気候

暖房を節約する方法

暖房を節約する方法は?この質問は、寒い天候の前夜にほとんどすべての人を心配します。セントラルヒーティング付きのアパートの所有者と民家の所有者の両方は、通常、何かを考える必要があります。結局のところ、自分の幸福を気にする正気の人は、ユーティリティの価格の上昇を単に無視することはできません。.

「文明の祝福」の法案がそれほど恐ろしくないように何かをすることは可能ですか?もちろん。住宅の熱損失を減らし、住宅内のさまざまなシステムの動作を最適化することで、家庭での安価な暖房は決して神話ではなく現実であると確信できます。確かに、一生懸命働く必要がある現実.

目次

お金を節約したい人のための主な推奨事項

あなたがその効率を100%確信している場合にのみ、暖房費の削減について話し始めることができます。どうして?自分で判断してください。熱の大部分がすでに「窓から飛び出している」場合、これを背景に、エネルギー資源の消費量は依然として減少し、単に凍結します。疑わしい節約ですね。結局のところ、薬局の薬価は公共料金よりもはるかに悪いことがよくあります。.

あなたが安い暖房を手に入れたいならば、最初にすることはあなたの家を高品質で断熱することです。ひび割れを通り抜けないと、家はすぐに暖かくなります.

家やアパートを暖めることは良い節約の保証です

壁の断熱材

建物の壁が適切に断熱されていないため、暖房システムによって生成される熱の大部分が失われます。.

もちろん、家を建てる段階でも壁の断熱を行うのが最も合理的ですが、さまざまな理由から、この瞬間に常に注意が払われるとは限りません。しかし、これは、いつでも多くの断熱対策を実行することが不可能であることを意味するものではありません。幸いなことに、今日、多くの興味深く実用的な解決策があります。.

蝶番を付けられた換気されたファサードは非常に人気があります。これは、完全に絶縁することを決定し、「フォークアウト」する準備ができている人にとっては優れた選択肢です。このソリューションには、高い断熱特性に加えて、次の利点があります。

  • 耐力壁面の予備的なレベリングは必要ありません。
  • 長い耐用年数-最大50年(使用する材料によって異なります);
  • 一年中いつでも設置作業を実行する能力.

壁をすばやく安価に断熱したい場合は、多層漆喰システムを選択することをお勧めします。ハウジングの外壁に補強メッシュが適用され、ベースで覆われ、次に石膏の装飾層で覆われた断熱プレート-可能な限り少ない時間と経済的コストを必要とする良いオプション.

窓の交換

古い木製の窓は、高熱漏れのもう1つの一般的な原因です。それらを二重窓のあるモダンなデザインに置き換えると、家がはるかに暖かく静かになっていることに間違いなく気付くでしょう。.

これが不可能な場合は、少なくとも古い窓を真剣に扱う必要があります。断熱材を接着したり、亀裂を閉じたりするなどです。.

ドアでも同じことをすることをお勧めします。.

屋根の断熱材

あなたは個人の家の幸せな所有者ですか?次に、ケース内の貴重な熱が、断熱が不十分な屋根から「逃げる」可能性があることを知ってください。さまざまな断熱材、それらの長所と短所を考慮し、それらのどれがあなたのタイプの屋根に推奨されるかに注意を払い、これについて専門家に相談してください-そして必要な作業を必ず実行してください。そして心配しないでください:あなたはどんな価格帯でもパフォーマンスに適したオプションを見つけることができます。.

セントラルヒーティングでお金を節約する方法?

セントラルヒーティングシステムに接続された家やアパートに住む人々は、完全に断熱されていても、節約を夢見ることしかできません。あなたは確立された関税から逃れることができないので、そして毎年彼らは新しいそして新しい「高さ」に達します。そして、バッテリーが本当に熱ければ、すべてがうまくいくでしょう-それらはしばしばかろうじて暖かいです。専門家は、人々が熱に支払うお金のために、システム内の水は活発に沸騰するはずだと冗談を言っています.

どういうわけか状況に影響を与え、「熱の質」に見合った金額を支払うことは可能ですか?もちろん、個別の積算熱量計を設置する必要があります。一般に、これらの「適応」は、1つの非常に明白な理由で特に人気がありません。多くの高層ビルの配管は、個別のライザーがアパートの各部屋を通過するように作られています。そして、この状況での積算熱量計が複数を必要とすることは非常に明白です。そして、これは非常に高価な喜びです。.

一般的な家の積算熱量計は、この状況で少なくとも部分的に節約するのに役立ちます。.

あなたが現代の家に住んでいて、あなたのアパートのために別のライザーがあるなら、個々のメーターの設置は可能であるだけでなく、非常に望ましいです。それを使用すると、暖房費を最大50%節約できます!デバイスは約2〜3年で完済します.

自律暖房システムの合理的な運用

自律暖房システムの運用を効率的かつ経済的にするには、そのすべての要素を正しく選択、配置、「調整」し、定期的にサービスを提供する必要があります。ボイラーが古く、ごみ遣いで、性能が不十分な場合は、奇跡を期待するべきではありません。暖房時にガスを節約する方法について真剣に考えている場合は、「古代の」ボイラーをパラメーターの観点から適切な最新の開発に置き換えることをお勧めします。.

パワーが高すぎるユニットは購入する価値がありません。最適なボイラー出力は次のように計算されます:10平方ごと。 mエリアには1〜1.2kWが必要です。パワーが自動的に調整されるプログレッシブインテリジェントモデルを優先することをお勧めします。 「スマート」ボイラーは、特定の瞬間に必要なだけの熱を生成します。これにより、燃料コストが大幅に削減されます。.

コンデンシングボイラーは、今日非常に人気のあるソリューションです。従来のガスボイラーと比較して、燃焼生成物の潜熱を合理的に使用するため、より効率的です。さらに、そのような機器は可能な限り静かで環境に優しいものです。.

高品質のボイラーにさまざまな加熱制御装置を追加することで、ガスレシートの衝撃的な数を永遠に忘れることができます.

あなたの家を暖かく保つ方法:毎日のための役に立つヒント

エコノミーヒーティングは、優れた設備や断熱対策であるだけでなく、あなたの習慣やライフスタイルに日々取り組むものです。.

不必要な熱損失を防ぐために、あなたの家の部屋を適切に換気し始めてください。まず、可能であれば、加熱をオフにしてこれを行います。第二に、タイミングに注意してください。 3〜4時間ごとに2〜3分間の完全換気は、無限の部分換気よりも合理的です。.

春と秋には、完全な換気時間は最大15分になる可能性があります.

家やアパートの換気システムの操作にも注意を払ってください。あらゆる種類のフードは、不快な臭いを取り除き、空気を浄化するだけでなく、貴重な熱を運び去るため、必要な場合にのみオンにする必要があります.