プロット

コンクリートサイト:設置手順

ガレージへの道、入口のすぐ前のエリア、敷地内にある車のコンクリートエリアを主な要素とするエントランスグループは、郊外の不動産であろうと、郊外の不動産であろうと、あらゆるサイトの不可欠な要素です。都市の民間住宅の隣接する領域。これらの要素のそれぞれの配置は、私有地のすべての所有者が知っておくべき独自の特性によって特徴付けられます。コンクリートサイトの耐久性に疑いの余地はありません。それらを配置する過程で想像力と最小限の設計スキルを使用すれば、それらはあなたの庭にうまく追加でき、の人気のある要素の1つであるレンガ造りのパティオの価値のある代替品になります。サイトのクリエイティブなランドスケープデザイン。コンクリートプラットフォームを自分の手で装備する方法と、コンクリートを注ぐことの​​主な技術的側面は何ですか?専門家が作成した記事を読むことで、これらの質問やその他の質問に対する回答を受け取ることができます.

エントリーグループの要素:簡単な説明

玄関前のコンクリートエリア, 多くの場合、それはサイトへのより便利な侵入のためだけでなく、近くにあるサイトからの過剰な湿気の侵入を防ぐために設計された傾斜路です。デバイスの観点から、傾斜路は、事前に補強されたモノリシックコンクリートスラブの形で提示されます。その厚さは、目的の傾斜路のサイズと傾斜路が受ける動的荷重など、いくつかの要因によって決定されます。車両が入ります。ほとんどの場合、金属メッシュで補強されたモノリシックスラブを使用するのが最適ですが、スラブの厚さは傾斜勾配で15cmを超えません。これに関連して、スロープの建設中に、サイトの水平スラブとスロープのスラブの間に伸縮継手が配置されます。伸縮継手を配置するための最後の手段は、防水材でそれを密封することです-ハイドロガラス断熱材.

車のコンクリートプラットフォーム, サイトの領域に位置し、モノリシックコンクリートで作られたプラットフォームです。あなたのサイトのプロジェクトがコンクリートの小道または敷石で作られた小道の存在を含む場合、コンクリートのサイトを配置する過程で、そのベースの高さを考慮することが重要です。パスのベース。縁石または排水要素を使用して、車と歩道のコンクリート領域を組み合わせることができます.

コンクリートサイトの主な利点は何ですか?

車のサイトや駐車場を整理する最も簡単な方法は、がれきで覆われたサイトを配置することですが、ほとんどの場合、経験豊富な開発者は、より信頼性の高いコンクリートサイトを優先することを好みます。そして、これはすべて、瓦礫に対する偏見的な態度ではなく、春の気象条件の特殊性に関連しています。春には、雨や融雪の際に、がれき層の下の土が徐々に柔らかくなり、車の重さで沈下します。これに関連して、この場合、コンクリートのプラットフォームを注ぐことが最適になり、ガレージを出る前にその整理を行う必要があります。具体的なサイトの利点についていくつかの言葉を言う必要があります:

  • 汎用性と長い耐用年数。
  • 設置が簡単で、独立して製造することができます。
  • コンクリートサイトの最も重要な利点の1つは、その製造のための材料の民主的なコストと、配送の容易さと容易さです。.

目的に応じて、コンクリートサイトは、それを配置するときに考慮しなければならない特定の設計上の特徴によって特徴付けられます。小さなテーブルと天蓋からなる長椅子やガゼボを設置するパティオのような場所として使用する場合は、軽負荷で操作します。この場合のコンクリートの流し込み厚さは5cmを超えてはなりません。この場合、使用済みの不要な鉄片が鉄筋の材料として適しています。しかし、コンクリートのプラットフォームが駐車場またはプールを設置するための領域として使用される場合、運用負荷は大幅に増加します。これは、その設計の決定的な瞬間です。コンクリート層の厚さは10cm以上であり、鉄筋の材料として鉄筋を使用する必要があります.

具体的なサイトの配置:準備措置

コンクリートサイトの配置のための措置は、いくつかの特定の特徴によって特徴付けられます。まず第一に、ほとんどの場合、サイト上のガレージの場所が原因で、地域の選択が制限されていることに留意する必要があります。そしてこの場合、最も均一で十分に密集した領域がサイトの配置に割り当てられるべきであるという事実に関連する特定の困難に直面しなければなりません。それは具体的な解決策の合理的な使用を可能にします。この点で、コンクリートサイトの配置を進める前に、いくつかの準備措置を実行する必要があります。その本質は、サイトのレベリングとタンピングです。.

