電気機器、照明、照明

金属のDIYレーザー切断

現代の技術と技術装置は、修理工、建築業者、インテリアデザイナーの仕事をはるかに便利で快適にします。今日の金属のレーザー切断は、金属加工に使用される非常に合理的に高度な技術と見なされています。その使用により、さまざまな構成やデザインの金属製品を製造するための、これまでにない無制限の機会を得ることができます。.

コンテンツ:

レーザー切断手順

金属のレーザー切断は最も進歩的で有望な技術であり、そのおかげで高品質の元素が作成されますが、それは比較的若い技術です。この手順は、技術的に集束された強力なレーザーを使用して実行されます。このレーザーは、ビーム濃度が高く、木材から金属まであらゆる材料を切断できることを特徴としています。.

この場合、金属の表面に酸化物が形成され、エネルギーの吸収が増加し、温度が溶けます。接触点で、レーザービームは高温を生成し、その結果、金属が溶け、接触領域の境界を超えて加熱するだけです。同時に、活性ガス、ほとんどの場合酸素が供給され、燃焼生成物を吹き飛ばして切削速度を増加させます。レーザー切断のビデオは、酸化物と液体金属を吹き飛ばし、酸素が次の層を加熱することを示しています.

このプロセスは、金属が完全に切断されるまで行われます。酸素ジェットは、カットライン近くの金属を積極的に冷却することができます。小さな熱の影響を受ける領域は、約0.2ミリメートルまでの短い距離で平行なエッジを作成する機能を提供します。多くの場合、切断操作の必要な精度を達成するために、ワークフローはコンピューターによって制御されます。これにより、任意の製品をプログラムすることが可能になります。.

主に板金のレーザー切断には、ガスレーザーと固体レーザーをベースにしたデバイスが使用されます。金属のレーザーカットは、機械的カット中に存在する変形なしに、完全に滑らかになります。さらに、レーザー切断技術により、かなりの精度、最小限の無駄、迅速な完了が可能になります。.

レーザー切断の利点

その利点のために、金属をレーザー切断する方法は市場で最も要求されています。この手順により、加工が非常に難しく、加工後の品質が低下することが多い超硬材料の作業が大幅に容易になりました。非鉄金属、鋼、アルミニウム合金がレーザー切断に最適です。.

レーザー切断機は、厚いプレート、厚い合金からの材料、複雑な部品の部品の処理を簡素化し、直径の小さい超硬材料に穴を開けます。製品の形状は、デザインの想像力によってのみ制限されます。一方、非接触金属レーザー切断技術の特異性により、壊れやすく薄い材料を切断することができます。.

システムの機能を自動化するには、コンピューター用のファイルを準備するだけで済みます。材料に機械的な影響がないため、金属製品はそれ以上の機械的処理を必要としません。.

金属のレーザー切断のもう1つの利点は、板金のプログラムされた切断のおかげで、鋳造金型を製造する必要がないため、製品の小さなバッチを製造するコストを削減できることです。作業工具を簡単に制御できるため、体積のある平らな部分の輪郭をカットできます。金属のレーザー切断をプラズマを使った自分の手で比較すると、金属のレーザー切断ははるかに安価であるため、今日では最初のオプションが好まれます。.

レーザー切断の使用

金属をレーザー切断する手順は、直接切断するだけでなく、さまざまな製品の彫刻にも使用できます。レーザー切断は、少量生産用にも設計されています。このため、レーザー出力が低く、寸法が小さいことを特徴とする機器を使用するのが通例です。.

タスクが一連のパーツを作成することである場合は、より強力なインストールで作業する価値があります。レーザーシステムには、レーザー、XYテーブル、およびベクターグラフィックを維持するための特別なソフトウェアを備えたコンピューターが含まれます。.

このような機器では、最小限のエラー(0.001ミリメートル)でかなり複雑な技術プロセスを実行できます。たとえば、体積部品のレーザー切断や複雑な輪郭に沿った切断などです。.

