はしご

2階への階段の作り方

自分の手ではしごを作るには?この質問は、独立して家や夏の別荘を建てたり、2階建てのアパートを建てたりしたい人からの質問です。概して、最新の技術がこのプロセスを大幅に簡素化するため、階段の配置に特別なことは何もありません。したがって、あなたが熟練した人であれば、自分の手で金属製のはしごや木からはしごを作ることは難しくありません。この記事では、床間の階段の種類、階段の材質、階段の主なパラメータの計算方法について学習します。指示に注意深く従ってください、そうすればあなたは成功するでしょう。!

目次:

インテリアの属性としての階段

階段は部屋のインテリアの中心的な要素の一つであり、それを設計するときは、機能性と信頼性を忘れずに、その外観に細心の注意を払う必要があります。はしごを直接作成する前に、そのサイズとデザインに影響を与えるいくつかの要因を考慮することをお勧めします。.

そのような要因には、部屋の利用可能な面積と高さ、家に住む人々にとって階段を使用する便利さ、および製品が設計されている最大負荷が含まれます。.

建築家は、内部の節点として、階段が最も重要なスタイルとデザインの負荷を担っていると主張しています。美学と機能性の調和は、設計段階で慎重に計画することで実現できます。階段の幾何学的構造は、設計、材料、および操作条件によって異なるため、建設作業を開始する前に決定する必要があります。.

現代の技術のおかげで、階段は印象的で、ルイ12世のフランス風に装備され、超近代的なハイテクスタイルで軽量、またはカントリースタイルで非常にラフになります。.

行進階段

階段を選択するかどうかを決定する前に、主なタイプである行進階段とらせん階段を検討する価値があります。フライト階段のデザインは非常にシンプルで、自分で作る場合に適しています(フライトは連続した階段です)。ただし、この場合、ステップの許容可能な傾斜と高さを確保するには、かなりの面積が必要です。このようなはしごモデルは非常に使いやすく、重い負荷に耐えることができます。行進階段では、家具や大きな物を簡単に2階に持ち上げることができます.

このような階段はあらゆる面で安全であるため、高齢者や子供が家に住んでいる場合に最適です。.

行進階段はまっすぐで回転します。最初は最も単純です。それらは設計が堅牢で、製造が簡単で、使いやすいです。階段に10段以上ある場合、行進は中間プラットフォームによって2つの部分に分割されます。これが曲がりくねった階段の結果です。直線に対する回転モデルの利点は、同じ高さでステップが占める面積が少なくなることです。このような階段は通常、2つの壁に沿って設置され、その下にパントリーが設置されます。.

らせん階段

らせん(らせん)階段には、より複雑な階段フレームがあります。これらは、正しい半径に沿って配置されたワインダーステップで構成されています。スペースが限られているため、従来の階段の安全な法面を作成できない場合に使用します。らせん階段は通常、角の2つの壁の間に設置されます。主な欠点は、あまり便利なデザインではないため、持ち上げるのが難しく、大きなアイテムを移動できないことです。しかし、巧みに作られたらせん階段は非常に耐久性があり、内部の主要な接続リンクとして機能することができ、ホールの中央に設置されます。.

らせん階段は、すぐに設置できるバージョンで購入できます。しかし、クライアントの希望に応じて、多くの建築家は通常の規範から逸脱し、ある種の実験を行います。そのような創造性の結果として、思いがけない前衛的なデザインが生まれます。たとえば、不均一な半径に沿って配置された階段(S字型、三角形、楕円形)、壊れた(湾曲した、Z字型)、花びら(非対称の階段、アヒルの階段)、およびキャスターに取り付けられたモデルのある湾曲した階段.

階段を作るための材料

どちらのバージョンの階段を選択しても、最終的には、その耐久性と品質は、階段の構築に使用された材料によって異なります。ステップの製造材料は、石(レンガ、貝殻岩、発泡粘土コンクリート)または広葉樹(灰、オーク、カエデ、トウヒ、松)です。金属とそのさまざまな合金(アルミニウムまたはステンレス鋼)は、階段の手すりに最適です。プラスチック、木、金属で組み立てられた組み合わせの階段は、現代の家のインテリアにも似合います。.

