プロット

蛇籠とは何ですか、それらは何のためにありますか。自分の手で蛇籠を作る特徴。土壌強化に蛇籠を使用する利点

蛇籠は、建設やランドスケープデザインで非常に人気があります。多くの人がこの言葉に全く馴染みがありませんが、結局のところ、この言葉は十数年前のものであり、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代から私たちに伝わりました。蛇籠とは何ですか?自宅で蛇籠を作る方法は?この記事では、これらの質問やその他の質問に建設的な回答を提供するように努めます。.

目次:

世界史の蛇籠

これらの構造の歴史について話す前に、蛇籠が何であるかを理解する必要があります。つまり、蛇籠は亜鉛メッキされたメッシュで作られた構造であり、内部に石が充填されています。.

当初、蛇籠構造は主に軍事および工学分野で使用されていました。後で彼らは建設で話し始めました。蛇籠の発明は、ミラノにあるサンマルコ教会の基礎をしっかりと固定するために同様の詳細を使用した有名なレオナルドダヴィンチのメリットであるというバージョンがあります。.

蛇籠が広く使われるようになったのは、レーノ川の土手が強化された後です。これは1893年の大規模な建設でした。蛇籠の構造は、記録的な期間で確実かつしっかりと設置され、100年以上にわたって確実に機能し、機能を果たしてきました。.

ロシアでは、彼らは20世紀の20年代にのみ蛇籠の建設について学びました。それらは、道路を建設する過程で、また地滑りから保護するために使用されました。.

リクエストに応じて写真を蛇籠

蛇籠の種類

蛇籠の「平和な」目的は、強化、装飾、そして安全機能のためです。すべての蛇籠構造は通常3つのグループに分けられます。.

蛇籠構造の多様性
箱型 8メートルを超えない巨大な構造物の建設には、ボックス蛇籠を使用するのが通例です。それらは最も一般的です.
フラット 侵食と土壌侵食から保護するために使用されます.
円筒形 水中の基礎を作成および強化するために使用されます.

蛇籠の主な用途は次のように分けられます。

  • ノイズ保護構造;
  • 噴水;
  • フェンス;
  • 別棟;
  • 線路の固定;
  • 銀行の保護;
  • 庭の暖炉と家具;
  • 擁壁等.

蛇籠は水力工学で大きな需要があります。それらは、石やコンクリートの材料と組み合わせながら、ダムやダムのアンカーとして使用されます.

蛇籠は、岩盤滑り、地滑り、雪崩、洪水に対する保護機能を果たします.

装飾的な蛇籠は、ランドスケープデザインで非常に人気があります。それらは、夏のコテージや庭園、公園などの環境への追加として使用されます。.

リクエストに応じて写真を蛇籠

蛇籠は夏の小屋の線路の土台として使用できます。また、彼らの助けを借りて、領土のいわゆるゾーンが作成されます。.

ジャンボと呼ばれる箱型の構造物が人気を博しています。それらはしばしば擁壁として使用されます。このタイプの構造を作成するための主なルールは、高さが幅の半分である必要があるということです。.

円筒形の蛇籠は、ランドスケープデザインの貯水池を飾るために使用されます。急な斜面への設置に適しています。このタイプは、ブリッジのサポートを作成するためにも使用されます。.

蛇籠構造は、さまざまな設計ソリューションを実装するために使用できます。それらは、屋外の暖炉や庭の家具を作成するために使用されます。蛇籠で作られた庭の彫刻も同様に人気があります。.

細かいメッシュと通常の小石を使用することで、優れたステップ、縁石、パスを作成します。そして、蛇籠で作られた植木鉢は、あらゆる庭の区画の自然でモダンな装飾です。.

花壇として蛇籠を使う人がますます増えています。それらの作成には多くのオプションがあり、それはすべて想像力と欲求に依存します。.

蛇籠を使用する利点は、蛇籠があらゆる領域に完全に適合し、重要なことに、絶対に環境に優しいことです。.

リクエストに応じて写真を蛇籠

蛇籠に使用されるフィラー

充填の種類は、蛇籠の構造によってこの場合またはその場合に実行されるタスクに直接依存します。最も一般的なフィラーは、天然または人工の粗砕石であると考えられています。珪岩、花崗岩、閃緑岩、玄武岩も使用されます.

蛇籠に装飾機能のみが割り当てられている場合は、ガラス、木彫り、レンガなどのフィラーなどの材料を使用するのが適切です。.

構造物の位置も、蛇籠のフィラーの選択に影響します。水中構造物の場合、重い石を使用する必要があります。蛇籠を充填するときは、材料の粒子が選択したメッシュのセルよりもサイズが大きいことが重要です。.

専門家は、構造があまりにもカラフルに見えないように、蛇籠を単色の材料で満たすことを推奨しています.

私たちは自分の手で蛇籠を作ります

庭や庭を改善するために、彼らはしばしば蛇籠から日曜大工の構造を構築します。自分の手で蛇籠を作る方法とそのために必要なものについて、さらに検討します。これを行うには、次の材料を買いだめする必要があります。

  • メッシュの選択は、考えられる製品の寸法に依存し、その厚さは0.2〜0.8cmです。.
  • フレームを強化するには補強が必要です。
  • ワイヤーと金属のスパイラルを取り付けるにはステープルが必要です。
  • 逆ろ過を作成するには、ジオテキスタイルが必要です。これにより、消耗品のフィラー材料が大幅に節約されます。
  • 充填するために多数の石または他のフィラーを選択してください.

作業には、取り付け用のホッチキス、ペンチ、バール、アンカー、およびシャベルのツールが必要になります。鉄筋を扱うには、溶接機が必要です.

