電気機器、照明、照明

DIY円形製材所

現代の製材所の生産と民間の建物には、性能マージンと高い技術的特性を備えたディスクまたはバンド製材所が必要です。これらの機械の多くの利点により、生産規模や製品の範囲に関係なく、円形製材所がすべての木工産業にとって最も成功したソリューションであると自信を持って主張することができます。.

コンテンツ:

円形製材所の目的

木材は、最も人気のある建築材料の1つです。高強度と独自の構造により、建物の建設、建物の外装と内装に木材を使用できます。この天然素材の範囲と品質は、使用する木工設備に大きく依存します。.

木材を処理する一般的な方法は、フレーム、バンド、丸鋸を使用して材料を鋸で切ることです。たとえば、ディスクの設計により、梁、板、スラットなどの丸い材木から、エッジのある、エッジのない製材を迅速かつ効率的に製造できます。.

ディスクマシンは、帯鋸で鋸で挽き、丸太から材料を作成した後、木材の連続処理に使用できます。このような機器は、設計の可能性の中に縦方向のエッジング、サイドソーイング、および分割があるため、高いレベルの生産性が特徴です。.

木造家屋の建設や大工仕事では、円形の製材所はかけがえのないものです。多くの時間と労力を節約しながら、ワークフロー全体を大幅に高速化および簡素化することができます。そのような設備がなければ、大きな棒の縦方向の切断は所有者に1時間以上かかります、そして円形の製材所のおかげでそれはほんの数分で起こります.

円形製材所の設計

円形製材所は、電気モーターのおかげで木を裂いて動作するハードウェアマシンです。丸鋸の図面を見ると、主な構造要素は2つのモーター、丸鋸、可動式の運転室、線路、および馬車であることがわかります。.

基本構造は、ディスク付きのシャフトが取り付けられたテーブルであり、その切断部分は平面上で回転します。このようなシンプルなデザインは主に家庭での使用に適しており、工業生産には切削角度を変えることができるディスクを備えたより洗練された機器が必要です。.

主な作業要素は丸鋸で、通常は機械のスピンドルシャフトまたはモーターシャフトに取り付けられます。各丸鋸は個別のモーターで駆動され、その出力は常に一致するとは限りません。設計上、円形製材所はシングルソーとマルチソーです.

円形製材所の金属フレームは、丈夫な金属パイプでできており、溶接されています。ガイドとしてのキャリッジの場合、外部欠陥のない最高品質のレールを選択するのが最善です。そうしないと、キャリッジの車輪が飛び降りたり、動かなくなったりします。.

キャリッジ自体は金属部品で組み立てられています。ローラーまたはホイールは、レールの下に完全に収まる必要があります。ローラーが取り付けられているフレーム自体は、レール間の距離に非常に正確に適合している必要があることも覚えておく必要があります。そうして初めて、キャリッジの動きが自由でスムーズになります。.

丸鋸ドライブを装備するためにガソリンエンジンを使用するのが通例です。モーターは2つの鋸で動作する必要があるため、より強力であることが望ましいです。ドライブの過熱を避けるために、チェーンドライブを設計から除外し、信頼性の高いアナログと交換することをお勧めします。そうすれば、マシンの耐用年数を延ばして固定することができます。.

円形製材所の動作原理

機械は、生産エリアまたは伐採条件、つまり建物の内外で動作できます。カット自体は、水平線に沿って手作業で行われます。円形の製材所で処理することにより、縁のある木材の表面を均一にすることができます。また、円形製材所の動画を見ると、ひどい霜でも機械が動かないことがわかります。.

円形製材所の主な特徴は、丸太を横切って、そしてそれに沿って、同時に2つの方向に切断する能力です。これは、のこぎりの独特の配置(相互に垂直)によって可能になります。この機械は、あらゆる種類の木材を扱うのに適しています。円形製材所は、直径70ミリメートルを超える丸太を鋸で挽くことができます。この場合、カットの厚さはわずか1ミリメートルにすることができます。.

このような製材所での丸太の横方向および縦方向の切断は、のこぎりでポータルのレールガイドに沿って移動しながら同時に実行されます。製材所と馬車へのポータルの移動は、電線の助けを借りて実行されます。ポータルの速度は、チェーン送信によって段階的に調整されます.

円形製材所は、特別なプラットフォームや基礎に設置する必要はありません。重要なことは、円形製材所が降水の影響から確実に保護されていることです。円形製材所で作業するときに電子定規を使用すると非常に便利です。これにより、自動モードで切断パラメータを設定できます。.

円形製材所の分類

円形製材所は、あらゆる種類の丸い木材(エッジのある、エッジのないボード、バー、木材)に鋸で挽くように設計されています。鋸引きは、直径500〜600ミリメートルの丸鋸を使用して実行され、2方向に切断して、90度回転できる場合は、スピンドルアセンブリのシャフトにしっかりと固定されます。このように、円形の回転式製材所は、作業の種類に応じて分割されます。.

水平円形製材所

機械の種類の1つは、木工の分野で非常に一般的な水平円形製材所です。このような装置は折りたたみ可能な設計であるため、伐採場所に簡単に輸送できます。そのような製材所で作業するとき、最小限の廃棄物が残ります.

鋸引きは、丸太に沿って両方向に走る鋸台車によって行われます。主な利点は、アイドリングがないことです。製材所は、勝利の歯を持つ鋼で作られた、直径550ミリメートルを超える丸鋸を使用しています。このようなディスクによる切断は、起伏のあるくぼみを形成することなく、非常に正確です。.