自分の手で階段を作るための材料を選ぶとき、石段は工業的な方法で作られたブロックだけで作られていることを覚えておく必要があります。石段を作る手工芸の方法では、それらのひび割れを避けることができる可能性は低いです。.

木材は家庭で簡単に加工でき、さらに塗料やワニスを正しく使用することで装飾効果をもたらします。変形を防ぐために、木製の階段は個々のラメラで作られ、特別な技術を使用して互いに接着されている必要があります。オーク材の板で作られた木製の階段-特に強くて耐久性があります.

既製の階段のセット

多くのメーカーが、さまざまな素材の標準サイズに必要なすべての技術基準に準拠して作成された、あらゆる種類の折りたたみ式階段の既製のセットを民間の開発者に提供しています。.

このオプションは、設置にかかる費用を大幅に節約し、完成した階段の品質に自信を持ちたい場合に適しています。キットを注文する前に、階段から床までの高さ、階段の幅と長さを測定して階段を計算することをお勧めします.

次に、適切なサイズ、階段のタイプ、および材料を選択する必要があります。そうすれば、倉庫からモデルを注文できます。あなたの家に設置するための既製の階段のセットは非常に多様であるため、民間の開発者は彼のデザインの想像力を実現することに制限されていません。すべての生産はしごは、経済、エリート、ビジネスのいくつかのクラスに分けられます.

自分ではしごを作る方法

自分の手で木で階段を作るには、まず階段の形状を決める必要があります。らせん階段は開口部で円として最もよく見え、長方形または正方形は通常の飛行階段に調和してフィットします。建設業の初心者のために、単純な構造が意図されています、例えば、ストリンガーに固定された慣らし階段のある階段.

階段コンポーネント

階段の製造に最初に直面する開発者は、将来何が議論されるかを理解するために、階段の主要な構造要素に精通している必要があります。.

  • 行進飛行-直進する階段;
  • ターニングプラットフォーム-行進飛行を分離する領域。
  • ライザー-ステップの垂直部分。
  • Kosour-階段を固定するためのモノリシックな木製または金属製の梁。
  • ステップ-ステップの水平部分。
  • 手すり子-手すりのサポート;
  • 弦-ステップを接続するサイドビーム。
  • ワインダーステップ-建設的に階段を曲がることができるステップ。
  • 鼻隠しのステップ-各フロアの下部と上部のステップ.

建築基準

階段は、確立された建築基準に準拠し、家に住む人々の安全を保証し、2階への快適な登りを提供する必要があります。はしごの階段が高すぎると登るのが難しくなり、小さな階段は危険で不快です。浅く歩くと、つまずくことがあります。床間階段を構築するとき、開発者は非常に頻繁に間違いを犯します。したがって、プロジェクトを詳細かつ有能に設計し、構造を正確に計算する必要があります。.

自分の手で床間階段をうまく製造するための最初の条件は、構造を正しく計算することです。階段を2フライトにするか、1フライトにするか、階段の幅、ライザーの高さ、階段の幅を自分で決めます。.

階段の幅、高さ、傾斜角度

階段の幅を決定するときは、構造が広いほど良いことを覚えておく必要があります。このようなはしごは、より安全で歩きやすいです。木製の階段を作るための高さを見つけるには、階段が始まる場所のマージンと重なるように、テラスの上部にまっすぐな板を固定する価値があります。レベルを使用して、ボードアタッチメントの水平位置を確認し、必要に応じて修正することをお勧めします。.

次に、安全で快適な移動のための主な要件は正しい傾斜角であるため、将来の階段の傾斜角を計算する必要があります。結局のところ、急すぎる階段を降りたり登ったりするのは難しいのです。階段を上るのに最も便利なのは、30〜45度の傾斜角です。さらに、角度の小さい設計はより多くのスペースを占有します。.