自分の手で蛇籠を作るためのステップバイステップの説明は、初心者のマスターでさえこのタスクに対処するのに役立ちます。単純なボックス蛇籠を作成するには、構造の寸法を事前に決定したフレームを作成する必要があります。小さな蛇籠でもフィラーのおかげでかなりの重さがありますので、設置場所の近くで作業することをお勧めします.

構造物の下の土は徹底的にきれいにされ、砂で覆われ、突き固められ、そして草が発芽しないようにフィルムでさらによく覆われなければなりません。ジオテキスタイルファブリックもこれに使用されます。.

土の準備ができたら、フレームに移動できます。これを行うために、測定に従ってメッシュが切り取られ、完成したパーツが互いに接続され始めます。.

最初の段階は、フレームの下部の製造です。次に、サイドパーツをワイヤーとペンチで取り付けます。フレームが完全に組み立てられた後、蛇籠はフィラーで覆われ、上部が固定されます.

よく考えられた場所に蛇籠構造を設置したら、アンカーでしっかりと固定する必要があります。このための良いオプションは、最大1センチメートルの直径の補強です。.

日曜大工の蛇籠の花壇

蛇籠の助けを借りて、柵を建てたり、建物を強化したりするだけでなく、メッシュや石でオリジナルの花壇や花畑を作って庭を飾ることもできます。もちろん、構造の外観は、選択した石の種類によって異なります。花崗岩、斑岩、片岩などのより強い材料を購入できます。石灰岩は耐久性が低いと考えられており、雨や風によって破壊されます。.

ですから、蛇籠の花壇には、以下の建設に必要な資材が必要です。将来の構造の寸法を計算するには、巻尺、ペンチ、メッシュ、フィラー、フィッティング、ファスナーが必要です.

蛇籠の花壇が10年以上庭で役立つためには、ポリ塩化ビニル化合物-PVCを選択することをお勧めします.

蛇籠の花壇は、さまざまなレイアウトで作ることができます。単一レベルの構造には、同じレベルでの植物の配置が含まれます。マルチレベルには複数のステップがあり、はるかに豊かに見えます.

リクエストに応じて写真を蛇籠

シングルレベルの花壇を作るためには、希望の形(星、ハートなど)が与えられたメッシュフレームが必要です。この段階での主な条件の1つは、構造の2つの壁を正しく形成することです。フィラーは、希望の形状の既製の容器に注がれます。次に、蛇籠の上部を取り付け、しっかりと縫い合わせます.

最後に、製品の隙間は、目的の植物が植えられている土壌で満たされます。冬に蛇籠の花壇を有機的に見せるために、針葉樹の低木を使用することができます.

アーチは人気のある庭の装飾になり、蛇籠を使って建てることもできます。この場合、それらは地面に埋められる基礎の役割を果たします。石で満たされたネットは確実にサポートを作成し、庭のアーチの構造そのものに有機的に適合します.

蛇籠を作成するための専門家のアドバイスと推奨事項は、庭には高いベッドを使用する方が良いと言っています。高い構造により、土壌は均一に暖まり、一年中活発に機能します。背の高い蛇籠床は、ほくろなどの害虫から植物を保護します。背の高い蛇籠ベッドを使用するもう1つの利点は、何らかの方法で温室として使用できることです。.

将来の花壇用に丸いフレームを作成するときは、次のルールを考慮することが重要です。フィラーの直径はメッシュ自体の直径よりも大きくする必要があります。.

自社生産の蛇籠からの柵

巨大なメッシュ構造で作られたフェンスは、郊外のエリアに追加するのに適しています。このような構造の蛇籠の設置の特徴は、次の段階で構成されています。

  • ポリマー保護層を備えた六角形のメッシュを準備します。
  • 亜鉛メッキメッシュ溶接カードを購入します。
  • 特殊な耐候性塗料を使用してネットを溶接および塗装します.

将来の柵を作成するには、柱、いわゆる建物の支柱を設置する必要があります。長方形または正方形のサポートを使用する方が良いです。それらは安定しているだけでなく、操作も簡単です。サポートを固定するにはセメントが必要になります.

メッシュ構造は、亜鉛ファスナーとスクリードブラケットを使用して支柱に接続されます。金属メッシュは、腐食の形成を防ぐ特別な溶液で開く必要があります。蛇籠で作られた柵は耐久性のある構成であり、特別なスキルを持たない単純な所有者のおかげです.

次の作業は蛇籠を埋めることです。フェンスを作る蛇籠用の石を選ぶときは、強度、耐凍害性、そしてもちろん素材の外観を考慮に入れる必要があります。.

蛇籠を充填するための材料が均一であることが重要です。作業中に細かいメッシュが選択された場合、特定の場合に最適な蛇籠フィラーは砕石です。粗いメッシュの場合、より重い材料が適しています。花崗岩を充填に使用する場合は、その放射能に確実に注意を払う必要があります。割れたガラスはとても人気があります.

実際、自分の手で蛇籠から柵を作る技術には、簡単に説明できる4つの段階があります。

  • 準備;
  • サポートのインストール。
  • メッシュ生地の設置;
  • 石を置く.

蛇籠自体から完全な柵を作る必要はありません。他の材料と簡単に組み合わせることができます。たとえば、天然木の助けを借りて、夏の別荘でフェンスを建設するためのデザインのアイデアの範囲を広げることができます.

フェンスの建設に蛇籠を使用する利点は、環境への配慮、設置の容易さ、強度、信頼性です。必要に応じて、LEDバックライトを使用して照明を作成できます。プロファイルパイプからのウィケットとゲートは、蛇籠柵とうまく組み合わされています.

夏の別荘で蛇籠で作られた柵は、有益なオプションであるだけでなく、オリジナルのものでもあります。自分の手で蛇籠を作る方法の詳細については、ビデオをご覧ください