水平円形製材所の操作には高い資格は必要ありません。デバイスは製材所自体に取り付けられたリモコンで制御されます。このような製材所の助けを借りて、エッジのあるボードやエッジのないボード、ビーム、スラットなどの材料が作られます。これらの機械の生産性は非常に高いです.

アングル円形製材所

2番目のタイプの製材所は角のある円形製材所です。丸太はアングルソーの原理を使用してカットされます。アングル製材所には、1枚と2枚のディスクの2種類があります。円形製材所の写真を見てください。シングルディスク製材所は、垂直と水平の2つの位置でユニットに供給します。製材にはアイドル速度がなく、両方向で実行されます。.

ダブルディスクアングル製材所は、鋸刃を直交して供給することによって機能します。ディスクは互いに水平および垂直に配置されます。アングルタイプのダブルディスク製材所は、1つの丸太からでも高い生産性を発揮します。大きな物体には、製材所全体が設置されており、製材、ライニングまたはその他の材料のための木材の切り出しの機能を実行します。.

円形製材所の製造

木工設備を選ぶときは、円形製材所の価格がかなり高いことを覚えておく必要があります。したがって、そのような機械の購入はしばしば高すぎる。これは、木材加工に従事する若い企業や民間の職人に特に当てはまります。しかし、この状況から抜け出す方法があります。ディスク製材所は手作業で作ることができます。このアプローチにより、多くのお金を節約し、木工機器の操作経験を積むことができます。.

今日自家製の製材所を作るために、そのような機器を扱うことに欲求と取るに足らないスキルがあるかどうかがわかります。建設用架台、ボード、金属板、留め具(ネジ、ナット、ネジ)、金属や木材を扱うための工具、および電気モーターが必要になります.

作業を開始する前に、製材所の構造をよく理解し、その特徴を確認してください。機械のスピンドルに取り付けられた円形の歯車のこぎりは、円形の製材所の作業要素として機能します。のこぎりをモーターシャフトに取り付けるためのオプションがあります。製材所での製材所での製材の処理には、エッジのないボードの分割とエッジング、および必要な寸法に応じたワークピースのソーイングが含まれます。.

自作の円形製材所の既製の図をプレビューし、必要に応じてメカニズムの独自の図面を作成できます。製材所の最も単純な設計は、のこぎり付きのシャフトが置かれるテーブルです。その切断部分はテーブルの表面より上に上がります。鋸軸はベルト式トランスミッションを介してモーターで回転します.

製材所の土台(テーブルまたはベッド)を作るには、通常の木製または金属製の架台を使用して、それらを板で結びます。幅約200mm、厚さ約4mmの鋼板でできた同様の台座に上からテーブルを取り付けます。プレートはネジとジャンパーで相互に接続されています.

製材所のディスクは、厚さが3ミリメートルに達するスチールまたはジュラルミンシートで作成するのが最適です。この場合、ディスクの直径は500ミリメートル以内である必要があります。木を切るための製材所を作るとき、のこぎりは2〜3本の歯しか持たないはずです。そして、このようなディスクはほとんどの品種で簡単に動作します。.

円形製材所の高品質な作業の主な保証は、切削歯の製造です。それらに課せられる主な要件は、注意深いバランスと正しい切断角度です。歯を切るのが最も簡単なワークピースは、壊れたドリルビットまたは超硬インサートです。歯の切断角度は30度である必要があります。バックアングルは少なくとも15度である必要があります。切歯のバランスが悪いと、切歯の側面に摩擦が生じることを覚えておく必要があります。.

切削工具は、鋸刃がプレート間に形成されたギャップの真ん中にはっきりと収まるように、下からテーブルに取り付けられています。以前にプレートとベースプレートに開けた穴を通して、のこぎりをテーブル面に取り付けます。プレートの前面から開けた穴は皿穴で、皿頭のネジで組み立てられています.

また、自分の手で円形の製材所を作るときは、ガイドのデザインが重要です。最も簡単なオプションは、丸太の形をしたボードで形成されたU字型のサドルで、結び目がなく、平面で大まかに処理されます。サドルにはのこぎり付きエンジンが付いています。モーターの出力を明確にする必要があります:2kWに達する必要があります.

組み立てられたテーブルはネジでベッドにネジ止めする必要があり、鋸刃を配置するためのスロット付きのインサートがプレート間のギャップに挿入されます。のこぎりが作動しているとき、ストップバーはクランプでテーブルに固定されます。上記の推奨事項に従って、自作の円形製材所はその仕事の質であなたを喜ばせます.

円形製材所のメンテナンス

円形製材所での作業には、一定のスキルが必要です。ただし、本機のメンテナンスは大きな問題ではありません。製材所で丸太を切るオペレーターに対応するために、特別なキャビンが用意されています。切断中、キャビンは製材所と同時に移動するため、作業者は常に機械の進行状況を監視する必要があります.

安全上の理由から、円形製材所で作業する場合は、デバイスをベースにしっかりと取り付ける必要がありますが、これを無視してはなりません。このような製材所の設計上の特徴を考慮すると、アイドル状態の逆方向の動きはありません。つまり、ポータルの反対方向に移動すると、ログもカットされます。.

これで、何が良いかを自分で結論付けました。既製の木工機器を購入するか、自分の手で円形製材所を作る方法を尋ねてください。間違いなく、自家製製材所は専門店で購入するよりもはるかに安いです。.