ライザーの高さとステップ幅

階段の幅と高さの値を受け取ったら、ライザーの高さの計算を開始できます。登山には、実際には、ライザーの高さが140〜170ミリメートル、ステップの幅が340〜370ミリメートルの階段が最も便利です。.

ライザーの高さは200ミリメートル以下、120ミリメートル以上である必要があります。.

ステップの突起は約20〜40ミリメートルである必要があります。ライザーを高くするほど、ステップを狭くする必要があります。その逆も同様です。ステップの幅は、少なくともその高さと同じである必要があります。はしごの横木は42の靴のサイズに対応するか、28〜30センチメートルに達することが望ましいです。.

Kosourのマーキングと切断の手順

ステップを配置する前に、ストリンガーがテラスに参加する方法を決定する必要があります。テラスの表面が最後のステップと見なされるように、テラスの梁またはプラットフォームの下で構造物に直接取り付けられます。.

次に、金属製のマーキングの正方形とピースを取ります。その上に、計算されたライザーの高さ(たとえば、17センチメートル)とステップ幅(たとえば、29センチメートル)を適用する必要があります。そして、テンプレートの助けを借りて、kosourをマークします.

さらに、丸鋸の助けを借りて、ステップを切り取る価値があります。注意してください、境界線を超えることは非常に望ましくありません。手のこぎりでセクションを仕上げることをお勧めします。次に、既製のコソールを使用して、残りのコソウラに印を付けます。それらは階段の剛性を提供するため、これらを節約することはお勧めしません。しかし、ステップのたわみがあると、構造全体の緩みが始まります.

その後、ライザーとステップをカットします。ステップの厚さを考慮して、ステップをカットする必要があることに注意してください。また、ライザーの上のステップの20〜40ミリメートルの突出を考慮することを忘れないでください。

材料の選択

階段とその主要なパラメータを計算した後、開発者は材料を選択する必要があります。これは、完成した階段の最終的なコスト、美的外観、および操作特性がそれに依存するためです。今日、最も人気のあるものは、オーク、リンデン、パイン、金属、ガラスです。ステップを製造するための材料は、理想的には住居の内部の一般的なスタイルに対応している必要があります。.

部屋の床が木で仕上げられている場合は、ラウシュパントから階段を上る方が良いでしょう。手すり子を作成するには、50 x50センチメートルのバーが必要です。ブロックハウスから優れた手すりを入手できます。あなたはどんな建材店でも装飾品を買うことができます。自分の手で階段を作るのに必要な量の普通の荒廃したステップキャンバスを作ります。エッジをきれいに見せるために、丸いカッターでそれらをカットします。.

階段の設置

コソウラへの階段の設置は、支柱の設置とライザーの設置から始める必要があります。タッピンネジで構造物を固定することもできますが、階段がきしむことがないように、液体の釘を使用することをお勧めします。次に、回転ステップを調整する必要があります。これで基本構造の準備が整いました。.

壁には、ストリンガーの配置をマークする必要があります。必要に応じて、計算されたステップの寸法を調整する必要があります。次に、図面は壁からトレーシングペーパーに移され、その後、ストリンガーの準備に移されます。シンプルな弓のこと丸鋸を使用して、階段の下に切り込みを入れます.

完成したストリンガーは、セルフタッピングネジで壁に取り付けられています。階段と、コソールとライザーが同じように接続されているため、セルフタッピングネジのキャップが木に深く入ります。階段の階段の開いた部分は弦で閉じられています。それに加えて、階段の手すりが作られ、手すり子と装飾的な要素が取り付けられています。階段の下には、合理的な使用のために、中二階や更衣室など、さまざまな小さなもののためのロッカーを装備することができます.

この記事では、階段の製造で使用される基本的な用語について学び、階段の高さと傾斜角度、階段の幅と蹴込み板の高さなどのパラメーターを計算する方法を学びました。階段の製造に使用される基本的な材料に精通している。いずれにせよ、あなたの家のために実用的で信頼性が高く快適な階段を設計する能力は間違いなく役に立ちます。.