電気機器、照明、照明

DIYの金属製ワークベンチ

男性が手で作業するのが好きなら、錠前屋の作業台なしではできないので、職人は自分の手で金属製の作業台を作ることを夢見ています。通常、ガレージ、ユーティリティルーム、またはカントリーハウスに設置されます。ワークベンチ自体は、金属フレーム上の卓上型で作られています。この巨大な作品は、DIYツール作成の真のブレークスルーになる可能性があります。ツールが得意で、創意工夫と忍耐力があれば、このタスクに簡単に対処できます。.

コンテンツ:

金属ワークベンチのコンセプト

ワークベンチは、金属や木材を処理できる重くて耐久性のあるテーブルです。このツールは、ワークショップでの作業を容易にするためにドイツで発明されました。ワークベンチのデザインは非常に異なる場合があります。それは、木または金属で作られた、実行される作業の個々の好みと性質によって異なります。金属製の作業台の助けを借りて、彼らはワークショップ、修理店、サービスステーションで錠前屋、設置、電気工事を行います.

あなたは、作業台が錠前屋と大工仕事である可能性があることを知る必要があります。ジョイナーのワークベンチは製造が簡単ですが、木製の部品でしか機能しません。大工仕事のバージョンでは、蓋は木でできているか、リノリウムで処理されています。建具の作業台で金属部品を加工しようとすると、コーティングがすぐに油を吸収し、金属の削りくずが常にそこに詰まります。ジョイナーのワークベンチは木でできているため、金属製のワークベンチほど安定していません。.

ガレージには、通常、鍵屋の作業台が使用され、金属部品を扱うことができます。そのような仕事のために設計されたテーブルは金属カバーを持っています。金属製の作業台は木製のブランクも処理できるため、大工仕事とは言えない汎用性があります。金属を扱う場合、構造の安定性が重要です。これは、金属を処理するために多大な労力が費やされ、卓上に大きな圧力がかかるためです。.

金属製のワークベンチは、シングルシートまたはマルチシートにすることができます。シングルテーブルは1人用で、複数の人が同時にマルチシートテーブルで作業できます。マルチシートオプションは、学校のワークショップで使用するのに便利ですが、本番環境では使用できません。片方のマスターは正確な作業を行うことができ、もう一方のマスターはこの時点で何かを切ることができるため、作業の安定性と結果が損なわれる可能性があります。ワークベンチは職人とよく一致している必要があります。この場合、作業は専門的に行われます。.

設計と動作原理

古典的な金属製のワークベンチには、テーブル、蓋、ベンチがあり、通常は針葉樹で作られています。錠前屋の作業台には、頑丈な金属製のフレームと、3面の側面が付いた蓋があります。金属製のテーブルは、合板またはMDFの厚いシートでできており、さらに鋼板で覆われています。金属製の作業台のテーブルトップには鋭い角がなく、過失による錠前屋の怪我の発生を防ぎます.

卓上の下にある大量の在庫を保管するための金属製ワークベンチの引き出しには、誤って落下するのを防ぐガイドが装備されています。また、そのような作業テーブルには、テーブルの後壁に取り付けられた平らなシールドである保護スクリーンを装備することができます。それは壁の汚染を防ぎ、あなたがあなた自身の職場のすぐ近くに必要な道具を置くことを可能にします。.

脚は大きな表面積と高い強度が特徴で、さらに下部で一緒に固定されています。接合点には、さまざまなコンポーネント、ワニス、材料、大型工具を保管するための棚があります。原則として、金属製のワークベンチには、特別な停止装置とクランプネジの2つのバイスが装備されています。.

現在、テーブルトップに特別な穴のあるワークベンチが使用されており、さまざまなストップやクランプ用に設計されています。また、ツールを保管するためのさまざまなコンパートメントと棚がデスクトップに用意されています。テーブルには、穴あきパネル、蛍光灯、ソケット、ツールホルダーなどの機器が追加で装備されています.

金属製のワークベンチは、鉄や木で使用できます。研削、のこぎり、旋削、切断など、さまざまな操作を実行します。通常のテーブルでは、多くの工具が収まらないだけでなく、非常に耐久性があり、鉄板を曲げることができません。このためには、高品質の鋼で作られた金属製のワークベンチが必要です。.

スクリーンとナイトスタンドを備えたワークベンチには、さまざまなドライバー、キー、さまざまな鉛筆、図面、サンドペーパー、ハンマー、釘、小さな部品などを保管できます。そのような装置は仕事に非常に便利です、それはマスターが多くの努力を費やすことなく彼の仕事を非常に正確に行うことを可能にします。そのため、多くの職人が自分で作ることにしました。.

