プロット

自分の手で小屋を建てる方法

世代から世代へと、さまざまな年齢の子供たちが夢見ている、独自の小屋を作る体験があります。今日の記事では、森、国、または私有地でウィグワムを構築するための最も一般的なオプションを検討します。どの材料を使用するのが良いかを説明し、作業の手順を段階的に説明します。これにより、発生する可能性のあるエラーが排除されるだけでなく、構築プロセスがスピードアップします。予算の資料に焦点を当て、最も人気のあるアイデアを現実に具現化して、子供のための日曜大工の小屋を作る方法について詳しく話しましょう.

目次:

スクラップ材料から国の日曜大工小屋

原則として、親は目立つ場所に子供用エリアを整理することを好みますが、成長しているチャンピオンやプリンセスは、自分の好きなゲームを隠してプレイしたいので、独立して大人に感じます。そのため、さまざまな小屋を建てる習慣は子供たちの間でとても人気があります。.

?? ?? ?? Ñ??аДаÑ?? Ñ????Ñ??

もちろん、路上、夏の別荘の領土、家などに子供向けのシックで高価なコテージを建てることはできますが、この建物は一時的なものであり、大規模な投資をするのはどういうわけか無意味であることを誰もが理解していますまさにこの目的のために、子供と大人が農場で利用できる最も便利な材料を使用しているため、その中の予算:段ボール、布、板、枝、生きている植物、防水シート、ラップなど。自分の手で高品質の小屋が悪天候から保護し、しっかりした構造を持っていると信じられているので、ベースの選択は建設の目的にも依存します。子供がいる家族の間で最も一般的ないくつかのオプションを検討してください。.

スクラップ材料から日曜大工の小屋を作成するための興味深いアイデア
1. インドの小屋 子供のための田舎の日曜大工小屋 インド風の場合もあるので、そのような計画を立てるには、竹の棒を6本用意するか、長さ約2メートルの木製のスラットに交換する必要があります。これらの資料から、未来の孤児院の枠組みが作られます。さらに、ロープ、巻尺、ドリル、ドリルが必要になります。丸太を山積みにして上部でつなぐと、マスターは次の作業段階に進むことができます。実際、日よけを固定するために、丈夫で緻密な生地として使用する必要があります。リネンまたは綿を使用できます。 。あなたはいくつかの方法で避難所を飾ることができます:いくつかの日よけは縞模様に分割され、他はしっかりとフレームを包み、片側にハラブダへの入り口を残します.
2. フープから 子供のための日曜大工の小屋 有名なフラフープを作って使うこともできますし、金属ベースから手作業で作ることもできます。このような計画の設計は、屋内と庭の両方に設置するのに適しており、最も予算の多いオプションです。このベンチャーを実施するには、親は枝を選択するか、丸い要素をロープで固定し、事前に周囲に布を固定する鉄棒の形でサポートを設置する必要があります。お子様のテーマに合わせて、シンプルなウィグワムのインテリアをデザインすることをお勧めします。子供のためのパーソナルスペースは、楽しむ方法であるだけでなく、自己啓発と自立心でもあります。.
3. 段ボール製 休日のさまざまな装飾は段ボールでできており、演劇の分野で積極的に使用されており、多くの場合、 子供のための日曜大工の小屋, 実際の住宅を模倣します。このような建物は、すべての部品が接着剤またはテープで相互に接続されているため、壊れやすいため、耐久性に違いはないことに最初に注意する必要があります。ただし、この資料を使用すると、最も珍しいアイデアを実現できます。たとえば、男の子の場合、段ボールを使用して自動車愛好家のスタイルでハラブダを作成できます。プリンセスの場合、小屋は子供の美容院や小さな人魚の海の城になることができます。このプロセスの主な焦点は、建物が巨大なパズルのようにパーツに組み立てられるブランクにあります.

このように、子供たちの家は、普通の椅子や単純な合板からでも、実際には小さな通りや家のエリアを隔てて、若い世代の娯楽のために作ることができる建物であると言えます。次に、枝から日曜大工の小屋を作る方法について話しましょう.

枝から自分の手で子供たちのための夏の小屋

カントリーハウスの所有者の多くは、自然の造園を通じて子供向けの小屋の作成を実践しています。つまり、成長するつる植物は、特別に作成された木製または金属のフレームに向けられています。しかし、実践が示すように、このプロセスは茂みが成長するのに時間がかかります、さらに、子供たちはしばしばこのタイプの植物相にアレルギーがあります。したがって、このオプションには特に注意する必要があります。しかし、小屋を建てる簡単な方法があり、これは茂みや木の枝から夏のチャラブダを建てることです。これに必要なものと、どこから作業を開始するか?

枝から離れた国の日曜大工の小屋は、外観が似ているため、鶏の脚の小屋の類似物と呼ばれることがよくあります。その発明のために、あなたはフレームの役割を果たすことができるつるから織りの技術を使うことができます、あるいはあなたは単に木製のスラットまたはボードからベースを組み立て、切妻屋根とカバーの形でそれらを一緒に編むことができます緑の枝。このオプションは、多額の投資を必要とせず、作業に多くの時間を要しません。必要に応じて、夏のハラブダを大きな寸法で作ることができますが、この場合、フレームを地面に少し掘る必要があります。夏のコテージに、たとえば、建物の屋根、金属のスクリード、または木の間の距離などの場所がある場合、ロープで作られたフレームを引っ張って一種のメッシュを形成し、さまざまな長さの茂みは、枝編み細工品のベースに沿って、そして枝編み細工品のベース全体に簡単に配置できます.

