プロット

入口ゲートの選択

民家や別荘の改修の第一印象は門から始まります。柵は安全に責任があり、庭の全体的な認識を作成します。玄関ゲートの選択は、地域の特性、家のスタイル、素材の可能性を考慮して、細部まで検討する必要があります。.

デザインは自動または手動で、入手可能な材料から自分の手で作成することも、カスタムメイドにすることもできます。主なことは、ゲートが所有者に安心感と快適さを提供することです。.

入口ゲートの選択基準と基本要件

建材市場にはさまざまな入口構造があります。ゲートの選択は、郊外エリアの配置における重要な段階です。このプロセスは、一見しただけでは簡単ではありません。同時に、いくつかの基準を考慮に入れる必要があります-統合されたアプローチにより、有能な決定を下し、快適で信頼性の高いゲートを選択できます.

建設および充填材のタイプは、主に次の要因によって決定されます。

  • 地形の起伏;
  • ローカルエリアと家自体のサイズ。
  • 中庭に通じる私道の幅。
  • ゲートの主な目的;
  • ゲートの場所.

サイトにつながるゲートには、いくつかの要件が課せられます。

入口ゲート構造:モデルの特性と操作機能

スイングゲート-構造のシンプルさ

蝶番を付けられた(翼の)入口ゲートは最も人気があります。この構造は、2つまたは1つのサッシ、ベアリングサポート、およびヒンジで構成されています。ゲートには、葉が誤って開くのを防ぐロックまたはブロッキングラッチが装備されています.

スイングゲートには長所と短所の両方があります。利点は次のとおりです。

  • 高いビルド品質と適切なコスト。
  • 設計の単純さと最小限の基本部品により、機械的圧力や不利な外部条件によるドアの破損のリスクが最小限に抑えられます。
  • 自動化を装備する可能性;
  • 設置の容易さ-ゲートは自分で作成して設置できます.

スイングゲートの操作には、いくつかの不便が伴います。

  • シャッターを開くためのスペースを解放する必要性-特に冬には重要です。
  • 強風時にはサッシが変形する可能性があります.

このタイプのドアは、ドアを開くのに十分なスペースがあるエリアに適しています。.

入口スイング構造には、次の要件が課せられます。

スライディングゲート-使用の実用性

開口部が限られている場合は、入口ゲートの最適なオプションはスライド(スライド)です。構造は、柵に沿って移動する1つのサッシュで構成されています.

設計上の特徴に基づいたスライド式入口ゲートは、次の3つのタイプに分けられます。

スライド式の入口ゲートをセットで購入して設置することも、すべてのコンポーネントを個別に受け取ることもできます。自分の手でスライド式の入り口ゲートを設置するには、次のものが必要です。

最近、自動スライド式入口ゲートが特に人気を博しています。構造物の建設には少し費用がかかりますが、機械的なものよりもはるかに便利です。自動ドアには光信号が付属しています.

入口ゲートの自動化:ビデオ

重要!スライドゲートを単独で設置することも可能ですが、自動化の運用はフォトセルの設置を専門家に委託することをお勧めします。.

折りたたみ式ゲート-サイトの非標準ソリューション

折りたたみ式のゲートは、サイトではめったに使用されません。 「アコーディオン」ゲートのドアリーフは、互いに接続されたスチールまたはアルミニウムのパネルであり、ヒンジで固定されています。サッシュ間の隙間は、柔軟な素材(ゴム、緻密な布など)で閉じられています。.

ドアパネルは、輸送用トロリーまたはローラーを使用して、開口部に沿った特別なガイドチャネルに沿って移動します。メカニズムの主な負荷はサイドベアリングコラムにかかります.

スイングゲートの最大寸法は以下を超えてはなりません。

  • 幅18メートル;
  • 高さ6メートル.

エントランスゲート「アコーディオン」は、1枚葉と2枚葉の折りたたみ式でご利用いただけます.

折りたたみ式入口ゲートの特徴:

  • 葉を開くには、スイングゲートよりも必要なスペースが少なくて済みます。
  • 窓は門葉に設置できます。
  • アコーディオンに折りたたむと、サッシュは開口部の幅を40〜80cm狭くします。
  • いくつかの葉が存在するため、ゲートの設計は固定されていないため、ドアの葉は衝撃を受けやすくなっています。
  • 折り畳まれた入口ゲートの比較的低コスト(3〜2.5 mの寸法の標準モデルの価格は約300ドルです).

製造材料に基づくゲートの選択

次のタイプのフィラーは、入口ゲートのフィラーとして使用されます。

  • 鍛造要素;
  • サンドイッチパネル;
  • 鋼板;
  • 木材;
  • ポリカーボネートシート;
  • アルミニウムまたは鋼のプロファイルシート。
  • 厚さ0.5〜0.7mmの波形亜鉛メッキシート。
  • 厚さ2mmの鋼板;
  • プロファイルやサンドイッチパネルなど、さまざまな要素の組み合わせ.

錬鉄製の門はとても素敵で立派に見えます。追加のプラスは、さまざまな仕上げの詳細と組み合わせる機能です:木材、ポリカーボネートシートまたはサンドイッチパネル。鍛造要素は、スイングゲートを作成するときにのみ使用されます.

錬鉄製のゲートには、いくつかの欠点があります。

  • 高い製造コスト;
  • 比較的難しい操作-金属元素は特別なエナメルで定期的に処理する必要があります.

今日、木製の入り口の門はあまり設置されていません。それらの製造には、予算の材料(梁と板)と貴重な樹種からのエリートの高価な製材の両方を使用します。.

木製の門の利点:

  • 自分で構造を作る能力;
  • 美しい美的外観;
  • 手頃な価格.

適切な手入れと抗真菌性化合物による木材の定期的な処理により、木製の入り口の門は長持ちします.

アルミニウムまたはスチールのプロファイルシートは、入口ゲートの建設に広く使用されています。アルミニウム要素は腐食による損傷に耐性があり、鋼部品は保護塗料とワニス材料でコーティングされています.

プロファイルシートで作られたドアの利点:

  • 低価格;
  • 製造と設置の容易さ;
  • 幅広いプロファイルタイプと色.

重要!プロファイルシートは風荷重下で変形する可能性があるため、ドアフレームには追加の補強が必要です.

サンドイッチパネルフィラーを備えた入口ゲートには、優れた性能特性があります。

  • 庭の追加の防音;
  • 構造の高い剛性;
  • ゲートのテクスチャとサンドイッチパネルの色の選択。
  • 幅広いパターン-最も人気のあるのは、滑らかな波形のパネルと、「波」やパネルなどの中央に溝のあるシートです。.

入口ゲートを選択するための実用的な推奨事項

ゲートの種類、サイズ、場所を決定するのに役立つヒントを次に示します。

入口ゲートの写真:ビデオ