金属製のワークベンチの選択

金属製のワークベンチを購入するときは、いくつかの推奨事項を使用する必要があります。最新のワークベンチの明白な利点は、迅速に組み立ておよび分解できることです。この場合、金属製のワークベンチの輸送と設置に必要なコストと労力が最小限に抑えられ、必要な機器の購入コストが削減されます。.

ワークベンチの建設の主要部分は、副が設置されているカバーです。バイスはワークベンチ全体およびワークベンチに沿って取り付けることができるため、製品を両方向に操作できることを忘れないでください。カバーが厚いほど、金属製のワークベンチがより快適で便利になります。平均的な厚さは、ほとんどの場合60〜70ミリメートルです。.

金属製のワークベンチのモデルが異なれば、卓上強度も異なることに注意してください。いくつかのワークベンチは最大200キログラムの負荷用に設計されており、他のワークベンチは最大300キログラムの負荷用に設計されており、他のワークベンチは最大700キログラムに耐えることができます。人間工学と空き容量に基づいてモデルを選択するのが通例です。その後、ワークベンチの機能の観点から適切なペデスタルの希望数を決定する価値があります。.

下にある金属製のワークベンチはさまざまな方法で装備できますが、これは購入者の裁量によるものです。道具を保管するためのあらゆる種類のロッカーがあります。ただし、これらのキャビネットは、作業台の下のスペースを埋めるため、作業面の安定性がさらに向上することを忘れないでください。次に、ワークベンチ、スクリーン、ツールホルダー、トレイ用の追加のデバイスの購入を検討したり、金属製のワークベンチの作成方法について問い合わせたりすることができます。.

金属製ワークベンチ図面

自宅で金属製の作業台を作り始める前に、それを描いて、構造物のすべてのブランク(テーブルトップ、脚、棚)の寸法を正確に計算する必要があります。まず、高さを決める必要があります。これを行うには、手が下がり、手のひらが床と平行になります。手のひらと床の間の距離は、職場の高さになります.

金属製の作業台の寸法も計算する必要があります。卓上が長いほど、作業が便利になることに注意してください。テーブルトップの場合、幅は約50〜60センチ、長さは1.5メートルで十分です。卓上は鋼板または木で作ることができ、それは次に金属で装飾されます.

フレームは、金属製のコーナーまたはプロファイルパイプから作成できます。安全のために、脚の間に追加のクロスメンバーを用意することを忘れないでください。スペーサーの代わりに、ワニス、さまざまなツール、ペイント、パーツを配置できる便利な棚を下部に構築できます。優れたワークベンチはしっかりと固定する必要があることに注意してください。そのため、脚を床に取り付ける方法を事前に検討してください。.

金属製の作業台の近くにあるはずの光源とソケットを忘れないでください。その後、必要な材料の量を計算し、金属製のワークベンチの作成を開始できます。多くの職人はこの段階を無視し、すでにプロセスの中で部品を互いに調整します。.

しかし、このアプローチは専門的ではありません。構造全体を見て少し変更できるのは設計段階だからです。すべてをきちんと行い、部品を正確に取り付けて研磨し、鋭い金属エッジをうまく処理するようにしてください。この場合、ワークベンチは長時間スムーズに動作します。.

仕事の準備

金属製のワークベンチの図面をよく見て、目的のオプションに完全に満足していることをもう一度確認してください。作業領域に合うようにツールの正確なサイズを検討してください。もちろん、大きなワークベンチの方がはるかに便利ですが、面積が小さい場合は、棚が1つある小さなワークトップでもかまいません。.

棚のない金属製のワークベンチを作ることは非常に無謀です-あなたはまだあなたの道具をどこかに置かなければなりません。最新のワークベンチには保護シールドがあり、通常はデスクトップの背面にあります。ホルダーは、さまざまなデバイスを格納する保護画面上に作成できます。引き出しを作りたい場合は、引き出しを完全に引き出しられるようにする特別なメカニズムを備えている必要があります。.

構造をしっかりと保持するために、金属で作ることをお勧めします。金属は通常、切断にグラインダーが使用されます。フレームの製造には、厚さ3 cm、サイズ40×40の金属コーナー、または断面30x50mmの金属プロファイルを使用できます。デスクトップをメインフレームに取り付けるための金属ストリップも必要になります。.

カウンタートップの製造には、厚さ50ミリメートル、幅150または150ミリメートルのドライボードを使用できます。また、工具を配置できるニッチを取り付けるのにも便利です。 Tabletopsは、金属シートで装飾することも、完全に金属シートで作ることもできます。最も激しい衝撃に耐え、変形しない厚いシートにより、オールメタルのワークベンチはより信頼性が高くなります.