通りのハラバッドの種類。日曜大工の片流れの屋根-建設の段階

ストリートハラバッドには主に3つのタイプがあります。

  • 円形;
  • シングルスロープ;
  • 切妻.

上記の構造のすべては、人生でしばしば見られ、毎回、1人または別のマスターによって導入された革新があります。さらに、上記のリストには、通りの小屋の一種である掘り出し物が含まれています。自分の手で小屋を建てる方法に関する情報をスクロールすると、ユーザーは、最も簡単なオプションは1ピッチの構造であり、その作成には数時間の作業が必要であることを学びます。.

実際、片流れの屋根は、燃える太陽、風、さらには雨から身を隠すことができる天蓋です。そのような構造が十分に強いために、それは通常、フレームで接続された2本の木の間に配置されます。それは、入手可能な材料に基づいて、金属でも木製でもかまいません。フレームの上にブリキのシートを配置し、セルフタッピングネジで固定することをお勧めします。建物が象徴的で自然な性格を持つために、屋根は針葉樹の葉で構成されており、わらの屋根がより人気のあるテーマと考えられています。.

森の中に切妻小屋を建設するための指示

森の中の日曜大工の小屋は、ほとんどの場合、ハイキングや狩猟などの際に建てられます。このために、切妻のカラブダを作るための標準的な技術が基礎としてしばしば使用されます。この建物が計画外と見なされる場合は、釘やネジなどの留め具を使用せずに建設されています。専門家は初心者に森の中に切妻小屋を建てる方法についての全体的な指示を提供します。それで,

  • 初期段階では、建設場所を選択する必要があります。湿地から離れた安全で水平で清潔な場所でなければなりません。近くに蟻塚や捕食者の巣穴がないことを確認してください。大きな植物の冠の下の領域に注意を払うことをお勧めします。その枝は、降水や突然の突風からさらに保護します。.
  • このデザインは可能な限り標準的なテントに似ているため、マスターは2つのまっすぐなクワガタを準備し、同じ距離で地面に打ち込む必要があります。そして、枝分かれした上部に長い棒を置き、ロープ、ロープ、または強い糸で固定します.
  • このような計画で自分たちの手で路上に小屋を建てるには、槍から棒を斜めに外し、構造を安定させて保護材で完全に覆うことができるように地面に埋める必要があります.
  • 建物は普通の切妻屋根のように見えた後、枝で円形に重ねたり、プラスチックシートで覆ったりして、中に入る場所を残すことができます.

小屋を長期間使用して夜を過ごす予定の場合は、雨が降っても部屋が浸水しないように、周囲の構造物を掘ることをお勧めします。.

自分の手で子供のための円形の小屋

子供とのピクニックや火事の予定など、日曜大工の小屋が必要です。そのようなハラブドには、いわゆる煙突と呼ばれる穴が必要です。そのため、木を土台として使用する必要があります。これは、サポートの役割を果たします。長いポールは、上部で一種の束に接続できるように、円形に駆動する必要があります。強度のために、この構造には水平ポールも装備されており、その後、枝、苔、葉で補ったり、フィルムや他の材料で作られた日よけで覆ったりすることができます.

このように、完成した形で、それは信頼できるウィグワムであることがわかります。そして、それは密なケーシングで、寒さからだけでなく、雨からも保護することができますが、まったく突破することはありません。自分の小屋を自由に使えるので、子どもたちは積極的に遊びの時間を実感し、家族的な雰囲気に興味を持って過ごすことができます。.

?? ?? ?? ?? NS ?? ?? ?? ?? Ñ????Ñ??

自分の手で郊外のトイレ小屋を建てる方法

国内の日曜大工トイレ小屋は、多くの場合、さまざまな材料を使用して、標準的な指示に従って建てられます。そのような建築計画は、形状が長方形であるか、ウィグワムに似た外観を持っている、つまり三角形の上部を備えている可能性があることにすぐに注意する必要があります。なぜ多くの夏の住人がそのような建物だけを選ぶのですか?答えは簡単で、オリジナルで、そのような「専用住宅」は魅力的な外観をしています。.

構造は永続的な性質であるため、作業を開始する前に、所有者は図面を作成し、構造のカバー、後壁、固定要素としてのサポート、便器、汚水溜まり、家の正面の壁、トイレの土台。事前に作成された作業プロジェクトにより、必要な資材の調達を慎重に計画し、必要なツールのセットを準備することができます。ステップバイステップの構築プロセスは、次のように説明できます。

1.実際にこの建設現場の基礎と考えられている汚水溜まりの準備。ピットを掘ったので、コンクリートブロックと2層の屋根材を装備する必要があります.

2.床のフレームを組み立てます。この目的のために、防腐剤で前処理された屋根材に適用されるエッジボードが使用され、約10年という長い運用期間があります。.

3.壁は別々に建てられ、現場で接続されます。ハンマーで叩いた後、下見板で内面を覆うことをお勧めします。次に、それらは特別に設計された技術ボードで露出され、固定されます。次に、旋盤を使用し、グラシンで被覆します。.

?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? Ñ????Ñ??

4.屋根には、幅約1メートル、長さ1.5メートル以上の板を使用します。屋根は完成した前壁と後壁に取り付けられ、原則として、セルフタッピングネジが必要な亜鉛メッキシートで覆われています。次に、屋根の尾根を固定します。追加の要素には、フック、ハンドル、ラッチなどがあります。.

汚水溜まりの上の穴は、個々のレイアウトに従って床に開けられ、その後、トイレ自体が設置され、固定されます。廃棄物用の容器がある場合、トイレの小屋の構造は持ち運び可能であり、固定されていない可能性があることに注意してください。このトピックの詳細については、ビデオをご覧ください。