順序:

民家の屋根裏階段:写真

屋根裏階段:構造の寸法により、スペースを効率的に使用できます。ビルトインの簡易キッチンと図書室は階段の下にあります。.

隅に設置されたコンパクトな屋根裏階段-小さなスペースに最適なオプション.

屋根裏部屋への金属製の外部階段:写真