準備措置の第一段階は、植生が見られる肥沃な土壌の除去と除去です。これを行わないと、サイトの配置後に残っている植物が腐敗して空洞が形成され、コンクリートサイトのパフォーマンスが大幅に低下します。これを達成するには、シャベルの銃剣の半分の深さまで土を掘る必要があります。これは肥沃な土を取り除くのに十分です。必要な領域を掘り起こした後、肥沃な土壌を別の領域に移動し、死角に落ちた土壌を取り除いた後、杭とより糸を使用して領域に印を付けます。.

重要! 具体的なサイトを配置するエリアを選択するときは、選択したサイトの領域に通信ネットワークがないことを確認してください。この条件を順守できない場合は、保護ケースまたはボックスに「入れる」ことで通信を保護する必要があります。.

配置の規則が守られない場合、サイトの運用中に領域のその後の縮小を防ぐために、隠された穴の存在をチェックしながら、領域を注意深く水平にし、突き固める必要があります。さらに、水平に、砂と砂利のクッションが設置されており、その存在により、操作中に亀裂が発生するのを防ぐことができます。保護クッションの厚さは、コンクリートサイトに予想される荷重によって決まります。まず、砂の層を敷き、湿らせて完全に圧縮し、平均10cmにします。その後、砕石や砂利を同じように敷きます。砂利層の厚さは少なくとも5cmでなければなりません。これは、コンクリート層の下の土の凍結の深さによるものです。.

重要! 私たちのアドバイスを怠り、砂と砂利のクッションを置くことを拒否した場合、周期的な凍結と解凍が内部からのコンクリートの段階的な破壊に寄与することにすぐに気付くでしょう。これは、モノリシックコンクリートスラブがすぐに停止するという事実につながります。そんなこと.

型枠組織:ハイライト

コンクリートは型枠に流し込むことも、直接地面に流し込むこともできますが、型枠の配置を詳細に検討する必要があると考えています。組織化の手順を説明する前に、コンクリートを直接地面に注ぐ場合、型枠の役割は地面自体または建物の壁によって果たされることを明確にしましょう。.

ただし、それでも型枠にコンクリートを注入することを優先する場合は、最大限の徹底をもってその配置に取り組むことをお勧めします。型枠は、完全に硬化するまでコンクリートを元の状態に保つように設計されています(溶液の初期の一貫性に応じて、硬化時間は最大10時間変化する可能性があります)。型枠の製造には、コンクリート層の厚さに応じて、ほぼすべての材料を使用できます。コンクリート層の厚さが5cmを超えない場合は、6mmの合板を型枠として使用できます。私たちの場合、コンクリートサイトの大規模な運用が計画されているため、型枠にはボードを使用することをお勧めします.

型枠の製造は、敷地の四隅で地面に打ち込まれる木製のペグの設置から始まります。次に、ボードがそれらに釘付けされます。次に、4つの側面のうち3つを追加のペグで補強する必要があります。ペグは、ガレージドアの側面と、ガレージドアの近くに設置された型枠の側面に隣接する両側に設置されます。型枠の配置を考慮すると、コンクリート注入の領域に関連するもう1つのニュアンスについて議論する必要があります。完全なコンクリート注入と部分的なコンクリート注入を区別します。基礎の機能を果たさないコンクリートサイトの建設について話している場合、特に一人で作業している場合は、コンクリートの部分的な注入に頼ることができます。これははるかに簡単です。この点で、注入セクターのサイズは型枠建設の段階で決定されます。.

コンクリートを注入するためのガイドの配置:製造オプション

この場合、ガイドの取り付けには2つの方法を使用できます。.

方法番号1

ガイドの製造は、長方形の断面形状を特徴とするプロファイルパイプから行われます。作業の過程で、溶接の使用に頼る必要があります。この分野の専門家でない場合は、コンクリートサイトの配置を急いで放棄しないでください。この場合の溶接は非常に簡単なので、この分野の実用的なスキルが最小限の人なら誰でも処理できます。この場合、鉄筋がプロファイルパイプに溶接され、1メートルに等しいステップが観察されます。溶接補強材の長さは、次のように決定されます。砕石層の上にあるベースに補強材を打ち込んだ後、コンクリート層の高さに等しい空きスペースが必要です。ほとんどの場合、補強材の最適な長さは25 cmです。現場のコンクリート工事を開始する前に、ガイドが取り付けられている砕石層に補強材を配置します。補強構造を保護するために、専門家はそれを瓦礫層から数センチ上に上げることを推奨しています。.

重要! 鉄筋は、コンクリートの注入中に直接持ち上げることもできます。.

ガイドを設置し、建物レベルで傾斜角度を確認した後、全体の構造を強化する必要があります。これを行うには、少量のコンクリートモルタルを準備する必要があります。その後、鉄筋の間にピラミッドの形で配置されます。この行動の実施は、構造の沈下を防ぎ、統合構造を強化するのに役立ちます。.