この技術を使用して、材料はシートに切断されます-構造用およびステンレス鋼、アルミニウム、木材、さらにはプラスチック。作業は、金属のレーザー切断のための許容可能な価格と非の打ちどころのない品質で短期間で実行されます。レーザー切断により、複雑な輪郭のパーツを作成し、さまざまなロゴ、サイン、お土産、装飾要素などの製品を製造できます。.

レーザー切断機

レーザー切断装置はかなり標準的です。機械は、作業台とその平面内を移動するレーザー切断ヘッドで構成されています。レーザーヘッドの動きは、垂直ガイドに沿った高精度ドライブによって提供され、パーツの明確な輪郭を取得します。.

機械の原理

金属レーザー切断機には、酸化物を含まない金属切断を行うための切断光学系が装備されています。集束光学システムは、設定された焦点位置を維持するのに役立ち、その結果、よりシャープでより正確な処理輪郭を得るのに役立ちます。カッティングヘッドの動きは、特別なコンピューターカッティングプログラムによって制御されます.

プログラムの助けを借りて、現在および後続の操作を実行する順序が設定されます。このプログラムは、切削深さに応じて放射線の強さを調整するため、さまざまな技法で最も複雑な装飾要素と詳細を作成できます。板金を自動的に切断するには、切断機のコンピューターに転送された図面ファイルが必要です。.

レーザー機器は、動作に電気エネルギーをほとんど必要としませんが、高速の切断速度と消耗部品がないため、効率的なワークフローの条件が作成されます。運転中に調整される放射電力を上げることにより、機械の生産性を高めることができます。特殊な機械を使用して金属をレーザー切断するコストは、シートの厚さと切断線の長さによって異なります.

連続およびパルスモードで動作することができるガスおよびファイバーレーザーのデバイスに基づく技術原理が使用されます。機械での作業は、レーザービームでシート材料を燃焼させることによって実行されます.

ワークとカッティングヘッドが直接接触しないため、壊れやすい製品や超硬材を安全に処理し、薄い鋼板を高速で簡単に切断でき、小ロットでの生産に適しています。非鉄金属または黒色金属をレーザー切断する場合、完成品の表面に物理的な変形や微小な亀裂はありません。.

新世代のレーザー切断機の価格は大きく異なり、メーカーのブランドと設置された追加機器によって異なります。この複合施設の設置には、基礎の準備を特別に手配する必要はありません。機械は、技術的なアクセスを提供する便利な場所に配置できます。.

レーザー機器の目的

レーザー切断機は、放射線強度、被削材の種類、圧力、切断ガスジェットの組成などの操作パラメーターに従って分類されます。金属のレーザー切断装置は、次の種類の切断に細分されます:酸素、レーザーサポート付き酸素、不活性ガス中の蒸発、および熱破片。あらゆるプロファイルに適したパイプのレーザー切断専用の機械が利用可能であり、加工はワークピースの全長に沿って直接実行できます。.

レーザー加工機は、厚さが0.2〜25ミリメートルの鋼板、厚さが0.2〜30ミリメートルのステンレス鋼、厚さが0.2〜20ミリメートルのアルミニウム合金、真ちゅう、厚さが0.2〜12ミリメートル、厚さ0.2〜15ミリメートルの銅。さまざまな種類の技術とレーザーを使用してさまざまな材料を処理し、金属のレーザー切断の写真をネットワーク上で表示できます.

この機械は、延性のある軟質金属を扱う際に、内部の装飾要素である金属部品の製造に広く使用されています。レーザー切断機のコストは、適切に操作されていれば、効果があり、すぐに効果があります。レーザーを備えた機械を使用して製造された製品は、経済的に実現可能であり、非常に収益性が高い。.

このように、レーザー切断は、日々勢いを増している金属を扱う世界の先進技術です。この手法により、ワークフローが大幅に容易になります。また、加工された金属は高品質のカットが施され、マイクロクラックや変形がありません。.