事前に2ミリメートルの厚さの亜鉛メッキ金属を準備します。これは、作業台の木材を覆うために必要です。同じ金属のストリップは、金属を扱うときに火花から保護するバンパーを作成するのに役立ちます。 1つのストリップの長さは作業場の長さと一致し、他の2つのストリップの長さは幅と一致する必要があります.

金属製のワークベンチを作る

金属製のワークベンチの将来のフレームでは、パーツを希望のサイズにカットし、溶接で接続する必要があります。追加の棚を設置しない場合は、同じコーナーの補強材で構造を補強します。それらは、床から10センチメートル、テーブルトップから10センチメートル下の高さで溶接する必要があります。将来のデスクトップの中央でも同じことをすることを忘れないでください。フレームをより安定させるには、正方形の金属板を自分の手で金属製ワークベンチの将来の脚に溶接します.

基本構造を組み立てたら、デスクトップのスケルトンの作成を開始できます。金属の角50×50から、フレームを溶接する必要があります。フレームの長さは、構造の寸法より20センチ長くする必要があります。これは、副を確保するために必要です。その後、デスクトップの取り付け点で工具の主要構造に金属片を溶接し、角でできた構造を溶接します。また、保護スクリーンが構造に溶接されています。.

取り付けられたテーブルトップとコーナー(剛性のためにフレームに固定されている)には、ボードを取り付けるための穴を開ける必要があります。通常、それらは皿座金付きのセルフタッピングネジで固定されます。次に、テーブルトップは板金で覆われています。板金も事前に開けられた穴を通してセルフタッピングネジで固定されています。あなたは棚を塗るか、難燃性化合物でそれらを扱うことができます.

作業に便利なように、パーツはしっかりと固定する必要があります。これを行うには、2つの平行なジョーで構成され、処理されたすべての要素を固定するバイスを使用できます。ジョーをクランプすると、パーツが固定されます。クランプはネジで調整でき、ネジの回転は長く快適なレバーで行われます。.

金属製のワークベンチの場合、金属で万力を作る必要があります。万力はテーブルにしっかりとねじ込む必要があるため、作業中は接続の強さに注意してください。ワークベンチが十分に大きい場合は、2つのバイスを取り付けることができます。ツールの右端から固定されるものもあれば、テーブル前面の左隅にあるものもあります。.

ワークベンチの錆と衝突せず、寿命を延ばすために、構造物を金属専用の塗料で処理することで、工具を腐食から保護することができます。これらの簡単なガイドラインが、快適で高品質のワークベンチの作成に役立つことを願っています。!

「デスク」の下のワークベンチ

ワークベンチを安定させ、比較的重い負荷に耐えるために、台座と呼ばれる頑丈で巨大なベースで作られています。部屋が小さすぎる場合は、シンプルなデザインのワークベンチを作成したり、少し小さくしたり、古いユーティリティテーブルに適合させたりすることができます。.

多くの場合、金属製のワークベンチは、ワークベンチの上部を覆う折りたたみ式のテーブルトップを備えたテーブルに偽装されています。この場合、テーブルのサイドテーブルを使用してツールを保管できます。しかし、ツールが重い負荷に耐えられるように、従来のテーブル構造を強化する必要があります。ほとんどのテーブルの厚さは約18〜25ミリメートルであるため、大きなパーツを使用して作業することはできません。.

この場合、追加のプレートが卓上に接着され、デスクトップの端から約50センチ突き出ます。これにより、クランプ、バイス、その他のデバイスを固定できます。必要に応じて、テーブルの脚を外側または内側から強化できます。これを行うには、木の板または金属の角を使用できます。.

テーブルは時間の経過とともに緩む傾向があるので、コーナーに置いて床や壁に取り付けることをお勧めします。これは、金属の角で行うことができます。作業中に騒音が発生することがありますので、自宅で作業しているときに隣人の邪魔にならないように、足の下にフェルトなどの柔らかい素材を置くことができます。机からワークベンチを作ることは可能ですが、大きな部品を扱うには十分に強化する必要があるので、金属製のワークベンチを作り直す方がはるかに簡単です。.

ワークベンチの操作のヒント

自宅での金属製の作業台の使用は、安全対策の実施とそのようなツールの注意深い手入れに関連する特定の機能に関連しています。表を使用するときは、以下の規則に従ってください。

したがって、自分の工房を夢見ているすべての職人は、そこに特別な家具を設置することができます。これは、仕事や道具を対象としています。最も重要な家具の1つはワークベンチです。さまざまな価格の金属製ワークベンチを豊富に取り揃えていますが、自分で作ることもできます。このアプローチはあなたにとって最も便利な職場を作り、そこでは働きやすく快適になります。.