方法番号2

型枠を配置するための2番目のオプションは、コンクリート構造物を配置することです。まず、将来のコンクリートサイトのレベルと一致するようにマーキングラインを伸ばす必要があります。ラインの両側で、型枠はパイプまたはボードで構成されています。型枠を配置する過程で、個々の要素間の距離(8〜12 cm)を観察する必要があります。少量のコンクリートモルタルが建設現場で直接準備され、型枠に配置する必要があります。引き伸ばされた線によって制限されるレベルに。コンクリート混合物の初期硬化が起こった後、型枠を解体し、別のガイドを建てる予定の次の場所に移動する必要があります。ガイド間の最小距離は2.7メートルである必要があります.

最も単純なバージョンでは、ガイドを製造せずにコンクリートサイトの配置を実行できます。この場合、彼らは少なくとも2.5mmの直径のワイヤーで作られた補強フレームの製造を省くことを勧めています。この場合、メッシュは型枠から5〜8cmの距離に配置されるように配置されます。.

重要! 職人は、金網を2層に配置することをお勧めします。一方は横に、もう一方は横に配置されます。層の交差点で、それらはワイヤーで結ばれています.

厚さ5cmの砂利の追加の層が上に配置され、これも水平にする必要があります.

サイトコンクリート:技術段階

ある程度準備と見なすことができる領域の配置の上記のすべての段階を完了した後、具体的な領域を埋めます。車のプラットフォームに注ぐ材料を選択するときは、M400ブランドのコンクリートを使用してください。この場合、最適と見なされ、乗用車によってプラットフォームに伝達される荷重に耐えることができます。コンクリート溶液を調製する過程で、1:1の比率を観察する必要があります。ここで、セメントの1つのバケツが砂の1つのバケツを占め、可能な限りきれいで、粘土の不純物がない必要があります。さらに、溶液を準備するために砕石と水が必要になります。溶液は次のように調製されます。

コンクリートミキサーの容器に水を注ぎ、ミキサーの電源を入れると、必要な量のセメントが洋ナシに注がれ、その後、砕石が使用されます。これにより、セメントの塊の形成が防止され、コンクリートミキサー。結論として、必要な量の砂を加え、溶液の密度を制御しながら、10〜15分間練ります。このソリューションは、この分野の専門家のすべてのアドバイスに従って作成された標準的な具体的なソリューションと見なすことができます。その本質は、ソリューションが十分に厚い必要があるという事実に要約されます。.

私たちのモルタルは、型枠に注がれる古典的なコンクリートです。そして、これは最も時間のかかる方法の1つですが、同時にセメントモルタルを準備する信頼できる方法です。あなた自身のためにそれをより簡単にするために、あなたは逆に行き、そして解決のための成分から砕石を除外することができます。この場合、溶液の調製は同様の方法に従って実行されますが、最終的には、その一貫性の観点から、溶液は均一で、かなり厚いゼリーに似ている必要があります。均一な一貫性により、瓦礫間の最も好ましい浸透が促進され、コンクリートサイトを単一のモノリシックスラブとしてセメントで固めることができます。.

コンクリートプラットフォームの建設には、コンクリートミキサーの位置に対して最も遠い角から始めて、コンクリートモルタルを注ぐことが含まれます。注ぐ過程で、指定された勾配を観察する必要があります。コンクリートの黄金の法則を覚えておくことは重要です。その本質は、コンクリートのプラットフォームを注ぐのに費やす時間が少ないほど、その後のスクリードが強くなるということです。注湯が完了すると、現場の表面が平らになり、余分なコンクリートが除去されます。具体的なサイトを配置するための最後の仕上げは、デザイン要素の導入です。これは、このサイトにパティオを設置する場合に特に関係があります。.

現場にバラエティを加えるには、まだブラシで固まっていないコンクリートの表面を歩くだけで、デザイン感が増し、見た目だけでなく実用性も増します。これは、この場合の視覚的美学が、サイトの追加の粗さによる安全性と組み合わされているという事実によるものです。以上で、コンクリートサイトの配置作業は完了です。忍耐強く、コンクリートが完全に乾くのを待つ必要があります。これは、コンクリートサイトを長期的に正しく運用するための鍵です。.

大量の排水路がコンクリートサイトに損傷を与えないかどうかわからない場合は、事前に排水システムの配置を検討する必要があります。これは、サイトの設計段階で実行する必要があります。.

コンクリートを高品質に乾燥させるには、新しく注いだ部分をプラスチックで覆うか、大量のおがくずを散布する必要があります。これは、コンクリートの水分を最適なレベルに維持しながら、コンクリートを徐々に乾燥させることを意味するすべての規則に従って溶液を硬化させるために必要です。溶液の最終的な硬化については、保護プラスチックを取り外した後でも3週間後にしか話せないため、変形や完全性の侵害につながる可能性があるため、最大許容荷重でサイトを操作することはお勧めしません。.